イタリア音楽専門誌ムジカヴィータ・イタリアの5年ぶりとなる第9号の発売日が決定しました。一般発売は2020年6月30日となります。

ご予約・お求めは→ムジカヴィータ・イタリア公式ショップまで
https://store.musicavitaitalia.com/

musicavitaitalia9

本号の特集はPino Daniele(ピーノ・ダニエレ)とArti e Mestieri(アルティ・エ・メスティエリ)。

前者は現代ナポレターナの作者・演者としてイタリアの国民的アーティストとなり、国際的なミュージシャンとも深く交流し、世界的な知名度を得たブルーズ&ジャズ・ギタリスト&歌手でもありました。没後(2015年没)もイタリア音楽に絶大な影響を残し、今なお広く熱愛され続けているレジェンドとも言えます。

後者はイタリアのジャズ・ロック、プログレの雄として活動するバンドで、2015年来日時のインタビューを掲載。オリジナル・メンバー4人の発言は白熱し、バンド黎明期の記憶を手繰りながら、当時の音楽シーンや活躍していた他のバンドのことなど、おそらくどこにも明かされていなかった話を1時間近くに渡って伝えてくれました。ページ数の都合でかなり割愛しましたが、それでも11ページに渡る超ロングインタビューは必見です!

同時に来日し、アルティと共演も果たしたOsanna(オザンナ)はナポリのバンドで、ピーノ・ダニエレのデビュー前から交流があり、ナポリの音楽界はジャンルに関係なく幅広い繋がりがあることが判るインタビューとなり、ピーノと仲間たちとの想い出を追悼文としても特別寄稿してくれました。

もうひとりのナポリのスターGigi D'Alessio(ジジ・ダレッシォ)の来日インタビューや、イタリアから受勲された歌手・青木純さんの連載記事も合わせ、ナポリ絡みの情報が多い号となっております。古から今もなお脈々と新作が作られ、地元はもちろん、全イタリアや国外にも存在感を示し続けるナポリ音楽は、イタリア音楽の中でも特異の存在であることが垣間見えると思います。

また2015年時点で未発表だった来日インタビュー記事を掲載いたしました。その後の5年間もインタビューを行っていますので、次号以降に順次掲載していくつもりです。

    [コンテンツ]
  • 特集1「ピーノ・ダニエレ(Pino Daniele)」
     ヒストリー (翻訳協力・橋本尚美)
     RIP(訃報) (執筆・冨田和摩)
     リーノ・ヴァイレッティ(オザンナ)特別寄稿:僕の友人、ピーノ、リーノとジョーへ
     ピーノと仲間たち
     アルバム・ディスコグラフィ
  • 第70回サンレモ音楽祭 2020年
  • FIMI 年間チャート 2019年
  • 第9回サンレモ音楽祭 1959年
  • ナポレターナあれこれ8「クリスマスのカンツォーネ・ナポレターナ」 青木純
  • 来日インタヴュー&ライヴ・レビュー
     ジジ・ダレッシオ(Gigi D'Alessio) / マックス・ガゼ(Max Gazze`) / ネグリータ(Negrita) / カラシマ(Kala`scima) /ムジカ・ヌーダ(Musica Nuda) / ラウラ(L'Aura) / リーノ・ヴァイレッティ[オザンナ](Lino Vairetti [Osanna])
  • 特集2「アルティ・エ・メスティエリ(Arti e Mestieri)」
     ヒストリー & インタヴュー (翻訳協力・二宮大輔)
     アルティ・エ・メスティエリ来日コンサートの軌跡 (執筆・山岸伸一)
     アルバム・ディスコグラフィ
  • ディスク・レビュー
  • 連載コラム
     私のイタリア音楽の旅 新井健司
     音楽の合間に読書 久保耕司
     イタリア映画の備忘録 押場靖志
     鍵盤の彼方の伊太利亜 難波弘之
     映画を聴く 二宮大輔
  • ほか