Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Cesare_Cremonini

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第119回イタリアPOPSフェスタ(2015年4月)レポート(第1部:Alessandro Casillo, Cesare Cremonini)

第119回Festaは、17名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて4/25(土)に開催。参加者の内訳は男性6名 女性11名、うち初参加者3名。

まさに『隠れ家』となるプライヴェートなバンケットルームを貸し切り、極上の音楽と夜景を楽しむ、至福のひと時となった。


第1部

タレントショー番組Io cantoに14歳(2010年)で出演し、サンレモ音楽祭2012新人部門で優勝したAlessandro Casillo(アレッサンドロ・カズィッロ/19歳/Assago出身)の2ndフルアルバム『#Ale』(2014)。

Alessandro Casillo - #Ale

元Laura Pausini(ラウラ・パウズィーニ)のプロデューサー&マネージャーGabriere Parisi(ガブリエレ・パリージ)のプロデュースで、Eros Ramazzotti(エロス・ラマッツォッティ/日本語表記:エロス・ラマゾッティ)の共作者&共同プロデューサーLuca Chiaravalli(ルカ・キァラヴァッリ)がメイン・コンポーザーを務めている。

シングル第1弾は「Niente da perdere(意:失うものは何も)」。

シングル第2弾は「Ci credo ancora(意:僕らをまた信じる)」

シングル第3弾は「L'amore secondo Sara(意:サラによると愛とは)」。

シングル第4弾は「Fuoco nell'Antartide(意:南極大陸の炎)」。

シングル第5弾は「Tutto il mondo parla di noi(意:世界中が僕らの事を話してる)」。

※当サイトでのAlessandro Casilloの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Alessandro_Casillo


Cesare Cremonini(チェーザレ・クレモニーニ/35歳/Bologna出身)は、1999年に19歳でブレイクしたLunapop(ルナポップ)のフロントマンで、ソロ転向後も人気カンタウトーレとして活躍し続け、若くして成功した。

5thアルバム『Logico(意:論理学)』(2014)は初登場チャート首位のヒットとなった。

Cesare Cremonini - Logico

シングル第1弾「Logico #1」は、ユニリーバ社のコーン型アイスクリームのCMソングに抜擢された。公式ヴィデオクリップも同商品を小道具に使用して、若者のロマンスを描いたショートムーヴィー仕立てとなっている。

シングル第3弾は「Io e Anna(意:僕とアンナ)」は、モノクロ仕立ての公式ヴィデオクリップ。

※当サイトでのCesare Cremoniniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Cesare_Cremonini

※当サイトでのLunapopの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Lunapop


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2015年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

第88回イタリアPOPSフェスタ(2012年9月)レポート(その2/Pino Daniele, Sergio Cammariere, Cesare Cremonini)

第2部

3人のカンタウトーレの2012年新作アルバムを集めた第2部。

1人目のカンタウトーレは、ベテランのPino Daniele(ピーノ・ダニエレ/57歳/Napoli出身)が3月20日に発売したアルバム「La grande madre(偉大な母)」(2012)から。

PINO DANIELE_La Grande Madre

同アルバムの初回生産分は、豪華なブックレット仕様で、4曲ほどは譜面も掲載されています。

第1弾シングル曲"Melodramma(音楽劇メロドランマ)"。Pinoの代表曲のひとつ"Napule è(ナポリは・・・)"を故Luciano Pavarotti(ルチァーノ・パヴァロッティ)と1998年にModenaで共演した際のサウンドをイメージして、新たに作った楽曲であると、アルバムの中で当時の共演写真を掲載して述べています。ちなみにドラムスは世界的に著名なセッションマンSteve Gadd(スティーヴ・ガッド)が務めています。重厚な曲調がらもPinoの粋なギターと高音ヴォーカルがキマッテいる楽曲。

第2弾シングル曲"Niente e come prima(何もかもが最初のようではない)"。ドラムスをこれまた世界的に著名なセッションマンOmar Hakim(オマール・ハキム)が務め、Pino自身がギターに加えベースも演奏して録音しています。PinoらしいJAZZ-FUNK的な楽曲。

同アルバムには、Eric Clapton(エリック・クラプトン)の"Wonderful Tonight"のイタリア語カヴァーも収録しており、ブックレットにはEric ClaptonとPinoのメッセージを掲載しています。また『Save the children』プロジェクトに捧げた英語曲"Searching for the water of life(命の水を探して)"を収録しています。

※当サイトでのPino Danieleの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Pino_Daniele


2人目のカンタウトーレは、JAZZ系カンタウトーレとして知られるSergio Cammariere(セルジォ・カンマリェーレ/52歳/Calabria州Crotone出身)が3月に発売したアルバム「Sergio Cammariere」(2012)。

sergio cammariere

既に何枚ものソロアルバムに加え、数多くのサントラ盤も手掛けているにも関らず、まるで新人のアルバムのように自身の名前を冠したアルバムをリリースしたのは意外な事でしたが、Sergioは、このアルバムを2011年に亡くなった友人のPepi Morgia(ペピ・モルジァ/照明アーティスト/61歳没)に捧げるとクレジットしており、自身の中にある音楽要素、ジャズからボサノヴァ、サンバからバルカン・リズム、クラシックからワールドミュージックやプログレなどを調和させて綴った作品集であると述べています。

