Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

来日情報

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第112回イタリアPOPSフェスタ(2014年9月)レポート(その2/Italian Surf Academy,PFM)

第2部

ニューヨーク在住のナポリ出身ギタリスト、Marco Cappelli(マルコ・カッペリ)が率いる、マカロニ・ウエスタン等の映画音楽をカヴァーするプロジェクト、Italian Surf Academy(イタリアン・サーフ・アカデミー)が来日公演を行う。

※クリックしてチラシをダウンロード。
ItalianSurfAcademy-Flyer1

B級映画と揶揄されながらもカルト的な人気を誇ったマカロニ・ウエスタン映画だが、そこから多くの映画スターや監督が育っていったことからも想像できるように、映画音楽を担当していたのは、エンニオ・モリコーネ(続・夕陽のガンマン/1966など)やルイス・バカロフ(続・荒野の用心棒/1966など)といった今では超巨匠格のマエストロたちだ。

彼らのアルバム『American Dream』(2012)は、これらの名作にサーフ・ミュージックのエッセンスを加えて仕上げられた一見聴き易いサウンドだが、クラシック教育を受けたマルコ・カッペリが奏でるアヴァンギャルドなプレイスタイルのギターも聴きどころ。

marco_cappelli

『続・夕陽のガンマン』のテーマ曲「The Sundown/San Antonio Mission」(1966/エンニオ・モリコーネ作曲)

イタリアで絶大な人気を誇るハードボイルド漫画『ディアボリック(Diabolik)』のテーマソング「Deep deep down」(エンニオ・モリコーネ作品)も、イタリア・ファンなら押さえておきたいところだ。

diabolik-eva-ce-labbiamo-fatta

日本では劇場未公開ながらDVDリリースで人気を集めた映画『セッソ・マット』(1973/主演:ジャンカルロ・ジャンニーニ、ラウラ・アントネッリ)のテーマ曲なども。

Sesso matto

【割引特典】当日券売場で秘密の合言葉を言えば、当日券4,500円が3,000円に!(※秘密の合言葉はこちら http://musicavitaitalia.com/web/?p=373

東京 9/23(火・祝)
イタリア文化会館 アニェッリホール
2014年9月23日(火・祝)開場 18:00/開演 19:00
前売 ¥4,000/当日¥4,500(税込)指定席
トムス・キャビン インターネット予約受付中
主催:イタリア文化会館/トムス・キャビン

金沢 9/24(水)もっきりや
2014年9月24日(水)開演 19:30
前売 ¥4,000(税込)
全自由・入場時別途ドリンク代
8月2日(土)発売
予約:もっきりや 076-231-0096 http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/

大阪 9/26(金)梅田クラブクアトロ
2014年9月26日(金)開場 18:00/開演 19:00
前売 ¥4,000/当日¥4,500(税込)
全自由・整理番号順入場・入場時別途ドリンク代500円
8月2日(土)発売
チケットぴあ http://t.pia.co.jp/ 0570-02-9999 (Pコード:239-322)
ローソンチケット http://l-tike.com/ 0570-084-005 (Lコード:59711)
イープラス http://eplus.jp/
クアトロ店頭:梅田クラブクアトロ 06-6311-8111
トムス・キャビン インターネット予約受付中
主催:イタリア文化会館大阪/トムス・キャビン

詳細は、トムス・キャビンの公式サイトにて。http://toms-cabin.com/ISA2014/index.html


2014年5月に6度目の来日公演を果たしたPremiata Forneria Marconi(プレミアータ・フォルネリーア・マルコーニ/意:受賞したマルコーニ・ベーカリー)ことPFM

5月30日が英語DAYS、31日がイタリア語DAYSというプログラムになったが、イタリア語DAYSはわずか300名ほどのキャパのライヴ・ハウスで行われたため、すぐにソールドアウトとなってしまい、当サイトでは公演告知を行えなかった訳だが、その公演内容は、チケット争奪戦を展開していたプログレ・ファンよりもむしろ、広くイタリア音楽を聴く者に聴いてもらうに相応しい内容だったのが残念だった。

ムジカヴィータ・イタリア第6号には、彼らのバイオグラフィ、ディスコグラフィ、全日本公演レビューなどが掲載されているが、特に今回の来日時のインタビューに、40年以上も活躍し続ける彼らの秘訣や、なぜ今回の公演内容がお馴染みのプログレだけでなく、POP作品、クラシック、デ・アンドレのカヴァーなどが盛り込まれた理由が語られているのが必見だ!

