Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

来日情報

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第137回イタリアPOPSフェスタ(2016年12月)レポート(番外編:サンレモ2017、Oblivion、2017年来日情報)

サンレモ音楽祭2017(会期:2017年2月7日〜11日)出場者が先ごろ決定した。

サンレモ音楽祭2017の最終結果→ http://piccola-radio-italia.com/archives/52245739.html (日本語ページ)

【Artisti(大賞)部門/22枠】
Elodie, Alessio Bernabei, Bianca Atzei, Michele Bravi, Chiara, Clementino, Lodovica Comello, Raige e Giulia Luzi, Fabrizio Moro, Nesli e Alice Paba, Giusy Ferreri, Sergio Sylvestre, Ermal Meta, Samuel Romano, Francesco Gabbani, Paola Turci, Michele Zarrillo, Ron, Gigi D'Alessio, Marco Masini, Al Bano, Fiorella Mannoia
sanremo-2017-big

【Nuove Proposte(新人)部門/8枠】
Leonardo Lamacchia, Tommaso Pini, Maldestro, Marianne Mirage, Lele, Francesco Guasti, Valeria Farinacci, Braschi (最後の2名はArea Sanremo枠からの出場)
sanremo2017-Nuove Proposte

サンレモ2016のオープニングは、1951年から2015年までの歴代優勝曲の映像をつなぎ合わせて作られた11分半に及ぶ素晴らしい映像作品https://youtu.be/sWLNqVCmhTAだったが、それを5人の男女混声コーラスで再現したのがOblivion(オブリヴィオン/意:忘却)だ。単なる再現ではなく、さらに5分に凝縮しているので、楽曲によっては僅か3秒ほどしか歌われなかったり(それでも曲がすぐにわかる)、複数の楽曲がコーラスでMixされたりという高度な技が使われているのが素晴らしいところ。またサンレモのTV放送がカラー化されたのと同様、1977年からヴィデオもカラーに替わるところなども芸が細かい。

Oblivionはオリジナル楽曲も歌っているのだが、何と言っても彼らの人気のパフォーマンスのひとつは、Mash Upシリーズ(異なる2組のアーティストをMix)だ。

「Massimo Ranieri VS The Beach Boys(マッシモ・ラニエリ 対 ビーチ・ボーイズ)」。

「Queen VS Gianni Morandi(クイーン 対 ジャンニ・モランディ)」

いずれのパフォーマンスもイタリア音楽と英語曲・両方のマスターピースに親しんで来ている人ならば、その面白さが充分に楽しめる事だろう。

もうひとつの彼らの人気パフォーマンスはCazzottissimaシリーズ。これはレコードの針飛び現象を生で表現するテクニカルな演目。Cazzottissimaとは、もちろんかつてイタリアの人気番組だったCanzonissima(カンツォニッシマ/1956-1975放映)をもじった造語("最高に馬鹿げた歌"といったニュアンス)。

そんなOblivionのメンバーから、なんと日本のイタリア音楽ファンに向けて日本語でのメッセージが届いた!


2017年のイタリア人アーティスト来日公演情報が早くも公開されている。Ludovico Einaudi(ルドヴィコ・エイナウディ)だ!

Ludovico Einaudi - Live in Japan 2017

2017年4月16日 (日曜日) 開場16:30 / 開演17:00
会場:すみだトリフォニーホール https://www.triphony.com
チケット発売中:S 6,500円(1階, 2階) A6,000円(3階)
more info: http://plankton.co.jp/einaudi/

ルドヴィコ・エイナウディ (作曲家/ピアニスト/映画音楽家)
1955年イタリア・トリノ生 。伊の現代音楽の作曲家ルチアーノ・ベリオに師事。'88年にアルバム・デビュー。高いCDセールスとダウンロード数、圧倒的なコンサート動員力、そして音楽ビデオ・サイト「VEVO」で120万もの再生数を誇り、現在全世界で絶大な人気を得ている。クラシックをベースに、民族音楽、ロック/ポップス、フォーク、エレクトロなどの要素を取り入れた美しい旋律のミニマル・ミュージックを聴かせる。映画、ダンス、CMなど多方面でも活躍。イタリア政府音楽大使。

来日メンバー
Ludovico Einaudi - piano
Federico Mecozzi - violin, guitar and keyboards
Redi Hasa - cello
Francesco Arcuri - guitar, waterphone, percussion
Riccardo Lagana - frame drum, percussion, vibraphone
Alberto Fabris - live electronics, electric bass

※当サイトでのLudovico Einaudiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ludovico_Einaudi


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2016年に達する年齢で表記。

次回の月例FESTAは1月7日(土)に開催予定。

次回のイベントは、1月28日(土)に東京・表参道のベリタリアに於いて、『みんなで歌おう イタリアンポップス』が開講。
Bell'Italia - 2017-01

第137回イタリアPOPSフェスタ(2016年12月)レポート(第2部:2016年来日アーティスト&物故者)

