Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Elisa

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第172回イタリアPOPSフェスタ(2020年1月)レポート(第3&4部:Ermal Meta)

Ermal Meta(エルマル・メータ/39歳/Albania国出身イタリアに帰化)『Non abbiamo armi - il concerto(意:僕らは武器を持たない - コンサート)』(2019)はライヴアルバム。DX盤はMilanoのAssagoフォーラムで行われたライヴ録音DVD2枚+CD2枚に、サンレモ音楽祭2018優勝曲を含むスタジオ録音アルバム『Non abbiamo armi』をおまけに付けた5枚組というテンコ盛りだ。
Ermal Meta - Non abbiamo armi il concerto(2019)

またスタジオ録音の新曲も2曲収録されている。まずは「Un'altra volta da rischiare(意:もう一度危険にさらす)」は、ベテランラッパーJ-Ax(ジェイ・アックス/48歳/Milano出身)をフィーチャリング。

※当サイトでのJ-Axの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/J-Ax

「Ercole(意:ヘラクレス)」

飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を得た実力派カンタウトーレで、会場は女性ファンで満杯。優勝曲のパートナーFabrizio Moro(ファブリツィオ・モーロ)を始め、ベテランAntonello Venditti(アントネッロ・ヴェンデッティ)やElisa(エリ−ザ)、スペインからもJarabe De Palo(ハラベ・デ・パーロ)といった豪華ゲストも出演した見どころ満載だ。

Antonello Venditti(アントネッロ・ヴェンデッティ)
Ermal Meta - Antonello Venditti_Non abbiamo armi il concerto

※当サイトでのAntonello Vendittiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Antonello_Venditti

Elisa(エリ−ザ)
Ermal Meta - Elisa_Non abbiamo armi il concerto

※当サイトでのElisaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Elisa

Jarabe De Palo(ハラベ・デ・パーロ)
Ermal Meta - Jarabe De Palo_Non abbiamo armi il concerto

そしてErmalがソロ活動を始める前に組んでいたバンドLa Fame di Camilla(ラ・ファーメ・ディ・カミッラ)のメンバーが集結し、彼らの曲を4曲ほど披露する場面も。
Ermal Meta - La Fame di Camilla_Non abbiamo armi il concerto

またサンレモ2018優勝曲「Non mi avete fatto niente(意:お前たちは僕に何もしてくれなかった)」はオリジナルのFabrizio Moroとのデュエットの前にGiuseppe Bortolotti(ジュゼッペ・ボルトロッティ)という8歳の男の子との共演するシーンも見どころだ。小さな体に大人サイズのギター、しかも一番大型のドレッドノートを抱えて完璧な弾き語りをするのだ。Ermalも彼の隣で暖かく見守りつつ、後半は涙ぐんでしまう。
Ermal Meta - Giuseppe_Non abbiamo armi il concerto

Fabrizio Moro(ファブリツィオ・モーロ)
Ermal Meta - Fabrizio Moro_Non abbiamo armi il concerto

※当サイトでのFabrizio Moroの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Fabrizio_Moro

※当サイトでのErmal Metaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ermal_Meta


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2020年に達する年齢で表記。

第172回イタリアPOPSフェスタ(2020年1月)レポート(第1部:Maneskin, Thegiornalisti)

Maneskin(マネスキン/正式には"a"の上に〇印が付く綴り/Roma出身)は、オーディション番組X Factorの2017年で準優勝に輝いて躍り出たロックバンド。何といっても驚きなのは当時まだ16〜18歳というティーンズバンドながら、落ち着いた安定感のあるパフォーマンスで大人をも魅了するということだ。2020年1月現在でも最年長が20歳で他メンバーはまだ18・19歳だ。

一風変わったバンド名の由来は、デンマーク語で"月光"を意味するそうだ。紅一点のメンバーVictoria(ヴィクトリア/ベース)の発案で、彼女の親はデンマーク人だ(本人はRoma生まれRoma育ち)。ちなみにデンマーク語での発音は"モーネスゲン"に近いそうだが、イタリアではそのままローマ字読みで"マネスキン"と呼ばれている。

