第77回Festaは、22名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて10/23(土)に開催されました。参加者の内訳は男性9名 女性13名(うち、初参加者3名、イタリア人1名)。FESTA2011-10-08

まさに『隠れ家』となるプライヴェートなバンケットルームを貸し切り、極上の音楽と夜景を楽しむ、至福のひと時となったかと思います。

集合写真撮影
POP!ITALIANO
kazuma氏
http://musica.itreni.net/


第1部

人気TV番組「小さな村の物語 イタリア」の公式CDが、ついに2011年10月1日に発売開始となったのを記念して、特集を組むことにしました。

wqcp-910

※CD発売の紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/51961799.html

番組のテーマソングとして番組で毎回かかる楽曲が"L'appuntamento(逢いびき)"。

原曲は、イタリアでも大活躍したブラジルのシンガーソングライターRoberto Carlos(ロベルト・カルロス/70歳)と、イエイエの帝王と称されたErasmo Carlos(エラズモ・カルロス)が共作し、Erasmoの歌唱でブラジルで大ヒットした楽曲です。

このポルトガル語の歌に、イタリアのカンタウトーレBruno Lauzi(ブルーノ・ラウツィ)がイタリア語詞を付け、Ornella Vanoni(オルネッラ・ヴァノーニ/日本語表記:オルネラ・ヴァノーニ/現77歳/当時36歳/Milano出身)が1970年に歌ったのが、番組テーマソングとなった"L'appuntamento(逢いびき)"です。

ここでは、イタリアの歌唱コンテストCanzonissima(カンツォニッスィマ)1971での映像を貼っておきます。

ちなみに映像内で司会を務めているのはRaffaella Carrà(ラッファエッラ・カッラ)。

奇遇ですが、当フェスタのオープンニングテーマソングは、当時のCanzonissimaのテーマソングだったRaffaella Carràの"Ma che musica maestro(まぁなんて素晴らしい音楽なのかしら、先生)"を長らく使っていますので、この映像は期せずして、日本のTV番組と音楽フェスタのテーマソングに採用された二人が映っているという奇遇ぶりです。さらに、両曲とも1970年に発表されたという点も合致しています。

この後は、Johnny Dorelli(ジョニー・ドレッリ/日本語表記:ジョニー・ドレルリ/現74歳/当時28歳/Meda出身)の小粋な楽曲"Montecarlo(モンテカルロ)"(1965年録音)、Bruno Lauzi(ブルーノ・ラウツィ/1937-2006/69歳没/当時28歳/アフリカ・エリトリア国Asmara生まれ)のしっとりとした美しい楽曲"Ti ruberò(君を奪う)"(1965年録音)を続けて聴いていただきました。

そしてFausto Leali(ファウスト・レアーリ/現67歳/当時32歳/Brescia近郊出身)が歌ったUmberto Tozzi作のほのぼのした楽曲"Io camminerò(僕は歩くだろう/邦題:明日への道)"に続いて、New Trolls(ニュー・トロルス/1966年Genovaで結成)の名曲"Una miniera(鉱山)"を続けて。

「小さな村の物語 イタリア」は、家族や地域社会での人との触れ合いを大切に描いていますので、この番組の切り口にマッチする内容の2曲だと思います。

前者は2人の男女が暖かな家庭を創り上げて行く未来予想図の物語。
後者は鉱山で働く男たちの苦悩と、家で待ちわびる女たちの胸騒ぎを見事に歌い上げています。

このCD「逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス〜小さな村の物語 イタリア 音楽編」は、通販限定販売です。お求めは、以下のショップまで。
ワーナー・ミュージック・ダイレクト(楽天市場)


第1部2人目のアーティストは、いよいよ10月21日〜23日の来日公演が目前に迫ったLudovico Einaudi(ルドヴィコ・エイナウディ/56歳/Torino出身)の最終予習コーナー。

※来日情報はこちら
http://piccola-radio-italia.com/archives/51930992.html

前回のフェスタでピアノソロの映像をご紹介しましたので、今回はオーケストラ入りの楽曲を。
同じく「The Royal Albert Hall Concert London, 2nd March 2010」(2010)のDVDからで、"Eros(恋愛の神・エロス/ギリシャ神話)" と"La nascita delle cose segrete(秘めた事柄の誕生)"を2曲続けて。

※日本のiTunesストアでダウンロード購入可能です。

2011年10月5日には来日記念盤(日本盤)も発売となりました。

☆「ルドヴィコ・エイナウディ /来日記念ベスト(原題:Islands)」(2011年作品)
HMV

Amazon Japan

また、Ludovico Einaudiは日本盤も2タイトル発売されております。
☆「光、溢れる日々(原題:La Scala Concert 03.03.03)」(2003年作品)
HMV

Amazon Japan

☆「希望の扉(原題:Divenire)」(2006年作品)
HMV

Amazon Japan

※当サイトでのLudovico Einaudiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ludovico_Einaudi


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2011年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)