Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

来日情報

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第110回イタリアPOPSフェスタ(2014年7月)レポート(その3/Renzo Rubino)

第3部

2014年サンレモ音楽祭大賞部門で第3位となったのは、Renzo Rubino(レンツォ・ルビーノ/26歳/Taranto出身)が歌った「Ora(意:今)」。

2曲持込み制だった同年のサンレモ音楽祭に持ち込んだもう1曲は「Per sempre e poi basta(意:永遠にそして充分)」。歌詞字幕付きの公式videoclipで。

また、サンレモ第4夜の余興"Sanremo Social"でRenzoが披露したのは、故Giorgio Gaber(ジォルジォ・ガーベル/ジョルジョ・ガーベル)の「Non arrossire(意:恥ずかしがらないで)」(1960)で、Simona Molinari(スィモーナ・モリナリ/シモーナ・モリナーリ/31歳/Napoli生まれL'Aquila育ち)とのデュエットで魅せた。

1980年代生まれの2人が、生まれる20年以上前の楽曲をカヴァーするシーンは、曲が使い捨てにされず、世代を超えて歌い継がれるイタリア文化を充分に感じさせてくれた。FESTA会場ではサンレモ出場時の映像で紹介したが、現在のネット上には権利関係の問題もあって公開されていないので、ここでは割愛。

この2人のプロデューサーは同じCarlo Avarello(カルロ・アヴァレッロ)であることなどから、音楽的親交が増えているようで、お互いのコンサートで客演しているようだ。そこで、Renzoが2013年の同サンレモ音楽祭新人部門で3位&ミア・マルティーニ賞を獲得した出世作「Il Postino [Amami Ancora](意:郵便配達人 [男よ僕を愛せ])」を、Musicultura2014で2人が共演しているシーンを紹介。RenzoのパートをSimonaが歌い、テノールのパートをRenzoが歌っている。このゲイ賛歌の曲を美人のSimonaが歌うと、また異なる世界観が描かれるのが見事だ。

Simona Molinariは2014年10月に3度目の来日公演を果たす。来日情報はこちら。
ブルガリ イタリアンジャズ ラウンジ

※当サイトでのSimona Molinariの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Simona_Molinari

先の2曲を含む公式2ndアルバム『Secondo Rubino(意:ルビーノ第2弾/ルビーノによると)』(2014)は、軽快な楽曲を中心に収録されており、もちろん全曲をRenzoが単独で作曲を手掛け、ピアノも弾いている。

Renzo Rubino - Secondo Rubino

同アルバムからのシングル第3弾は「Sottovuoto(意:真空状態で)」。

若手カンタウトーレの中で、Renzoがひときわ大きな注目と期待を受けていることは、超大御所Ornella Vanoni(オルネッラ・ヴァノーニ/80歳/Milano出身)が出演したTV番組にRenzo Rubinoがゲストとして登場したことでも実感できる。Renzoが登場した瞬間、Ornellaがなんと、前出の「Il postino [Amami uomo]」のサビを口ずさむのだ!

2人が出演する最後のシーンでは、RenzoのピアノでOrnellaが駆け出しの頃(1950年代後半)に舞台で歌っていた曲「Mami`」を披露する。同曲は舞台演出家の故Giorgio Strehler(ジォルジォ・ストレレール)がミラノ語で書いた曲で、ミラノの暗黒街をテーマにしている。Ornellaの当時の交際相手とも言われており、Ornellaは彼の舞台で実績を積み、やがて歌手として1960年代のサンレモ音楽祭等で花開くことになる。

最近はイスに座ったままのステージが多かったOrnellaだったが、ここではさっと立ちあがって歌っているのが嬉しい。それにしても80歳にして、Ornellaのしっかりとしたヴォーカルは素晴らしい。

※当サイトでのOrnella Vanoniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ornella_Vanoni

※当サイトでのRenzo Rubinoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Renzo_Rubino


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2014年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

