Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Annalisa

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第99回イタリアPOPSフェスタ(2013年8月)レポート(その2/ Negrita, Annalisa)

第2部

1991年Arezzoで結成されたバンドNegrita(ネグリータ)の白熱のライヴCD+DVD『Negrita Live』(2012)を見れば、彼らのイタリアでの人気が理解できます。DVDにはMilanoのMediolanum Forumでの2012/2/11のライヴを収録しています。

Negrita-Live

「La Vita Incandescente(意:白熱の人生)」、ここではBolognaでのライヴ映像で。

「Junkie Beat」。ここではRadio-Italiaでのライヴ映像を。

「Il giorno delle verita`」は、ギタリストのDrigo(ドゥリゴ)がリード・ヴォーカルを務める楽曲。ここではBolognaでのライヴ映像で。

「Gioia infinita(意:永遠の喜び)」は彼らの最高傑作の1曲。ここでは2009年のMilano Duomo広場での映像で。

※当サイトでのNegritaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Negrita


サンレモ音楽祭2013に出場し9位となった「Scintille(意:きらめき)」を歌ったAnnalisa(アンナリーザ/28歳/Savona出身)。レトロなジャズ風サウンドが小粋な楽曲です。

サンレモに持ち込んだもう1曲「Non so ballare(意:私は踊れない)」。ここではRadio-Italiaでのライヴ映像を。

これらサンレモ曲を収録したアルバム『Non So Ballare』(2013)から第2弾シングル「Alice e il blu(意:アリーチェと青)」

Annalisa-Non So Ballare

第3弾シングル「A modo mio amo(意:私は私のやり方で愛する)」。

※当サイトでのAnnalisaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Annalisa


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2013年に達する年齢で表記しています。

第86回イタリアPOPSフェスタ(2012年7月)レポート(その3/Annalisa, Paola Turci, Biagio Antonacci, Gigliola Cinquetti)

第3部

Annalisa(アンナリーザ/27歳/Savona出身)は、タレントショー番組Amiciの第10シーズン(2011年1月〜3月)で歌手部門の2位と批評家賞を獲得して注目を集める事となった女性歌手。

2004年頃からバンドのヴォーカリストとしてCDデビューしていたAnnalisaですが、このAmici出演をきっかけにソロデビューを果たします。そして2012年3月27日にソロとしての2ndアルバム「Mentre tutto cambia(全てが変化する間に)」(2012)をリリースしました。

annalisa-mentre-tutto-cambia

1stアルバム同様、Dado Parisini(ダード・パリズィーニ)がプロデュースを務めていることからも想像できるように、Alfreddo Golino(アルフレッド・ゴリーノ/Ds.)やPaolo Carta(パオロ・カルタ/Gt.)など、かつてLaura Pausini(ラウラ・パウズィーニ)のレコーディングやステージを支えていた鉄壁のミュージシャンが揃ってアルバム制作がなされています。

アルバム発売に先行して、2012年3月16日にリリースされたシングル曲"Senza riserva(ためらいなく)"

2012年6月15日にリリースされた2ndシングル曲"Tra due minuti è primavera(2分経ったら春)"

※当サイトでのAnnalisaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Annalisa


25歳の時に来日公演歴もあるPaola Turci(パオラ・トゥルチ/48歳/Roma)は、1990年代後半に交通事故の影響で活動休止していた時期もあるものの、2000年代からはほぼ2年毎にアルバムを出し続けているスーパーミドル級のカンタウトリーチェ。

2009年にリリースした傑作アルバム「Attraversami il cuore(私の心を横切って)」、2010年「Giorni di rose(薔薇の日々)」に続く3部作の終章となるアルバム「Le storie degli altri(他の人々の物語)」を2012年4月17日に発表しました。

Paola Turci-Le storie degli altri

全8曲中、6曲が自作曲、1曲はBaustelle(バウステッレ)のFrancesco Bianconi(フランチェスコ・ビァンコーニ)が書き下ろした楽曲、そしてカバー曲が1曲(Giorgio Gaber作品)。

※当サイトでのBaustelleの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Baustelle

※当サイトでのGiorgio Gaberの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Giorgio_Gaber

