Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

来日情報

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

第115回イタリアPOPSフェスタ(2014年12月)レポート(2014年の来日/逝去アーティストたち)

第115回Festaは、16名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて12/13(土)に開催。参加者の内訳は男性4名 女性12名。

今回は、毎年恒例のNatale Festa/クリスマス・パーティとして開催。2014年をイタリア音楽の視点で振り返り、参加者持ち寄りのプレゼント交換会も行われた。

2014-12FESTA


まずは2014年の来日アーティストたち。本年はイタリアから非常にたくさんのアーティストが来日した画期的な年度となった。

ゴールデン・ウィークに開催されたイタリア映画祭2014で上映された『Una piccola impresa meridionale(邦題:南部のささやかな商売)』(2013)の映画監督&俳優としてゲスト来日したRocco Papaleo(ロッコ・パパレオ)。

rocco_papaleo_festival_cinema_tokyo

来日時記事:
http://piccola-radio-italia.com/archives/52127623.html


5月から10月に渡って行われたブルガリ イタリアンジャズ ラウンジ。計5組のアーティストの来日ステージが楽しめた。

第1弾はJoe Barbieri(ジョー・バルビエリ)で、5月1日@ブルガリ、5月2日@イタリア文化会館で公演。

Joe Barbieri

第2弾はMax Ionata & Dado Moroni(マックス・イオナータ & ダード・モローニ)。6月5日@ブルガリ、6月9日@イタリア文化会館で公演。

MaxIonata & DadoMoroni

第3弾はBerardi Jazz Connection Quintet(ベラルディ・ジャズ・コネクション・クインテット)。7月3日@ブルガリで公演。

Berardi Jazz Connection Quintet

第4弾はFabrizio Bosso(ファブリツィオ・ボッソ)。2014年春に結成したばかりのカルテット編成で、9月3日から8日にかけて、ブルガリ、熊本、東京Jazz、イタリア文化会館で公演。なおBossoは5月14日・15日にも、以前より活動していたトリオ編成の新譜を掲げて、Blue Note東京公演を行ったため、同年2回の来日公演を行った事になる。

Fabrizio Bosso

第5弾はSimona Molinari(シモーナ・モリナーリ)。10月7日・8日@ブルガリで公演。

Simona Molinari

来日情報:
http://piccola-radio-italia.com/archives/52123654.html

PFMことPremiata Forneria Marconi(プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ)は、5月30日@東京ドームシティホール、5月31日@渋谷duo music exchangeで来日公演。

PFM

Giovanni Allevi(ジョヴァンニ・アレヴィ)が、6月18日から27日にかけて、東京・静岡・京都・鹿児島・名古屋・大阪を廻るジャパン・ツアーを敢行。

Giovanni Allevi

8月、Alberto Pizzo(アルベルト・ピッツォ)が、愛媛と東京で公演。

Alberto Pizzo

Italian Surf Academy(イタリアン・サーフ・アカデミー)が、9月23日から26日にかけて、東京・金沢・大阪で公演。

ItalianSurfAcademy

Ludovico Einaudi(ルドヴィコ・エイナウディ)が10月15日、東京・日本青年館で公演。

Ludovico Einaudi

Renzo Rubino(レンツォ・ルビーノ)が10月23日〜25日、Fazioli東京、大阪・イタリア商工会議所、吉祥寺・Araiぴあっつで公演。

RenzoRubino

Chiara Civello(キァーラ・チヴェッロ/キアラ・シヴェロ)が、12月5日〜9日にかけて東京で3公演。

ChiaraCivello

Letizia Gambi(レティツィア・ガンビ)が、12月13日イタリア文化会館のクリスマス・パーティのゲストとしてステージを務めた。

Letizia Gambi

来日時インタビュー/公演レビュー記事掲載媒体:
http://musicavitaitalia.com/web/?p=315
http://musicavitaitalia.com/web/?p=442

来日時ヴィデオ・メッセージ掲載媒体:
http://musicavitaitalia.com/web/?p=336
http://musicavitaitalia.com/web/?p=469


そして残念なことに、2014年に生涯をとじた偉大なアーティストたち。

Francesco_Di_Giacomo

Banco(バンコ)ことBanco del Mutuo Soccorso(バンコ・デル・ムトゥオ・ソッコルソ/Sardegna州Siniscola生まれ・Roma育ち/1947-2014/66歳没)のヴォーカリスト、Francesco Di Giacomo(フランチェスコ・ディ・ジャコモ/)が2月21日に交通事故で他界。2ヶ月後の4月に控えていた来日公演も中止となり、既に第1弾チケット争奪戦を終えていた日本のファンは失意に暮れた。

Francesco Di Giacomo追悼Banco特集記事掲載媒体:
http://musicavitaitalia.com/web/?p=256

※当サイトでのBancoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Banco

Mango

Mango(マンゴ)ことPino Mango(ピーノ・マンゴ)、本名Giuseppe Mango(ジュゼッペ・マンゴ/Basilicata州Lagonegro生まれ/1954-2014/60歳没)が12月7日のコンサート終盤で楽曲「Oro」を歌っている途中、“Scusate...(意:みんな、ごめん・・・)”という言葉を残して倒れ、そのまま帰らぬ人へ。心臓麻痺が死因だった。