【来日情報】ブルガリ イタリアンジャズ ラウンジ

ブルガリが創業130周年として、2014年5月から10月まで毎月イタリアのアーティストが出演するコンサートを主催する。

【アーティスト情報と公演日】
Joe Barbieri
5月1日(木)ジョー・バルビエリ・トリオ(Joe Barbieri Trio)
 1974年ナポリ生まれ。サンレモ音楽祭に1994年と2000年の2回出場したものの、その後、ブラジル音楽やジェノヴァ派カンタウトーレたちの世界に傾倒した現在のスタイルを確立し、2004年に再デビュー。その囁くような歌い声は、"イタリアのカエターノ・ヴェローゾ"と評された。現在まで発表されたスタジオ盤4枚は、全て日本盤が発売されており、日本独自編集のベスト盤も追加発売されている旬のカンタウトーレ。2012年5月に初来日公演を敢行している。

※当サイトでのJoe Barbieriの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Joe_Barbieri

Max Ionata
6月5日(木)マックス・イオナータ/ダード・モローニ デュオ(Max Ionata/Dado Moroni Duo)
 マックス・イオナータは1972年生まれのジャズ・サックス奏者。2000年にバロニッシ国際ジャズコンクールで優勝してから、一躍現代イタリアン・ジャズ界を代表するテナー・サックス奏者となった。
 ダード・モローニは1962年ジェノヴァ生まれのピアニスト。17歳からプロのキャリアをスタートし、80年代にはヨーロッパで注目され、90年代は渡米しニューヨークで活動。2007年イタリアン・ジャズ・アワーズのベスト・ジャズ・アクト賞を受賞。
Dado Moroni

Berardi Jazz Connection Quintet
7月3日(木)ベラルディ・ジャズ・コネクション・クインテット(Berardi Jazz Connection Quintet)
 クラブ・ジャズ・スタイルで注目を集めるプロジェクトで、メンバーはフランチェスコ・ロマジストロ(Ds)を中心にベース、ピアノ、サックス、トランペット。ベラルディとはプーリア州ターラントの中心部にあるストリート名で、ロマジストロの音楽ラボがある。リリースした4枚のアルバムは全て日本盤も発売されている。

Fabrizio Bosso
9月3日(水)ファブリツィオ・ボッソ・カルテット(Fabrizio Bosso Quartet)
 1973年トリノ生まれ。1999年に初のリーダー・アルバムを発表。2002年にはハイ・ファイヴ・クインテットに加入。その他ジャズ界でも多くのプロジェクト参加やミュージシャンとの共演がある他、イタリアン・ポップス界でもレコーディングやライヴに引っ張りだこの人気トランペッター。来日歴も数多い。

Simona Molinari
10月7日(火)シモーナ・モリナーリ・クインテット(Simona Molinari Quintet)
 1983年ナポリ生まれラクイラ育ち。サンレモ音楽祭2009新人部門に出場してCDデビューしたカンタウトリーチェだが、それ以前の2005年からライヴ活動やミュージカルに出演。現在まで4枚のアルバムを発売し、オルネッラ・ヴァノーニやピーター・シンコッティ(米)らとの共演でも話題となった。来日公演も2011年、2012年の2度行っている。

※当サイトでのSimona Molinariの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Simona_Molinari

【共通情報(2014年4月10日時点 ※予定変更する場合があります)】
会場:ラ・テラッツァ ドン ペリニヨン ラウンジ(ブルガリ銀座タワー最上階)
ラ・テラッツァ ドン ペリニヨン ラウンジ
所在地:東京都中央区銀座2-7-12
電話:03-6362-0555
ディナー料金:¥48,000(着席/4名まで)| ¥10,000(立食)
※ドン・ペリニヨンと6品のアペリティーヴォ(軽食)付
タイムテーブル:19:00開場 20:15開演 20:45休憩 21:15第2ステージ開演 21:45終演


