Piccola RADIO-ITALIA

〜イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本に作りたい〜
Gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone!!

イタリアPOPS

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアン・ポップスを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい
という趣旨で、2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアン・ポップス鑑賞会を開催しております。
このサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアン・ポップス(イタリアPOPS)を紹介しております。
FESTA会場で流した音楽や映像には、Web上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

公式facebookページ (facebook ufficiale)
http://www.facebook.com/PiccolaRadioItalia

Ecco il gruppo per diffondere la musica pop italiana in Giappone,
e speriamo di creare la circostanza in cui si divertono la musica pop italiana in Giappone
Diamo la festa musicale ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.
Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

2/21開催『みんなで歌おう イタリアンポップス』@ベリタリア

東京・べリタリア イタリア語・文化教室に於いて、イタリアン・ポップスを歌う新コーナー、開催決定!

BellItalia-Karaoke2015

イタリアの現代ポップスは、ノリがいいもの、ドラマティックなものなど日本人好みの作品の宝庫!イタリアではあらゆる世代の人が一緒に歌える作品も多いので、これらを覚えておけば、あなたの世界を一層広げてくれます。

『イタリアの歌はあまり知らないし、カラオケで歌うなんてできない・・・』と心配する必要はありません。参加者全員で、原曲を聴き、講師が歌の世界観などを日本語で補足説明し、原曲に重ねて歌ってみて、最後に皆でカラオケで歌って楽しみましょう。参加者のイタリア語力は問いませんが、イタリア語を勉強している人には、イタリアの現代ポップスが、いかにイタリア語教材に適しているかも実感して頂けるでしょう。(※当サイトのYoshioAntonioが講師を務めます)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア』各号もBell'Italiaの1F受付で優待価格でお求めいただけます。

MusicaVita1-7tw

東京・南青山でイタリアの香りを醸し出し続けて20周年を迎えた『ベリタリア イタリア語・文化教室』の素敵なサロンでの開催。

BellItalia2014-09

Bell'Italia

Bell'Italia【詳細】
開催日:2015年2月21日(土)
時間:17:30−19:00
会場:ベリタリア イタリア語・文化教室
所在地:〒107-0062 東京都港区南青山3-16-1
電話:03-3404-6116
最寄駅:地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」A4番出口
参加費:2,000円 (入会金不要)


大きな地図で見る

お申込みはベリタリアまで
電話:03-3404-6116
お申込みフォーム: http://www.bellavita.co.jp/bellitalia/document-request

第65回サンレモ音楽祭2015年 / 65°Festival della Canzone Italiana di Sanremo 2015

Sanremo 2015

イタリア音楽界を今もなお牽引し続けているサンレモ音楽祭が2015年2月10日〜14日(5日間)開催された。
※詳細記事はイタリア音楽専門誌『ムジカヴィータ・イタリア』第8号(2015年3月末発売予定)に掲載。

【大賞部門】
■優勝:Grande amore(意:偉大な愛)
(Francesco Boccia, Ciro Esposito)
イル・ヴォーロ(Il Volo)
指揮:カロリーナ・ブッビコ(Carolina Bubbico)

Il Volo vincitori

■2位:Fatti avanti amore(意:愛を先に進めろ)
(Filippo Neviani, Luca Chiaravalli, Andrea Bonomo, Luigi Fazio)
ネック(Nek)
指揮:ルカ・キァラヴァッリ(Luca Chiaravalli)

Nek

■3位:Adesso e qui [nostalgico presente](意:今そしてここ [郷愁の現在])
(Malika Ayane, Gino De Crescenzo, Alessandra Flora, Giovanni Caccamo)
マリカ・アヤン(Malika Ayane)
指揮:ダニエレ・パルツィアーニ(Daniele Parziani)

Malika Ayane

■4位:Una finestra tra le stelle(意:星の間の窓)
(Francesco Silvestre)
アンナリーザ(Annalisa)
指揮:ディエゴ・カルヴェッティ(Diego Calvetti)

