↑このページのトップヘ

Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Elena_Ledda

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTAにご参加ください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第61回イタリアPOPSフェスタ(2010年4月)レポート(その4 / Andrea Parodi, Elena Ledda, Mauro Pagani, Tazenda, Balentes)

その3はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/51814064.html


第4部

4月FESTAの最終楽章は、癌に蝕まれ、2006年に51歳の若さで他界してしまったAndrea Parodi(アンドレア・パロディ/1955-2006/51歳没/Sardegna州Porto Torres出身)の追悼コンサートをDVDで紹介いたしました。

サルデーニャという、イタリアの中でも異文化の香りが色濃く残る地域をバックボーンにした、イタリア初のエスノロックとしてシーンに登場したTazenda(タゼンダ)。その中でも超高音域の個性的なヴォーカリストとして独特な存在感を魅せつけていたのがAndrea Parodiです。

※当サイトでのAndrea Parodioの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Andrea_Parodi

※当サイトでのTazendaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Tazenda

彼の死の翌2007年に開催された追悼コンサートを映像に収録した映像作品が、2009年になってようやく「CANTANO ANDREA PARODI 2007」(2009)として、CD+DVDの2枚組で発売されたので、さっそくDVDで紹介することにした次第です。

img153

DVDの冒頭は、Andreaが最後の力を振り絞ってレコーディングとコンサートを行った2006年のライヴ映像を鑑賞する形で始まります。おそらく実際の追悼コンサートでもそうだったことでしょう。

曲目は"Gracias la vida(人生よありがとう)"。オリジナルはチリの歌手Violeta Parra(1917-1967)の1966年の作品。

遺作となったアルバム「Rosa Resolza(薔薇ナイフ)」(2007)の最後に収められた楽曲で、同アルバムはElena Ledda(エレーナ・レッダ/51歳/Sardegna州Cagliari郊外出身)との最初で最後の共演作となりました。
Andrea Parodi & Elena Ledda /Rosa Resolza

2曲目はMauro Pagani(マウロ・パガーニ/64歳/Brescia近郊出身)で、楽曲は"Dä me Riva"。

同曲は故Fabrizio De André(ファブリツィオ・デ・アンドレ)がオリジナルで、当時彼を音楽面やプロデュース面で全面的にサポートしていたMauro Paganiが、2004年にアルバムごとカバー&リメイクした際に、同曲のVocal部分を担当したのがAndrea Parodiだったという縁ですね。

Creuza de Ma

ギリシャの民族楽器ブズーキをかき鳴らしながら歌うMauro Pagani。イカシテます。

実は2010年、そんなMauro Paganiの来日公演まで発表されました。楽しみですね。

『Andreaが大好きな曲だったんだよ』と解説を入れながら、Andreaの古巣Tazendaの面々が歌うのは"Armentos"。珍しく作曲者でありギタリストのGino Marielli(ジーノ・マリエッリ)がリードボーカルを取るのが新鮮です。

ここではAndrea Parodiが歌ったオリジナルバージョンを貼っておきます。

続きを読む(leggere la continuazione)

第32回イタリアPOPSフェスタ(2007年11月)レポート (その2 / Andrea Parodi, Elena Ledda, Giardino dei Semplici, Francesco&Giada)

その1はコチラ


第2部

第2部は最近のFESTAで紹介する頻度が多くなっているエスニック編。好んで方言で歌われるイタリアPOPSを紹介しました。

Andrea Parodi & Elena Ledda /Rosa Resolza2007年8月Festaで紹介したTazendaですが、そのメインボーカリスト・故Andrea Parodi(1955-2006/51歳没/サルデーニャ北部Porto Torres出身) と Elena Ledda(48/Sardegna南部Cagliari郊外出身)のデュエットアルバム「Rosa resolza(=Rosa Coltello/薔薇色のナイフ)」(2007)から。Andreaが己の余命を悟り、死の1ヶ月前に残された力を振り絞って残した録音が、ここで聴く事が出来ます。サルド語音楽を代表するこの2人のコラボレーションは、長年計画されていたものの、このCDが最初で最後の作品となりました。

Elena Leddaは、慎ましい農民の家に生まれましたが芸術に目覚め、音楽学校に通ってオーボエと声楽を履修しました。声楽ではソプラノの資質を認められながらも、Elenaはサルデーニャの民族音楽の世界に身を投じ、1979年にアルバムデビュー。サルデーニャ方言、というよりもイタリア語とは別の言語と考えられるサルド語で歌うそのスタイルは、やがてワールド・ミュージックと総称される枠の中で語られるようになり、サルド語音楽を代表する歌手の一人として名を馳せるようになります。

