Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Daniele_Silvestri

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第131回イタリアPOPSフェスタ(2016年6月)レポート(第3部:Max Gazze`, Niccolo` Fabi, Daniele Silvestri)

第3部

Max Gazze`来日公演決定
詳細は:http://piccola-radio-italia.com/archives/52223962.htmlまで

Max Gazze`(マックス・ガッゼ/49歳/Roma生まれ)特集。2015年のアルバム『Maxmilian』収録の大ヒット曲「La vita com'e`(意:人生ってどんなもの)」はゲームSEのようなサウンドで始まるものの、ノリの良いバックコーラスが心地よい。

Max Gazze - Maxmilian

Gazze`はRoma生まれだが、24歳になるまでほぼベルギーで育ったという経歴の持ち主。6歳からピアノを始め、14歳でベースに転向。ベーシストとして多くのレコーディングやツアーミュージシャンをこなしつつ、ソロのカンタウトーレとしての活動時にもベースを弾きながら歌う特異な存在。一つ年上の兄Francescoと共作することが非常に多いのも特徴的だ。

特に同じRoma出身でほぼ同い年のNiccolo` Fabi(ニッコロ・ファビ/48歳), Daniele Silvestri(ダニエレ・スィルヴェストリ/48歳)と20年に渡る友情を育み、レコーディングやライヴ時のコラボはそれぞれ盛んであったが、2014年にこの3人が南スーダンを旅した(アフリカの保健衛生推進活動を行うプロジェクトの一環)事をきっかけにトリオ"Fabi-Silvestri-Gazze`"を結成してアルバム『Il padrone della festa(意:パーティの主宰)』をリリース。非常に大きな話題となり、セールスも好調。

FabiSilvestriGazze - Il padrone della festa

さらにそのライヴ盤となる『Il padrone della festa - live』を2015年にリリース。2CD+2DVDの4枚組BOXだ。

FabiSilvestriGazze - Il padrone della festa-live

トリオ名義のアルバムからの楽曲の他、それぞれのソロ時のヒット曲を3人で演奏しているパフォーマンスが収められている。

第3部では、トリオ名義の楽曲から抜粋して紹介。

ライヴの冒頭は「Alzo le mani(意:僕は手を上げる)」からスタート。ここではアルバム収録と異なるライヴ映像で。

「L'avversario (意:敵)」は、Gazze`とFabiが格闘技で対決する舞台演出。(Silvestriはレフェリー役)

「L'amore non esiste(意:愛は存在しない)」は第2弾シングル曲。

※当サイトでのMax Gazze`の紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Max_Gazze`

※当サイトでのNiccolo` Fabiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Niccolo`_Fabi

※当サイトでのDaniele Silvestriの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Daniele_Silvestri


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2016年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

第85回イタリアPOPSフェスタ(2012年6月)レポート(その4 / Daniele Silvestri)

第4部

第4部はDaniele Silvestri(ダニエレ・スィルヴェストリ/44歳/Roma出身)のアルバム「S.C.O.T.C.H.」(2011/3/29発売)にライヴDVD「Live in Roma 18-07-2011」と未発表曲を収めたCD「ULTRA」をセットにした2CD+DVDの3枚組「S.C.O.T.C.H.-ultra-resistant edition」から。

DanieleSilvestri-scotch-Ultra

※当サイトでのDaniele Silvestriの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Daniele_Silvestri

アルバム「S.C.O.T.C.H.」は、アルバムチャートで最高5位を記録し、ゴールドディスクを獲得しています。またゲストの共演者が多彩で、Niccolò Fabi、Raiz、Gino Paoli、Diego Mancino、Bunna、 Peppe Servillo、Andrea Camilleri、Stefano Bollaniといった豪華な顔ぶれ。

FESTAでは、まずCD音源から大御所カンタウトーレGino Paoli(ジーノ・パオリ/78歳/Monfalcone出身)との共演曲"La chatta(チャット)"から。

※当サイトでのGino Paoliの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gino_Paoli

これは共演相手Gino Paoliの1960年のヒット曲で、スタンダードナンバーとなっている"La gatta(メス猫)"のパロディ。もちろんメロディはGino Paoli作のものなので、楽曲のクレジットはDaniele Silvestri – Gino Paoliとなっています。

原曲はGino Paoliがかつて飼っていたメス猫の事を歌っていますが、Daniele Silvestriが書いたパロディ詞では、原詩の韻を踏みながら、facebook上でのチャットのネタにすり替えています。