まずは問題作"Devi andartene(あなたは立ち去るべきだ)"。これはアルバム発売に先駆け、2011年11月9日に日刊紙『il Fatto Quotidiano』読者限定で発表された楽曲で、前首相Silvio Berlusconi(スィルヴィオ・ベルルスコーニ)に捧げられたもの。

ちょうどこの時期のイタリアは、ユーロ危機を引き金にした政界変動が起こっており、この楽曲の発表直後の2011年11月12日にベルルスコーニは首相の座を退くことを表明し、同16日にMario Monti(マリォ・モンティ)が新首相の座に着くことになりました。

つまり、イタリア政界の交代劇にPaola Turciの楽曲が一役買ったことになるかと思います。

そしてアルバムタイトル曲"Le storie degli altri(他の人々の物語)"

※当サイトでのPaola Turciの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Paola_Turci


Biagio Antonacci(ビァジォ・アントナッチ/49歳/Milano出身)が2012年4月17日にリリースしたアルバム「Sapessi dire no(Noと言えたら)」(2012)は、イタリアのアルバムチャートに初登場で1位&5週連続1位を続け、12週間に渡ってベスト10内に留まり、またしてもBiagio Antonacciの人気と実力を見せつけてくれました。

Biagio Antonacci-sapessi dire no

同アルバムは、Wind Music Awards 2012でゴールドディスク獲得を表彰されましたが、年間セールスを5月締めで集計するこのコンテストで、4月後半発売のアルバムが表彰されるとは、驚異的な出来事でした。

そしてこのアルバムの発表の前月に突然この世を去った偉大なカンタウトーレに敬意を表し、アルバムの奥付には:

Dedicato a Lucio Dalla, Maestro di Musica e Poesia
(音楽と詩のマエストロ、ルチォ・ダッラに捧ぐ)

と書かれています。

※当サイトでのLucio Dallaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Lucio_Dalla

3月9日には先行シングル曲"Ti dedico tutto(君に全てを捧ぐ)"を発表しています。

"Non vivo più senza te(君なしではもう生きられない)"は、2012年4月17日にリリースされた第2弾シングル曲で、2012年6月28日に公式ビデオクリップも発表されました。南イタリアSalentoで撮影され、同地方の伝統音楽Pizzica pizzicaのエッセンスを加え、夏を意識した楽曲に仕上がっております。

雑誌『Sorrisi e Canzoni TV』では、『Canzone dell'Estate 2012』と題した、2012年の夏の歌を決める投票コンテストを行っており、classici italiani部門選択肢5曲のうちの1曲は同曲となっています。

※当サイトでのBiagio Antonacciの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Biagio_Antonacci


第3部の最後には、2012年7月5日に発売となった日本盤「Gigliola Cinquetti(ジリオラ・チンクェッティ) / singles collection(シングル・コレクション)」(2012)の紹介を行いました。

Gigliola Cinquetti - Single Collection#0

※リリース記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/52020804.html

※当サイトでのGigliola Cinquettiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gigliola_Cinquetti


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2012年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

『イタリアPOPSスペシャル』2012@イタリア文化会館レポート(その1 / イタリア最新ヒット曲コーナー:10位〜4位)

2012年4月7日(土)は、『イタリアPOPSスペシャル』と題した音楽イベントをイタリア文化会館(東京)のB2Fホワイエにて行いました。

イタリア文化会館(東京)主催の春季恒例のイタリアブックフェアの中のスペシャルイベントとしての位置付けで、入場無料、全席自由席で行われました。

ItaliaBookFair2012
写真撮影:参加者のるりらさん

10代から高齢者層までの幅広い年齢層の参加者が集まってくださり、熱気に満ちたイベントとなりました。

ItaliaPopsSpecial

ItaliaPopsSpecial

ちなみに2011年に続いて連続2年目の出展となりました。

『イタリアPOPSスペシャル』2011
http://piccola-radio-italia.com/archives/51916897.html

[レポート]
http://piccola-radio-italia.com/archives/51921017.html
http://piccola-radio-italia.com/archives/51921025.html
http://piccola-radio-italia.com/archives/51921255.html
http://piccola-radio-italia.com/archives/51921495.html


第1部 /13:00-14:30 イタリア最新ヒット曲コーナー(最新アルバムチャート10位〜4位)

ItaliaPopSpecial2012イタリアの最新アルバムチャート(2012年4月初頭付け)を基にしたヒット曲をずらりと揃えたラインナップとしました。

[アルバムチャート10位]

