Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

来日情報

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。Festa情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/cat_50003116.html

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第166回イタリアPOPSフェスタ(2019年6月)レポート(第4部:Chiara来日特集)

今年も開催されるイベント『イタリア、アモーレ・ミオ』(在日イタリア商工会議所主催)で来日が発表されたChiara(キァーラ/33歳/Padova出身)ことChiara Galiazzo(キァーラ・ガリアッツォ)特集。
IAM-2019-JP

第2部に引き続いてのChiara来日特集だが、ここからは2ndアルバム『Un giorno di sole(意:太陽に彩られたある日)』(2014)。
Chiara - Un giorno di sole _Straordinario

タイトル曲「Un giorno di sole」は、Umbria州Castelluccioでロケされたヴィデオクリップが製作された。

「Il rimedio la vita e la cura(意:治療、人生と配慮)」はイタリア人俳優が多数出演するヴィデオクリップ。

翌2015年にChiaraは2度目のサンレモ音楽祭に後にサンレモ音楽祭優勝者となるカンタウトーレErmal Meta(エルマル・メータ)作の「Straordinario(意:並はずれた)で出場し、3回のサンレモ出場の中で最高位となる5位となった。

同年のサンレモ音楽祭カヴァー大会でChiaraは「Il volto della vita(意:人生の顔つき)」を披露。英語曲「Days of Pearly Spencer(パーリー・スペンサーの日々)」のイタリア語カヴァー曲で、Caterina Caselli(カテリーナ・カゼッリ)のヒット曲となった。Caselliのはじけたイメージを払拭し、Chiaraらしいしっとりとしたバラード調に歌って魅了。同アルバムにも収録された。

「Siamo adesso(意:私たちは今)」はChiaraが初めて作曲陣に参加した作品。作詞はカンタウトーレのPacifico(パチフィコ)。

2017年、Chiaraは3度目のサンレモ音楽祭に出場し、「Nessun posto e` casa mia(意:何処にも場所がない私の家)」を歌い、順位は14位と振るわなかったものの、あのMauro Pagani(マウロ・パガーニ)がプロデュースし、タクトを振るったことが大きな話題となった。

このアルバムの最も大きな話題はあのMauro Pagani(マウロ・パガーニ)がプロデュースしたことだ。Mauro Paganiは世界的な知名度を誇るイタリアを代表するロックバンドPFMことPremiata Forneria Marconi(プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ)の創立メンバーの1人で、人気最高潮の時にアメリカ中心の音楽ビジネスに疑問を抱いて脱退。やがてイタリア音楽の範疇に留まらない"地中海音楽"に取り組み、地中海に面したアフリカ、アラブ、中近東のエッセンスを取り入れた作風を確立。その世界の第1人者となった。今ではイタリア音楽界きってのマエストロの1人だ。

そして同年のサンレモ音楽祭カヴァー大会でChiaraが披露したのはZucchero(ズッケロ)の「Diamante」。Zucchero自身の祖母の名前を冠した楽曲で、歌詞を書いたのは燻し銀の魅力を持つカンタウトーレFrancesco De Gregori(フランチェスコ・デ・グレゴーリ)。そして何よりもこのステージが大注目を集めたのは、Mauro Paganiとの共演となったことだ。Paganiがギリシャのブズーキを弾き、中盤からヴァイオリンに持ち替えて縦横無尽に演奏することで、人々の視線の多くをPaganiに持って行かれてしまい、Chiaraの存在が霞んでさえしまうという結果となった。
Chiara con Mauro Pagani_SR2017-3a-3

※当サイトでのMauro Paganiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mauro_Pagani

サンレモ音楽祭2017出場曲を含み、現在のところChiaraの最近作となるアルバムが3rdアルバム『Nessun posto e` casa mia』(2017)。
Chiara - Nessun posto e casa mia

「Fermo immagine(意:イメージを止める)」。この頃からChiaraの楽曲は"canzoni del salotto(サロン音楽)"と呼ばれるようになった。

「Buio e luce(意:暗闇と光)」

※当サイトでのChiaraの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Chiara


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2019年に達する年齢で表記。

第166回イタリアPOPSフェスタ(2019年6月)レポート(第2部:Chiara来日特集)