2014年5月15日現在、以下のアーティストは他会場での公演も予定されている。

Joe Barbieri_IIC
ジョー・バルビエリ
日時:5月2日(金)19:00
会場:イタリア文化会館 東京
所在地:東京都千代田区九段南2-1-30
電話:03-3264-6011
料金:無料(要予約)
詳細情報&申し込み方法:http://www.iictokyo.esteri.it/IIC_Tokyo/webform/SchedaEvento.aspx?id=588&citta=Tokyo

Fabrizio Bosso_Blue Note
ファブリツィオ・ボッソ "スピリチュアル・トリオ"
日時:5月14日(水)1st19:00 2nd21:00 | 5月15日(木)1st19:00 2nd21:00
会場:ブルーノート東京
所在地:東京都港区南青山6-3-16 ライカビル
電話:03-5485-0088
ミュージックチャージ:¥7,800

Max Ionata - Dado Moroni
マックス・イオナータ/ダード・モローニ デュオ(Max Ionata/Dado Moroni Duo)
日時:6月9日(月)18:00開場、18:30開始
会場:イタリア文化会館 東京
所在地:東京都千代田区九段南2-1-30
電話:03-3264-6011(内線13, 29)
料金:無料(要予約)
詳細情報&申し込み方法:http://www.iictokyo.esteri.it/IIC_Tokyo/webform/SchedaEvento.aspx?id=593&citta=Tokyo

【来日情報】ジョヴァンニ・アレヴィ(Giovanni Allevi) 2014

Giovanni Allevi(ジォヴァンニ・アッレヴィ/日本表記:ジョヴァンニ・アレヴィ)のピアノ・ソロ・コンサート・ジャパン・ツアー 2014の詳細が発表!

Giovanni Allevi 2014

◆TOKYO
【公演日】2014年6月18日(水)19:00開演
【会場】浜離宮朝日ホール 音楽ホール
東京都中央区築地5-3-2 TEL:03-5541-8710
【チケット料金】6,500円(全席指定・税込)※未就学児童入場不可
【一般前売】4月26日(土)
【プレイガイド】
チケットぴあ http://pia.jp/t/
0570-02-9999(Pコード 231-402)
e+(イープラス) http://eplus.jp/
【主催】株式会社る・ひまわりhttp://info@le-himawari.co.jp
【お問合わせ】る・ひまわり TEL:03-6277-6622 info@le-himawari.co.jp

◆SHIZUOKA
【公演日】2014年6月19日(木)19:00開演
【会場】静岡音楽館AOI
静岡市葵区黒金町一番地の9 TEL:054-251-2200
【チケット料金】5,400円(全席指定・税込)※未就学児童入場不可
【一般前売】近日
【主催】K-MIX(静岡エフエム放送株式会社)
【お問合わせ】K-mix TEL:053-457-1160 live@kmix.jp

◆KAGOSHIMA
【公演日】2014年6月24日(火)19:00開演
【会場】かごしま県民交流センター 県民ホール 鹿児島市山下町14-50 TEL:099-221-6600
【チケット料金】4,500円(全席指定・税込) ※未就学児童入場不可 大学生以下(50枚限定)3,000円(全席指定・税込)
【一般前売】近日
【チケット販売】山形屋、十字屋クロス、イル・チプレッソ(グルメ通り)

【主催】GIOVANNI ALLEVI鹿児島公演実行委員会

【後援】南日本新聞社、MBC南日本放送
【お問合わせ】有村TEL:099-250-0990 イル・チプレッソTEL:099-222-1713

◆NAGOYA
【公演日】2014年6月25日(水)19:00開演
【会場】5/R Hall&Gallery 音楽ホール 名古屋市千種区今池1-3-4 TEL:052-734-3461
【チケット料金】S席 8,500円 A席 6,500円(全席指定・税込)※未就学児童入場不可
【一般前売】5月10日(土)
【主催】ond゜(Aコネクト株式会社)http://ond-o.com
【お問合わせ】5/R Hall&Gallery TEL:052-734-3461