Facciamo finta che sia vero(我々はあたかもそれが本当のことである振りをする)
/ Adriano Celentano(アドリァーノ・チェレンターノ/74歳/Milano出身)

Adriano-Celentano-Facciamo-finta-che-sia-vero

1950年代後半にデビューして以来、現代のイタリアPOPS界の頂点に君臨し続けてきた首領(ドン)の最新アルバム。その意味深なタイトルとアルバムジャケットの背景の戦争シーンは、現代社会に対するレジスタンス精神を表しているようです。

2011年11月29日発売ながら、同年の年間アルバムチャートで8位に入ったアルバムでもあります。

同アルバムから"Ti penso e cambia il mondo(僕は君を想う、すると世界が変わる)"をビデオクリップで。

また2012年のサンレモ音楽祭出演時に司会を務めたGianni Morandi(ジァンニ・モランディ)と共演した際の映像も紹介しました。

※当サイトでのAdriano Celentanoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Adriano_Celentano

※当サイトでのGianni Morandiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gianni_Morandi


[アルバムチャート9位]

Sarò libera(私は自由になるわ)/ Emma(エンマ/28歳/Firenze生まれLecce近郊育ち)

_SL500_AA240_

2011年9月20日発売のアルバムですが、2012年2月にサンレモ音楽祭優勝曲を追加した『Sanremo edition』仕様で再発売されています。

サンレモ音楽祭2012優勝曲"Non è l'inferno(地獄ではない)"を、サンレモ2012優勝発表時の映像で。

※当サイトでのサンレモ音楽祭2012の紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/51997210.html

なお、Emmaはデビューアルバム「Oltre」(2010)が2010年間アルバムチャート2位という記録があります。タレントオーディションタイプの人気TV番組『Amici』出身の歌手です。

※当サイトでのEmmaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Emma


[アルバムチャート8位]

Chiaro(明らかな) / Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッスィオ/45歳/Napoli出身)

GigiD'Alessio-Chiaro

サンレモ音楽祭2012でLoredana Berté(ロレダーナ・ベルテ/62歳/Bagnara Calabra出身)と組んで出場し、4位入賞となった楽曲"Respirare(息をすること)"を、サンレモ2012出場時の映像で。

※当サイトでのGigi D'Alessioの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gigi_D'Alessio

※当サイトでのLoredana Bertéの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Loredana_Berte'


[アルバムチャート7位]

Amami(私を愛してちょうだい) / Arisa(アリーザ/30歳/Genova生まれBasilicata州Pignola育ち)

Arisa-Amami

どちらかというと今まで少々『色モノ路線』に近かったArisaが、その外見も含めてアーティスティックに衣替えした事が当たったようです。

同アルバムに収録された楽曲で、サンレモ音楽祭2012で2位に輝いた"La notte(夜)"は、シングルチャートでは現在首位。名匠Mauro Pagani(マウロ・パガーニ)プロデュースということも功を奏しましたね。ここでは公式ビデオクリップで。

また、同アルバムからはもう1曲"Il tempo che verrà(やってくる時)"を選曲。これはイタリア映画『Tutta colpa della musica(邦題:何もかも音楽のせい)』(2011年作品)の主題歌に抜擢され、Arisa自身も同映画で女優としてのデビューを飾りました。

なお、同映画は、2012年のイタリア映画祭の中で、『K』枠で上映されますので、お見逃しなく

ItaloCinemaFes2012

※上記フライヤーのPDF版はコチラからダウンロード出来ます。
http://piccola-radio-italia.com/ItaloCinemaFes2012.pdf

[Trailer]

"Il tempo che verrà(やってくる時)"

同年のサンレモ出場組の中で、現在一番セールス面で成功しているのがArisaということになります。

※当サイトでのArisaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Arisa


[アルバムチャート6位]

Ovunque(至る所に) / Virginio(ヴィルジーニォ/27歳/Fondi出身)

Virginio-Ovunque

TV番組Amici出身カンタウトーレのVirginioが、2012年3月26日にリリースしたばかりのアルバムで、シングル第1弾となった"Alice (Elis)"は自作曲。公式ビデオクリップで。

※当サイトでのVirginioの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Virginio


[アルバムチャート5位]