Victoriaはイタリア人らしからぬ金髪に透き通るような青い瞳と抜けるような白い肌で、まるでフランス人形のようなルックスながら、実にしっかりとしたベースラインを弾く。4人編成バンドだが楽器はドラム+ベース+ギターの3本なので、曲中におけるベースの存在感・役割も大きいのだ。

最年少のギタリストThomas(トーマス)も、控えめながら頭脳的なプレイ。ドラムスのEthan(イーサン)もアコースティック感あふれるドラミングで、一般的なティーンズバンドのような音ではないのが素晴らしい。20代後半以上の年齢層のバンドのようなサウンドだ。

そしてすべての曲の作詞・作曲を務めるのが最年長のヴォーカリストDamiano(ダミァーノ)だ。

そんな彼らの1stアルバムが『Il ballo della vita(意:人生の踊り)』(2018)だ。このタイトルが意味するのは“若さと自由に対する祝福”ということだそうだ。全12曲中5曲が英語曲で過半数がイタリア語曲なのもイタリア語曲ファンにはうれしい。多くの曲中に登場する女性名“Marlena(マルレーナ)”とは、バンドに存在する女神様のこと。発売年となる2018年の年間アルバムチャートで5位に入る大ヒット作となった。
Maneskin - Il ballo della vita(2018)

1stシングル「Moriro` da re(意:僕は王のもとで死ぬだろう)」を公式ヴィデオクリップとアコースティックライヴの映像で。

サビで“Marlena(マルレーナ)”が連呼されるバラード曲「Torna a casa(意:(彼女が)家に帰ってくる)」

「L'altra dimensione(意:もうひとつの次元)」 は意図せず別次元にテレポートしてしまうヴィデオクリップだ。この曲でも“Marlena(マルレーナ)”が連呼されているが、アルバムタイトルである“Il ballo della vita”も連呼されているのもポイントだ。

「Le parole lontane(意:遠い言葉)」

※当サイトでのManeskinの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Maneskin


Thegiornalisti(ザジォルナリスティ)は、デビュー10年のRoma出身トリオ(ヴォーカル+ギター+ドラム)。バンド名の意図はもちろん英語の定冠詞+イタリア語のThe Giornalisti(意:ジャーナリストたち)なのだろうが、敢えてスペースを入れずに続けて綴るため、イタリアではイタリア語の定冠詞を付けて“i Thegiornalisti”と書かれることが多い。

創設メンバー・トリオでの最後のアルバムとなったのが『Love』(2018)。翌2019年に全曲の作詞作曲をしていたヴォーカリストが脱退したのだ。彼は解散と発表したが、残された2人はバンド名を維持したままの活動継続を主張している。いずれにせよ同アルバムは多くのシングルヒットを放ち、2018年間チャート20位に入るヒット作となった。
Thegiornalisti - Love(2018)

「Questa nostra stupida canzone d'amore(意:僕らのこのバカげたラヴ・ソング)」は、ヴィデオクリップでは冒頭からメインに写されているグレンチェックのジャケットを着た男が歌っているように見えるが、彼はバンドメンバーではなく俳優のAlessandro Borghi(アレッサンドロ・ボルギ)だ。近作では日本でも公開された映画『Dalida(ダリダ〜甘い囁き〜)』(2016)でダリダの恋人だったカンタウトーレ故Luigi Tenco(ルイジ・テンコ)役を演じている。つまり彼のはクチパクで、本当のヴォーカリストは白タキシードのバーテンダーだ。

「Felicita` puttana(意:幸福娼婦)」は、女優Matilda De Angelis(マティルダ・デ・アンジェリス)をヒロインに迎えたヴィデオクリップ。男が女にモーニングコールして迎えに行くと告げるのが10:30ごろ。女は身支度に時間がかかり、階下で待つ男は痺れを切らしつつ待ち続けるも、ようやく彼女が出てきた時はもう夜(20:00頃)になっていたというオチ。約束の時間になってからシャワーを浴び始めたりするのはイタリア人あるあるだが、ここまで時間かけるのはいくらなんでもねぇw