サルデーニャは地中海最大の島いえども、所詮その地域だけで使われるマイナー言語であるサルド語。しかしながらそのサルド語自体にも多くの方言が存在し、大きく分類しても3つの系統が存在するそうです。Elenaの出身地はサルデーニャ南部ですが、彼女の歌はサルデーニャ北部の言語系統を採用しているところが、興味深いところ。

"Inghiros"は、アコーディオンの陽気なイントロに導かれ、タランテッラやピツィカピツィカ的な民族舞踊調のダンサブルな曲。最初はAndreaの特徴的な魅惑のボーカル。続いてElenaの低いボーカルが入ってきます。元来ソプラノのElenaにも関わらずアルトに近い音域で歌い、男のAndreaはカウンターテノールに近い音域という対比が面白い。

"Razaju"は、ビデオクリップも制作された、このアルバムの看板曲。晩年のFabrizio De Andrèのアルバムでも活躍したサルデーニャ女性3人で結成されたコーラスグループBalentesも参加したこの話題曲は、Andreaのボーカルで導かれるミドルテンポの静かな曲。やはり低音のElenaのボーカルが絡んできて、ジプシー音楽的な雰囲気が漂います。そしてBalentesのスキャットが土着風のテイストを加えながらも、地中海の明るさを醸し出してくれています。

ビデオクリップでは、サルデーニャの海とElenaの姿、そしてお馴染みの真っ赤なドレスに身を包んだBalentesの美女3名の姿が拝めます。Andreaの歌う姿は現れず、イメージ映像のみ。このビデオクリップの撮影時期には、もうAndreaの容態が悪くなっていたか、死後に作られたものなのでしょう。Andrea Parodi & Elena Ledda /Rosa Resolza

改めてCDジャケットを眺めると、もともと痩せた頬がさらに青白くこけて、トレードマークだった長髪が抗癌剤の副作用で抜け落ちたのを包み隠すようなニットキャップを被ったAndreaの在りし日の姿があります。彼は死期を悟ってからも、いつも微笑みを絶やさず、最期の時まで勇気を持って前向きに生きたと伝えられています。

奇しくも死の数ヶ月前に彼の愛娘が産まれていたようで、こんなセリフが残されています。

あの子にはLalaって名前を付けたんだ
"LALA"はサルデーニャでは"LABRA(くちびる)"を意味するから
僕が居なくなった後 あの子の口で引き継いでもらいたいんだよね


 

第2部2組目は、Pop/RockバンドのGiardino dei Semplici(意:純粋者たちの庭)。

GiardinoDeiSemplici/Trenta1970年代初頭のPoohの大成功に刺激され、男声の高音域を駆使したボーカル&コーラスでメロディアスな楽曲を歌うという同スタイルのバンドが数多く輩出された1970年代中ごろ、Giardino dei Sempliciも1975年にデビューを果たします。その後多くのバンドが短命でシーンから消えていく中、Giardino dei Sempliciは、今もなお活動を続けています。2005年にはデビュー30周年を記念してCD×2枚+DVD1枚の計3枚組「trenta(意:30)」(2005)がリリースされています。

彼らにとって幸運だったのは、名匠Giancarlo BigazziとTotò Savioにプロデュースされてサンレモ音楽祭に出場し、そのデビュー曲をヒットチャートの6位押し上げる事に成功した事でしょう。Festaでもこのヒットしたデビュー曲"M'innamorai(君は僕を魅惑するだろう)"を選曲。生ピアノにシンセを重ねた印象的なイントロに始まり、落ち着いた中音域のボーカル。そしてサビでは超高音のコーラスが入るのが、当時の流行から受け継ぐ重要な要素となっています。チューブラーベルズやオーケストラが効果的に彼らの演奏のバックに流れているのも効果が大きなアレンジとなっていますね。DVDでは、当時の映像から現在のライブに切り替わっていくという効果的な映像加工が施されているのが、興味深いところ。

