Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Camillo_Pace

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

Camillo Pace / Credo nei racconti(2017)レビュー (recensione)

コントラバス奏者としてジャズバンドなどでも活動するCamillo Pace(カミッロ・パーチェ/39歳/Puglia州Taranto生まれ)の、カンタウトーレとしての2ndアルバム『Credo nei racconti(意:僕は物語を信じる)』(2017)。
Camillo Pace(Talanto,1978) fa il bassista nel settore jazz ecc, ma anche il cantautore, e` uscito il suo secondo album come il cantautore, "Credo nei racconti"(2017)
Camillo Pace - Credo nei racconti
Camillo Pace - Credo nei racconti-2

全曲イタリア語詞&タイトルであるにも関わらず、そのサウンド&メロディはいい意味でイタリア臭さは薄く、かといってイタリアのインディーズシーンで横行している英語圏の流行にも染まっていない。1stアルバム『Autoritratto(意:自画像)』(2013)と同様、アコースティックサウンド路線だが、今作ではエレクトリック楽器や打ち込みを盛り込むことにも挑戦しつつも、やはり全体的にはアコースティックな響きに満ちた不思議な魅力を持つ世界が収められている。イタリア音楽のコテコテさに食傷気味の人にも聴き易い作品集とも言える。
Anche se tutti i brani si sono scritti in italiano, il suono non sa d'italiano, ma fortunamente non e` tinto dalla moda britanica, c'e` il suo timbro unico. Questa volta ha introdotto anche strumenti elettrici e dei suoni elettronici, ma miracolosamente si sembra sempre acustico come il suo primo album "Autoritratto"(2013). Posso consigliarlo anche a chi non ascoltano molto la musica troppo allegra come quella tipica italiana.

もちろんコントラバス(orエレクトリックベース)を自身で演奏し、楽曲によってはギター等も演奏しているが、本作では敢えて自身のアイデンティティであるベースを抜いた楽曲を4曲も収録しているところにも注目。全曲の作詞作曲を単独で書き、歌詞には比較的平易なイタリア語で書かれているものの情緒に溢れた表現箇所が多数あり、イタリア語学習の教材としてもお奨めだ。
Nel disco Camillo suona certamente il cotrabbasso o il basso elettrico, anche la chitarra qua e la`, ma ha osato eliminare il basso ben in 4 brani, benche' il basso e` il suo identita`. Ha filamato tutti i brani da solo, ha scritto i testi con le parole semplici, ma ci sono molte emozioni qua e la`, vorrei consigliarlo anche come un materiale didattico d'italiano agli stranieri.

1. Tutto accade la domenica mattina(意:全ては日曜の朝に起きる)
古き良きイタリアらしいマンドリンのサウンドが印象的な楽曲ながら、イタリア臭さが無く、むしろアメリカのカントリーソングの雰囲気が漂う、Camilloらしい素朴な楽曲。
Il mandolino suona l'atmosfera antica italiana, il ritmo invece non e` italianoma come "Country music" americana, il brano semplice a modo di Camillo.

2. Adesso(意:今)
2014年リリース。Camilloの住むMartina Francaの少年合唱団のコーラスが印象的な楽曲。いろんなことに恐れずに挑戦して行こう!と語りかける応援歌。
Presentato nel 2014, un brano impressionante col coro dei bambini a Martina Franca a cui Camillo vive, un canto di incitamento, "Ragazzi, non abbiate paura di fare qualcosa"

