Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

来日情報

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

【来日情報】ブルガリ イタリアンジャズ ラウンジ 2015

ブルガリが2014年に引き続き、2015年4月より「ブルガリ イタリアンジャズ ラウンジ2015」を開催

【アーティスト情報と公演日】
Bulgari2015

4月24日(金)ステファノ・ボラーニ (Stefano Bollani Piano Solo)
Stefano-Bollani

※当サイトでのStefano Bollaniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Stefano_Bollani

5月15日(金)フラヴィオ・ボルトロ & ダニーロ・レア ドゥオ(Flavio Boltro/ Danilo Rea Duo)
Flavio Boltro - Danilo Rea Duo

6月12日(金)ジョー・バルビエリ(Joe Barbieri Sextet)
Joe Barbieri

※当サイトでのJoe Barbieriの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Joe_Barbieri

9月11日(金)ニコラ・コンテ(Nicola Conte Jazz Combo)
Nicola Conte Jazz Combo

※当サイトでのNicola Conteの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Nicola_Conte

10月17日(土)エンリコ・ラーヴァ & スープスター(Enrico Rava meets Soupstar, Giovanni Guidi/ Gianluca Petrella)
Enrico RAVA
Soupstar

【共通情報(2015年3月11日時点 ※予定変更する場合があります)】
会場:ブルガリ銀座タワー8F プライベートラウンジ
所在地:東京都中央区銀座2-7-12
電話:03-6362-0555
ライヴのみ¥12,000/1名様(最少人数4名様より)
ライヴ+ディナー:¥30,000/1名様

詳細: http://www.bulgarihotels.com/ja-jp/what-s-on-blog/tokyo-osaka/what-s-on-in-tokyo/bvlgari-italian-jazz-lounge-2015

【来日公演】リガブエ/リガブーエ 2015年2月

LigabueTokyo2015-2

現代イタリア音楽界の最高峰Ligabue(リガブエ/リガブーエ)が、ついに初来日!

直近のアルバム2作が連続で年間ベストセラーに輝く、現代イタリア最高峰のロックスターであると同時に、アコースティック・サウンドでも聴かせるカンタウトーレであり、映画監督でもある。イタリア音楽ツウやプログレ・ファンの間で著名なMauro Pagani(マウロ・パガーニ)とCorrado Rustici(コッラド・ルスティチ)が協力してサポートするアーティストとしても特異な存在だ。

10数万人の観客動員数(ヨーロッパ最高記録)を持つスーパースターのステージが、今回の日本公演では300人キャパのライヴハウスで行われる。これは本国のファンが嫉妬するほど贅沢なシチュエーションで、ここ10数年のイタリア人アーティストの来日公演のなかで、1番2番を争う歴史的な公演となることは間違いないだろう。チケット争奪戦となるのは必至。お見逃しなく。


【東京公演】
日時:2015年2月3日(火)19:00開場 20:00開演
チケット:6,500円
場所:高田馬場CLUB PHASE
最寄駅:高田馬場(JR山手線・西武新宿線・東京メトロ東西線)
地図: http://www.club-phase.com/contents/access.html
住所:〒171-0033 東京都豊島区高田3-8-5セントラル・ワセダ1F事務所103
TEL:03-5911-2777(受付時間:15:00-22:00)
チケット先行発売:https://ticketpay.jp/booking/?event_id=741(SoldOut/完売)
チケット販売開始:2015年1月3日午前10時よりhttp://www.diskgarage.com/ticket/detail/no069944



公式チラシ(本記事の上部に掲載)の右下に当サイトPiccola RADIO-ITALIAのロゴが掲載されました!

※当サイトでのLigabueの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ligabue

【略歴】
1960年3月13日エミリア・ロマーニャ州コッレッジョ生まれ(55歳/2015年)。ファンの間ではシンプルにリガ(Liga)と呼ばれる。

レジスタンス活動で名を馳せたエミリアの英雄マルチェッロ・リガブエの孫で、商学を修了した後、様々な職業を転々としていたが、1986年(26歳)、アマチュアバンド、オラゼロ(Orazero)を結成、1988年にデビュー・シングルを発表し、地元のコンテストで優勝する。ベテラン・カンタウトーレ、ピエランジェロ・ベルトリに見出される。

1990年、ようやく30歳にしてソロ・デビュー。同年のフェスティヴァルバールで赤丸急上昇アーティストとして表彰される。1991年の2ndアルバムもヒットするも、3rdアルバムと4thアルバムが不振で大きな危機を迎える。1995年の5thアルバムは、アメリカン・ロック・サウンドの中でイタリア語詞で歌うスタイルを打ち出して成功。現代のイタリアン・ロックのシンボルとなった。

1998年には初めての映画監督を務め、『ラジオフレッチャ(Radiofreccia)』を制作(日本でもイタリア映画祭2001で上映)。

1999年の6thアルバムでは、アレンジや歌詞面で進化を遂げる。2002年の7thアルバムはさらに大きなセールスを得て、フェスティヴァルバール優勝など各賞を独占。