◆OSAKA
【公演日】2014年6月27日(金) 19:00開演
【会場】あいおいニッセイ同和損保 ザ・フェニックスホール 大阪市北区西天満4-15-10 TEL:06-6363-0311
【チケット料金】5,000円(全席指定・税込)※未就学児童入場不可
【一般前売】4月26日(土)
【プレイガイド】
チケットぴあ http://pia.jp/t/ 0570-02-9999(Pコード 231-411)
e+(イープラス)http://eplus.jp/
【主催】株式会社る・ひまわり
【お問合わせ】る・ひまわり TEL:03-6277-6622 info@le-himawari.co.jp

イタリアではその名を知らぬ人はいない!イタリア、そして世界が認める天才ピアニスト

イタリアのどんな小さな町でも、どんな年代の人でも“ジョヴァンニ・アレヴィ“の名を知らぬ者はいないと言っても過言ではありません。イタリア各市で開催される野外コンサートには、数万人もの聴衆が集まり広場には熱気が立ち込めます。その人気は非常に根強く、近隣の町からひと目観たさに、あるいは彼のピアノを一度でいいから聴いてみたいという多くのファンが殺到するのです。「町興しにジョヴァンニに来てもらいたい!」とイタリアの各市からオファーが相次ぐというのも、なまじ冗談ではない様子。それほどジョヴァンニ支持者は多く、彼の音楽はイタリア中から愛されているのです。
作曲家であり、自作を奏でるピアニストでもあるジョヴァンニ。名も無いひとりの音楽家から、一躍彼の名をイタリア、そして世界中に轟かせた出来事は、映画監督のスパイク・リーが彼の音楽に目を留め、2005年にBMW社の欧州向けCMに起用したことに始まります。
※当サイト注:イタリア国内では既に1997年にラップ界のスターJovanotti(ジォヴァノッティ)が見出している。
以来、ジョヴァンニの音楽は世界中の人々の心を惹きつけ、熱狂的なファンは増加の一途。2006年には「NO CONCEPT TOUR」を中国、米国、北欧、イタリアで決行し大成功を収めた他、2010年中国上海での「Expo2010」でイタリア人代表アーティストのひとりとして演奏を披露し、アジアの聴衆をも魅了しました。

コンサートでは常にTシャツにジーパン。そしてスニーカー。
音楽を奏でること以外、僕には何の興味もない。

どんなに格式のあるホールであろうと、コンサートであってもジョヴァンニ・アレヴィのスタイルは変わりません。常にTシャツとジーパン、そしてスニーカーがジョヴァンニのスタイル。
「洒落た洋服も靴も僕には必要ない。 僕には音楽だけあればいい。ほかには何の興味もないんだ」
2009年、イタリアのアレーナ・ディ・ヴェローナ野外劇場で、世界中から選抜された名演奏家達による「オールスターオーケストラ」を従えて行なわれた大掛かりなコンサートでも、彼はいつものスタイルを貫き、12,000人を超す大観衆の心を震わせたのは 言うまでもありません。

ピアノを持たないピアニスト。音楽はすべて僕の頭の中に棲む、素晴らしい魔女が運んでくる。

ジョヴァンニ・アレヴィはピアノを持っていません。 必要があれば、信頼する調律家のもとに行って弾くだけ。 いわゆる普通の作曲家やピアニストが鍵盤に向かって音を繋げ、作曲をするタイプとはまるで異なるのです。 では、あの美しくも繊細で、迫力のある楽曲はどうやって出来上がるのか・・・。
答えは、すべて彼の頭の中にあるのです。

※当サイトでのGiovanni Alleviの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Giovanni_Allevi

※2013年公演レポートは、雑誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号(2013年9月発売号)に掲載

