Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

Alexia

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第162回イタリアPOPSフェスタ(2019年2月)参加者募集

紹介予定:
★Pooh(プー)『L'ultimo abbraccio』(2018)
バンド活動50周年を区切りに解散したスーパーバンドの2016年末ラスト・ライヴを収録したアルバム
★Francesca Michielin(フランチェスカ・ミキェリン)『2640』
X Factor出身の若手ながらサンレモ2016で2位に輝いた実力派カンタウトリーチェの3rdアルバム。
★Emma(エンマ)『Essere qui - Boom edition』(2018)
2018年に初来日を果たしたAmici出身の大人気女性歌手の2018年作アルバムのスペシャル盤。
★Alexia(アレクシア)『Quell'altra』(2017)
2018年に初来日したイタリア・ダンス・クィーン。近作アルバムから来日公演を振り返る。

2019-02EV

イタリアPOPSの話題のアルバムや最新曲、アーティストのエピソードなどを日本語解説で補足しながら、音と映像で思う存分楽しめる楽しい音楽イベントです。

東京スカイツリーを間近に望む夜景と、 来場者持ち寄りの飲食物を一緒に味わえるのも人気です!

なお、Eメールアドレスをお知らせいただいた参加者には、FESTA参加後、もれなく秘密のプレゼントがあります。(注:携帯メールアドレスには、プレゼントのご提供ができない場合あります。)

日時:2019年2月16日(土) 17:00〜21:00(16:30開場)

会費:1,000円

※飲食物のお持ち寄りをお願いいたします:取り分けし易いものがベターです。ご自分がお好きなもの・食べたいものを数人前ぐらいで充分です。

席数:ご予約順の先着20名(要・予約)

会場:東京・JR亀戸駅 徒歩2分(予約者のみに詳細をお知らせいたします

注意事項
※先着20名に達し次第、募集を締め切ります。
※席数に達しなかった場合でも、準備の都合上、予約締切は会期前日とします。
※音楽鑑賞タイムは、音楽を鑑賞する目的の参加者の迷惑とならないよう各自ご注意ください。

参加ご希望の方はコチラからお申し込みください。 (予約制)

※当サイトでのPoohの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Pooh

※当サイトでのFrancesca Michielinの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Francesca_Michielin

※当サイトでのEmmaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Emma

※当サイトでのAlexiaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Alexia

第105回イタリアPOPSフェスタ(2014年2月)レポート(その1/Marlene Kuntz,Alexia)

第105回Festaは、当初2/8(土)開催予定でしたが、当日が記録的な大雪となったため2/11(祝)に順延し、東京・亀戸の某所に15名の参加者が集まり開催。参加者の内訳は男性8名 女性7名、うち初参加者1名。

まさに『隠れ家』となるプライヴェートなバンケットルームを貸し切り、極上の音楽と夜景を楽しむ、至福のひと時となったかと思います。FESTA2014-02

集合写真撮影
POP!ITALIANO
kazuma氏

第1部

サンレモ音楽祭2012に出場し、選外となったものの、最終的には記者クラブ賞を獲得したMarlene Kuntz(マルレーネ・クンツ/Piemonte州Cuneo近郊にて1990年結成)。いわゆるツウ受けするタイプのオルタナ・バンドと言える。

※当サイトでのMarlene_Kuntzの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marlene_Kuntz

ヴォーカル&ギター、リード・ギター、ドラムのトリオだが、バンド演奏時は、ベースとキーボード&ヴァイオリンを加えた5人編成で、オルタナらしい重厚なサウンドを奏でている。

サンレモ出場時にはコンピアルバム発売に留めたため、オリジナルアルバムとしては3年振りにリリースしたのが『Nella tua luce(意:光の中に)』(2013)。DX版は分厚いフォトブックレット&トールサイズのジャケットを採用している。

Marlene Kuntz - Nella tua luce

「Il genio [L'importanza di essere Oscar Wilde](天才[オスカー・ワイルドである意義])」

そして「Seduzione(意:誘惑)」


パンチのあるヴォーカルで定評のあるAlexia(アレクスィア/47歳/Liguria州La Spezia出身)のアルバム『iCanzonissime』(2013)は、そのタイトルが暗示している通り、自身のお気に入りの楽曲を集めてカヴァーした作品集。

Alexia - iCanzonissime

カヴァー曲集とはいっても、自身が書いた新曲「Io no(意:私はイヤ)」も収めており、シングル化された。お得意のダンスチューンだが、自身のサンレモ音楽祭2003優勝曲「Per dire di no(意:ノーと言うために)」を意識したタイトルと言えるかも。

さて、そのカヴァー曲集の中から、人気TV番組I migliori anni出演時の映像でイタリア語曲を3曲ほど。まずは「Rumore(意:雑音)」。Raffaella Carra`(ラッファエッラ・カッラ)が1974年にヒットさせたダンスナンバー。

そしてしっとりと歌い上げる1980年代の名曲「Ancora(意:もう一度)」。オリジナルはEduardo De Crescenzo(エドゥアルド・デ・クレシェンド)がサンレモ音楽祭1981年で歌い、上位入賞は果たせなかったものの、後にTV番組Sottovoceのテーマ曲に採用されて大ヒットした楽曲。

さらにMina(ミーナ)の1969年の楽曲「Non credere(意:信じないで)