2003年の2作目となるライヴ盤では、マウロ・パガーニらを迎えたセミ・アコーステックのステージを披露。観客&批評家に絶賛される傑作となり、年間最優秀アルバムとして大統領の名を冠したチャンピ賞を受賞。

2005年は大躍進を遂げ、名実ともにイタリアのトップスターとなる。まずはエミリア州の飛行場カンポヴォーロにて、デビュー15周年を記念した歴史的記録に残る大規模な野外ライヴを敢行。18万人(うち、16万5千人がチケット購入者)の観客を動員し、ソロアーティストの有料ライヴとしては、ヨーロッパ記録を樹立。同年の8thスタジオアルバムで再びフェスティヴァルバールで優勝。2006年には同アルバムを掲げた大規模ツアーを実施。同年エリーザに「Gli ostacoli del cuore(意:心の中の障壁)」を書き下ろしてデュエット。エリーザの代表曲のひとつとなる大ヒットを記録。同年、2度目のチャンピ賞を受賞。

2007年、自身初のベストアルバムを、翌2008年にはその第2弾をリリース。この頃からコッラド・ルスティチ(元チェルヴェッロ)がプロデュースやギタリストとして参加し始める。

由緒あるアレーナ・ディ・ヴェローナ公演で行った2009年のコンサートを収録したライヴアルバムを挟んで、デビュー20周年となる2010年に満を期して発売したアルバム『Arrivederci, mostro!』は、年間ベストアルバムとなっただけでなく、翌2011年も年間チャート15位に残るロングセールスも記録した。

2011年に再びカンポヴォーロでの大規模野外コンサートを実施。2005年時の混乱や危険を回避するため、11万人限定にして敢行。同コンサートは、同年暮れに3D映画として公開された。

2013年11月には待望のスタジオアルバム最新作『Mondovisione』をリリース。2013年中では僅か1ヶ月強の販売期間にも関わらず、またしても年間ベストセラー・アルバムに輝き、スタジオ・アルバムが2作連続で年間ベスト・セラーに輝く記録となった。同アルバムのタイトルが“世界展望/世界視点”という意味であるように、世界の様々な景色をアルバム内のブックレットに収められており、中には日本のシーンも複数掲載されている。そしてそのコンセプト通り、初めてヨーロッパの外でも公演する本格的なワールド・ツアーを開始。こうして初めての日本公演も実現することとなった。

【ディスコグラフィ】
1990 - Ligabue
1991 - Lambrusco coltelli rose & pop corn
1993 - Sopravvissuti e sopravviventi
1994 - A che ora e la fine del mondo?
1995 - Buon compleanno Elvis
1997 - Su e giu` da un palco(ライヴ)
1998 - Radiofreccia(映画サントラ)
1999 - Miss Mondo
2002 - Fuori come va?
2003 - Giro d'Italia(ライヴ)
2005 - Nome e cognome
2007 - Primo tempo(ベスト)
2008 - Secondo tempo(ベスト)
2009 - Sette notti in Arena(ライヴ)
2010 - Arrivederci, mostro!
2011 - Campovolo 2.011(ライヴ)
2013 - Mondovisione

※略歴はイタリア音楽専門誌『ムジカヴィータ・イタリア』第4号より抜粋。

第116回イタリアPOPSフェスタ(2015年1月)レポート(第4部:Ligabue来日特集その3、Francesco De Gregori)

第4部

引き続き、Ligabue来日特集。

LigabueTokyo2015

来日情報
http://piccola-radio-italia.com/archives/52159185.html

2014年9月に突然発表されたのが、ベテラン・カンタウトーレFrancesco De Gregori(フランチェスコ・デ・グレゴーリ/64歳/Roma出身)の名曲Alice(アリーチェ/1973年発表)の新ヴァージョンで、なんとLigabueとデュエットしたものだった。同曲は11月リリースのDe Gregoriのアルバム『Vivavoce』の先行シングルに相応しい、超目玉企画となった。

※当サイトでのFrancesco De Gregoriの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Francesco_De_Gregori

その後発表されたFiorella Mannoia(フィオレッラ・マンノイア)のアルバム『Fiorella』の中で、FiorellaはLigabueの楽曲「Metti in circolo il tuo amore(意:君の愛を取り囲め)」をカヴァーし、Liga自身とデュエットで収録するなど、Ligabueが先輩アーティストたちと共演する機会も増えてきている。

さて、今回の来日公演はLigabue初の本格的なワールドツアーの一環として行われるため、ツアー名に掲げられている最新アルバム『Mondovisione』の中から、披露されそうな楽曲を紹介しておこう。

Ligabue - Mondovisione

「Il sale della terra(意:大地の塩)」は、2013年9月のArena di Verona公演の映像を使ったVideoclipで。

「Siamo chi siamo(僕らは僕らである)」は公式Videoclip映像で。ブズーキを奏でるLiga。

「Il muro del suono(意:音の壁)」は、2014年5月のRoma Stadio Olimpico公演の映像で。

「Tu sei lei(意:君は彼女)」は、2014年12月のCatania公演映像で。

最後にLigabueはギター1本での弾き語りにも定評があることを紹介しておこう。2014年にTV放映されたシーンから「Ho perso le parole」(1998)。Liga自身が初めて映画監督を務めた『Radiofreccia(ラディオフレッチァ)』(1998)のサントラ曲。