IMG_0197

ムジカヴィータ・イタリア読者へのヴィデオメッセージも素晴らしい。

そんなPFMの来日公演内容を過去のライヴ映像で再現して紹介した。

まずはプログレ作品の中から、イタリア語曲として秀逸な「La carrozza di Hans(ハンスの馬車)」。PFM初のDVD作品となった『Live in Japan』(2002)から。この『Live in Japan』(2002)を制作した秘話やその大ヒットがもたらした影響なども、前出のインタヴュー記事で述べられている。

彼らのPOPな作品から、「Il banchetto(晩餐会)」と「Dolcissima Maria(ドルチッシマ・マリア)」を同じく『Live in Japan』(2002)の映像で。

pfm - live_in_japan_2002

最近作の『PFM in classica da Mozart a Celebration(イン・クラシック〜モーツァルトからの祭典)』(2013)から、FESTA会場では「Guglielmo Tell: Ouverture(歌劇「ウィリアム・テル」序曲:ロッシーニ)」を紹介したが、ここでは「Suite italiana(イタリア組曲)」を。この曲は最初はメンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」第1楽章、途中からPFMのオリジナル曲「Celebration(祭典の時)、最後はロッシーニの歌曲集「音楽の夜会」第8曲「La danza(踊り-ナポリのタランテッラ」を組み合わせたもの。まさにクラシックとPFMが曲でも演奏でも見事に融合している。

PFM In Classic - Da Mozart A Celebration

ようやく日本盤もリリースされたPFMよるファブリツィオ・デ・アンドレのカヴァーアルバム『PFM canta De Andre(アンドレの詩)』から、「Bocca di rosa(薔薇の口)」。同アルバムは1978年から1979年にかけて、ファブリツィオ・デ・アンドレがPFMを帯同して行ったコンサートの再現版と言える。ここではTV出演時の映像で。

Pfm Canta De Andre

ファブリツィオ・デ・アンドレの作品は80年代以降に2枚ほど日本盤がリリースされたのみなので、デ・アンドレの世界を体感するために必須となる歌詞の意味を知るには、このPFMがカヴァーしたアルバム2タイトルの日本盤を入手されるのをお勧めする。

※当サイトでのPFMの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/PFM


Continua alla prossima puntata.(続く)

【来日情報】ブルガリ イタリアンジャズ ラウンジ

ブルガリが創業130周年として、2014年5月から10月まで毎月イタリアのアーティストが出演するコンサートを主催する。

【アーティスト情報と公演日】
Joe Barbieri
5月1日(木)ジョー・バルビエリ・トリオ(Joe Barbieri Trio)
 1974年ナポリ生まれ。サンレモ音楽祭に1994年と2000年の2回出場したものの、その後、ブラジル音楽やジェノヴァ派カンタウトーレたちの世界に傾倒した現在のスタイルを確立し、2004年に再デビュー。その囁くような歌い声は、"イタリアのカエターノ・ヴェローゾ"と評された。現在まで発表されたスタジオ盤4枚は、全て日本盤が発売されており、日本独自編集のベスト盤も追加発売されている旬のカンタウトーレ。2012年5月に初来日公演を敢行している。

※当サイトでのJoe Barbieriの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Joe_Barbieri

Max Ionata
6月5日(木)マックス・イオナータ/ダード・モローニ デュオ(Max Ionata/Dado Moroni Duo)
 マックス・イオナータは1972年生まれのジャズ・サックス奏者。2000年にバロニッシ国際ジャズコンクールで優勝してから、一躍現代イタリアン・ジャズ界を代表するテナー・サックス奏者となった。
 ダード・モローニは1962年ジェノヴァ生まれのピアニスト。17歳からプロのキャリアをスタートし、80年代にはヨーロッパで注目され、90年代は渡米しニューヨークで活動。2007年イタリアン・ジャズ・アワーズのベスト・ジャズ・アクト賞を受賞。
Dado Moroni