彼らはNapoli出身のグループらしいアイデンティティを見せ付けたのも、その後の長い活動を支える重要な要素になったと思われます。世の大人たちから、単なるPop/Rock系のアイドルバンドと思われかけた彼らが、ナポレターナの名曲"Tu, ca' nun chiangne(邦題:泣かないお前)"(1975)をカバーした事は、イタリア社会で大きな話題をさらいました。シングルチャートの1位を記録しゴールドディスクを獲得します。

これをFestaでは2曲目に。高音のコーラスと低音の落ち着いたボーカルの掛け合い、そしてナポリ方言特有の甘い発音の歌詞が交じり合い、お馴染みのナポレターナに新たな息吹を吹き込み、ビッグセールスを残せたことは、彼らにとっても重要な試金石になったようです。

1977年のサンレモ音楽祭では優勝こそHomo Sapiensの"Bella da morire"に譲ったものの、彼らが歌った"Miele(はちみつ)"は、セールス面では最も大きな結果を残しました。

翌1978年にはFestivalbarに"Concerto in la minore (dedicato a lei)/イ短調のコンチェルト(彼女に捧ぐ)"で参加。これをFestaの3曲目に。フルオーケストラによる力強いイントロですぐにその曲と判る特徴的な曲です。ボーカルが入ると魅惑的な生ピアノの伴奏に。そしてサビに向かってストリングスが徐々に被ってくるという、ツボを押さえた演出。歌メロもイタリアらしい歌心あるもの。これはヒットするべくヒットした曲といえるでしょう。Festaの映像では、Valentina Stella(40/Napoli出身)をゲストに迎えて一緒に歌っているシーンが盛り込まれていました。Valentina Stellaは現代ナポレターナ歌手の中で、トップクラスの実力と言われています。

さて、今やNapoliを代表するアーティストの一員として、Napoliはもちろん、イタリア中にその存在感を示しているGiardino dei Sempliciですが、実は4人のメンバーのうち、ボーカル&ギターのGianfranco Caliendo(51)だけがFirenze出身である事はあまり知られていません。CaliendoはGiardino dei Sempliciの大半の楽曲の作曲者であり、2人のメインボーカリストのうちのひとりですので、いわばGiardino dei Sempliciの心臓的な存在。

ちなみにGiardino dei Semplici(純粋者たちの庭)は実在する庭で、NapoliではなくFilenzeの大学の自然史博物館の一角に存在しています。植物学的に価値のある植物を集めた場所のようです。(純粋種の植物を集めている?)

唯一人のFilenze出身者であるGianflanco Caliendoが、グループ発足時に決定権を握る存在だったのかもしれません。

Giadda Caliendo彼の家系は代々マンドリン奏者やギター奏者を輩出してきたCaliendo家。今も音楽学校を経営したりしていますが、愛娘Giada Caliendo(22)が僅か15歳で2001年のサンレモ音楽祭に出場していますので、当時のサンレモ音楽祭の映像でご紹介しました。

若手カンタウトーレのFrancesco Bocciaとコンビを組み、Francesco e Giadaとして"Turuturu"というノリの良い曲を歌いましたが、15歳らしい愛らしい雰囲気を漂わしながらも、とても高校1年生とは思えない堂々としたスケールが大きな歌いっぷりを見せてくれています。残念ながらその後は目立った活動がありませんが、多分にその翌年に同じ15歳でサンレモ音楽祭の新人部門で優勝するAnna Tatangelo(20)と存在が被ってしまったことが大きかったように思えます。Francesco&Giarda/Turuturu

Giardino dei Sempliciのラストは、最近の彼らのステージ映像から。ますますNapoliの顔としての存在意義を高めつつある彼らは、かつてヒットさせた"Tu, ca' nun chiangne"以外にも積極的にナポレターナの名曲をカバーしているというシーンをお届けしました。"O marenariello〜Anema e core〜'O sole mio〜Funicli' funicula`"と、ナポレターナの名曲中の名曲のメドレー。全員がアコースティックギターを抱えて(Luciano Liguoriのみアコースティックベースを弾いていますが)ステージに横一直線に並んでのアンプラグド・スタイルのライブです。その美しいハーモニーを充分に堪能させてもらえるステージ。

Continua alla prossima puntata.(続く)

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

ITALIANITYITALIANITY -WEB MAGAZINE-
イタリア音楽コラム連載中。

CRONACA163s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD)
制作協力しました。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

YoshioAntonio


記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

ITALIANITYITALIANITY -WEB MAGAZINE-
イタリア音楽コラム連載中。

CRONACA163s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD)
制作協力しました。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