Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Banco

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第138回イタリアPOPSフェスタ(2017年1月)レポート(第3部:Elio e le Storie Tese)

サンレモ音楽祭2016大賞部門12位となった「Vincere l'odio(意:嫌悪感に勝つこと)」。歌ったのはメンバー全員が音楽院出身の音楽エリートながら一貫してコミックバンドであり続けるElio e le Storie Tese(エリオ・エ・レ・ストリエ・テーゼ)。今回の出場曲も凝りに凝って、異なる7曲をまるでメドレーのようにぎゅっと1曲分の長さに押し込んだ贅沢な作り。

最初は普通のラヴソングのように始まり、第2パートはナポリのゲイについて。ナポリ語のオネエ言葉で歌われている。第3パートは聖パウロ(新約聖書のパウロ書簡の著者)について。第4パートはネパールで売られているカラブリア産ワインは実はカトマンズ製だったというTV番組をもじったもの。第5パートはいろいろな種類の芋について。第6パートはぶっきらぼうな女を描写。最後のパートは評価されているものの醜い楽曲を揶揄している。

またサンレモ出場の際、彼らが尋常なまでに力を入れるのは、ステージ衣装や扮装。今回は初日は真っピンクの衣装。2日目は異様(奇妙?)な若づくり。そして最終夜は米バンドKissになりきった扮装での出場となった。音楽祭当日、その姿で出場すると、視聴者らが一斉にSNS等にUPし、本家Kissのジーン・シモンズが“動画のリンクを教えてくれ”と投稿したことでも大きな話題となった。

サンレモ出場後、Kissに扮装した舞台裏も動画でUPしている。https://youtu.be/8AjUUYxfTEU 他のアーティストだったら、こんなところに時間を割かず、もっと演奏の練習に注力しろ!と言いいたいところなのだが、いつも文句のつけどころがない抜群の演奏力なので、これは彼らの特権とも言える。

同音楽祭第3夜のカヴァー大会で彼らが披露したのは、「Il quinto ripensamento(意:第五の塾考)」。ベートーヴェン作曲の交響曲第5番を元にした「A Fifth of Beethoven(邦題:運命'76)」(Walter Murphy/映画『サタデー・ナイト・フィーバー』挿入曲)のイタリア語カヴァーである。https://youtu.be/9iljq2es0yw

これらサンレモ音楽祭2016で披露した2曲を収録した彼らのアルバムが『Figatta de Blanc』(2016)。
Elio e le Storie Tese - Figatta de Blanc

このアルバムタイトル名は、明らかにポリスの2ndアルバム『Reggatta de blanc(意:ホワイト・レゲエ/邦題:白いレガッタ』(1979)のもじりで、"Figatta"自体には意味は無いが、アルバムジャケットのイラストと併せて、女性器を意味する俗語"Figa"のニュアンスを出していると感じさせる。放送禁止用語等になるのを避けつつ、受け取る人の脳裏にイメージを持たせる手法のようだ。
Police - Regatta de Blnc

「Il mistero dei bulli(意:不良の神秘)」。不良によるイジメや暴力について歌っており、現代の不良の祖先とかもしれない古代人について語られている。フン族王アッティラ(その活躍が民族大移動時代のきっかけのひとつとなり、結果、西ローマ帝国が崩壊=古代の終焉に導いたとされる)やネアンデルタール人などなど。映画を発明したリュミエール兄弟や映画『野郎どもと女たち』(1955)にも言及している。https://youtu.be/w1KBee36SUI

「I delfini nuotano(意:イルカたちが泳ぐ)」https://youtu.be/-DJ5dyp0Xo4

「Bomba intelligente(意:知的爆弾)」はBanco del Mutuo Soccorso(バンコ・デル・ムトゥオ・ソッコルソ)のリードヴォーカルだった故Francesco Di Giacomo(フランチェスコ・ディ・ジャコモ/1947-2014/66歳没)のヴォーカルをフィーチャーしている。この楽曲は2005年にFrancesco自身が作詞し、Paolo Sentinelli(パオロ・センティネッリ)が作曲した楽曲で、イラク戦争(第二次湾岸戦争)で使われたハイテク兵器のことを歌っている。バンド向けのアレンジを施して当時FrancescoのヴォーカルをレコーディングしていたテイクがElio e le Storie Teseの面々に託され、完成させたという経緯のようだ。アルバム内にクレジットがないものの、エンディングのヴァイオリンはMauro Pagani(マウロ・パガーニ)とのこと。優秀なカンタウトーレ作品を評価するタルガ・テンコ賞2016年に認定された。最近流行の360度仕様のヴィデオクリップが公開されたが、この後に紹介する他の2曲のヴィデオクリップを加えた3曲分がミックスされているだけなので、モノクロの画面のパートだけ観ればOK。https://youtu.be/Pkmg6SmNcVQ

