今回も毎年恒例のNatale Festa/クリスマス・パーティ・モードで開催。ここでは音楽紹介コーナーを抜粋して紹介。

Natale Festa

近年リリースされたクリスマス楽曲からEros Ramazzotti(エロス・ラマツォッティ/エロス・ラマゾッティ/56歳/Roma出身)の「Buon Natale [Se vuoi](メリー・クリスマス [もしよかったら])」(2015)。Eros自身を中心にBaustelle(バウステッレ)のFrancesco Bianconi(フランチェスコ・ビァンコーニ)や作詞家Kaballa`(カバッラ)らと共作された楽曲。ホームレスになってしまったEros、という設定のヴィデオクリップが見どころのひとつだ。

※当サイトでのEros Ramazzottiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Eros_Ramazzotti

以降は毎年クリスマスイブにイタリアで放映される『Concerto di Natale(意:クリスマス・コンサート)』の過去のハイライトシーンを中心に紹介。

Deborah Iurato(デボラー・イゥラート)が歌う「Ave Maria di Gounod(グノーのアヴェ・マリア)」。バッハの前奏曲に旋律とラテン語の歌詞を載せた有名な楽曲だ。

※当サイトでのDeborah Iuratoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Deborah_Iurato

Sister Cristina(シスター・クリスティーナ)として世界的に有名になったホンモノの聖職者Suor Cristina(スオール・クリスティーナ)が歌う「All I want for Christmas is You」はもちろんマライア・キャリーが歌って大ヒットしたクリスマス定番曲だ。カトリック教総本山のお膝元であるイタリアのクリスマスは、本来は教会で歌われる聖歌や準讃美歌的な厳かな楽曲が伝統的に歌われてきたのだが、次第にアメリカのパーティ・ソング化した有名曲や世界的な"ザ・クリスマス・ソング"となった大ヒット曲などが英語のまま歌われたり、イタリア語詞を乗せたものが歌われることも多くなってきているのがわかるだろう。

※当サイトでのSister Cristinaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Sister_Cristina

Annalisa(アンナリーザ)が歌う英語の定番曲「White Christmas」そして自身の大ヒット曲「Una finestra tra le stelle(意:星々と窓の狭間に/邦題:星降る窓に)」。後者はクリスマスらしいスローテンポにアレンジされ、荘厳な大オーケストラアレンジをバックにした楽曲の新たな魅力を感じさせるパフォーマンスだ。これだけの大オーケストラをバックに歌えるのは、イタリアでもおそらくサンレモ音楽祭とこのヴァチカン・コンサートぐらいだろう。

※当サイトでのSister Cristinaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Annalisa

Gigi D'Alessio(ジジ・ダレッシォ)がBriga(ブリガ)とデュエットした有名なナポレターナ曲「Guaglione(意:若者)」、そしてBianca Atzei(ビアンカ・アッゼイ)を迎えて歌う「Feliz Navidad(意:メリー・クリスマス/西語)」。後者はプエルトリコ出身の世界的スターJose' Feliciano(ホセ・フェリシアーノ)が1970年に発表し、今では世界中のラテン語系社会やアメリカ本土で定番曲となった大ヒット曲だ。ホセはその翌年のサンレモ音楽祭1971にも出場し「Che sara`(ケ・サラ)」を歌い、世界的なヒット曲となる貢献を果たしている。

※当サイトでのGigi D'Alessioの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gigi_D'Alessio

※当サイトでのBrigaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Briga

※当サイトでのBianca Atzeiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Bianca_Atzei

Paolo Vallesi(パオロ・ヴァッレージ/パオロ・ヴァレージ)の出世作「La forza della vita(意:人生の力)」そしてDomenico Modugno(ドメニコ・モドゥーニョ)の隠れた名作「Buon Natale a tutto il mondo(意:世界中にメリー・クリスマス)」(1959)をカヴァー。

※当サイトでのPaolo Vallesiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Paolo_Vallesi

Francesco Renga(フランチェスコ・レンガ)のサンレモ2005優勝曲「Angelo(意:天使)」

※当サイトでのFrancesco Rengaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Francesco_Renga

https://www.mediasetplay.mediaset.it/video/concertodinatale/ora-o-mai-piu_FAFU000000676337

Dolcenera(ドルチェネーラ)の「Ora o mai piu` [le cose cambiano](意:もうまたとない[物事は変わる])」はサンレモ2016出場曲。

※当サイトでのDolceneraの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Dolcenera

定番曲「Silent Night(サイレント・ナイト)」を米歌手の"パンクの女王"Patti Smith(パッティ・スミス)、そしてイタリアの歌姫3名Alessandra Amoroso(アレッサンドラ・アモローゾ)、Chiara(キァーラ)、Dolcenera(ドルチェネーラ)の4人で歌うシーン。

※当サイトでのAlessandra Amorosoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Alessandra_Amoroso

※当サイトでのChiaraの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Chiara

Riccardo Cocciante(リッカルド・コッチャンテ)「Devono capire(意:彼らは理解しなければならない)」は、子供たちとの共演。主語の"彼ら"とは“大人たち”を指しているようだ。そして米歌手Anastascia(アナスタシア)との共演で「Happy Xmas (War is Over)」(ジョン・レノン作)を披露。さらにはNek(ネック)を加えたトリオでカナダのLeonard Cohen(レナード・コーエン)の「Hallelujah(ハレルヤ)」(1984)をカヴァー。後者の楽曲はイタリアでは絶大な知名度を誇り、数多の歌手が公式・非公式を問わず、好んでカヴァーされ続けている。

※当サイトでのRiccardo Coccianteの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Riccardo_Cocciante

※当サイトでのNekの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Nek

ジョン・レノン繋がりで、グッと時代を遡って1996年の同コンサートから、まだ22歳ごろのLaura Pausini(ラウラ・パウジーニ)が歌う「Love」

※当サイトでのLaura Pausiniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Laura_Pausini

昨2018年のConcerto di Nataleのエンディングから「We are the world」は、出演者総出のパフォーマンス。イタリア勢からは、Alessandra Amoroso(アレッサンドラ・アモローゾ)、Ermal Meta(エルマル・メータ)、Raphael Gualazzi(ラファエル・グァラッツィ)、Giovanni Caccamo(ジョヴァンニ・カッカモ)、Fabrizio Bosso(ファブリツィオ・ボッソ)らの顔ぶれ

※当サイトでのErmal Metaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ermal_Meta

※当サイトでのRaphael Gualazziの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Raphael_Gualazzi

※当サイトでのGiovanni Caccamoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Giovanni_Caccamo

※当サイトでのFabrizio Bossoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Fabrizio_Bosso

この記事執筆時点では、まだ2019年分の放映はされていないが、イタリア勢からはArisa(アリーザ)、Simone Cristicchi(シモーネ・クリスティッキ)、Elisa(エリーザ)、Mahmood(マームッド)、Noemi(ノエミ)らの出演が予定されている。


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2014年に達する年齢で表記。

次回の定例FESTAは、1月25日(土)に開催。