Berardi Jazz Connection Quintet
7月3日(木)ベラルディ・ジャズ・コネクション・クインテット(Berardi Jazz Connection Quintet)
 クラブ・ジャズ・スタイルで注目を集めるプロジェクトで、メンバーはフランチェスコ・ロマジストロ(Ds)を中心にベース、ピアノ、サックス、トランペット。ベラルディとはプーリア州ターラントの中心部にあるストリート名で、ロマジストロの音楽ラボがある。リリースした4枚のアルバムは全て日本盤も発売されている。

Fabrizio Bosso
9月3日(水)ファブリツィオ・ボッソ・カルテット(Fabrizio Bosso Quartet)
 1973年トリノ生まれ。1999年に初のリーダー・アルバムを発表。2002年にはハイ・ファイヴ・クインテットに加入。その他ジャズ界でも多くのプロジェクト参加やミュージシャンとの共演がある他、イタリアン・ポップス界でもレコーディングやライヴに引っ張りだこの人気トランペッター。来日歴も数多い。

Simona Molinari
10月7日(火)シモーナ・モリナーリ・クインテット(Simona Molinari Quintet)
 1983年ナポリ生まれラクイラ育ち。サンレモ音楽祭2009新人部門に出場してCDデビューしたカンタウトリーチェだが、それ以前の2005年からライヴ活動やミュージカルに出演。現在まで4枚のアルバムを発売し、オルネッラ・ヴァノーニやピーター・シンコッティ(米)らとの共演でも話題となった。来日公演も2011年、2012年の2度行っている。

※当サイトでのSimona Molinariの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Simona_Molinari

【共通情報(2014年4月10日時点 ※予定変更する場合があります)】
会場:ラ・テラッツァ ドン ペリニヨン ラウンジ(ブルガリ銀座タワー最上階)
ラ・テラッツァ ドン ペリニヨン ラウンジ
所在地:東京都中央区銀座2-7-12
電話:03-6362-0555
ディナー料金:¥48,000(着席/4名まで)| ¥10,000(立食)
※ドン・ペリニヨンと6品のアペリティーヴォ(軽食)付
タイムテーブル:19:00開場 20:15開演 20:45休憩 21:15第2ステージ開演 21:45終演


2014年7月28日現在、以下のアーティストは他会場での公演も予定されている。

Joe Barbieri_IIC
ジョー・バルビエリ
日時:5月2日(金)19:00
会場:イタリア文化会館 東京
所在地:東京都千代田区九段南2-1-30
電話:03-3264-6011
料金:無料(要予約)
詳細情報&申し込み方法:http://www.iictokyo.esteri.it/IIC_Tokyo/webform/SchedaEvento.aspx?id=588&citta=Tokyo

Fabrizio Bosso_Blue Note
ファブリツィオ・ボッソ "スピリチュアル・トリオ"
日時:5月14日(水)1st19:00 2nd21:00 | 5月15日(木)1st19:00 2nd21:00
会場:ブルーノート東京
所在地:東京都港区南青山6-3-16 ライカビル
電話:03-5485-0088
ミュージックチャージ:¥7,800

Max Ionata - Dado Moroni
マックス・イオナータ/ダード・モローニ デュオ(Max Ionata/Dado Moroni Duo)
日時:6月9日(月)18:00開場、18:30開始
会場:イタリア文化会館 東京
所在地:東京都千代田区九段南2-1-30
電話:03-3264-6011(内線13, 29)
料金:無料(要予約)
詳細情報&申し込み方法:http://www.iictokyo.esteri.it/IIC_Tokyo/webform/SchedaEvento.aspx?id=593&citta=Tokyo