第108回イタリアPOPSフェスタ(2014年5月)レポート(その1/Emma,Frankie hi-nrg,Negramaro,Claudio Villa,Francesca Michielin,Caterina Caselli,Rocco Papaleo)

第108回Festaは、20名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて5/10(土)に開催されました。参加者の内訳は男性5名 女性15名、うち初参加者1名。

FESTA2014-05

まさに『隠れ家』となるプライヴェートなバンケットルームを貸し切り、極上の音楽と夜景を楽しむ、至福のひと時となった。

集合写真撮影
POP!ITALIANO
kazuma氏

第1部

最近のイタリアPOPS界の話題を中心に構成した第1部。

まずは、デンマークのコペンハーゲンで5月10日に決勝戦が行われたEurovision Song Contest 2014にイタリア代表として出場したEmma(エンマ/30歳/Firenze生まれPuglia州Aradeo育ち)が歌った「La mia citta`(意:私の町)」。

Emma - Eurovision 2014

結果は21位と振るわなかったものの、英語で歌った歌手が多い中、全部の歌詞をイタリア語のみで歌い、同音楽祭のシード国イタリアの誇りを示した。なお、参加国26ヶ国中、自国語でのみ歌った歌手はEmmaを含め4人しかいなかった。

同曲はアルバム『Schiena vs schiena』(2013)に収録されている。

Emma - SchienavsSchiena

ちなみに優勝者はオーストリアのドラァグクイーン歌手Conchita Wurst(コンチータ・ヴルスト/25歳)だった。

※当サイトでのEmmaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Emma


Frankie hi-nrg - Giro d'Italia

GiroD'Italia

世界三大自転車ロードレースのひとつGiro d'Italia(ジロ・デ・イタリア)の2014年大会の公式テーマソングに選ばれたFrankie hi-nrg(フランキー・ハイ・エナジー/45歳/Torino出身)が歌う「Pedala(意:ペダルを漕げ)」。

同曲は同年のサンレモ音楽祭出場曲で、サンレモのステージでFrankie hi-nrgは右足のズボンのすそをクリップで挟むパフォーマンスを披露していた。

Frankie hi-nrg MC- Essere umani

ジロ・デ・イタリア2014は2014年5月9日から始まり、約3週間に渡って繰り広げられる。日本でもBS局J SPORTSで生中継している。


FIFA Mondiale 2014

4年に一度、サッカー世界王者を決めるFIFAワールドカップだが、2014ブラジルの開催が6月12日に迫って来た。イタリアのナショナルチームの公式テーマソングに選ばれたのはNegramaro(ネグラマーロ)が歌う「Un amore cosi` grande 2014(意:こんなに大きな愛 2014)」。

同曲のオリジナル曲は1976年に大スターClaudio Villa(クラウディオ・ヴィッラ/1926-1987/61歳没/Roma出身)が歌った「Un amore cosi` grande」

※当サイトでのNegramaroの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Negramaro

※当サイトでのClaudio Villaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Claudio_Villa


Francesca Michielin - Amazing

2014年のゴールデン・ウィークに封切られた映画『The Amazing Spider-Man 2(アメイジング・スパイダーマン2)』。このサントラに採用されたイタリア人女性歌手Francesca Michielin(フランチェスカ・ミキェリン/19歳/Veneto州Bassano del Grappa出身)が歌う英語曲「Amazing」。タレントショー番組X Factorから躍り出てまだ2年の10代の歌手からこの快挙が生まれたのも特筆するところ。

※当サイトでのFrancesca Michielinの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Francesca_Michielin


p80-4

すっかりゴールデン・ウィークの定番イベントとして定着した感のあるイタリア映画祭。2014年に上映された14作品の中で、音楽の側面が充実していて楽しかったのが『Una piccola impresa meridionale(南部のささやかな商売)』。

Erica Mouが歌う「Dove cadono i fulmini」が主題歌であることは4月FESTAで紹介したが、実際に本編を見たところ、その主題歌以上に重要で作品中でも数か所で効果的に使われたいた楽曲が2曲あった。