1999年のコンサートで「Oro」を歌うMango。

亡くなる前日、Roma公演で同曲を歌うMango。

亡くなった当日のコンサートで、同曲を演奏中に倒れるMango。

※当サイトでのMangoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mango


2015年の来日計画が進行中の案件もいくつか存在しているが、どれもまだ正式発表前のため、ここでは言及はしない。しかし2015年もビッグ・アーティストの夢の来日公演が実現することがあり得るということだけはお伝えしておく。

注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2014年に達する年齢で表記。

次回の定例FESTAは、1月10日(土)に開催。

【来日公演】Chiara Civello来日!

Chiara Civello - Canzoni

実力派イタリア人ジャズ歌手Chiara Civello(キァーラ・チヴェッロ/日本語表記:キアラ・シヴェロ/39歳/Roma出身)が、再び来日公演を行うこととなった!

18歳で渡米し、バークリー音楽大学で本格的に学び、2005年『ラスト・クォーター・ムーン(Last quarter moon)』で、アルバム・デビュー。アメリカの著名なジャズ・レーベル、ヴァーヴ・レコードからアルバム・デビューした初のイタリア人アーティストとなり、日本盤もリアルタイムに発売され、来日公演も果たしている。

※当サイトでのChiara Civelloの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Chiara_Civello

12月5日に在日イタリア商工会議所主催のガラ・パーティ(満席)出演のための来日であったが、一般の音楽ファン向けの公演&イヴェントの追加が発表となった。

出演者:
Chiara Civello(キアラ・チヴェッロ) / ヴォーカル、ピアノ、ギター
Alfonso Deidda(アルフォンソ・デイッダ) / サックス、フルート


【12/7 代官山・蔦屋書店2号館 2階 Anjinフロア】
日時:2014年12月7日(日)20:30開演(※予約者は19:30から入場可能)
入場料:無料(※Anjinでのご飲食オーダーが必要)
予約TEL:03-3770-1900(Anjin)
住所:東京都渋谷区猿楽町17-5
アクセス:東急東横線「代官山駅」より徒歩5分
詳細情報:http://tsite.jp/daikanyama/event/004500.html


【12/9 イタリア文化会館アニェッリ・ホール】
日時:2014年12月9日(火)18:30開演(18時開場)
場所:イタリア文化会館 アニェッリホール
住所:〒102-0074 東京都千代田区九段南2-1-30
アクセス:電車:東京メトロ東西線、半蔵門線、都営新宿線「九段下」駅下車徒歩10分
入場料:無料(要予約)
申し込み:件名を「12月9日コンサート」として、お名前、電話番号、参加人数を明記の上、メールにてeventi.iictokyo@esteri.itまでお申し込みください。
お問い合せ:イタリア文化会館/Tel. 03-3264-6011(内線13, 29)
詳細情報:http://www.iictokyo.esteri.it/IIC_Tokyo/webform/SchedaEvento.aspx?id=638&citta=Tokyo


今回の一般公演は、2014年リリースのNewアルバム『Canzoni』をメインに行われるが、同アルバムは1960年代から現在までイタリアが放った世界的なヒット曲や名曲を中心にしたカヴァー・アルバムなので、ジャズ・ファンだけでなく、全てのイタリア音楽ファンにお奨め。

Sergio Endrigo(セルジョ・エンドリゴ)の「Io che amo solo te(邦題:君だけを愛して)。ブラジルのシコ・ブアルキとのデュエット。

Pino Donaggio(ピーノ・ドナッジョ)の「Io che non vivo senza te(邦題:この胸のときめきを)」(エルヴィス・プレスリーが英語でカヴァーして世界的ヒット曲となった)を、ブラジルのジルベルト・ジルとデュエット。

Jimmy Fontana(ジミー・フォンタナ)の「Il mondo(邦題:世界)」をしっとりとカヴァー。

※当サイトでのChiara Civelloの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Chiara_Civello

第114回イタリアPOPSフェスタ(2014年11月)レポート(その2/Chiara Civello)

第2部

再来日公演が近づいたChiara Civello(キァーラ・チヴェッロ/39歳/Roma出身)。12月5日に在日イタリア商工会議所主催のガラ・パーティ出演が決まっており、現時点では具体的な情報が未発表だが、12/7、12/9に無料ライヴが見られるチャンスが計画されている。

Chiara Civello - Last Quarter Moon

2005年のデビューアルバム『ラスト・クォーター・ムーン(Last quarter moon)』は日本盤(キアラ・シヴェロ表記)もリアルタイムに発売され、来日公演も果たしている。収録曲の過半数が英語曲であったが、数少ないイタリア語曲の中から2006年のジャズ・フェスで披露した「オラ(Ora・意:今)」。

