Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Elio_e_le_Storie_Tese

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第111回イタリアPOPSフェスタ(2014年8月)レポート(その1/Filippo Graziani,Ivan Graziani,Elio e le Storie Tese,Noemi)

第111回Festaは、19名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて8/9(土)に開催。参加者の内訳は男性7名 女性12名、うち初参加者2名。

まさに『隠れ家』となるプライヴェートなバンケットルームを貸し切り、極上の音楽と夜景を楽しむ、至福のひと時となった。FESTA2014-08

集合写真撮影
POP!ITALIANO
kazuma氏

第1部

サンレモ音楽祭2014・新人部門に出場したFilippo Graziani(フィリッポ・グラツィアーニ/33歳/Rimini出身)のカンタウトーレとしてのデビュー・アルバム『Le cose belle(意:美しきものたち)』(2014)。

Filippo Graziani - Le cose belle

サンレモ出場曲はアルバムタイトル曲「Le cose belle」。公式ヴィデオクリップで。

「Brucia(意:燃える)」はライヴ映像で。

Filippoの父は、高音ヴォーカルと卓越したギター演奏テクニックで定評のあった故・Ivan Graziani(イヴァン・グラツィアーニ/1945-1997/51歳没/Abruzzo州Teramo出身)。Filippoは公式デビュー前から、父の追悼プロジェクトなどで中心的役割を果たして知られていた存在だった。

ここで父Ivanの代表曲のひとつ「Monna Lisa(モナ・リザ)」の映像を。2番からオクターヴ上がる部分で観客から拍手が沸き起こることから、いかにIvanの高音ヴォーカルに人気があったかが感じ取れる。後半のリードギターも注目ポイント。数々の有名歌手たちのレコーディングにIvanは名を連ねている。

※当サイトでのIvan Grazianiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ivan_Graziani

この父のパフォーマンスを息子Ivanが再現している。なんとバンド演奏を務めるのはElio e le Storie Tese(エリオ・エ・レ・ストリエ・テーゼ)。父Ivanがミュージシャン仲間にもリスペクトされていたことが判る。

※当サイトでのElio e le Storie Teseの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Elio_e_le_Storie_Tese


Noemi(ノエミ/32歳/Roma出身)の3rdアルバム『Made in London』(2014)。文字通りロンドン録音盤。

Noemi - Made in London

1980年代終わりにイギリスに渡り、テイク・ザットらとコラボして実績を積んだイタリア人、チャーリー・ラピノがプロデュース。切手を模したジャケット・デザインには、赤と青の2種類あり。アルバム・チャート初登場2位を記録。

サンレモ音楽祭2014の大賞部門5位となった「Bagnati dal sole(意:太陽を浴びて)」。2011年から映像監督としてNoemi自身が手掛ける公式ヴィデオクリップで。

サンレモ2014は、前年同様、対象部門は2曲持込み制となったが、Noemiが持ち込んだもう1曲は「Un uomo e` un albero(意:ある男は木である)」。FESTAではサンレモ出場時の映像で紹介したが、既にネット上では同映像は削除されているので、ここではNoemi公式チャネルの静止画映像で。

サンレモ第4夜の余興"Sanremo Club"でNoemiがピアノ弾き語りで披露したのは、Ivano Fossati(イヴァーノ・フォッサーティ)が故Mia Martini(ミア・マルティーニ)に書いた「La costruzione di un amore(意:ある愛の構造)」(1978)。かつてタレントショー番組X Factorに出演していた時のNoemiのレパートリーの1曲でもあった。FESTAではサンレモ出場時の映像で紹介したが、既にネット上では同映像は削除されているので、ここでは割愛。

同アルバムからのシングル第2弾「Don't Get Me Wrong」。英語タイトルだがイタリア語曲で、London録音とはいえ同アルバムは英語曲を1.5曲に留め、ノエミ自身が8曲のイタリア語詞&曲を書き、イタリア語ヴォーカルがたっぷり楽しめる。

※当サイトでのNoemiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Noemi


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2014年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

第102回イタリアPOPSフェスタ(2013年11月)レポート(その4/Elio e le Storie Tese)

第4部

サンレモ音楽祭2013で2位に留まったものの、真の優勝曲と囁かれた「La canzone mononota(意:単音の歌)」。楽曲制作、演奏、歌ったのはElio e le Storie Tese(エリオ・エ・レ・ストリエ・テーゼ)。メンバー全員が音楽院でアカデミックな音楽教育を受けており、抜群の音楽センスと演奏テクニックを持ちあわせているものの、イタリアいちのコミックバンドとして活動し続けている彼ら。今回のサンレモにも毎夜異なるコスプレとステージングでしっかり笑いも取った。その凝ったコスプレのメイキング映像で。