L'amore è una cosa semplice(愛はシンプルな事) / Tiziano Ferro(ティツィアーノ・フェッロ/31歳/Latina出身)

front (2)

2011年9月28日発売で、2011年間アルバムチャート6位に入ったアルバム。

ちなみに前作「Alla mia età(僕の年齢で)」(2008)は、2009年の年間アルバムチャートの首位に輝いた記録を持っている、若手ながら人気と実力を兼ね備えたアーティストです。

同アルバムからの第2弾シングルとなった"L'ultima notte al mondo(世界の終りの夜)"を公式ビデオクリップで。

※当サイトでのTiziano Ferroの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Tiziano_Ferro


[アルバムチャート4位]

Mentre tutto cambia(全てが変わる間に) / Annalisa(アンナリーザ/27歳/Savona出身)

annalisa-mentre-tutto-cambia

2011年にTVのタレントオーディション番組『Amici』に出演して一躍脚光を浴びたAnnnalisaのソロ第2作目のアルバムで、2012年3月27日に発売されたばかり。

前作では正統派っぽい女性ヴォーカルを聴かせてくれましたが、今回はややRock寄りのワイルドテイストが加味された形になった印象です。シングルカットされた"Senza riserva(蓄えなしで/ためらわずに)"を公式ビデオクリップで。

※当サイトでのAnnalisaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Annalisa


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2012年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

「イタリアPOPSスペシャル」@イタリア文化会館レポート(その4/2011年04月のイタリアヒットチャート/ベスト5)

その3はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/51921255.html


第2部(後半)/13:15-14:30 イタリア最新ヒット曲コーナー 


いよいよイタリア最新アルバムチャートのベスト5の紹介に突入です。

アルバムチャート第5位は、Noemi(ノエミ/29歳/Roma出身)の「RossoNoemi(赤毛ノエミ)」(2011)。

img060

民放Mediasetの大人気TV番組『Amici』に対抗して、国営放送RAIが放送しているタレント発掘TV番組『X Factor』の第2シーズン(2008年)に参加して、最終戦で落選してしまったものの、番組の同期参加者の中で現在のところ最も人気面とセールス面で成功を収めているのがこのNoemiです。

映画『Femmine contro Maschi(男たちと対立する女たち)』(2011)のサントラにも採用された楽曲が"Vuoto a perdere(返却不要の空ビン)"

※当サイトでのNoemiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Noemi


アルバムチャート第4位は、Subsonica(スブソニカ)の「Eden(エデン)」(2011)。

Subsonica_Eden

Subsonicaは1996年にTorinoで結成されたロックバンドで、イタリアでは20代〜30代の青年層に絶大な人気を誇っています。2002年5月には、第25回大阪国際見本市(インテックス)のイベントステージ出演で来日も果たしています。

今回ご紹介するのは、第2弾シングル曲"Istrice(ヤマアラシ=気難し屋)"




アルバムチャート第3位は、Jovanotti(ジォヴァノッティ)ことLorenzo Cherubini(ロレンツォ・ケルビーニ/45歳/Roma出身)の「Ora(今)」(2011)。

img344

Jovanottiはイタリア語によるRAPミュージックを確立した『イタリアRAPの父』として一世を風靡しました。
最初は弱年齢層限定だったファン層でしたが、そのメッセージに込められた内容が大人が聴くに値する内容であることから、次第にファン層を広げる事に成功したのです。
そしてここ数年の新作アルバムには、メロディアスな美しい楽曲を多く収録し、新作アルバムは必ずチャートの上位に入り、ロングセラーを記録するようなビッグアーティストの仲間入りを果たしています。

シングルチャートの首位に輝いているのは、第2弾シングル曲"Le tasche piene di sassi(小石でいっぱいのポケット)"。

※当サイトでのJovanottiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Jovanotti


アルバムチャート第3位は、Annalisa(アンナリーザ/26歳/Savona出身)の「Nali」(2011)。

Nali

大人気のタレント発掘TV番組『Amici』の第10シーズンで2位になったものの、総合優勝のVirginioに大きな差をつけてアルバムチャート2位に輝いています。

第1弾シングルに選ばれたのは、"Diamante lei e luce lui(ダイアモンドの彼女と光の彼)"。久々の正統派スタイルの女性ボーカリストの登場ですね。