Chiara Civello - The Space Between

2ndアルバム『The Space Between』(2007)から「Un passo dopo l'altro(意:さらなる1歩)」。最近のギターの弾き語り映像から。

Chiara Civello - 7752

Chiara Civello - 7752DX

3rdアルバム『7752』(2010)から、「Resta(意:留まる)」は、ブラジルのシンガー・ソングライターAna Carolinaと共演して話題となった。

Chiara Civello - Al posto del mondo

4thアルバム『Al posto del mondo(意:世界の場所で)』(2012)からアルバムタイトル曲であり、同年のサンレモ音楽祭の出場曲でもある「Al posto del mondo」。

同アルバムに収録された「Problemi(意:問題)」は、後日、他の歌手にポルトガル語でカヴァーされてブラジルでヒット曲となっている。本人のPVはハリウッドロケ。

Chiara Civello - Canzoni

5thアルバム『Canzoni(意:歌)』はカヴァーアルバムとなり、主にイタリア語曲を1960年代から2000年代に渡って幅広く選び、意外なアレンジで再現しており、ブラジルのジルベルト・ジルやシコ・ブアルキといった大御所と共演した曲も収録している。

Jimmy Fontana(ジミー・フォンタナ)の名曲「Il mondo(意:世界)」をキァーラがカヴァーするとこうなる。

「この胸のときめきを(Io che non vivo senza te)」はPino Donaggio(ピーノ・ドナッジォ)が書いて歌った世界的な名曲。米のエルヴィス・プレスリーが英語でカヴァーして大ヒットした「この胸のときめきを(You don't have to say you love me)」の原曲だ。

キァーラはブラジルの英雄的歌手Gilberto Gil(ジルベルト・ジル)との共演でカヴァーしてみせた。

※当サイトでのChiara Civelloの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Chiara_Civello


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2014年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)

【追加公演/満席】若手の最注目株レンツォ・ルビノ初来日!

Renzo Rubino - Secondo Rubino

2013年サンレモ音楽祭新人部門で麗しい自作曲「Il postino [amami uomo](意:郵便配達人 [男よ我を愛せ])」をピアノの弾き語り&テノール歌手との共演で披露して大注目を集め、栄誉あるミア・マルティーニ賞(批評家賞)に輝く。翌2014年サンレモ音楽祭ではベテランたちに交じった中で総合第3位に輝く大躍進を遂げて、大御所たちに迫る人気と実力を兼ね備えた風格が漂い始めているがまだ26歳。

この若さにして将来を担う才能の持ち主の生演奏をリアルタイムで日本で堪能できるチャンスが今回、突然わき起こった!
どれもが、限定僅か数10席というシークレット・ギグなみの貴重な機会。これを逃したらもう、日本で彼のステージを拝める機会はないかもしれないぐらいの一期一会のチャンスになることは必至!

本人からコンサートへかける想いをヴィデオメッセージも届いた!


【10/25追加公演決定!/限定30席】→満席になりました。
日時:2014年10月25日(土)19:00開演(18:30開場)
場所:Araiぴあっつぁスタジオ 日本カンツォーネ友の会
住所:〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-9-5-102
TEL:0422-48-7957
アクセス:JR吉祥寺駅より徒歩2分

入場料:3,000円(税込)
席数:限定30席(要・予約)
主催:荒井基裕カンツォーネ研究所、New Age Productions
お申込み&お問い合わせ: Piccola RADIO-ITALIAメール・フォームまで


【10/23 ファツィオリ・ショールーム/限定50席】
日時:2014年10月23日(木)19:30開演(19時開場)
場所:ファツィオリ・ショールーム
住所:〒105-0023 東京都港区芝浦1-13-10 1F
アクセス:JR田町駅より徒歩6分/都営三田駅より徒歩8分
image_map

チケット:一般 4,000円(イタリア商工会議所会員は3,000円)Rubino_flyer_Oct
      グラスワイン付き
席数:限定50席
主催:在日イタリア商工会議所
申し込み:http://goo.gl/KGYcFF お問い合わせ: iccj@iccj.or.jp 03-6809-5802

Renzo Rubino-Poppins

イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
【発売中】当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第7号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第7号

cronaca142日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第6号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第6号

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

Bell'Italia11/8開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 6』@ベリタリア
講師を務めました。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第7号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第7号

cronaca142日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italia9/27開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 5』@ベリタリア
講師を務めました。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第6号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第6号

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
講師を務めました。

Bell'Italia6/28開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 4』@ベリタリア
講師を務めました。

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

Bell'Italia4/26開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 2』@ベリタリア
講師を務めました。

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

Bell'Italia2/22開催『百花繚乱!イタリア音楽』@ベリタリア
講師を務めました。

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

Bell'Italia『イタリアンポップス&フードを楽しむ夕べ』@ベリタリア
講師を務めました。

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


イタリア中部地震復興支援
Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

イタリア関連の出版物なら
シーライト パブリッシング

シーライト パブリッシング


SONY製品買うなら
ソニーストア
男性向け商品も充実!
セシール
  • ライブドアブログ