また楽曲の途中で、Daniele SilvestriがGino Paoliに電話をかけ、La gattaの楽曲にパロディ詞を付けて歌う許可と共演依頼をしているシーンが再現されています。

さて、FESTA会場ではここからライヴDVDに収められた映像で紹介を始め、まずはアルバム「S.C.O.T.C.H.」からの第2弾シングル曲となった"Ma che discorsi(なんというおしゃべり)"。ここでは、公式ヴィデオクリップ映像を貼っておきます。

1995年のヒット作にて、彼の代表曲のひとつ"Le cose in comune(共通のことがら)。ここでは音源のみ。

Niccolò Fabi(ニッコロ・ファビ/44歳/Roma出身)との共作&共演曲"Sornione(腹黒いヤツ)"。ライヴDVDでは、Niccolò Fabiの登場の時に大きな拍手が湧くのですが、インターネット上には掲載できる適切な映像がありませんので、ここでは音源のみで。

※当サイトでのNiccolò Fabiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Niccolo`_Fabi

ゲイ賛歌として有名な"Gino e l'alfetta(ジーノとアルフェッタ)"では、怪優Valerio Mastandrea(ヴァレリオ・マスタンドレア/40歳/Roma出身)が女装姿で出場し、ドラムを叩くなどステージを荒らしまわっていくシーンが見もの。

日本のイタリア映画祭でも毎年のように出演作が紹介されるほど、すっかりイタリアを代表する俳優として著名になったValerio Mastandreaですが、この楽曲が発表された2007年当時の公式ヴィデオクリップに登場している縁から、今回のライヴステージで女装姿で登場することに繋がったようです。

ちなみに曲のタイトルに採用されたAlfetta(アルフェッタ)とは、アルファロメオ社が1972年かrア1984年まで製造していた小型自動車の名前で、『小さなアルファロメオ』を意味しています。

アルバムタイトル曲とも言える"Lo scotch(スコッチ)"では、Africa Unite(アフリカ・ウニテ)のBunnaやAvion Travel(アヴィオン・トラヴェル)のPeppe Servillo(ペッペ・セルヴィッロ/52歳/Arquata Scrivia生まれNapoli育ち)らが共演を果たしており、ライヴDVDではPeppe Servilloが出場して共演しています。ここでh、スタジオ収録当時の映像で。

Peppe Servilloは、イタリア映画祭2012で上映された映画『Into paradiso(楽園の中へ)』に俳優として出演しているため、舞台挨拶のために急遽来日も果たしました。

※Peppe Servillo来日の紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/52012294.html

※当サイトでのAvion Travelの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Avion_Travel

最後はサンレモ音楽祭2007で4位となった"La paranza(小型漁船)"。ここでは、サンレモ音楽祭2007出場時の映像で。

※当サイトでのDanele Silvestriの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Daniele_Silvestri


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2012年に達する年齢で表記しています。

次回のイタリアPOPSイベントは:

1)6月24日(日)に、日伊文化交流サロン アッティコに於いて、〜イタリアの音楽を、知る・聴く・観る!〜『イタリア音楽&イタリアンブランチ』を開催いたします。

2)6月29日(金)に、日伊文化交流サロン アッティコに於いて、『イタリアン・パーティー』でイタリアPOPSのVJ&DJを担当いたします!

3)7月14日(土)にいつもの会場で通常のFESTAを開催予定です。

第41回イタリアPOPSフェスタ(2008年8月)レポート (その3 / Marian Trapassi, Daniele Silvestri)

その2はコチラ


第3部

Marian Trapassi(マリアン・トラパッスィ/Palermo出身)は、地元Palermoの美術大学を卒業した経歴を持つ若手カンタウトリーチェ。アマチュアロックバンドで活躍した後、New Yorkでしばらく暮らし、やがて2002年にアルバムデビューを果たします。2004年リリースの2ndアルバム「Marian Trapassi」が批評家たちから良い反応を得て、L'artista che non c'era(前代未聞のアーティスト)コンクールにて、Premio Ciampi di Livorno(チァンピ大統領賞)を獲得し、イタリアでは貴重な女性シンガーソングライターとしてのスタートを切ることになります。

MarianTrapassi/ViChiamero'PerNome3rdアルバム「Vi chiamerò per nome(あなた達を名前で呼んであげるわ)」(2008)は、いろいろな女性の人生の通過点を描写した作品集、といったアルバムで、多くの楽曲に女性の名前が盛り込まれています。ブックレットの最初の見開きページにはバラの花畑の写真を背景にして、メッセージが1行だけ書かれています。『私が知っている中で一番の特別の女性へ・・・・それはmia madre(私の母)』と。