※当サイトでのBancoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Banco

※当サイトでのMauro Paganiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mauro_Pagani

「China disco bar(意:中国のディスコ)」は、イタリアへ移民してきた中国人たちが住むチャイナタウンを描写している。前出の通り3作品をMixした360度映像作品となっているので、スクリーンに中国語が表示されるのが該当の映像だ。https://youtu.be/e5ORyBjO5I4

「Vacanza alternativa(意:交替休暇)」は温泉浴場でキノコリゾットを作っているシーンを描いたファンクナンバー。イタリア語の"キノコ"は"Funghi(フンギ)"であり、"ファンク"は"Funk(フンク)"なので、語呂合わせになっている。例によって360度映像作品となっているので、中央にキッチンが置かれているのが該当の映像だ。https://youtu.be/NB_y7VMfbBs

※当サイトでのElio e le Storie Teseの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Elio_e_le_Storie_Tese


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2017年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

第115回イタリアPOPSフェスタ(2014年12月)レポート(2014年の来日/逝去アーティストたち)

第115回Festaは、16名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて12/13(土)に開催。参加者の内訳は男性4名 女性12名。

今回は、毎年恒例のNatale Festa/クリスマス・パーティとして開催。2014年をイタリア音楽の視点で振り返り、参加者持ち寄りのプレゼント交換会も行われた。

2014-12FESTA


まずは2014年の来日アーティストたち。本年はイタリアから非常にたくさんのアーティストが来日した画期的な年度となった。

ゴールデン・ウィークに開催されたイタリア映画祭2014で上映された『Una piccola impresa meridionale(邦題:南部のささやかな商売)』(2013)の映画監督&俳優としてゲスト来日したRocco Papaleo(ロッコ・パパレオ)。

rocco_papaleo_festival_cinema_tokyo

来日時記事:
http://piccola-radio-italia.com/archives/52127623.html


5月から10月に渡って行われたブルガリ イタリアンジャズ ラウンジ。計5組のアーティストの来日ステージが楽しめた。

第1弾はJoe Barbieri(ジョー・バルビエリ)で、5月1日@ブルガリ、5月2日@イタリア文化会館で公演。

Joe Barbieri

第2弾はMax Ionata & Dado Moroni(マックス・イオナータ & ダード・モローニ)。6月5日@ブルガリ、6月9日@イタリア文化会館で公演。

MaxIonata & DadoMoroni

第3弾はBerardi Jazz Connection Quintet(ベラルディ・ジャズ・コネクション・クインテット)。7月3日@ブルガリで公演。

Berardi Jazz Connection Quintet

第4弾はFabrizio Bosso(ファブリツィオ・ボッソ)。2014年春に結成したばかりのカルテット編成で、9月3日から8日にかけて、ブルガリ、熊本、東京Jazz、イタリア文化会館で公演。なおBossoは5月14日・15日にも、以前より活動していたトリオ編成の新譜を掲げて、Blue Note東京公演を行ったため、同年2回の来日公演を行った事になる。

Fabrizio Bosso

第5弾はSimona Molinari(シモーナ・モリナーリ)。10月7日・8日@ブルガリで公演。

Simona Molinari

来日情報:
http://piccola-radio-italia.com/archives/52123654.html

PFMことPremiata Forneria Marconi(プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ)は、5月30日@東京ドームシティホール、5月31日@渋谷duo music exchangeで来日公演。

PFM

Giovanni Allevi(ジョヴァンニ・アレヴィ)が、6月18日から27日にかけて、東京・静岡・京都・鹿児島・名古屋・大阪を廻るジャパン・ツアーを敢行。

Giovanni Allevi

8月、Alberto Pizzo(アルベルト・ピッツォ)が、愛媛と東京で公演。

Alberto Pizzo

Italian Surf Academy(イタリアン・サーフ・アカデミー)が、9月23日から26日にかけて、東京・金沢・大阪で公演。

ItalianSurfAcademy

Ludovico Einaudi(ルドヴィコ・エイナウディ)が10月15日、東京・日本青年館で公演。

Ludovico Einaudi

Renzo Rubino(レンツォ・ルビーノ)が10月23日〜25日、Fazioli東京、大阪・イタリア商工会議所、吉祥寺・Araiぴあっつで公演。

RenzoRubino

Chiara Civello(キァーラ・チヴェッロ/キアラ・シヴェロ)が、12月5日〜9日にかけて東京で3公演。

ChiaraCivello

Letizia Gambi(レティツィア・ガンビ)が、12月13日イタリア文化会館のクリスマス・パーティのゲストとしてステージを務めた。

Letizia Gambi

来日時インタビュー/公演レビュー記事掲載媒体:
http://musicavitaitalia.com/web/?p=315
http://musicavitaitalia.com/web/?p=442