■5位:Straordinario(意:並はずれた)
(Ermal Meta, Gianni Pollex)
キアラ(Chiara)
指揮:ロベルト・ロッシ(Roberto Rossi)

■6位:Che giorno e`(意:なんて日だ)
(Federica Camba, Daniele Coro, Marco Masini)
マルコ・マジーニ(Marco Masini)
指揮:ロベルト・ロッシ(Roberto Rossi)

■7位:Il mondo esplode tranne noi(意:僕らを除いて世界は爆発する)
(Piero Romitelli, Davide Simonetta)
ディアー・ジャック(Dear Jack)
指揮:ピーノ・ペッリス(Pino Perris)

■8位:Sogni infranti(意:破れた夢)
(Gianluca Grignani)
ジャンルカ・グリニャーニ(Gianluca Grignani)
指揮:アドリアーノ・ペンニーノ(Adriano Pennino)

■9位:Sola(意:独り)
(Maria Chiara Fraschetta)
ニーナ・ジッリ(Nina Zilli)
指揮:マウロ・パガーニ(Mauro Pagani)

■10位:Siamo uguali(意:僕らは似ている)
(Lorenzo Fragola, Federico Leonardo Lucia, Fausto Cogliati)
ロレンツォ・フラーゴラ(Lorenzo Fragola)
指揮:ルーチョ・ファッブリ(Lucio Fabbri)

■11位:Un attimo importante(意:重要な一瞬)
(Alex Britti)
アレックス・ブリッティ(Alex Britti)
指揮:アドリアーノ・ペンニーノ(Adriano Pennino)

■12位:Un vento senza nome(意:名の無い風)
(Irene Grandi, Saverio Lanza)
イレーネ・グランディ(Irene Grandi)
指揮:サヴェリオ・ランツァ(Saverio Lanza)

■13位:Buona fortuna amore(意:愛に幸運を)
(Francesco Tarducci, Orazio Grillo)
ネスリー(Nesli)
指揮:ウンベルト・イェルヴォリーノ(Umberto Iervolino)

■14位:Il solo al mondo(意:世界で唯一の人)
(Francesco Silvestre)
ビアンカ・アッゼイ(Bianca Atzei)
指揮:ディエゴ・カルヴェッティ(Diego Calvetti)

■15位:Oggi ti parlo cosi`(意:今日僕はこのように話す)
(Moreno Donadoni, Roberto Casalino, Massimiliano Dagani, Alessandro Erba, Marco Zangirolami, Oscar Perticoni)
モレーノ(Moreno)
指揮:ペッペ・ヴェッシッキョ(Peppe Vessicchio)

■16位:Io sono una finestra(意:私は窓)
(Grazia Di Michele, Raffaele Petrangeli)
グラツィア・ディ・ミケーレ・エ・マウロ・コルッツィ(Grazia Di Michele e Mauro Coruzzi)
指揮:ルーチョ・ファッブリ(Lucio Fabbri)

■17位/選外:Libera(意:自由な)
(Francesco Silvestre, Enrico Palmosi)
アンナ・タタンジェロ(Anna Tatangelo)
指揮:アドリアーノ・ペンニーノ(Adriano Pennino)

■18位/選外:Voce(意:声)
(Lara Fabian, Fio Zanotti, Cristiano Cremonini)
ララ・ファビアン(Lara Fabian)
指揮:フィオ・ザノッティ(Fio Zanotti)

■19位/選外:Come una favola(意:おとぎ話のように)
(Raffaele Riefoli, Saverio Grandi, Emiliano Cecere)
ラフ(Raf)
指揮:ヴァレリアーノ・キャラヴァッレ(Valeriano Chiaravalle)

■20位/選外:Vita d'inferno(意:苦しみの人生)
(Fabrizio Biggio, Francesco Mandelli, Martino Ferro)
ビッジョ・エ・マンデッリ(Biggio e Mandelli)
指揮:ロイ・パーチ (Roy Paci)