201407090453Fabrizio-Bosso-quadrato2
ファブリツィオ・ボッソ(Fabrizio Bosso)@ 13th東京ジャズ
日時:9月6日(土)11:45開始
会場:東京国際フォーラム 地上広場
電話:03-5777-8600 (8:00〜22:00)
料金:無料
詳細情報:http://www.tokyo-jazz.com/jp/program/program_plaza.html#p0906plaza

ファブリツィオ・ボッソ(Fabrizio Bosso)@イタリア文化会館
日時:9月8日(月)18:00開場、18:30開始
会場:イタリア文化会館 東京
所在地:東京都千代田区九段南2-1-30
電話:03-3264-6011(内線13, 29)
料金:無料(要予約)
詳細情報&申し込み方法:http://www.iictokyo.esteri.it/IIC_Tokyo/webform/SchedaEvento.aspx?id=600


来日取材記事(インタビュー、ライヴレビュー等)は、雑誌『ムジカヴィータ・イタリア』に掲載。

LUDOVICO EINAUDI(ルドヴィコ・エイナウディ)2014来日公演

イタリア政府音楽大使も努めるルドヴィコ・エイナウディは、ヨーロッパで絶大な人気を誇る、コンテンポラリーミュージックのトップピアニスト、作曲家である。
クラシックを基盤としながらも、ポップ、ロック、フォーク、民俗音楽、現代音楽など、さまざまな要素を取り入れた、独自の美しい旋律が魅力。彼の音楽は、ヨーロッパ各国のテレビやCMで数多く使用され、高い人気を誇っている。2012年に大きな話題となった映画『最強のふたり』の音楽も手掛けた。

Ludovico Einaudi


ルドヴィコ・エイナウディ ─ IN A TIME LAPSE ─
日程:2014年10月15日(水)
開場:18時/開演:19時
会場:日本青年館 大ホール
チケット:全席指定\7,000
備考:※未就学児入場不可
お問い合わせ:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337

チケット発売日時:2014/08/09(土) 10:00〜
チケット販売所:サンライズオンラインぴあローチケイープラスCNプレイガイド、サンライズプロモーション東京 0570-00-3337


ルドヴィコ・エイナウディ = 作曲家、ピアニスト(1955年生、伊トリノ出身)

ヨーロッパで絶大な人気を誇るイタリア人ピア ニスト・作曲家。現在までにリリースされたア ルバムはイタリア、イギリス、スペイン、ドイ ツ等の欧州主要各国で通算100万枚以上のセールスを誇り、数多くのCM音楽やサウンドトラックを手掛けている。

2008年3月の日本デビューアルバム『La Scala: Concert』に続き『DIVENIRE』を 2009年3月にリリース。2011年2月公開の映画『EXILE PRIDE』(EXILEのリーダーHIRO氏を追ったドキュメント映画) のエンディング・シーンに『DIVENIRE』 収録のPrimavera (ライブアルバム『The Royal Albert Hall Concert』にも収録) が採用される等、日本でも話題を呼んでいる作曲家の一人。

クラシックを基盤とし、ポピュラー、ロック、フォーク、現代音楽などさまざまな要素がとり入れられた独自の美しい旋律は必聴。

ルドヴィコ・エイナウディ オフィシャル・ウェブ・サイト
http://www.einaudiwebsite.com/

※2011年来日時のインタビューを行いました。(日本のファンへのビデオメッセージ付き)
プログレファン、POPSファンも必見の秘話アリ
http://piccola-radio-italia.com/archives/51971321.html

第110回イタリアPOPSフェスタ(2014年7月)レポート(その3/Renzo Rubino)

第3部

2014年サンレモ音楽祭大賞部門で第3位となったのは、Renzo Rubino(レンツォ・ルビーノ/26歳/Taranto出身)が歌った「Ora(意:今)」。

2曲持込み制だった同年のサンレモ音楽祭に持ち込んだもう1曲は「Per sempre e poi basta(意:永遠にそして充分)」。歌詞字幕付きの公式videoclipで。