2016年は日伊国交150周年ということもあり、近年中、最多の来日アーティストラッシュとなった。ここでは非クラシック系のアーティストを列挙して紹介する。

1月29日、Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッスィオ/ジジ・ダレッシオ)来日公演。
Gigi D'Alessio a Tokyo

北米でも大成功に収めて正真正銘の世界的なスターとなり、伝統的なナポレターナをGigi流に料理したアルバムを掲げたワールドツアーの一環で日本公演を敢行した。公式ヴィデオクリップ「'A citta` 'e pulecenella(意:プルチネッラの街) ft. Dear Jack」は、バンドメンバーもステージの形態も来日時とほぼ同様。https://youtu.be/Y7JhyGwecDQ

※当サイトでのGigi D'Alessioの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gigi_D'Alessio

Gigi D'Alessioが引き連れて来たバンドメンバーも豪華で、ドラマーにはAlfredo Golino(アルフレード・ゴリーノ)がっ!
DSCF0203

※当サイトでのAlfredo Golinoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/ORO

3月12・13日はNicola Conte(ニコラ・コンテ)来日公演。これはジャズ・バンドを率いたリーダー&ギタリストとしての公演。同年9月11日はDJとして年内2度目の来日公演も果たしている。
Nicola Conte - BluNoteTokyo2016

3月24・25日はClaudio Filippini Trio(クラウディオ・フィリッピーニ・トリオ)来日公演。
Claudio Filippini Trio - Bulgari2016

5月28日、日伊国交150周年記念『Italia, amore mio』の筆頭イベントとして、超大物Zucchero(ズッケロ)が来日し、布袋寅泰ら日本人バンドと共演。

DSCF0342

その後、Zuccheroのイタリアやロンドン公演にも布袋がゲスト参加したお礼参りとして、11月30日・12月1日の布袋寅泰のNHKホール公演のアンコール時にZuccheroが2曲ほど客演の再来日を果たしている。来日記念盤もリリースされ、日本盤限定のボーナストラックも追加されている。

※当サイトでのZuccheroの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Zucchero

日伊国交150周年記念『Italia, amore mio』には、Sugar Musicから2人の若手歌手も送り込まれ、そのひとりはまさに2016年初春にアルバムデビューしたばかりのMarianne Mirage(マリアンヌ・ミラージュ)。彼女は来2017年サンレモ音楽祭新人部門出場が決まったので、イタリア本国で全国区の知名度を得る前に、日本で生で観る事ができる恩恵に預かれた訳だ。Marianneは5月29日の『Italia, amore mio』ステージ後も、5月30・31日と異なる場所でステージを披露してくれた。
Marianne Mirage

※当サイトでのMarianne Mirageの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marianne_Mirage

もうひとりのSugar Music所属の若手歌手がGiovanni Caccamo(ジォヴァンニ・カッカモ)。サンレモ音楽祭2015新人部門優勝、同音楽祭2016総合3位の若手の最注目株のひとり。5月29日の『Italia, amore mio』ステージ後、翌30日にはMarianneとの合同コンサートを披露してくれた。
Giovanni Caccamo
Giovanni Caccamo e Marianne Mirage

※当サイトでのGiovanni Caccamoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Giovanni_Caccamo

5月31日〜6月11日、Mario Maglione(マリオ・マリォーネ)日本ツアー公演。正調ナポレターナの第一人者で、幾度も来日公演を実現する親日家でもある。東京・銀座x2回、新潟、東京・立川、埼玉、静岡を精力的に廻り、バラエティ溢れるステージで魅了した。
Mario Maglione2016

※当サイトでのMario Maglioneの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mario_Maglione

6月9・10日、Rosario Giuliani "The Golden Circle"(ロザリオ・ジゥリァーニ)来日公演。
The Golden Circle - Bulgari2016

6月21〜30日、Giovanni Allevi(ジォヴァンニ・アッレヴィ/ジョヴァンニ・アレヴィ)日本ツアー公演。長野、名古屋、京都、東京、福岡、鹿児島を精力的に廻った。
Giovanni Allevi - JapanTour2016

7月1・4日、Alberto Pizzo(アルベルト・ピッツォ)来日公演。
Alberto Pizzo

9月5〜10日、Melody Fall(メロディー・フォール)日本ツアー公演。東京、横浜、名古屋、大阪を精力的に廻った。
Melody Fall - Japan Tour 2016
Melody Fall - Japan Tour 2016

9月9・10日、Paolo Fresu Duo(パオロ・フレーズ)来日公演。イタリアPops界でも多くのアーティストと共演している。例えば、Alice(アリーチェ)、Negramaro(ネグラマーロ)、Stadio(スターディオ)、FabiSilvestriGazze`(ファビ・スィルヴェストリ・ガッゼ)など。
PAOLO FRESU Duo - Bulgari2016