【新人部門(Giovani)】

sanremo-2015-giovani-nuove-proposte

■優勝:Ritornero` da te(意:僕は君のもとにまた戻るよ)
(Giovanni Caccamo)
ジョヴァンニ・カッカモ(Giovanni Caccamo)
指揮:ダニエレ・パルツィアーニ(Daniele Parziani)

Giovanni Caccamo vincitore nuove proposte

■2位:Elisa(エリーザ)
(Matteo Gabbianelli)
クッツォ(KuTso)
指揮:アドリアーノ・ペンニーノ(Adriano Pennino)

KuTso

■3位:Qualcosa da decidere(意:決めるべきなにか)
(Enrico Nigiotti, Samuel Galvagno)
エンリコ・ニジョッティ(Enrico Nigiotti)
指揮:ウンベルト・イェルヴォリーノ(Umberto Iervolino)

Credo(意:私は信じる)
(Erika Mineo, Salvatore Mineo)
アマラ(Amara)
指揮:アンジェロ・アヴァレッロ(Angelo Avarello)

■4位:
Ritornerai(意:あなたは戻って来るわ)
(Chantal Saroldi, Andrea Bonomo e Manuela Speroni)
シャンティ(Chanty)
指揮:ペッペ・ヴェッシッキョ(Peppe Vessicchio)

Oltre il giardino(意:庭の向こうに)
(Gabriele Rosciglione)
カリーゴラ(Kaligola)
指揮:ジョルジョ・ロッシリョーネ(Giorgio Rosciglione)

Io non lo so cos'e` l'amore(意:愛とは何か私は知らない)
(Bungaro, Cesare Chiodo e Giacomo Runco)
ラケーレ(Rakele)
指揮:ペッペ・ヴェッシキョ(Peppe Vessicchio)

Galleggiare(意:浮かぶ)
(Serena Brancale)
セレーナ・ブランカーレ(Serena Brancale)
指揮:カロリーナ・ブッビコ(Carolina Bubbico)


【カヴァー/第3夜】

■優勝:ネック/束の間に燃えつきて(Se telefonando)
※ミーナの1966年ヒット曲/モリコーネ作曲

Nek Vincitore Cover

■2位:イル・ヴォーロ/アンコーラ(Ancora)
※エドゥアルド・デ・クレシェンツォのサンレモ1981出場曲)

■3位:マルコ・マジーニ/Sara per te
※フランチェスコ・ヌーティのサンレモ1988出場曲

■4位:モレーノ/涙の愛撫(Una carezza in un pugno)
※アドリアーノ・チェレンターノの1968年ヒット曲/「紺碧(Azzurro)のB面」

■5位:ディアー・ジャック/ただ君のみを...(Io che amo solo te)
※セルジョ・エンドリゴの1962年ヒット曲

[選外]
ラフ/紅ばらを君に(Rose rosse)
※マッシモ・ラニエリの1968年のヒット曲

イレーネ・グランディ/もし許すなら(Se perdo te)
※パッティ・プラヴォの1967年ヒット曲/英語曲「タイム・ハズ・カム」のカヴァー

アンナ・タタンジェロ/愛は限りなく(Dio come ti amo)
※ドメニコ・モドゥーニョ、ジリオラ・チンクェッティのサンレモ1966優勝曲

ビッジョ・エ・マンデッリ/E la vita, la vita
※コッキ・エ・レナートの1974年ヒット曲

キアラ/愛の面影(Il volto della vita)
※カテリーナ・カゼッリの1968年ヒット曲/英語曲「パーリー・スペンサーの日々」のカヴァー

ネスリー/Mare mare
※ルカ・カルボーニのフェスティヴァルバール1992優勝曲

グラツィア・ディ・ミケーレ・エ・マウロ・コルッツィ/Alghero
※ジュニ・ルッソの1986年ヒット曲
※マウロ・コルッツィはもうひとつのキャラPlatinette/プラティネットのルックスで出演