来日時ヴィデオ・メッセージ掲載媒体:
http://musicavitaitalia.com/web/?p=336
http://musicavitaitalia.com/web/?p=469


そして残念なことに、2014年に生涯をとじた偉大なアーティストたち。

Francesco_Di_Giacomo

Banco(バンコ)ことBanco del Mutuo Soccorso(バンコ・デル・ムトゥオ・ソッコルソ/Sardegna州Siniscola生まれ・Roma育ち/1947-2014/66歳没)のヴォーカリスト、Francesco Di Giacomo(フランチェスコ・ディ・ジャコモ/)が2月21日に交通事故で他界。2ヶ月後の4月に控えていた来日公演も中止となり、既に第1弾チケット争奪戦を終えていた日本のファンは失意に暮れた。

Francesco Di Giacomo追悼Banco特集記事掲載媒体:
http://musicavitaitalia.com/web/?p=256

※当サイトでのBancoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Banco

Mango

Mango(マンゴ)ことPino Mango(ピーノ・マンゴ)、本名Giuseppe Mango(ジュゼッペ・マンゴ/Basilicata州Lagonegro生まれ/1954-2014/60歳没)が12月7日のコンサート終盤で楽曲「Oro」を歌っている途中、“Scusate...(意:みんな、ごめん・・・)”という言葉を残して倒れ、そのまま帰らぬ人へ。心臓麻痺が死因だった。

1999年のコンサートで「Oro」を歌うMango。

亡くなる前日、Roma公演で同曲を歌うMango。

亡くなった当日のコンサートで、同曲を演奏中に倒れるMango。

※当サイトでのMangoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mango


2015年の来日計画が進行中の案件もいくつか存在しているが、どれもまだ正式発表前のため、ここでは言及はしない。しかし2015年もビッグ・アーティストの夢の来日公演が実現することがあり得るということだけはお伝えしておく。【追記】12月22日に正式発表&チケット販売開始→Ligabue(リガブエ)初来日公演

注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2014年に達する年齢で表記。

次回の定例FESTAは、1月10日(土)に開催。

イタリア音楽専門誌 MusicaVita Italia 第5号 2014/4/30発売!

大変お待たせいたしました。日本語で読めるイタリア音楽情報誌『ムジカヴィータ・イタリア』第5号、2014年4月30日に発売決定!全面カラーページ化!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号

本号より税抜2,000円(税込2,160円)に価格改定となりますが、 定期購読される場合は税込2,000円でご優待!また発売日以降に開催されるイタリア関連イベントの一部でも紹介、直接お求めいただける機会を設けたりする予定です。

内容も発表になりました。こうご期待あれ!

  • 特集1: ラウラ・パウジーニ
    • ヒストリー
    • ラウラと仲間たち
    • 20 グレイテスト・ヒッツ:仮想ライナー・ノーツ
    • ディスコグラフィ
  • 特集2:バンコ・デル・ムトゥオ・ソッコルソ
    • ヒストリー
    • バンコの来日公演を振り返る
    • ヴィットリオ・ノチェンツィ インタヴュー・アーカイヴ
    • ディスコグラフィ
  • サンレモ音楽祭2014
  • イタリアン・ロックの名曲100 選(Pt.2)
  • 来日公演情報
  • 第5回サンレモ音楽祭 1955年
  • ナポレターナ あれこれVol.4「彼女に告げてよ」/青木 純
  • altri musica 〜その他の音楽〜
    • イタロ・ディスコ!(Italo Disco!)
    • カンタウトーレ(Cantautore)
  • 新着ディスク・レビュー
  • 最新ニュース(Novita`)
  • 最新のイタリア・アルバム・チャート(FIMI)
  • 連載コラム
    • 私のイタリア音楽の旅 新井健司
    • イタリア映画の備忘録 押場靖志
    • 鍵盤の彼方の伊太利亜 難波弘之
    • 音楽の合間に読書 久保耕司
    • 伊太利亜秘宝館 高橋 理
    • イタリアの車窓から 冨田和磨
  • 読者プレゼント

など (掲載内容は変更する場合があります)

なお、本誌において、当サイトの主宰YoshioAntonioは編集長を務めています。

カラーページのサンプル↓

MusicaVita Italia 第5号 サンプルページ

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳を監修いたしました!

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

YoshioAntonio


記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳を監修いたしました!

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