3. Si addormenta e vola [feat.Vincenzo Deluci](意:眠りそして飛ぶ)
2013年にリリースされ、サンレモ音楽祭新人部門への登竜門であるArea Sanremoのファイナリストまで登った楽曲。交通事故で車いす生活者となってしまったトランペッター Vincenzo Deluci(ヴィンチェンツォ・デルーチ)に捧げられた楽曲。Vincenzo本人のトランペットの音色が印象的。公式ヴィデオクリップを見ると、Vincenzoは短いトロンボーンのような変形金管楽器スライドトランペット(別名ソプラノトロンボーン)を吹いている。よく見ると楽器は金属バーで固定されており、Vincenzoは左手だけで短いスライドを前後させて吹いている。トランペットは右手でピストン操作をするものなのだが、おそらく彼は右手が使えなくなってしまったため、左手でもスライド操作できるトロンボーンタイプを選んだのだろう。
Il brano finalista di Area Sanremo 2013, e` dedicato al trombettista Vincenzo Deluci che vive su una sedie a rotelle dopo un incidente stradale. Anche Vincenzo suona il tromba nel brano, precisamente "il trombone soprano", vedendo con cura il videoclip ufficiale, suona lo strumento fisso alla sedia con la mano sinistra sola. Penso che non riesca a usare la mano destra dopo l'incidente, quindi` ha scelto questo tipo di tromba da potere suonare anche con la mano sinistra sola.

4. Don Chisciotte torna a casa(意:ドン・キホーテは家に帰る)
チェロの音色が印象的なインスト曲。人々の話声から始まり、優しいフィンガリング奏法のギター、パーカッション、チェロ、ブラジルの打弦楽器ビリンバウ、コントラバスとどんどんと楽器が加わって同じテーマを奏でて行く安らかな楽曲。
Un brano strumentale col suono del violoncello impressionante. Comincia da rumori della gente, partecipano uno dopo l'altro la chitarra suonata con le dita, percusioni, violoncello, berimbau(strumento musicale brasiliano), contrabasso. E` una musica minimale tranquilla.

5. Sara` ancora(意:さらにそうなる)
2015年にリリースされた楽曲。"ancora(意:もう一度・さらに・まだ・ずっと)"というキーワードをフィーチャーし、未来に期待を込めて歌われる応援歌。
Pubblicato nel 2015, si mostra la parola "ancora" qua e la`, un canto di incitamento con la speranza per il futuro.

6. Io sono vivo(意:僕は生きている)
2015年リリース曲。Camilloのアイデンティティであるベースを抜いたどころか、モーグと打ち込みによるエレポップサウンドに乗せて歌い、Camilloの新境地を示した楽曲。アッシジの聖フランチェスコで有名な『兄なる太陽、姉なる姉』を元にした歌詞で始まり、家族を四元素(火・風・水・土)に例えて歌われている。
Pubblicato nel 2015, senza il basso in piu` aggiungendo il suono elettronico del moog, con questo pezzo Camillo ha aperto nuovi orizzonti alla sua arte. Il testo comincia dal tema "fratello sole, sorella luna" di Francesco d'Assisi, canta la sua famiglia come "4 elementi", cioe` il fuoco, la terra, l'aria e l'acqua.

7. Un nome(意:ある名前)
前曲から引き続き、アルバム後半はベースレス曲が続いて収録されている。この楽曲は 複数のギターサウンドがメインとなるアレンジ(Camilloもクラッシック・ギターを演奏)。腫瘍で入院中の友人に捧げられた楽曲。おそらく治る見込みがないと知って書かれたと思われる歌詞のとおり、彼はその後逝去したそうだ。
Dal brano precedente alla fine del disco, tutti i brani sono registrati senza il basso. In questo brano suona principalmente con le alcune chitarre, anche Camillo suona quella classica. E` dedicato a un suo amico in ospedale per il tumore. Ascoltando il testo penso che Camillo avvia sapputo che la sua malattia non sarebbe stato mai in via di guarigione, dice che e` tristemente scomparso alla fine.

8. Domani ci sara` il sole(意:明日は陽が出るだろう)
Camillo自身が弾くアコギ中心に、打ちこみサウンドをところどころにミックスした楽曲。娼婦の立場で歌われ、他界した母の想い出が織り交ぜられた心理描写が興味深い楽曲。
Canta al posto di una prostituita toccando ricordi con sua madre scomparsa. Il suono si composto dalla chitarra acustica che Camillo suona e il suono elettronico programmato parzialmente.