ビアンカ・アッゼイ/チャオ・アモーレ・チャオ(Ciao amore ciao)
※ルイジ・テンコのサンレモ1967出場曲&遺作

アレックス・ブリッティ/ここにたたずんで(Io mi fermo qui)
※ディク・ディクのサンレモ1970出場曲

ロレンツォ・フラーゴラ/Una citta per cantare
※ロンの1980年ヒット曲/英語曲「ザ・ロード」のカヴァー

アンナリーザ/失われた島(Ti sento)
※マティア・バザールの1985年ヒット曲

ララ・ファビアン/Sto Male
※オルネラ・ヴァノーニの1973年発表曲/仏語曲「灰色の途(病の果てに)」のカヴァー

ジャンルカ・グリニャーニ/ヴェドライ・ヴェドライ(Vedrai vedrai)
※ルイジ・テンコの1965年発表曲

ニーナ・ジッリ/街が燃えたなら(Se bruciasse la citta)
※マッシモ・ラニエリの1969年ヒット曲

マリカ・アヤン/Vivere
※ヴァスコ・ロッシの1993年発表曲


【副賞】

■ミア・マルティーニ賞/批評家賞:Adesso e qui [nostalgico presente]/マリカ・アヤン

■最優秀アレンジ賞:Fatti avanti amore/ネック

■ルーチョ・ダッラ賞/記者クラブ賞:Fatti avanti amore/ネック

■ルネツィア賞/最優秀作詞賞:Io sono una finestra/グラツィア・ディ・ミケーレ・エ・マウロ・コルッツィ

Grazia Di Michele e Mauro Coruzzi

■ミア・マルティーニ賞/批評家賞[新人部門]:Ritornero da te/ジョヴァンニ・カッカモ

■音楽達人賞[新人部門]:Elisa/クッツォ

■エマヌエレ・ルッツァーティ賞[新人部門]:Ritornero da te/ジョヴァンニ・カッカモ

■ルーチョ・ダッラ賞/記者クラブ賞[新人部門]:Ritornero da te/ジョヴァンニ・カッカモ

■セルジョ・バルドッティ賞/最優秀作詞賞[新人部門]:Oltre il giardino/カリーゴラ

Kaligola Premio Sergio Bardotti

【来日公演】リガブエ/リガブーエ 2015年2月

LigabueTokyo2015-2

現代イタリア音楽界の最高峰Ligabue(リガブエ/リガブーエ)が、ついに初来日!

直近のアルバム2作が連続で年間ベストセラーに輝く、現代イタリア最高峰のロックスターであると同時に、アコースティック・サウンドでも聴かせるカンタウトーレであり、映画監督でもある。イタリア音楽ツウやプログレ・ファンの間で著名なMauro Pagani(マウロ・パガーニ)とCorrado Rustici(コッラド・ルスティチ)が協力してサポートするアーティストとしても特異な存在だ。

10数万人の観客動員数(ヨーロッパ最高記録)を持つスーパースターのステージが、今回の日本公演では300人キャパのライヴハウスで行われる。これは本国のファンが嫉妬するほど贅沢なシチュエーションで、ここ10数年のイタリア人アーティストの来日公演のなかで、1番2番を争う歴史的な公演となることは間違いないだろう。チケット争奪戦となるのは必至。お見逃しなく。


【東京公演】
日時:2015年2月3日(火)19:00開場 20:00開演
チケット:6,500円
場所:高田馬場CLUB PHASE
最寄駅:高田馬場(JR山手線・西武新宿線・東京メトロ東西線)
地図: http://www.club-phase.com/contents/access.html
住所:〒171-0033 東京都豊島区高田3-8-5セントラル・ワセダ1F事務所103
TEL:03-5911-2777(受付時間:15:00-22:00)
チケット先行発売:https://ticketpay.jp/booking/?event_id=741(SoldOut/完売)
チケット販売開始:2015年1月3日午前10時よりhttp://www.diskgarage.com/ticket/detail/no069944



公式チラシ(本記事の上部に掲載)の右下に当サイトPiccola RADIO-ITALIAのロゴが掲載されました!