多くの歌手がサンレモ会期中にアルバム発売したのに対して、3ヶ月後に発表したアルバムが『L'album biango』(2013)。ビートルズのホワイト・アルバムをリスペクトしつつ、彼らのヒット曲「T.V.U.M.D.B.」の歌詞からアルバムタイトル名が付けられている。同曲はアース・ウインド & ファイアー風のエッセンスで作られているので、バリー・ホワイトの"ホワイト"にも掛けられているなど、多くの伏線、謎解きなどがアルバム中に沢山仕込まれている。

Elio ele Storie Tese - L'album biango

サンレモ2013に持ち込んだもう1曲「Dannati Forever(意:永遠に地獄に落ちたやつら)」は、ビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」風の楽曲。

サンレモ後にシングル化された「Amore Amorissimo(意:最も愛しい恋人)」は、何故か漁師フランチェスコがクチパクで歌うヴィデオクリップ。

同アルバムにはジャズ・ロック・バンドArea(アレア)に捧げた楽曲が2曲収録されている。「Come gli Area(アレアのように)」は、若死した伝説のヴォーカリストDemetrio Stratos(デメトリオ・ストラトス)のあの特徴的なヴォーカルが曲中に飛び交う楽曲。

また「Reggia[Base per altezza](王宮[高さの基礎])」は現在のアレアのメンバーが演奏している。

※当サイトでのAreaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Area

イタリアで毎年5月1日のメイデーに開催される野外コンサート"Concerto del Primo Maggio"だが、2013年、同コンサートに出演した彼らは、まさにこのコンサートにちなんだ楽曲を2曲披露し、同アルバムにも挿入している。

ローマの開催地のことを歌った「A Piazza San Giovanni(サン・ジョヴァンニ広場で)」は、アルバム収録と同じく、ライヴでもEugenio Finardi(エウジェニオ・フィナルディ)との共演を披露した。

※当サイトでのEugenio Finardiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Eugenio_Finardi

「Complesso del Primo Maggio(メイデーのグループ)」は、Eugenio FinardiがEugenio Finardi役で登場する場面が設けられているものの、前曲のようにメインヴォーカルは取っていない。

※当サイトでのElio e le Storie Teseの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Elio_e_le_Storie_Tese


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2013年に達する年齢で表記しています。

次回FESTAは:12月8日(土)にNatale Festaとして、クリスマスモードで開催予定です。

第94回イタリアPOPSフェスタ(2013年3月)レポート(その1/ Sanremo 2013 parte1)

第94回Festaは、17名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて3/9(土)に開催されました。参加者の内訳は男性6名 女性11名(うち、初参加者1名)。

Tutti Insieme2013-03まさに『隠れ家』となるプライヴェートなバンケットルームを貸し切り、極上の音楽と夜景を楽しむ、至福のひと時となったかと思います。

集合写真撮影
POP!ITALIANO
kazuma氏

第1部

イタリアの国民的音楽イヴェント『63°Festival della Canzone Italiana di Sanremo / 第63回サンレモ・イタリアの歌フェスティヴァル(通称:サンレモ音楽祭)』が開催されました。

司会&アート・ディレクターにイタリアの人気TV番組の司会者として著名なFabio Fazio(ファビオ・ファツィオ)が抜擢され、彼とTV番組でよく共演しているLuciana Littizzetto(ルチァーナ・リッティツェット)との息の合ったコンビでこのビッグイベントを盛り上げました。またイタリア音楽ファンには、イタリア音楽界のマエストロ、Mauro Pagani(マウロ・パガーニ)が音楽監督&オーケストラ指揮を務めたことも特筆するところでしょう。

sanremo-2013-FabioFazio

SR2013-MC

MauroPagani

MusicaVita Italia n°1

平均視聴率が45%前後と好調で、会期後に悪く批評される点もなく(例年、多いのですが)、大成功のサンレモ音楽祭だったと言って良いでしょう。

このサンレモ音楽祭2013の全結果と詳細については、イタリア音楽情報誌『MusicaVita Italia』創刊号に掲載されますので、そちらをご参照ください。

※イタリア音楽情報誌『MusicaVita Italia』についてはこちら
http://piccola-radio-italia.com/archives/52063370.html

まずは新人部門(categoria GIOVANI)から。8組の新人部門から、例年通り4組が本選に進み、順位を争うルールで行われました。

sanremo-2013-giovani

新人部門第4位となった楽曲は"Dietro l'intima ragione(意:きわめて内面的な道理の後ろに)"、歌ったのはオルタナバンドのBlastema(ブラステマ/1997年Emilia-Romagna州で結成)。公式ヴィデオクリップで。

