1960年代に抜群の歌唱力と豊かに溢れる声量でシーンに登場したカンタウトーレAl Bano(アル・バーノ/77歳/Puglia州Cellino San Marco出身)が1970年にRomina Power(ロミナ・パワー/69歳/米国Los Angels生まれ)と結婚。Rominaの父は著名な米ハリウッド俳優のタイロン・パワーであったが、父の死後イタリアに移住し、女優活動をしていたのだった。

この2人は1974年から夫婦デュオAl Bano & Romina Powerとしての活動を開始し、サンレモ音楽祭1984で優勝するなど一世を風靡し、その人気と名声はヨーロッパ中に響き渡った。おしどり夫婦の象徴となったカップルだったが、1993年に発生した長女の米国での行方不明事件を発端に関係にヒビが入り、1997年で夫婦デュオにピリオドを打つ。私生活でも離婚し、Al Banoは再びソロ歌手として活動を続けることとなる。

それから16年後の2013年に2人は共演を再開し、ロシア公演を皮切りに、ヨーロッパや南北アメリカ大陸を含む世界ツアーを敢行。そしてデュオとしては25年ぶりとなる新譜のデュエット・アルバム『Raccogli l'attimo(意:今を集めろ)』(2020)をリリースした。
Al Bano e Romina Power - Raccogli l'attimo(2020)

サンレモ音楽祭2020にもゲスト出演し、アルバムタイトル曲「Raccogli l'attimo」と往年のヒット曲メドレー「Nostalgia canaglia(意:ならず者慕情)」(サンレモ1987・3位)〜「La Siepe(意:障壁)」(サンレモ1968批評家賞※Al Banoのソロ出場曲)〜Ci sara`(意:きっとあるだろう)」(サンレモ1984優勝)〜「Felicita`(意:幸福)」(サンレモ1982準優勝)を披露した。
https://www.raiplay.it/video/2020/02/sanremo-2020-prima-serata-al-bano-romina-raccogli-l-attimo-1127883e-5d6f-4662-b10e-68bc7cd25777.html
https://www.raiplay.it/video/2020/02/sanremo-2020-prima-serata-al-bano-e-romina-power-medley-e04d6121-7b92-40d6-9eb1-00d281fdc004.html

Al Banoは1992年に米歌手マイケル・ジャクソに対して、自身の曲が盗作されたと訴え、勝訴したというエピソードは世界的に有名だが、日本ではその話題に言及されることはない。また、2019年夏、東京で開催された世界柔道で選手を応援する賛歌を歌うために何度目かの再来日を果たしている。

※当サイトでのAl Banoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Al_Bano

※当サイトでのRomina Powerの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Romina_Power


ベテラン・カンタウトーレBiagio Antonacci(ビァージォ・アントナッチ/57歳/Milano出身)の15thアルバム『Chiaramente visibili dallo spazio(意:宇宙からはっきりと見えるもの)』(2019)から。
Biagio Antonacci - Chiaramente visibili dallo spazio(2019)

シングル第1弾「Ci siamo capiti male(意:僕らは互いに悪く思っていた)」
https://youtu.be/IvouFsVIvS4

シングル第2弾「Ti sapro` aspettare(意:僕は君を待つことができるだろう)」は、ユヴェントスのサッカー選手Gianluigi Buffon(ジァンルイジ・ブッフォン/ゴールキーパー)が出演しているのも見どころ。エンディングでBiagioはBuffonを相性のGigi(ジジ)と呼んでいる。

Biagioはサンレモ音楽祭2020にゲスト出演し、上記の楽曲と自身のヒット曲のメドレー「Quanto tempo e ancora(意:どのぐらいそして再び)」(1998)〜「Iris(イリス)」(1998)〜「Liberatemi(意:僕を自由にしてくれ)」(2000)を披露した。

シングル第3弾「Per farti felice(意:君を幸せにするために)」
https://youtu.be/Lny2T5JXz9s

シングル第4弾「L'amore muore(意:愛が死ぬ)」
https://youtu.be/b0W5q09fhug

※当サイトでのBiagio Antonacciの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Biagio_Antonacci

第179回イタリアPOPSフェスタ(2020年10月)紹介曲PlayList


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2020年に達する年齢で表記。