そして2014年のXmas時期にLigaが公式facebookページに投稿したヴィデオメッセージ。単なる祝辞的なメッセージはなく、社会的なメッセージが強く込められつつもそれに立ち向かっていく決意が述べられている。



こうして2015年1月の第116回FESTAは、4時間のうち3時間をLigabueに特化して紹介する大特集となった。10数万人を動員できる、実力&人気とも頂点に達している超大物スターが、わずか300人キャパの会場で拝めるのは、超プレミアムなコンサートになることは必至。ぜひこの貴重な機会を逃さぬよう、この記事を読んでいる全ての方にお勧めする。

※当サイトでのLigabueの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ligabue


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2015年に達する年齢で表記。

次回のイベントは、1月24日(土)17:30-19:30に東京・表参道のベリタリアに於いて『イタリアンポップス&フードを楽しむ夕べ』として開催。お申し込みは→http://www.bellavita.co.jp/bellitalia

次回FESTAは:2月7日(土)に通常のFESTA形態で開催予定。

第116回イタリアPOPSフェスタ(2015年1月)レポート(第3部:Ligabue来日特集その2)

第3部

第1部に引き続き、Ligabue来日特集。

LigabueTokyo2015

来日情報
http://piccola-radio-italia.com/archives/52159185.html

2006年のNome e Cognomeツアー映像から。当時Ligabue46歳。

「Piccola stella senza il cielo(意:空の無い小さな星)」は1990年の1stアルバムに収録されているが、ソロデビュー前に組んでいたバンドOraZero(オーラゼロ)時代の楽曲。

「Urlando contro il cielo(意:空に向かって叫びながら)」(1991)

「Viva!」(1995)は2009年にArena di Veronaで7日間行われた『7 notti in arena』の映像から。オーケストラ指揮はサンレモ音楽祭などでマエストロを務めた経歴を持つMarco Sabiu(マルコ・サビゥ)。

そしてFestaに新規参加されたLigabueファンのyuchettaさんが持ってきてくれたLigabueファンクラブ限定のライヴDVDから、2012年のNapoliプレビシート(意:国民投票)広場での公演映像で、ライヴであまり披露されていないレアな楽曲を。Ligabue52歳。

「A.A.A. qualcuno cercasi(意:大至急 求人)」(1993)

「sotto bombardamento(意:砲撃下)」(1993)

Ligabueは2011年に再びCampovoloでのメガコンサート(安全のため11万人動員に限定して開催)を敢行し、映画化して劇場公開も成し遂げた。

「Questa e la mia vita(意:これが僕の人生)」(2002)

「Certe notti(いく晩)」(1995)

「Buonanotte all'Italia(おやすみ イタリア)」(2007)は、Mauro Pagani(マウロ・パガーニ)とCorrado Rustici(コッラド・ルスティチ)が一緒に客演するという夢の顔合わせ。日本公演には残念ながら、PaganiとRusticiは帯同しないが、同曲はぜひ披露して貰いたいところ。背後のスクリーンにイタリアの近現代に活躍したヒーローたちが次々に投影される演出が欠かせない同曲であるが、一般的な日本人には99%の人物は名前も顔もその功績も判らないので、盛り上がりに欠ける恐れもあるが・・・

※当サイトでのLigabueの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ligabue


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2015年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
【発売中】当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

Bell'Italia2015/7/11開催『みんなで歌おう イタリアンポップスPart3』@ベリタリア

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第8号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第8号

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第7号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第7号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第6号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第6号

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

Bell'Italia2015/7/11開催『みんなで歌おう イタリアンポップスPart3』@ベリタリア

Bell'Italia2015/6/27開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 10』@ベリタリア

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第8号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第8号

Bell'Italia2015/4/4開催『みんなで歌おう イタリアンポップスPart2』@ベリタリア

Bell'Italia2015/3/14開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 9』@ベリタリア

Bell'Italia2015/2/21開催『みんなで歌おう イタリアンポップス』@ベリタリア

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italia2015/1/24開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 8』@ベリタリア

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

Bell'Italia2014/11/8開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 6』@ベリタリア

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第7号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第7号

Bell'Italia2014/9/27開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 5』@ベリタリア

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第6号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第6号

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

Bell'Italia2014/6/28開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 4』@ベリタリア

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

Bell'Italia2014/4/26開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 2』@ベリタリア

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

Bell'Italia2014/2/22開催『百花繚乱!イタリア音楽』@ベリタリア

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

Bell'Italia『イタリアンポップス&フードを楽しむ夕べ』@ベリタリア

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


イタリア中部地震復興支援
Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

イタリア関連の出版物なら
シーライト パブリッシング

シーライト パブリッシング


SONY製品買うなら
ソニーストア
男性向け商品も充実!
セシール
  • ライブドアブログ