新人部門第3位となった楽曲は"Il postino[amami uomo](意:郵便配達人[ 男よ私を愛せ])"、自作して歌ったのはRenzo Rubino(レンツォ・ルビノ/25歳/Puglia州Martina Franca出身)。新人部門のMia Martini賞(批評家賞)も受賞。公式ヴィデオクリップで。

新人部門第2位となった楽曲は"In equilibrio(意:平衡して)"、自作して歌ったのはIlaria Porceddu(イラリア・ポルチェッドゥ/26歳/Sardegna州Assemini出身)。公式ヴィデオクリップで。

新人部門の優勝に輝いた楽曲は"Mi servirebbe sapere(意:知るのに役立つかな)"、自作して歌ったのはAntonio Maggio(アントニオ・マッジォ/27歳/Puglia州San Pietro Vernotico出身)。X Factor2008で優勝したAram Quartet(アラム・クアルテット)の元メンバー。公式ヴィデオクリップと、サンレモのステージで優勝する瞬間の映像で。

※当サイトでのAram Quartetの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Aram_Quartet

そして本選部門(categoria CAMPIONI)。今回は新ルールが導入され、それぞれの歌手が候補曲2曲を持ち寄り、2曲続けて披露し、第2夜目までに1曲に絞って、フィナーレに進む方式となり、その先は例年のように上位3組が上位入賞者としてフィナーレに進み、最終的に優勝を掛けて競い合う方式が採用されました。

sanremo2013_campioni

本選部門3位となった楽曲は"Se si potesse non morire(意:もし死ぬことが無いなら)"、歌ったのはModà(モダー/Milanoで結成)。フロントマンのKekko(ケッコ)は、昨2012年サンレモ音楽祭優勝曲"Non è l'inferno(意:地獄ではない)"の作曲者。公式ヴィデオクリップで。

※当サイトでのModàの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Moda`

本選部門2位となった楽曲は"La canzone mononota(意:モノトーンの歌)"、歌ったのはElio e le Storie Tese(エリオ・エ・レ・ストリエ・テーゼ/Milanoで結成)。メンバー全員が音楽院で教育を受けた実力派ながら、一貫してコミックバンドとしての体面を装い続けているベテランバンド。今回はタイトルが意味する通り、ほぼドの音だけで歌うというチャレンジングな楽曲ながら、Mia Martini賞(批評家賞)とSergio Bardotti賞(作詞賞)を独占。オーケストラ票を集めたり、記者団に大受けするなど、特にツウから絶大な評価を受けました。

※当サイトでのElio e le Storie Teseの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Elio_e_le_Storie_Tese

そして総合優勝に輝いた楽曲は"L'essenziale(意:本質的要素)"、自作して歌ったのはMarco Mengoni(マルコ・メンゴーニ/25歳/Lazio州Ronciglione出身)。下馬評通りの結果となった。公式ヴィデオクリップと、サンレモのステージで優勝する瞬間の映像で。

※当サイトでのMarco Mengoniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marco_Mengoni

以上のように、サンレモ音楽祭2013は、ベテラン部門優勝、新人部門優勝&2位をタレントショー番組『X Factor』出身者に牛耳られる形となりました。

また現在までのサンレモ音楽祭での活躍を『キャリア賞』として称えたサンレモ市賞が4人の功労者Toto Cutugno(トト・クトゥーニョ)、Ricchi e Poveri(リッキ・エ・ポーヴェリ)、Al Bano(アル・バーノ)、Pippo Baudo(ピッポ・バウド/司会者)に贈られました。うち、2人がゲストアーティストとしてステージを披露してくれました。

Toto Cutugno(トト・クトゥーニョ/70歳/Toscana州Fosdinovo出身)は、Albatros(アルバトロス)時代の出場を含めると15回のサンレモ音楽祭出場と、歴代最多出場者の3人(他2人:Milva、Peppino Di Capri)に名を連ね、うち優勝1回、準優勝6回を誇る活動を評価されました。

今回はロシアからil Coro dell'Armata Rossa(赤軍コーラス団)を招いて、1983年の名曲"L'italiano(イタリア男)"を披露。国際的なヒット曲であることを示唆してくれました。

※当サイトでのToto Cutugnoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Toto_Cutugno

そしてAl Bano(アル・バーノ/70歳/Puglia州Cellino San Marco出身)は、サンレモ音楽祭出場14回を数え、うち優勝1回、準優勝2回、3位3回という戦績を残しています。今回は"Nostalgia Canaglia(意:郷愁感という悪者/1987出場曲-3位)"、"È la mia vita(意:これが僕の人生/1996年参加曲)"、そして"Felicità(意:幸福/1982年準優勝曲)"を歌ってくれました。

"Felicità"では、あまりにもAl Banoの地声が大きくて、デュエットした司会のLucianaが耳を塞ぐシーンが笑えます。

※当サイトでのAl Banoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Al_Bano


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2013年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

YoshioAntonio


記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