10月18・19日、Umbria Jazz日本公演の看板公演としてFabrizio Bosso(ファブリツィオ・ボッソ)来日。
Fabrizio Bosso - Umbria Jazz Tokyo2016

10月20・21日、Zephiro(ゼーフィロ/ゼフィロ)来日公演。https://youtu.be/OUpUSs7jX3Y
Zephiro

リーダー&ギタリストのClaudio Todesco(クラウディオ・トデスコ)は親日家で、2015年のLigabue(リガブーエ)来日公演、2016年のGigi D'Alessio(前出)来日公演、同年のMax Gazze`(マックス・ガッゼ/マックス・ガゼ)&Negrita(ネグリータ)来日公演(後出)を手引きした招聘コーディネーターの顔も持つ。

※当サイトでのZephiroの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Zephiro

10月20日、Max Gazze`(マックス・ガッゼ/マックス・ガゼ)来日公演。
Max Gazze` a Tokyo 2016N2

※当サイトでのMax Gazze`の紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Max_Gazze`

10月21日、Negrita(ネグリータ)来日公演。
Negrita a Tokyo 2016N2

※当サイトでのNegritaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Negrita

10月21日、Latte e Miele(ラッテ・エ・ミエーレ)来日公演。ゲスト・ミュージシャンが多彩で、実質はNew Trolls(ニュー・トロルス)プロジェクトとの合同コンサートとなった。※訴訟の結果、New Trollsとは名乗れない都合がある。
Latte e Miele & New Trolls - ClubCitta`2016-2

10月25日、東京国際映画祭で上映された『7 minuti(7分間)』の出演女優のうちOttavia Piccolo(オッタヴィア・ピッコロ)とAmbra Angiolini(アンブラ・アンジォリーニ)の2人が来日。Ambraはカルト的人気を誇ったTV番組『Non e` la RAI(ノネ・ラ・ライ)』に出演したのがきっかけで、同番組出演の数多のアイドルの卵たちの中で一番の成功を収め、アイドル歌手として活動していたが、女優に転向して大成する。
Ambra e Ottavia Piccolo a Tokyo

10月29日、Goblin(ゴブリン)来日公演。世界的大ヒット映画『サスペリア』の映画音楽として採用された彼らの楽曲を、今回は映画を上映しながら彼らが生演奏する企画となり、チケットがすぐに売り切れる好評の公演となった。
Goblin - ClubCitta`2016-2

※当サイトでのGoblinの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Goblin

12月8・9日、L'Aura(ラウラ)来日公演。在日イタリア商工会議所主催ガラ・パーティのゲストとして来日し、一般公演も開催された。
L'Aura

※当サイトでのL'Auraの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/L'Aura

12月9日、Enzo Moscato(エンツォ・モスカート)来日公演。
Enzo Moscato

12月15〜18日、イタリアジャズ界の巨匠Enrico Rava(エンリコ・ラーヴァ)日本ツアー公演。東京、京都、沖縄、大阪を精力的に廻った。
Enrico Rava


2016年を振り返ると、世界では大物アーティストが相次いで亡くなったものの、イタリア音楽界での大物物故者は数名に留まった。

3月30日、カンタウトーレGianmaria Testa(ジァンマリア・テスタ)、満57歳で逝去。
Gianmaria Testa

※当サイトでのGianmaria Testaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gianmaria_Testa

3月31日、作詞家Giorgio Calabrese(ジォルジォ・カラブレーゼ)、満86歳で逝去。彼が書いた詞の中で最大のヒットとなったのは、「Arrivederci(意:さようなら/邦題:アリヴェデルチ)」https://youtu.be/69rLbpcOrPMや「Il nostro concerto(邦題:二人のコンチェルト/ノートル・コンチェルト)」https://youtu.be/_EWnbIco82U、いずれもジェノヴァ派カンタウトーレUmberto Bindi(ウンベルト・ビンディ)の作曲で、映画主題歌にもなり、Bindiの代表曲にもなった。他にもMinaにも数多の詞を提供している。
Giorgio Calabrese + Gianni Morandi

10月13日、劇作家Dario Fo (ダリオ・フォ)、満90歳で逝去。ノーベル文学賞受賞者として名高いが、作詞家としても活動し、特にカンタウトーレEnzo Jannacci(エンツ・ヤンナッチ)らとのコラボがイタリア本国では著名だ。
Dario Fo


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2016年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

第136回イタリアPOPSフェスタ(2016年11月)レポート(第3部:L'Aura来日特集, Nomadi)

第3部

在日イタリア商工会議所主催のガラ・パーティ(12/8開催)出演のため、急遽来日が発表されたカンタウトリーチェL'Aura(ラウラ/32歳/Lombardia州Brescia出身)。