まずは元娼婦マニョーリア役の女優Barbora Bobulova(バルボラ・ボブロヴァ/40歳/スロヴァキア国出身)のお気に入りの曲として設定された「Sole spento(意:消えた太陽)」。居候先の部屋で同曲を大音量のカラオケでまるまる1曲歌うシーンが効果的に採用されていたが、実際に女優Barbora Bobulovaが同曲をRocco Papaleo監督の前で歌って同役を勝ち取ったと言うエピソードもあったようだ。劇中では、他の同居人達もこの曲を歌いながら灯台をホテルに改築する作業に取り組んでいた。

同曲のオリジナルはCaterina Caselli(カテリーナ・カゼッリ/現68歳/Modena出身)が1967年に歌っている。

※当サイトでのCaterina Caselliの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Caterina_Caselli

Caterina Caselliは、1960年代後半にティーンエイジャーを中心に絶大な人気を集めた歌手で、型破りな言動やファッションが当時の良識ある大人たちの眉をひそませていたそうだが、後にレコード会社の御曹司と結婚して音楽プロデューサーとなり、後にアンドレア・ボチェッリなど国際的なスターの売りだしに成功して大成する。劇中では周囲から色眼鏡で見られる元娼婦マニョーリアが、終盤で玉の輿にのる人生に変わる事を示していたので、きっとこのCaterina Caselliと重ね合わせて、マニョーリアのその後の人生を暗示していたのではないだろうか。

もう1曲の求心力のある曲は、寝取られ男アルトゥーロ役のRiccardo Scamarcio(リッカルド・スカマルチョ)が歌った「Torna a casa foca(意:アザラシ君、家にお帰り)」。引き籠りの音楽家アルトゥーロの過去のヒット曲という位置付けで、消したい過去のような処遇だった同曲を父親の葬式で弾かざるを得ない状況となり、Scamarcio自身がキーボードを弾きながら、たっぷりと歌を聴かせるのだ。

実は同曲はRocco Papaleo監督が書いたオリジナル曲で、自身が準司会者を務めたサンレモ音楽祭2012で同曲を披露している。

Rocco Papaleo監督が今回来日して舞台挨拶を行い、質疑応答にも答えてくれたが、同曲が自身が初めて作った曲とのこと。さらにリクエストに応えてスキャット部分とダンスを披露してくれ、さらに観客を立たせて躍らせるパフォーマンスが日本でも再現された。

劇中の最後である特殊なカップルの結婚式が行われ、その宴席でテルミン(廃棄物から回収したもの)をフィーチャーしたバンド演奏でScamarcioが歌っていたのが、やはりPapaleo監督のオリジナル曲「La tua parte imperfetta(意:不完全な君の側)」。TV番組でPapaleo監督とScamarcioの共演が実現された。

監督Rocco Papaleoがカンタウトーレとしてリリースしたアルバム『La mia parte imperfetta』(2012)にこの2曲とも収録されている。同アルバムからさらに「Come vivere(生きるように)」をPapaleoのライヴ映像で紹介。

Rocco Papaleo - Mia parte imperfetta


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2014年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

2013年3月27日創刊!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
【発売中】当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

cronaca142日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
講師を務めました。

cronaca142日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italia6/28開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 4』@ベリタリア
講師を務めました。

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

Bell'Italia4/26開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 2』@ベリタリア
講師を務めました。

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

Bell'Italia2/22開催『百花繚乱!イタリア音楽』@ベリタリア
講師を務めました。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

Bell'Italia『イタリアンポップス&フードを楽しむ夕べ』@ベリタリア
講師を務めました。

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


イタリア中部地震復興支援
Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

イタリア関連の出版物なら
シーライト パブリッシング

シーライト パブリッシング


SONY製品買うなら
ソニーストア
男性向け商品も充実!
セシール
  • ライブドアブログ