※当サイトでのLigabueの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ligabue

【略歴】
1960年3月13日エミリア・ロマーニャ州コッレッジョ生まれ(55歳/2015年)。ファンの間ではシンプルにリガ(Liga)と呼ばれる。

レジスタンス活動で名を馳せたエミリアの英雄マルチェッロ・リガブエの孫で、商学を修了した後、様々な職業を転々としていたが、1986年(26歳)、アマチュアバンド、オラゼロ(Orazero)を結成、1988年にデビュー・シングルを発表し、地元のコンテストで優勝する。ベテラン・カンタウトーレ、ピエランジェロ・ベルトリに見出される。

1990年、ようやく30歳にしてソロ・デビュー。同年のフェスティヴァルバールで赤丸急上昇アーティストとして表彰される。1991年の2ndアルバムもヒットするも、3rdアルバムと4thアルバムが不振で大きな危機を迎える。1995年の5thアルバムは、アメリカン・ロック・サウンドの中でイタリア語詞で歌うスタイルを打ち出して成功。現代のイタリアン・ロックのシンボルとなった。

1998年には初めての映画監督を務め、『ラジオフレッチャ(Radiofreccia)』を制作(日本でもイタリア映画祭2001で上映)。

1999年の6thアルバムでは、アレンジや歌詞面で進化を遂げる。2002年の7thアルバムはさらに大きなセールスを得て、フェスティヴァルバール優勝など各賞を独占。

2003年の2作目となるライヴ盤では、マウロ・パガーニらを迎えたセミ・アコーステックのステージを披露。観客&批評家に絶賛される傑作となり、年間最優秀アルバムとして大統領の名を冠したチャンピ賞を受賞。

2005年は大躍進を遂げ、名実ともにイタリアのトップスターとなる。まずはエミリア州の飛行場カンポヴォーロにて、デビュー15周年を記念した歴史的記録に残る大規模な野外ライヴを敢行。18万人(うち、16万5千人がチケット購入者)の観客を動員し、ソロアーティストの有料ライヴとしては、ヨーロッパ記録を樹立。同年の8thスタジオアルバムで再びフェスティヴァルバールで優勝。2006年には同アルバムを掲げた大規模ツアーを実施。同年エリーザに「Gli ostacoli del cuore(意:心の中の障壁)」を書き下ろしてデュエット。エリーザの代表曲のひとつとなる大ヒットを記録。同年、2度目のチャンピ賞を受賞。

2007年、自身初のベストアルバムを、翌2008年にはその第2弾をリリース。この頃からコッラド・ルスティチ(元チェルヴェッロ)がプロデュースやギタリストとして参加し始める。

由緒あるアレーナ・ディ・ヴェローナ公演で行った2009年のコンサートを収録したライヴアルバムを挟んで、デビュー20周年となる2010年に満を期して発売したアルバム『Arrivederci, mostro!』は、年間ベストアルバムとなっただけでなく、翌2011年も年間チャート15位に残るロングセールスも記録した。

2011年に再びカンポヴォーロでの大規模野外コンサートを実施。2005年時の混乱や危険を回避するため、11万人限定にして敢行。同コンサートは、同年暮れに3D映画として公開された。

2013年11月には待望のスタジオアルバム最新作『Mondovisione』をリリース。2013年中では僅か1ヶ月強の販売期間にも関わらず、またしても年間ベストセラー・アルバムに輝き、スタジオ・アルバムが2作連続で年間ベスト・セラーに輝く記録となった。同アルバムのタイトルが“世界展望/世界視点”という意味であるように、世界の様々な景色をアルバム内のブックレットに収められており、中には日本のシーンも複数掲載されている。そしてそのコンセプト通り、初めてヨーロッパの外でも公演する本格的なワールド・ツアーを開始。こうして初めての日本公演も実現することとなった。