今年も開催されるイベント『イタリア、アモーレ・ミオ』(在日イタリア商工会議所主催)で来日が発表されたChiara(キァーラ/33歳/Padova出身)ことChiara Galiazzo(キァーラ・ガリアッツォ)特集。
IAM-2019-JP

未発売のアルバムの先行シングル「Pioggia viola(意:スミレ色の雨)」(2019)はラッパーのJ-Ax(ジェイ・アックス/47歳/Milano出身)との共演で、Chiara初のラップ作品だ。

Chiaraはタレント発掘オーディション番組X Factorイタリア版で2012年大会に優勝してシーンに登場した逸材だ。当時、英ロックバンドMassive Attack(マッシヴ・アタック)の「Teardrop」を歌うChiaraがこれだ。4人の審査員は彼女を担当したカンタウトーレMorgan(モルガン)、Elio e le Storie Tese(エリオ・エ・レ・ストリエ・テーゼ)のElio、サンレモ音楽祭優勝経験者Arisa(アリーザ)、音楽番組をよく手掛けているTVコンダクター&女優のSimona Ventura(シモーナ・ヴェントゥーラ)の4人。Chiaraの歌唱後、4人が4人とも花丸の"Si`(合格)"を出し、観客もスタンディング・オヴェーションとなった。当時Chiara26歳。

彼女のデビューミニアルバム『Due respiri』(2012)は国際的な人気を誇るカンタウトーレEros Ramazotti(エロス・ラマッツォッティ/エロス・ラマゾッティ)がプロデュース。
Chiara-DueRespiri

アルバムタイトル曲「Due respiri(意:2人の吐息)」はErosとサンレモ音楽祭でもよくタクトを振るうLuca Chiaravalli(ルカ・キァラヴァッリ)、Laura Pausiniらにたくさん楽曲を書き下ろしている売れっ子作家Saverio Grandi(サヴェリオ・グランディ)の3人の共作。Chiaraの憂いを含んだビロードのような声にぴたりとハマる哀愁を帯びた楽曲は、プロデューサーが代わってもそのままその後のChiaraの路線として踏襲された。

デビューの翌年2013年には早くもサンレモ音楽祭の大賞部門に出場。同年のルールは2曲持ち込み式だったため「L'esperienza dell'amore(意:恋の経験)」(Tiromancino作)と「Il futuro che sara`(意:未来はどうなるのかしら)」を歌い、後者が選ばれて本選に進み8位となった。後者は人気バンドBaustelle(バウステッレ)のリーダーFrancesco Bianconi(フランチェスコ・ビアンコーニ)らが書いた楽曲で、タンゴ、ミロンガ風のリズムと印象的なヴァイオリンが特徴的で、『世界の車窓から』にぴったりはまりそうな情緒溢れる素晴らしい楽曲だ。

同年のサンレモ音楽祭のカヴァー大会でChiaraが披露したのはMia Martini(ミア・マルティーニ)の圧倒的歌唱力で有名な「Almeno tu nell'universo(意:宇宙の中で少なくもあなただけは)」。しかもタクトを振るったのはあの名匠Mauro Pagani(マウロ・パガーニ)。後にMauro Paganiとコラボするようになるきっかけとなったともいえるひとコマだった。

サンレモ出場曲2曲を含むChiara初のフルアルバム(1st)が『Un posto nel mondo(意:世界のある場所)』(2013)だ。
Chiara-Un Posto Nel Mondo

同アルバムには憂いのある歌唱で定評のある大先輩Fiorella Mannoia(フィオレッラ・マンノイア/当時59歳/Roma出身)とのデュエットが早くも実現している。「Mille passi」の原曲はスペイン語でSohaが歌った「Mil pasos」だ。

※当サイトでのFiorella Mannoiaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Fiorella_Mannoia

「Vieni con me(意:私と一緒に来て)」はPuglia州Lecce近郊Otrantoロケでヴィデオクリップが作られたアコーディオンをフィーチャーしたワルツ曲。書いたのは後に(2017年)サンレモ音楽祭優勝者となるErmal Meta(エルマル・メータ)。

