公益財団法人 日伊協会が発行している会報誌『CRONACA』の第165号(2020年秋号)が発刊。
Cronaca165

巻頭特集は『イタリアワインの今・昔』。
Cronaca165-2

連載コラム『YoshioAntonioのイタリアPOPS小事典』は、『ワイン産地から生まれ大成したバンド・ネグラマーロ』です。サレント地方特産の赤ワイン専用ブドウ品種ネグロアマーロ(Negroamaro)の産地出身者6人で結成され、名実ともにイタリアを代表するバンドのひとつとなったNegramaro(ネグラマーロ)について紹介しています。
Negramaro

そして2020年、アメリカの人気バンドOneRepublic(ワンリパブリック)がコロナ禍に願いを込めて発表した楽曲「Better Days」には、ワンリパブリックfeat.ネグラマーロが発表されています(しかもネグラマーロはイタリア語詞!)。

また度々、「涙に咲く花(L'immensita)」(1967/ドン・バッキー、ジョニー・ドレッリ)、「メラビリオーゾ(Meraviglioso)」(1968/ドメニコ・モドゥーニョ)、「広がりゆく愛(Un amore cosi grande)」(1976/マリオ・デル・モナコ)など、オールディーズのカヴァーも発表しているので、往年のカンツォーネファンにもチェックしていただきたいところです。彼らを発掘し、育て上げたプロデューサーは60年代に"ビートの女王"の異名で一世を風靡した歌手カテリーナ・カゼッリ!

日伊協会の会員・受講者には無償配布されますが、一般の方にも分けてくれるそうです。

詳細・お申込みは、日伊協会のサイトまで。
https://www.aigtokyo.or.jp/?page_id=51