【ディスコグラフィ】
1990 - Ligabue
1991 - Lambrusco coltelli rose & pop corn
1993 - Sopravvissuti e sopravviventi
1994 - A che ora e la fine del mondo?
1995 - Buon compleanno Elvis
1997 - Su e giu` da un palco(ライヴ)
1998 - Radiofreccia(映画サントラ)
1999 - Miss Mondo
2002 - Fuori come va?
2003 - Giro d'Italia(ライヴ)
2005 - Nome e cognome
2007 - Primo tempo(ベスト)
2008 - Secondo tempo(ベスト)
2009 - Sette notti in Arena(ライヴ)
2010 - Arrivederci, mostro!
2011 - Campovolo 2.011(ライヴ)
2013 - Mondovisione

※略歴はイタリア音楽専門誌『ムジカヴィータ・イタリア』第4号より抜粋。

1/24開催 音楽セミナー『百花繚乱!イタリア音楽 Part 8』@ベリタリア

アペリテイーヴォスタイルのイタリア音楽セミナー【イタリアンポップスセミナー&フェスタ 百花繚乱】、好評につき第8弾開催!来日直前Ligabueや新旧の話題からイタリア音楽のエッセンスを音と映像に解説を添えてお楽しみいただけます。(※当サイトのYoshioAntonioが講師を務めます)

BellItalia-Lezione

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア』各号もBell'Italiaの1F受付で優待価格でお求めいただけます。

MusicaVita1-7tw

東京・南青山でイタリアの香りを醸し出し続けて20周年を迎えた『ベリタリア イタリア語・文化教室』の素敵なサロンにて、2人のイタリア女性(PatriziaとGiovanna)が腕を振るった軽食&ドリンクを味わいながら楽しめます。

BellItalia2014-09

※第1弾の様子:http://ameblo.jp/bellitalia/entry-11709613994.html
※第2弾の様子:http://ameblo.jp/bellitalia/entry-11786260906.html
※第3弾の様子:http://goo.gl/KBlsLu
※第4弾の様子:http://www.bellavita.co.jp/archives/7313
※第5弾の様子:http://www.bellavita.co.jp/archives/7313
※第6弾の様子:http://piccola-radio-italia.com/archives/52152557.html

音楽の国イタリアでは、ポップスはクラシックと同等の評価を得る芸術です。しかし日本ではイタリアのポップスがマスメディアから流れる事が少なく、情報も少ないため、残念ながら多くの方がその魅力に触れる機会を逸しています。

こうした日本人に知られざるイタリアン・ポップスの魅力を、音と映像でご紹介いたします。貴重な音源・映像・ネタも満載! イタリアン・ポップス初心者の方も、熱烈なファンの方も、共に楽しめるイヴェントです。ぜひこの機会に体験してみてください。※日本語で解説しますので、受講者のイタリア語力は問いません。

Bell'Italia

Bell'Italia【詳細】
開催日:2015年1月24日(土)
時間:17:30−19:30
会場:ベリタリア イタリア語・文化教室
所在地:〒107-0062 東京都港区南青山3-16-1
電話:03-3404-6116
最寄駅:地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」A4番出口
参加費:3,500円※ドリンク&軽食付
(キャンセルは3日前までとなります。)


大きな地図で見る

お申込みはベリタリアまで
電話:03-3404-6116
お申込みフォーム: http://www.bellavita.co.jp/bellitalia/document-request

イタリア音楽専門誌
『MusicaVitaItalia』
「いいね!」ボタンをクリック!
【発売中】当サイト協力 / [In vendita]Opere della edizione giapponese a cui abbiamo collaborati

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第7号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第7号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第6号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第6号

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】小さな村の物語イタリア 音楽集(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年3月発売】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