サンレモ音楽祭2009年にMario Lavezzi(マリオ・ラヴェッツィ)とのコンビで歌ったオリジナル曲「Biancaneve(意:白雪姫)」の再アレンジ版も収録されており、大胆なオーケストラ・アレンジが素晴らしい。こちらはぜひCDを入手して聴いてもらいたい。

※当サイトでのAlexiaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Alexia


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2014年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)

第53回イタリアPOPSフェスタ(2009年8月)レポート (その1 / Mario Lavezzi, Alexia, Ania, Valentina Giovagnini)

 第53回Festaは、17名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて8/22(土)に開催しました。参加者の内訳は男性8名 女性9名(うち、初参加者1名)。

まさに『隠れ家』となるプライヴェートなバンケットルームを貸し切り、極上の音楽と夜景を楽しむと同時に、極上の音楽を楽しむ、至福のひと時となったかと思います。2009-08FESTA

集合写真撮影
Pop!Italiano
kazuma氏

 

 


第1部

ここしばらくFESTAの度に少しずつ紹介している2009年2月に開催されたサンレモ音楽祭2009の出場者から。

全体的にデュエット路線での出場を推奨されたサンレモ音楽祭2008の流れを受け継ぐかように、楽しい共演ステージを楽しませてくれたのは、 Mario Lavezzi(マリォ・ラヴェッツィ/62歳/Milano出身)とAlexia(アレクシァ/42歳/Liguria州La Spezia出身)の2人。

Mario Lavezziは、1960年代からギタリストとしての活動を始め、やがて人気バンドCamaleonti(カマレオンティ)に加入。 1970年前後は、その後のイタリアRockの黄金期を担うインキュベーション的な役割を果たしたFlora Fauna & Cemento(フローラ・ファウーナ・エ・チェメント)の中心人物として活躍。
※Flora Fauna & Cementoは、ソロデビュー前のGianna Nannini(ジァンナ・ナンニーニ)が所属していたことでも有名。

そして1970年代には、プログレッシヴRockの名バンドとして未だに語り継がれるIl Volo(イル・ヴォーロ)に加入。彼と同様、演奏技術と音楽の才能に光るミュージシャンたちと2枚の名作アルバムを残します。

その後は、Il Volo名義では活動しなくなったものの、1970年代の人気歌手のアルバムには、Il Voloの面々がバックミュージシャンとして揃って参加しているアルバムを多く目にしましたので、当時、業界で引っ張りだこの腕利きのセッションマンでもあったと言えるでしょう。

ギタリストとしてだけでなく、コンポーザー&アレンジャーとして、音楽プロデューサーとして、多くの若手歌手たちを人気歌手に押し上げる活動を精力的にこなしていきます。

Loredana Bertè(ロレダーナ・ベルテ)、Fiorella Mannoia(フィオレッラ・マンノイア)、Anna Oxa(アンナ・オクサ)などは、Marioによって育てらたお陰で、その後30年経過した現在もなお、人気女性歌手として活動を続けていられるとも言えるかもしれません。

またソロ活動も盛んに行い、名作と言えるアルバムも何枚かリリースしています。

Alexiaは、1989年からプロとしての活動を始め、英語で歌って踊るダンス音楽の分野で一定の成功を収めます。しかし2002年のサンレモ音楽祭初出場の際に、初めてのイタリア語曲で挑戦。惜しくも2位となりますが、翌2003年にはサンレモ音楽祭優勝の快挙に輝きます。30歳代後半になって、初めてイタリア全国区での知名度を上げることに成功したことになりました。

2006年には来日公演計画がありましたが、妊娠のため断念。(詳細はこちら)

Mario Lavezzi/A piu` voci今回、この2人がデュエットで披露した楽曲は"Biancaneve (白雪姫)"。作曲はMario Lavezzi自身、そして大作詞家Mogol(モゴール)のコラボで作られたこの楽曲は、2人の歌の掛け合いが絶妙で、目でも耳でも楽しめるものとなっています。

年齢の離れた2人の男女の愛の物語。男は大人で紳士的。愛に詩的な感情を求めるタイプ。しかし女は若く、穏やかの中にも情熱を注いで生きていきたいタイプ。この女は、外観は白雪姫だけれど、その情熱の激しさは魔女タイプ、と描写されています。

(TV番組Amici出演時のもの)

サンレモのゲストステージでは、P.F.M.の前身バンドQuelli(クエッリ)のヴォーカリストとしても活躍していたタレントTeo Teocoli(テオ・テオーコリ)を招いたステージを楽しませてくれました。


第1部2人目は、Ania(アーニァ/Napoli出身)。サンレモ2009に新設されたインターネット部門で優勝に輝いたカンタウトリーチェとして、既に2009年3月FESTAで紹介をいたしましたが、今回はアルバム「Nuda(裸婦)」(2008)から2曲ほどピックアップして紹介。

このアルバム「Nuda」は2008年にリリースされましたが、2009年のサンレモ音楽祭出場曲を含めた、いわゆる『サンレモ・エディション』として2009年に再リリースされました。

Ania/Nuda(2008)Ania/Nuda(SanremoEdition/2009)

しかしその仕様は従来のものとは異なり、2008年のオリジナルアルバム「Nuda」に、サンレモ出場曲をシングルCDとして紙ジャケットに納めたものをシュリンクでひとつにまとめるというやり方。こちらの方がエコロジーで良いやり方かもしれませんね。

けだるい雰囲気の中にもAniaのロックスピリッツを感じさせる"E` tutto qui(それは全てココに)"をPVで。

続きを読む(leggere la continuazione)
Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

YoshioAntonio


記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