1曲目はPVが制作されている"Viola(ヴィオラ)。日本名なら『すみれ』といったところでしょうか。アコーディオンの穏やかな音色、さわやかな曲調と透明感のあるMarianの声がマッチした元気の出てくる楽曲に仕上がっています。

2曲目はOrnella Vanoni(オルネッラ・ヴァノーニ)の1980年代初頭のヒット曲"Vai Valentina(行け ヴァレンティーナ)"のカヴァー。アコースティックギター1本のシンプルなサウンドながら、温かみのある世界観をかもし出しており、会場からは『ヴァノーニのオリジナルよりイイ!』という声が上がっていました。歌手のJulia Akishinoさんなどは、感動して熱いものがこみ上げてしまっていました。

3曲目は"Lucilla e le altre(ルチッラとその他の女性たち)"は、このアルバム一番の聴き所の多いMarianの多様な感性を味わえる楽曲。他の楽曲同様、自身がピアノを弾き、鉄琴やホーンセクションといった音をうまく取り入れて、サウンドに厚みを出したマーチ調のご機嫌な楽曲。ほんのりとビートルズっぽいエッセンスがあるところが高感度。



Daniele Silvestri(ダニエレ・スィルヴェストリ/40/Roma出身)は、その感性の鋭さと音楽性の高さを、多くの音楽通から絶賛されている、ミュージシャンズ・ミュージシャンといえるカンタウトーレ。彼の足跡を納めた公式ベスト盤がCD2枚&DVDの3枚組「Monetine(Best Of)」として2008年にリリースされました。

 

TVの構成作家の父とJazzシンガーの母の間に生まれたSilvestriは、1994年(26歳)のデビューアルバムがいきなりTarga Tenco(ルイジ・テンコ賞)を獲得。翌1995年にサンレモ音楽祭に出場すると、Volare賞(批評家賞)に選ばれ、さらには同年リリースしたシングル曲"Le cose in comune(共有物)"までもが、Targa Tencoを獲得、『その年の歌』にも選出されるなど、大いに将来を期待されたスタートを切りました。

FESTAではまずこの"Le cose in comune(共有物)"(1995)を、DVDに収められたPVで紹介しました。ほとんど全編がラップの歌い方になっていますが、ちょっとレトロな雰囲気を漂わせた楽曲のアレンジと漂うメロディラインと合わさると、不思議なオシャレ感が漂う作品に仕上がってしまうところが見事です。

2曲目は、英語タイトルと英語の歌いだしながら、次第にイタリア語歌詞に変わっていく楽曲"Hold me"(1997)。Alan Sorrenti(アラン・ソッレンティ)を髣髴させる、浮遊感あふれるヴォーカルと美しいメロディラインが不思議な耳残りをします。こちらもPVで紹介。バンドメンバーの中にソロシンガーとしても活躍するベーシストのMax Gazzé(マックス・ガッツェ)を従えているのが見えます。

Daniele Silvestriは自身の活動と平行して、映画音楽を手がけたり、Mina(ミーナ)やFiorella Mannoia(フィオレッラ・マンノイア)等、大物女性歌手に曲を提供し、作曲家としても名を馳せるようになります。

3曲目は2007年のサンレモ音楽祭参加曲"La paranza(帆つき小型漁船)"(2007)。DVDに収められた唯一のライヴ映像で紹介しました。少々能天気なラテンフレーヴァーに満ちた楽曲で、イントロが始まるだけで、客席は大騒ぎ(笑)という、最高に盛り上がる楽曲を楽しそうに演奏し歌うSilvestriが素敵です。


(セールスを阻害しないよう、DVD商品とは異なる映像をリンクします)

このDVDには、YouTube等で公開されている一般人による映像作品が何点か選ばれて収録されています。普通なら、こうした海賊版的な作品を排除するのに、あえてそれを取り込むという懐の深さはたいしたものです。

番外編として、このファンによる映像作品から"Gino e l'alfetta"を紹介。2007年にRomaで開催されたゲイの祭典『Gay Pride 2007』の公式曲として披露された楽曲で、公式PVよりもはるかに笑える作品として楽しめるところが素晴らしいです。



注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2008年に達する年齢で表記しています。

 

Continua alla prossima puntata.(続く)

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

YoshioAntonio


記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