Piccola RADIO-ITALIA
facebookページ
「いいね!」ボタンをクリック!
ご案内/Guida
2005年4月より毎月1回、通称“FESTA(フェスタ)”と呼ばれるイタリアPOPS鑑賞会を開催しております。
このWebサイトでは、そのFESTAのレポートを中心に、イタリアPOPS(イタリアン・ポップス)を紹介しております。

FESTA会場で流した音楽や映像には、Webサイト上ではご紹介できないのが多々あります。ぜひFESTA会場にお越しください。

記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、記事を書いた年度に達する年齢で表記しています。

Diamo la festa mensile ogni mese da Aprile 2005, dove mettiamo la musica pop italiana.
Qua sul nostro sito, inseriamo dei rapporti sulla ogni festa.

Ci sono tante musiche che non si può mettere nel sito,quindi partecipate alla nostra festa pure!

L'età degli artisti non è reale, ma anni che compiranno nel anno in cui gli articoli si scrivono.

♪プロフィール
 Profilo

Piccola RADIO-ITALIA

京都のCristinaと東京のYoshioAntonioによるプロジェクト。

イタリアの家庭でラジオをつけるがごとく、イタリアPOPSを簡単に聴ける環境を日本にも作りたい、という目標が込められた名前です。

Cristina da Kyoto e Yoshio Antonio da Tokio, vorremmo creare la circostanza in cui si può ascoltarla più facilmente anche qua in Giappone. Sperando questo motivo, il progetto si chiama "Piccola RADIO-ITALIA".

メッセージはこちらから       messaggio a noi

facebook di YoshioAntonio
livedoor プロフィール

記事検索 / Cerca nel blog
♪月刊アーカイヴ
Archivi
アーティスト名索引
Indice dell'artisti

A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z  #

Lista dei dischi
当サイト協力 /
Lavori che abbiamo collaborato

Bell'Italia2015/2/21開催『みんなで歌おう イタリアンポップス』@ベリタリア

Ligabue a Tokyo2015/2/3 Ligabue来日公演

cronaca日伊協会会報『CRONACA』
コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』連載中。

Bell'Italia2015/1/24開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 8』@ベリタリア

決定盤!永遠のシャンソンコレクション『決定盤!永遠のシャンソンコレクション』(CD5枚組/日本盤)

Bell'Italia2014/11/8開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 6』@ベリタリア

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第7号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第7号

Bell'Italia2014/9/27開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 5』@ベリタリア

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第6号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第6号

第2回「イタリアン・ポップス・セミナー 」@日伊協会
2014/7/26開催 第2回『イタリアン・ポップス・セミナー 』@日伊協会

Bell'Italia2014/6/28開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 4』@ベリタリア

『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』
【2014年5月14日発売】『紀元2010年 - PFMとアンドレの新たな旅(A.D.2010 - La Buona Novella)』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』
【2014年5月14日発売】PFM/『アンドレの詩(PFM canta De Andre')』(CD)
対訳を監修いたしました!

PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』
【2014年2月19日発売】PFM/『イン・クラシック〜モーツアルトからの祭典(PFM in classic | Da Mozart a Celebration)』(2CD)
対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第5号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第5号

Bell'Italia2014/4/26開催『百花繚乱!イタリア音楽 Part 2』@ベリタリア

シーライトパブリッシング
月例コラム『イタリアPOPSのススメ』

Bell'Italia2014/2/22開催『百花繚乱!イタリア音楽』@ベリタリア

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第4号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第4号

Bell'Italia『イタリアンポップス&フードを楽しむ夕べ』@ベリタリア

ミュージックラウンドアバウトFM戸塚『ミュージックラウンドアバウト』
雑誌『MusicaVita Italia』特集2013/10/31放送

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第3号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第3号

文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
文化セミナー『イタリアンポップスのすべて』@公益財団法人 日伊協会
講師を務めました。

公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
公益財団法人 日伊協会会報クロナカ138号
巻頭特集『豊穣なるイタリアン・ポップスの世界』執筆

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』第2号イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』第2号

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『ジリオラ・チンクェッティ/パーフェクト・ベスト』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『永遠のイタリア音楽全集』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『永遠のイタリア音楽全集』
歌詞対訳を監修いたしました!

CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』(2013)
【2013年6月26日発売】CD『サンレモ音楽祭ベスト!〜素晴らしきカンツォーネの世界』
歌詞対訳を監修いたしました!

「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
【2013年5月22日発売】「小さな村の物語イタリア 音楽集」(市販版/別選曲)
歌詞対訳を監修いたしました!

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(MusicaVita Italia)』イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア(Musicavita Italia)』
編集長に就任!

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
【2013年2月末発売予定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX第2弾
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』
2012/6/29開催 - Attico 初夏の『イタリアン・パーティー』でDJ&VJを務めました!

2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/6/24開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)でナヴィゲーターを務めました!

ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
【2012年7月5日発売】ジリオラ・チンクェッティ / シングル・コレクション
歌詞対訳を監修いたしました!

2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)
2012/5/27開催『イタリア音楽&イタリアンブランチ』(於:アッティコ)で講師を務めました!

『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2012』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

★秋のイタリア収穫祭★東京ガス
★秋のイタリア収穫祭★東京ガスで音楽コーナーを務めました!

逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
【2011年10月1日発売】逢いびき〜魅惑のイタリアン・ポップス BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」音楽編(通販限定)
歌詞対訳を監修いたしました!

シーライト パブリッシング
『イタリアPOPSのススメ』連載コラム@シーライト パブリッシング

『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館
『イタリアブックフェア2011』@イタリア文化会館でイベント『イタリアPOPSスペシャル』を担当しました!

NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集
NHK-BShi『Amazing Voice 驚異の歌声』Mina特集で資料映像協力しました

ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
【通販限定】ジリオラ・チンクェッティ紙ジャケBOX
歌詞対訳を監修いたしました!

世界の音楽情報誌Latina
Claudio Baglioniインタビュー
取材協力いたしました!


【通販限定】VIVA SANREMO! Canzone Collection ビバ サンレモ!〜カンツォーネ・コレクション(CD4枚組/日本盤)
歌詞対訳を監修いたしました!

user_p
「イタリアン・ポップ・ミュージック 50年の変遷」@PolyCultureClubTokyo

header_logo
シカゴピザ公式サイトでのイタリア音楽コラム執筆(分社化により現在は該当サイト消滅)

Tra te e mare(海のように)/Laura pausini
Tra te e mare(海のように)/Laura pausini(ラウラ・パウジーニ)
ライナーノーツを担当いたしました!

Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
Storie di tutti i giorni(過ぎ行く日々の物語)/Riccardo Fogli(リッカルド・フォッリ)
シングル盤リリース時に歌詞注釈を担当いたしました!

operaprima
Opera prima(オペラ・プリマ)/Pooh(プー)
日本盤初リリース時にコラム記事を執筆いたしました!

♪当サイトは携帯からもアクセス可能です!
QRコード
♪最新コメント
CommentiRecenti
イタリア情報Webマガジン
GEKKAN

ダンテ・アリギエーリ協会東京支部『イタリア語の世界』イタリア情報WebマガジンGEKKAN

当サイトのリンク用ロゴ
Logotipo al sito

Piccola_RADIO-ITALIA


イタリア中部地震復興支援
Amazonイタリア
日本のAmazonとシステムは同じ。同様の設定でスグ買えます!
AmazonJapanでも
イタリアのCD/DVD
入手可能
HMVでも
イタリアのCD・DVD
入手可能!
楽天市場
楽天で探す
楽天市場
最新の音楽をダウンロード。音楽配信サイト
music.jp
東京・神保町で
イタリアPOPSが買える
(通販可)

イタリアものCDショップならTACTO

イタリア関連の出版物なら
シーライト パブリッシング

シーライト パブリッシング


SONY製品買うなら
ソニーストア
男性向け商品も充実!
セシール
  • ライブドアブログ