そして「New York」もすてきな楽曲。ストリングスや管楽器隊を配し、サポートメンバーのピアニストとべーシストもスタンバイ、そこにThegiornalistiの2人のメンバー(ギター&ドラムス)が後入りし、演奏が始まるとヴォーカリストが階上から降りてくる。そして自分のパートの演奏を終えた演奏者から次々に退出してゆき、最後は誰もいなくなるという、奇しくもこの後の同バンドが辿る運命を暗示しているような映像だ。

※当サイトでのThegiornalistiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Thegiornalisti


さて2019年にThegiornalistiを脱退したTommaso Paradiso(トンマーゾ・パラディーゾ/37歳/Roma出身)はソロに転向し、シングル第1弾「Non Avere Paura(意:恐れないで)」を発表。その公式ヴィデオクリップには度肝を抜かれた。たくさんの俳優らが出演する中に有名なアーティストたちがたくさんカメオ出演しているのだ。ドラマーにFiorello(フィオレッロ)、ギターにTiromancino(ティロマンチーノ)のFederico Zampaglione(フェデリコ・ザンパリォーネ)、単に踊り狂っている人々の中には、カウボーイハットのJovanotti(ジォヴァノッティ)、黒いジャケットのFiorella Mannoia(フィオレッラ・マンノイア)、赤いジャケットのFrancesca Michielin(フランチェスカ・ミキェリン)、そして黄色いパーカーを着ているのがElisa(エリーザ)だ!

※当サイトでのThegiornalistiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Thegiornalisti

※当サイトでのTommaso Paradisoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Tommaso_Paradiso

※当サイトでのFiorelloの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Fiorello

※当サイトでのTiromancinoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Tiromancino

※当サイトでのJovanottiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Jovanotti

※当サイトでのFiorella Mannoiaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Fiorella_Mannoia

※当サイトでのFrancesca Michielinの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Francesca_Michielin

※当サイトでのElisaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Elisa


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2020年に達する年齢で表記。

第163回イタリアPOPSフェスタ(2019年3月)レポート(第1部:Alessandra Amoroso. Elisa)

現在のイタリアで最も実績のあるタレントオーディション番組Amici出身者の中で、最も成功した感のあるAlessandra Amoroso(アレッサンドラ・アモローゾ/33歳/Puglia州Galatina出身)。今や21世紀のディーヴァとして君臨する彼女もいつの間にかデビュー10周年。その記念に制作されたアルバムが『10』(2018)だ。
Alessandra Amoroso - 10

2018年に来日したEmma(エンマ)もそうだが、Amici出身者で成功したアーティストたちは総じて人間的魅力に溢れた愛されキャラばかりだ。半年に渡る放映期間の中で切磋琢磨して生き残っただけに、単に一芸に秀でているだけでは勝ち残れない。この「視聴者に愛されるキャラ」はスターには必要不可欠。なるべくしてスターになっていくのだ。

Alessandra Amorosoは、先に述べたようにその中でひときわ突出した才能とキャラに恵まれた人物だ。いかにAmiciの番組の力が強力でも、一過性の人気で終わった人物も多いが、Amici優勝後もずっと第一線で活躍し続ける先駆者と言えるのが、このAlessandra Amorosoだ。

そんなAlessandraのデビュー10周年記念アルバムのシングル第1弾「La stessa(意:変わらぬ私自身)」は、等身大の自分を歌ったAlessandraらしい楽曲。♪あなたがいてくれたら、私は変わらぬ私のままでいられる♪と歌われている。

「Trova un modo(意:やり方を見つけなさい)」

「Dalla tua parte(意:あなたの方から)」

こうしてTOPスターの一員になったAlessandraだが、実は彼女はサンレモ音楽祭に一度も出場したことがない。同期のValerio Scanu(ヴァレリオ・スカーヌ)や1年後輩のEmmaがサンレモ出場した際に応援のため共演したのみだが、彼女の応援を得た両者ともその年の優勝者に輝くという結果に導いた。言わば勝利の女神的存在だ。しかもValerio Scanuに至っては、会期中一度予選落ちしているにも関わらず、敗者復活戦で蘇ったうえに優勝するという、前代未聞の優勝者にもなったのだ。