9. Nel silenzio(意:静けさの中で)
アコースティックギターサウンドにややリバーブがかけられたヴォーカルを乗せ、歌唱部分は短く前半で終わり、後半はチェロの音色がフューチャーされたインスト。後ろで鳴っている鉄琴系の音がオルゴールのように鳴り響いてエンディング。自分が死んで昇天する時を歌った印象的な楽曲。
Canta il tempo di andare in cielo. Il suono si composta dalla chitarra acustica e la voce riverberata, il canto finisce a meta` e il resto diventa musica strumentale col suono del violonciello principalmente. C'e` un altro suono dietro come il glockenspiel o campanaelli.

なお、同アルバム奥付に日本のリスナーへの感謝および当Piccola RADIO-ITALIA及び主宰Yoshioの名前がクレジットされた。
Nel album si scrivono il mio nome e gli altri ascoltatori giapponesi.
Camillo Pace - Credo nei racconti-4
Camillo Pace - Credo nei racconti-5

※当サイトでのCamillo Paceの紹介記事 Articoli su Camillo Pace nel sito
http://piccola-radio-italia.com/tag/Camillo_Pace

Camillo Pace 日本語サイト (in giapponese)
http://camillopace.com/

第117回イタリアPOPSフェスタ(2015年2月)レポート(第1部:Camillo Pace)

第117回Festaは、17名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて2/7(土)に開催。参加者の内訳は男性8名 女性9名

まさに『隠れ家』となるプライヴェートなバンケットルームを貸し切り、極上の音楽と夜景を楽しむ、至福のひと時となった。

第1部

コントラバス奏者の顔を持つ異色のカンタウトーレCamillo Pace(カミッロ・パーチェ/37歳/Taranto出身)。2014年7月にブルガリ イタリアンジャズ ラウンジのシリーズで来日公演を行ったBerardi Jazz Connection Quintet(ベラルディ・ジャズ・コネクション・クインテット)のコントラバス奏者として来日していた。

Berardi Jazz Connection Quintet

その活動からジャズっぽい音楽を奏でるカンタウトーレだと思っていたら、全く異なり、アメリカのカントリー・ミュージックの香りが漂う乾いたサウンドに乗せてイタリア語で歌う、これまた異色の作風。アルバム『Autoritratto(意:自画像)』(2013)収録曲を中心に公式ヴィデオクリップで紹介した。なお、映像制作にもこだわりを持って自ら企画制作したり、積極的に関わっているようだ。

Camillo Pace - Autoritratto

彼の作風の魅力が最もよくあらわれている軽快な楽曲「E allora balla(意:そして踊る)」

一転してしっとりとした雰囲気で始まる「Piangi e ridi(意:君は泣き、そして笑う)」中盤からソプラノ・サックスがメロディに絡み出すアレンジも光る。

「Adesso(意:今)」は2014年6月に発表したアルバム未収録曲で、爽やかな作品。ヴィデオクリップのエンディング・ロールの後にも、ワンシーンが収録されている。

音楽院でアフリカの民族音楽を研究していたというCamilloのバックグラウンドが垣間見える「Maisha」は、全編アフリカロケ。コーラスを活かしたアレンジのサウンドは爽やかで、民族音楽に寄ってはいない。

「Il viaggio(意:旅)」は投身自殺しようとするCamilloのシーンで始まる。"何してるの?"と男の子に声を掛けられて、思いとどまった彼は、さてその後どうするのか。エンディングに応えがある。南欧らしい風景を丁寧に収録した映像も粋だ。

Festa終了後、Camillo Pace本人から日本のリスナーに贈る言葉が届いた。

grazieeeeee amici siete nel mio cuore...
spero di venire presto a Tokyo per un concerto sarebbe bellissimo!!!
per me siete una grande famiglia musicale...grazieeeeee

ありがとう、友人たち。君たちは僕の心に中に居るよ・・・
また東京にコンサートしに行ければと願っている、そうなったら最高だね!!!
君たちは僕にとって偉大な音楽ファミリーだよ・・・ありがとう


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2015年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