シングル第1弾"Ogni cosa di me(僕のあらゆること)"

2曲目は、ブラジルの音楽家Vinicius De Moraes(ヴィニシウス・ヂ・モライス)作品のイタリア語カヴァー"Come è che ti va?[Onde anda você](やぁ、最近どうだい?)"。イタリアを代表するトランペッターFabrizio Bosso(ファブリツィオ・ボッソ)を迎えて録音されています。2008年のPremio Tenco(テンコ賞)のステージ映像で。

※当サイトでのSergio Cammariereの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Sergio_Cammariere


3人目のカンタウトーレは、Cesare Cremonini(チェーザレ・クレモニーニ/32歳/Bologna出身)が5月22日に発売したアルバム「La teoria dei colori(色彩理論)」(2012)から。

Cesare Cremonini-La teoria dei colori

初登場でアルバムチャート2位を記録している通り、若手ながら実力と人気を兼ね備えたアーティストとして一目置かれる存在です。

第1弾シングル曲は"Il comico [Sai che risate](コメディアン[笑っちゃうね])"

シングル第2弾は"Una come te(君のような女性)"。人気TV番組『Quelli che』で2012/9/16に放送されたばかりの映像で。

※当サイトでのCesare Cremoniniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Cesare_Cremonini


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2012年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

第81回イタリアPOPSフェスタ(2012年2月)レポート (その2 / Jovanotti, Cesare Cremonini)

その1はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/51995668.html


第2部

2011年イタリア年間アルバムチャートで3位に輝いたJovanotti(ジォヴァノッティ/46歳/Roma出身)の「Ora(今)」(2011年1月25日発売)。

そのアルバムを掲げた大規模なツアーは、イタリア国内27都市に、英マンチェスターを加えた28都市41公演に及びました。そのツアーのセットリスト曲をまるまる収録したDVDが2011年11月29日に発売になりました。

boxdvdtourorajovanotti2011

限定版DXセットは、その単品DVDに加え、特典コンテンツを収録したもう1枚のDVD、そしてアルバム「Ora」のDX版に、さらに2曲のボーナスを加えたCD2枚を加えた2CD+2DVDの4枚組。さらに48ページのブックレットと5枚のミニポスターを収めた商品パッケージは、マグネットで開け閉めできる特殊な仕様が採用されています。

Jovanottiは過去、何枚かのDVDをリリースしていますが、Jovanotti自身が映像コンテンツへの興味が強いためか、ドキュメンタリータッチの作品が多く、ライヴコンサート映像として、通して鑑賞できる映像作品が少なかったのですが、今回のDVDはコンサートそのものを楽しめる内容となっています。

また限定版の特典DVDには、例によって映画仕立てのドキュメンタリー映像が収録されているだけでなく、ゲストを迎えたステージ映像も収録されています。
ゲスト:Ben Harper(ベン・ハーパー/米ギタリスト)、Michael Franti(マイケル・フランティ/米ラッパー)、Giuliano Sangiorgi(ジゥリァーノ・サンジォルジ/Negramaroのヴォーカル)、Cesare Cremonini(チェーザレ・クレモニーニ)、Luca Carboni(ルカ・カルボーニ)

さらにPCからこの特典DVDにアクセスすると、1枚目のDVDに収録されているツアーコンサート映像をフルHDで収録した映像ファイルを取りだすことができたり、音声ファイルMP3で取りだすことも出来るようになっております。

当2月FESTAでは、アルバム「ORA」に収録されていた楽曲を中心に、紹介することにしました。

同アルバムからのシングル第4弾となった"La notte dei desideri(あこがれの夜)"。ここでは公式videoclip映像で。

シングル第2弾"Le tasche piene di sassi(小石でいっぱいのポケット)"。ここではHotel Patriaでのライヴ映像で。

シングル第5弾"Ora(今)"。ここでは公式videoclip映像で。

シングル第1弾"Tutto l'amore che ho(僕のありったけの愛)"。ここでは公式videoclip映像で。

シングル第3弾"Il più grande spettacolo dopo il Big Bang(ビッグバン後の最大スペクタクル)は、そのキャッチーな楽曲タイトルがそのまま採用されたTV番組が誕生することにもなりました。ここでは公式videoclip映像で。

そして米ラッパーMichael Franti(マイケル・フランティ)の楽曲"The sound of Sunshine"にJovanottiが客演したヴァージョン。特典DVDにはMichael Frantiと共演したライヴ映像と、Jovanottiが独りで歌うアコースティックバージョンの映像の2つが収録されておりますが、ここでは公式videoclip映像で。

また、Cesare Cremonini(チェーザレ・クレモニーニ/32歳/Bologna出身)との共演楽曲"Mondo(世界)"(2010)のライヴ映像も特典DVDに収録されています。ここでは公式videoclip映像で。

※当サイトでのJovanottiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Jovanotti

※当サイトでのCesare Cremoniniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Cesare_Cremonini


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2012年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