一般来日公演情報がリリースされました!
12/9(金)19:30〜 於:六本木バードランド
Il concerto di L'Aura a Tokyo al 9 Dicembre!
詳細情報:http://iccj.or.jp/ja/content/laura-live-tokyo

L'Aura live in Tokyo 2016

17歳の時、アメリカのカリフォルニア州バークレーに移住した経歴のため、21歳時のデビューアルバム『Okumuki』(2005)には英語詞の楽曲が多く収録されているものの、アルバムタイトルは日本語の"奥向(城の大奥など、生活業務を担う女性たちの居場所の事)とのこと。

翌2006年にサンレモ音楽祭2006新人部門に「Irragiungibile(意:達成できない)」で出場し、ファイナリストに残れなかったものの、その後ヒットし、同曲を収録して再発売された前出のアルバムもゴールドディスクに認定される大ヒットとなった。

2年後のサンレモ音楽祭2008では大賞部門に「Basta!(意:充分!)」で出場し、13位となった。ベストアルバム『L'Aura』に収録。https://youtu.be/42jHPOfmr-8

3rdアルバム『Sei come me』(2010)のリリース1年後に、同アルバムに4曲追加したDX盤を出した直後の2011年12月にアートプロデューサーのSimone Bertolottiと結婚。2013年4月には男児を出産している。その間、ソロ活動は中止していたものの、共演や楽曲提供などで度々シーンに登場している。

そのひとつが結婚直後の2012年1月にリリースされたEnrico Ruggeri(エンリコ・ルッジェーリ/59歳/Milano出身)との共演で、彼がFiorella Mannoia(フィオレッラ・マンノイア)に書き下ろした楽曲「Quello che le donne non dicono(意:女たちが言わないあのこと)」のセルフカヴァーのデュエット相手にL'Auraを選んだのだった。https://youtu.be/EAXIqT4OZi8

※当サイトでのEnrico Ruggeriの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/LEnrico_Ruggeri

さらにLaura Pausini(ラウラ・パウズィーニ)の2014年のコンサートにゲスト出演したり、Pausiniが父に捧げて書いた詞にL'Auraが曲を付けた「Lo sapevi prima tu(意:それを最初に知っていたのはあなた)」(公式ヴィデオクリップhttps://youtu.be/pouWcvZr1_Y)がPausiniのアルバム『Simili(意:似た者たち)』(2015)に収録されたり(L'Auraのセルフカヴァーhttps://youtu.be/VZZY1LP7lhsは現時点では未CD化)のを経て、2016年4月に米のガールズグループRonettes(ロネッツ)の「Be My Baby」(1963)のカヴァーをネット上限定で発表。L'Auraは1番をイタリア語詞、2番をスペイン語詞、サビを得意の英語詞で録音している。

L'Aura - Il contrario dell'amore

※当サイトでのL'Auraの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/L'Aura

来日公演の模様


イタリアの最古参バンドのひとつNomadi(ノーマディ/1963年結成・1965年レコードデビュー)。今回はライヴDVD『Exodus- live』(2014)を紹介。同年の年間DVDチャートで(イタリアものの中で)1位、翌年の年間チャートでも(同条件で)3位と、売れに売れたライヴDVD。

Nomadi - Exodus- live

その売れた理由は、Antonio Mazzi(アントニオ・マッツォ)司祭が主宰する麻薬患者救済活動Exodusの30周年を記念するチャリティ企画であり、Francesco Renga(フランチェスコ・レンガ)、Nek(ネック)、Luca Carboni(ルカ・カルボーニ)、Annalisa(アンナリーザ)といった豪華なゲストが登場するなどの他、何よりもNomadi自身がデビュー50周年の年であったことであろう。またコンサート会場はMilanoのDuomo広場であったことも特筆する点だ。

FESTAでは第3部後半と第4部を全部使って同DVDのライヴ映像で紹介したが、ここではネット上の公式映像を中心に紹介するに留める。

「Nulla di nuovo(意:新しいことは何も)」は2014年発表の楽曲で、3代目ヴォーカリストCristiano Turato(クリスティァーノ・トゥラート)と1998年加入の6代目ベーシストで強力な2ndヴォーカリストでもあるMassimo Vecchi(マッスィモ・ヴェッキ)のツインヴォーカルが楽しめる楽曲。

「Un pugno di sabbia(砂の拳)」(1970)はRoberto Soffici(ロベルト・ソッフィチ/Piero Sofficiの息子)が書き下ろした楽曲で、Francesco Renga(フランチェスコ・レンガ/48歳/Udine出身)との共演。https://youtu.be/TD4IeZYdLGY

「Come va la vita(意:暮らし向きはどうだい)」は2014年発表のヒット曲。

※当サイトでのNomadiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Nomadi


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2016年に達する年齢で表記。

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