第52回Festaは、10名の参加者が集まり、東京・水道橋のYou Meにて7/18(土)に開催しました。参加者の内訳は男性4名 女性6名(うち、初参加者1名)。

VIPルーム扱いの個室スペースをゆったり目に使って、極上の音楽を楽しむ、至福のひと時となったかと思います。


第1部

第1部は2009年の新人歌手を中心にラインナップ。

Barbara Gilbo/Che ne sai di meサンレモ音楽祭2009の新人部門に出場した女性歌手から2名。まずはBarbara Gilbo(バルバラ・ジルボ)。

日本でも放映されるほど、その型破りな番組制作が話題を集めた1990年代のイタリアが生んだ伝説的なテレビ番組『Non è la RAI(ノネ・ラ・ライ)』に出演していた経験を持つBarbaraは、年齢非公開となっておりますが、1994年当時にティーンエイジャーだったと推定すると、現在は30代前半だと推定されます。

ソングライティングも行う美しい金髪をなびかせたこのカンタウトリーチェは、サンレモ音楽祭のゲストを迎えるステージでは、イタリアを代表する名優&名歌手のMassimo Ranieri(マッスィモ・ラニエリ)を招いたステージを楽しませてくれました。もちろんFESTAでもその映像を楽しんでいただきました。

偉大な作詞家Giancarlo Bigazzi(ジァンカルロ・ビガッツィ)にプロデュースされたアルバム「Che ne sai di me(私について何を知っているの)」(2009)は、もちろんアルバムタイトル曲でもあり、サンレモ出場曲でもある"Che ne sai di me(私について何を知っているの)"を含んだ全11曲のフルアルバム。

日本のiTunesストアでもフルアルバムがダウンロードできるようになっております。Barbara Gilbo - Che ne sai di me


 

Silvia Aprile/Silvia Aprileサンレモ音楽祭2009の新人部門出場した女性歌手の2人目はSilvia Aprile(スィルヴィア・アプリーレ/22歳/Napoli出身)。

現在、イタリアで大流行中のオーディション番組X Factorの第1期(2008年)に出場し、正当な美しい歌唱を聴かせてくれたSilviaですが、サンレモ音楽祭出場に際し、作詞&作曲、編曲、ギター演奏、そしてプロデュースと全面的にバックアップしてくれたのは、Napoli音楽をさらに進化させた実績を誇る偉大なPino Daniele(ピーノ・ダニエレ)。

サンレモ音楽祭のゲストを迎えるステージでも、Pino DanieleはSilviaの客演としてギター演奏を披露してくれました。もちろんFESTAでもその映像を楽しんでいただきました。

このサンレモ出場曲"Un desiderio arriverà(願いは叶うだろう)"を含む6曲入りのミニアルバム「Silvia Aprile」(2009)でも、Pino Danieleは、5曲も彼女のために楽曲を書きおろしています。

しかしながら、現役大学生でもあるSilviaは、

Pino Danieleにプロデュースしてもらえる幸運を得たけれど、私は大学に戻るわ

とインタビューに答えています。


 

Aram Quartet/Il pericolo di essere liberiさて、Silvia Aprileが出場していたX Factorの第1期(2008)で優勝を勝ち取ったのが、男性4人のコーラスグループAram Quartet(アラム・クァルテット/Puglia州Brindisi郊外出身)。グループ名の『ARAM』は、4人のメンバー名の頭文字を合成した造語です。
Antonio Maggio(23歳)、Raffaele Simone(35歳)
Antonio Ancora(28歳)、Michele Cortese(24歳)

優勝直後の2008年初夏にはミニアルバムが発売されましたが、ようやく2009年になってフルアルバム「Il pericolo di essere liberi(自由でいる危険)」(2009)がリリースされました。プロデュースは元PFMのメンバーであり、Dolceneraの売り出し時期のプロデューサーを務めたLucio Fabri(ルーチォ・ファブリ)。

FESTAでは、シングル曲"Il pericolo è il mio mestiere(危険は僕の職業)"を紹介いたしました。

続きを読む(leggere la continuazione)