また、サンレモ第4夜の余興"Sanremo Social"でRenzoが披露したのは、故Giorgio Gaber(ジォルジォ・ガーベル/ジョルジョ・ガーベル)の「Non arrossire(意:恥ずかしがらないで)」(1960)で、Simona Molinari(スィモーナ・モリナリ/シモーナ・モリナーリ/31歳/Napoli生まれL'Aquila育ち)とのデュエットで魅せた。

1980年代生まれの2人が、生まれる20年以上前の楽曲をカヴァーするシーンは、曲が使い捨てにされず、世代を超えて歌い継がれるイタリア文化を充分に感じさせてくれた。FESTA会場ではサンレモ出場時の映像で紹介したが、現在のネット上には権利関係の問題もあって公開されていないので、ここでは割愛。

この2人のプロデューサーは同じCarlo Avarello(カルロ・アヴァレッロ)であることなどから、音楽的親交が増えているようで、お互いのコンサートで客演しているようだ。そこで、Renzoが2013年の同サンレモ音楽祭新人部門で3位&ミア・マルティーニ賞を獲得した出世作「Il Postino [Amami Ancora](意:郵便配達人 [男よ僕を愛せ])」を、Musicultura2014で2人が共演しているシーンを紹介。RenzoのパートをSimonaが歌い、テノールのパートをRenzoが歌っている。このゲイ賛歌の曲を美人のSimonaが歌うと、また異なる世界観が描かれるのが見事だ。

Simona Molinariは2014年10月に3度目の来日公演を果たす。来日情報はこちら。
ブルガリ イタリアンジャズ ラウンジ

※当サイトでのSimona Molinariの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Simona_Molinari

先の2曲を含む公式2ndアルバム『Secondo Rubino(意:ルビーノ第2弾/ルビーノによると)』(2014)は、軽快な楽曲を中心に収録されており、もちろん全曲をRenzoが単独で作曲を手掛け、ピアノも弾いている。

Renzo Rubino - Secondo Rubino

同アルバムからのシングル第3弾は「Sottovuoto(意:真空状態で)」。

若手カンタウトーレの中で、Renzoがひときわ大きな注目と期待を受けていることは、超大御所Ornella Vanoni(オルネッラ・ヴァノーニ/80歳/Milano出身)が出演したTV番組にRenzo Rubinoがゲストとして登場したことでも実感できる。Renzoが登場した瞬間、Ornellaがなんと、前出の「Il postino [Amami uomo]」のサビを口ずさむのだ!

2人が出演する最後のシーンでは、RenzoのピアノでOrnellaが駆け出しの頃(1950年代後半)に舞台で歌っていた曲「Mami`」を披露する。同曲は舞台演出家の故Giorgio Strehler(ジォルジォ・ストレレール)がミラノ語で書いた曲で、ミラノの暗黒街をテーマにしている。Ornellaの当時の交際相手とも言われており、Ornellaは彼の舞台で実績を積み、やがて歌手として1960年代のサンレモ音楽祭等で花開くことになる。

最近はイスに座ったままのステージが多かったOrnellaだったが、ここではさっと立ちあがって歌っているのが嬉しい。それにしても80歳にして、Ornellaのしっかりとしたヴォーカルは素晴らしい。

※当サイトでのOrnella Vanoniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ornella_Vanoni

※当サイトでのRenzo Rubinoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Renzo_Rubino


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2014年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

2013年3月27日創刊!
イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
【発売中】当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第6号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第6号

cronaca142日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第6号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第6号

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
講師を務めました。

cronaca142日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italia6/28開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 4』@ベリタリア
講師を務めました。

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

Bell'Italia4/26開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 2』@ベリタリア
講師を務めました。

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

Bell'Italia2/22開催『百花繚乱!イタリア音楽』@ベリタリア
講師を務めました。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

Bell'Italia『イタリアンポップス&フードを楽しむ夕べ』@ベリタリア
講師を務めました。

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


イタリア中部地震復興支援
Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

イタリア関連の出版物なら
シーライト パブリッシング

シーライト パブリッシング


SONY製品買うなら
ソニーストア
男性向け商品も充実!
セシール
  • ライブドアブログ