このアルバムに収録されていないが、同時期にChiaraは世界をまたにかけて活動するMika(ミーカ/レバノン出身)のアルバムに収録された「Stardust」に客演して英語と伊語でデュエットを務める。Mikaはフランスや英国で育ったことと難読症のため読み書きが苦手なことから耳だけで言語を覚えることに長けており、イタリアでも頻繁にTV出演するようになると、瞬く間に流暢なイタリア語を話すようになり、今ではイタリアで彼の冠番組が存在する程の存在になっている。

※当サイトでのChiaraの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Chiara


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2019年に達する年齢で表記。

第166回イタリアPOPSフェスタ(2019年6月)参加者募集

紹介予定:
Chiara(キァーラ)ことChiara Galiazzo来日特集
日本盤『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD)

2019-06EV

イタリアPOPSの話題のアルバムや最新曲、アーティストのエピソードなどを日本語解説で補足しながら、音と映像で思う存分楽しめる楽しい音楽イベントです。

東京スカイツリーを間近に望む夜景と、 来場者持ち寄りの飲食物を一緒に味わえるのも人気です!

なお、Eメールアドレスをお知らせいただいた参加者には、FESTA参加後、もれなく秘密のプレゼントがあります。(注:携帯メールアドレスには、プレゼントのご提供ができない場合あります。)

日時:2019年6月15日(土) 17:00〜21:00(16:30開場)

会費:1,000円

※飲食物のお持ち寄りをお願いいたします:取り分けし易いものがベターです。ご自分がお好きなもの・食べたいものを数人前ぐらいで充分です。

席数:ご予約順の先着20名(要・予約)

会場:東京・JR亀戸駅 徒歩2分(予約者のみに詳細をお知らせいたします

注意事項
※先着20名に達し次第、募集を締め切ります。
※席数に達しなかった場合でも、準備の都合上、予約締切は会期前日とします。
※音楽鑑賞タイムは、音楽を鑑賞する目的の参加者の迷惑とならないよう各自ご注意ください。

参加ご希望の方はコチラからお申し込みください。 (予約制)

※当サイトでのChiaraの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Chiara

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

Cronaca161s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD)
制作協力しました。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

YoshioAntonio


記事検索 / Cerca nel blog
タグ絞り込み検索
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
【実施済】当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

Banco - Transiberiana(J)-s バンコ『トランシベリアーナ〜シベリア横断、人生の旅路』(2019)
歌詞対訳担当しました。

小さな村の物語 イタリア 音楽選集-s『小さな村の物語 イタリア 音楽選集』(5CD)
制作協力しました。

Cronaca161s日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
【2018年12月19日発売】CD『小さな村の物語 イタリア 音楽集(ライフスタイル編)』(2018)
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』(2013)
【2018年10月10日発売】CD『瞳はるかに~魅惑のイタリアン・ポップス』
歌詞対訳協力を行いました

『Viva!イタリア Vol.4』『Viva!イタリア Vol.4』【映画の音楽ネタ】

cronaca日伊協会・年刊学術誌『日伊文化研究』第56号(2018年)
「1960年代のイタリア音楽(ポップス)について」掲載

Bell'Italiaイタリア音楽セミナー@ベリタリア

ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演ジリオラ・チンクェッティ2017年来日公演

ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri) / 折り紙(Origami)(2017/日本盤)ライナーノーツを担当

『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)『Viva!公務員(Quo vado?)』(2015)【映画の音楽ネタ】

Camillo Pace - Credo nei raccontiCamillo Pace『Credo nei racconti』(2017)

Max Gazze` a Tokyo 2016Max Gazze`,Zephiro来日公演

NegritaNegrita, Zephiro来日公演

Gianluca Paganelli - DestinoGianluca Paganelli『Destino』(2016/日本盤)

集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE集まれ、イタリア好き!@湘南T-SITE
5/7&5/22映像ライヴ敢行!

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシオ)初来日公演!

第3回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2015/7/25開催 第3回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
歌詞対訳協力を行いました

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
歌詞対訳協力を行いました

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳協力を行いました

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳協力を行いました

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳協力を行いました

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳協力を行いました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳協力を行いました

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳協力を行いました

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳協力を行いました

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳協力を行いました

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳協力を行いました

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
ディノス オンラインショップ
トラベル・旅行グッズ特集 - ディノス オンラインショップ
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

  • ライブドアブログ