そんなAlessandra Amorosoがサンレモ音楽祭2019にスーパーゲストとして出演。司会&芸術監督のClaudio Baglioni(クラウディオ・バリォーニ)とのデュエットで、「Io che non vivo [senza te](邦題:この胸のときめきを)」をカヴァーして披露した。歌い終わると大観衆のスタンディングオヴェーション、感極まって涙ぐむAlessandraが印象的な名演だ。

同曲はサンレモ音楽祭1965大会から生まれた世界的なヒット曲。カンタウトーレのPino Donaggio(ピーノ・ドナッジォ)が自作して歌ったが、同大会に別の曲で出場していた英女性歌手Dusty Springfield(ダスティ・スプリングフィールド)が気に入り、英語カヴァー「You don't have to say you love me(邦題:この胸のときめきを)」を録音。1970年代になってElvis Presley(エルヴィス・プレスリー)がカヴァーして、世界中に大ヒットし、今では世界的EverGreenソングのひとつとなっている。

※当サイトでのClaudio Baglioniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Claudio_Baglioni

※当サイトでのAlessandra Amorosoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Alessandra_Amoroso


Alessandra Amorosoを生み出した番組Amiciが始まった2001年のサンレモ音楽祭で「Luce [tramonti a nord est](意:光[北東への日没])」を歌って優勝、一躍有名になったカンタウトリーチェがElisa(エリーザ/42歳/Trieste出身)だ。それまでのElisaは主に英語で歌う歌手だったが、同曲をきっかけにイタリア語でも歌うようになったのだが、それでも依然として大半は英語曲のままだった。

『L'anima vola(意:魂が飛んでいく)』(2013)が初めての全曲イタリア語アルバムとなったが、次作『On』(2016)で再び英語メインのアルバムとなったElisa。また英語メインの活動に戻るのかとやきもきさせられたが、『Diari aperti(意:公開日記)』(2018)でまたしても全曲イタリア語アルバムとなり、イタリア語歌唱ファンがほっとする作品集となった。。
Elisa - Diari aperti

しかも先行シングルとなった「Quelli che restano(意:残るもの)」は、大御所カンタウトーレFrancesco De Gregori(フランチェスコ・デ・グレゴーリ)との共演という嬉しい企画となった。FestaではFrancesco De Gregoriも出演する公式ヴィデオクリップで紹介したが、インターネット上では日本から視聴不可の設定になっているため、ここでは、Elisa独りのライヴ映像を貼っておく。

※当サイトでのFrancesco De Gregoriの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Francesco_De_Gregori

シングル第2弾「Se piovesse il tuo nome(意:もしあなたの名が降って来るなら)」これも日本からの閲覧制限がかかったヴィデオクリップだ。ここではライヴ映像で。

シングル第3弾「Anche fragile(意:壊れやすくも)」

Elisaもサンレモ音楽祭2019にスーパーゲストとして出演し、伝説のカンタウトーレLuigi Tenco(ルイジ・テンコ)の「Vedrai vedrai(意:判るだろ、君には判るだろ)」を司会&芸術監督のClaudio Baglioniとのデュエットで披露した。実生活の中で移ろいゆく男女の心のすれ違いをきめ細かな表現で描写した傑作だ。

Luigi Tencoは60年代のイタリア音楽に新しい風を入れる活動をしていたジェノヴァ派カンタウトーレのひとりで、サンレモ音楽祭1967に出場中、古い作風の楽曲しか受け付けないサンレモ音楽祭の体質に失望し、抗議の念を込めて自殺した人物。彼の死を賭した抗議は結果として功を奏し、その作品群は彼の死後ようやく評価されるようになった不世出のカンタウトーレだ。

※当サイトでのLuigi Tencoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Luigi_Tenco

※当サイトでのElisaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Elisa


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2019年に達する年齢で表記。

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

CRONACA163s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD)
制作協力しました。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

YoshioAntonio


記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

CRONACA163s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD)
制作協力しました。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