コントラバス奏者としてジャズバンドなどでも活動するCamillo Pace(カミッロ・パーチェ/42歳/Puglia州Taranto生まれ)の、カンタウトーレとしての3rdアルバム『tornando a casa(意:家に帰りながら)』(2019)。
Camillo Pace(Talanto,1978) fa il bassista nel settore jazz ecc, ma anche il cantautore, e` uscito il suo terzo album come il cantautore, "tornando a casa"(2019)

Camillo Pace - tornando a casa(2019)


Spotify

主要なサウンド&メロディは、自らを含めて2〜3人でのアンサンブルによるアコースティックサウンドで、聴いていて非常に心が和む。
il suono e` quasi acustico, ensemble di 2 o 3 musicisti (inclusi lui stesso), ci fa confortante moltissimo.

一方、自身は演奏に徹し、異国語で歌うゲストにヴォーカルを任せた楽曲も何曲か取り入れているのが、アルバムの中で不思議な空気を醸し出している。
Ma questa volta in qualche brano, il cantautore suona solo strumenti e altri stranieri fanno le voci. Questa cosa crea un'atmosfera mistera nel album.

アルバム内スリーヴには、カミッロからのメッセージが書かれている。
C'e` una pagina nel album in cui Camillo scrive un messaggio:

僕が出会った人々の目に、忘れられない笑顔に。
もういない人に、そしてやって来る人に。
僕は人生の浮き沈みの中で、そこから立ち上がり、自分を愛し、決してあきらめないことを学んだ。
その妙薬で僕の未来をより確かなものにしてくれた僕のカノジョに。
僕に命と音楽を与えてくれた家族に、そしてその時々に僕のメリーゴーランドを捧げた音楽に。いつでもどこでも継続的に楽しませ続けながらも、独りでいるかのようにいつも思わせてくれる音楽に。
家に戻って行きながら

Agli occhi della gente che ho incontrato e ai sorrisi che non ho mai dimenticato.
A chi non c'e` piu` e a chi verra`.
Ai viaggi tra le salite e le discese della mia storia, da cui ho imparato a rialzarmi, ad amarmi e a non arrendermi mai.
Alla mia donna che con la sua medicina ha disegnato il mio futuro piu` certo.
Alla mia famiglia che mi ha dato la vita e alla musica, che ad ogni passo ha consacrato la mia eterna giostra, protraendo il suo continuo fluire in ogni momento e in ogni dove, ma sempre con la consapevolezza che si restera` se stessi solo.
tornando a casa

象徴的に語られているメリーゴーランドの絵がCDディスクや内ジャケットにも描かれている。
La simbolica "GIOSTRA" nel suo messaggio si vede come un disegno nel album.

Camillo Pace - tornando a casa (2020) interno

1. Birkenau(意:ビルケナウ/現ポーランドにあったナチスドイツの強制収容所アウシュヴィッツ)
アコギだけのイントロで始まり、次第にプログラミングされたピアノやオーケストラの音が重なり、カミッロ自身が弾くエレキベースがサウンドを支えている。時の流れを感じさせる浮遊感のある楽曲。


[サビ]
踊り始めろ
大地の光の中で
星になるんだ
時の中で僕らを守る星に

Si comincia con la chitarra acustica, e il suono di programming e di l'orchestra, poi il basso che suona Camillo stesso sorregge tutti. Il brano ci fa sentire lo scorrere del tempo.

2. Chiudi gli occhi(意:目を閉じて)
カミッロ自身がアコギ、コントラバス、ハーモニカ、エレキギターとパーカッションの3人で演奏された楽曲。空間にはプログラミングされたサウンドが漂う。
Il cantautore suona la chitarra acustica, il contrabasso e fisarmonica diatonica con un chittarista e un percussionista. esiste il suono creato da programming nello spazio del tono.


[サビ]
2人なら小石の上を歩くことができるだろう
痛みを感じることなく靴を脱いで
無意識にあらゆる角に僕らは留まる
再び微笑みの危険と共に

3. Ho paura di perdermi(意:自分を見失うのが僕は怖い)
カミッロ自身が弾くエレキベースにギタリストとドラマーのトリオ編成で録音。
il brano registrato da un trio, Il Pace al basso elettrico con un chitarrista e il batterista.

4. Mantra(意:マントラ/真言)
カミッロ自身はコントラバス演奏に徹し、ゲストのBarbara Eramo(バルバラ・エラモ)がスキャットをする歌詞なし楽曲。タイ国バンコクの仏教寺院アルン・ワット(暁の寺)の鐘の音が使用されている。
Una ospite Barbara Eramo fa lo scat senza parole e Camillo suona il contrabasso, featering campane del tempio buddhista Wat Arun di Bangkok in Thailandia.

5. Stiamo bene(意:僕らは元気です)
カミッロ自身が弾くエレキベースとギタリストの2人構成。アルバム中、最も“いつものカミッロ”らしい雰囲気の楽曲。
Il Pace al basso elettrico con un chitarrista. Il brano piu` al "Camillo Pace come sempre" nel album.

6. Spade di cartapensa(意:張り子の剣)
Alberto Iovente(アルベルト・イオヴェンテ)が弾くピアノのみの演奏で歌われる楽曲。
Alberto Iovente al pianoforte e il bassista canta senza suonare strumenti.


[サビ]
そして君がやって来る
僕に何の価値もないと言うために
僕は過去の息子
愚かで、今ではすべて台無しにした
ロビン・フッドのように顔に傷を作って走る
僕の世界に行くために
少年の時から僕を空に昇らせていた
張り子の剣を持って
森からやって来る敵と戦いながら

7. Turkish(意:トルコ風)
カミッロ自身はコントラバス演奏に徹し、3人の外国人がヴォイスを担当。トルコの民族楽器saz(サズ)の音色が印象的だ。
Camillo al contrabasso e 3 stranieri fanno le voci. E` impressionante il suono di saz, uno strumento turco.

8. Y Entonces baila (意:そして踊る)
ゲストの女性歌手Sarita Schena(サリータ・スケ―ナ/セナ)がスペイン語ヴォーカルをとる楽曲。演奏はカミッロ自身の弾くコントラバスとジプシーギター弾きの2人。同曲はカミッロのカンタウトーレとしての1stアルバム『Autoritratto(意:自画像)』(2013)に収録されていた「E allora balla(意:そしたら踊れ)」のスペイン語カヴァーだ。カミッロの公式YouTubeチャネルには歌い出しをカミッロがイタリア語で歌う共演ヴァージョンがUPされている。
Una ospite Sarita Schena canta in spagnolo. Il suono si creato da Camillo al basso e un chitarrista in modo gipsy. Questo brano e` "E allora balla" nel album di Camillo "Autoritratto"(2013).

9. Lagrima(意:涙)
続いてのこの楽曲も同様、Sarita Schenaのスペイン語ヴォーカルの楽曲。カミッロはコントラバスとギターを弾いている。イタリアのコントラバス奏者+女性ヴォーカルのデュオMusica Nuda(ムジカ・ヌーダ)を彷彿とさせる雰囲気。歌詞はメキシコのトラディショナルとのこと。
Anche questo pezzo si canta da Sarita in spagnolo, invece Camillo suona il contrabasso e la chitarra, come la Musica Nuda! il testo e` di tradizione messicana.

※当サイトでのCamillo Paceの紹介記事 Articoli su Camillo Pace nel sito
http://piccola-radio-italia.com/tag/Camillo_Pace