さていよいよアルバムチャート第1位の発表です。

それはModà(モダー)の「Viva i romantici(夢想主義者たちよ、万歳)」(2011)です。

img059

ModàはMilanoで結成され、今世紀になってからシーンに登場したPop Rockバンドで、メロディラインの美しいPOPな作風に定評があるバンド。

昨2010年のシングルチャートの3位と8位に楽曲がランキングされる勢いのある活動をし、2011年2月に満を持して発表した上記アルバムは発売から2ヶ月経過した現在もずっと1位をキープし続ける快挙を成し遂げています。

2010年 年間ヒットチャート記事はこちら↓
http://piccola-radio-italia.com/archives/51903290.html

2011年のサンレモ音楽祭では、2010年のアルバムチャート2位にランキングされたEmma(エンマ)と組んで出場したところ、総合2位に甘んじる事となりましたが、この爆発的なアルバムの売れ行きから推察すると、本来の優勝者はModàだったのかもしれませんね。

サンレモ音楽祭にしろ、タレント発掘番組にしろ、昨今のイタリアの音楽コンテストではむしろ『1位にならない方が結果として売れる』というジンクスすら生まれています。

前出のJovanottiの"Le tasche piene di sassi(小石でいっぱいのポケット)"についで、シングルチャート2位に付けているのは、サンレモ音楽祭2位の楽曲"Arriverà(やってくるよ)"。もちろんEmmaと共演のバージョンで。

※当サイトでのModàの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Moda`


これで最新アルバムチャートの紹介は終わりましたが、「イタリアPOPSスペシャル」@イタリア文化会館のエンディングに相応しい楽曲をご用意しました。

「イタリアPOPSスペシャル」会場となったホワイエのすぐ隣のアニェッリホールで2010年11月4日に奇跡の来日公演を行ってくれたClaudio Baglioni(クラウディオ・バリォーニ/60歳/Roma出身)を紹介してお開きといたしました。

81750468

Claudio Baglioniは1970年初頭から活動を続ける大物カンタウトーレ。サンレモ音楽祭に一度も出場していないにも関らず(楽曲提供とゲスト出演はアリ)、国民的な人気をキープし続ける特異な存在で、イタリアでは何万人も収容できる国際的なビッグスタジアムを数日間に渡って満員にできる数少ないアーティストのひとりです。

イタリア国内でも身近で見聞きする事が難しいこのイタリアが誇る国民的スターを、たった350人収容のアニェッリホールで楽しむことが出来たのは、長年のファンに取っては、神様からのご褒美のようなとても貴重な機会となりました。

来日時のレポートはこちら↓
http://piccola-radio-italia.com/archives/51875730.html (来日レポート)
http://piccola-radio-italia.com/archives/51878089.html (ステージで語った内容の和訳)
http://piccola-radio-italia.com/archives/51877223.html (来日時の映像)
http://piccola-radio-italia.com/archives/51889230.html (雑誌インタビュー)

img256

今回の日本公演を含む、世界5大陸を巡るワールドツアーを終えたClaudio Baglioniは、そのワールドツアーのテーマソングとして新作した楽曲"Per il mondo(世界へ/世界の為に)"(2010)の公式PVを発表してくれましたが、そこには訪れた世界中の都市での映像をコラージュのように寄せ集めていて、日本公演の映像も多めに採用され、偶然ですが、筆者がBaglioniにインタビューをした際のシーンが収録されていました!

※当サイトでのClaudio Baglioniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Claudio_Baglioni


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2011年に達する年齢で表記しています。

次回5月FESTAは、5月14日(土)の開催予定です。

2013年3月27日創刊!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
【発売中】当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
講師を務めます。

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

cronaca141日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

Bell'Italia6/28開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 4』@ベリタリア
講師を務めました。

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

cronaca141日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italia4/26開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 2』@ベリタリア
講師を務めました。

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

Bell'Italia2/22開催『百花繚乱!イタリア音楽』@ベリタリア
講師を務めました。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

Bell'Italia『イタリアンポップス&フードを楽しむ夕べ』@ベリタリア
講師を務めました。

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


イタリア中部地震復興支援
Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

イタリア関連の出版物なら
シーライト パブリッシング

シーライト パブリッシング


SONY製品買うなら
ソニーストア
男性向け商品も充実!
セシール
  • ライブドアブログ