サンレモ音楽祭2018から。まず新人部門2位となったMirkoeilcane(ミルコエイルカーネ/意:ミルコと犬/32歳/Roma出身)が自作して歌った「Stiamo tutti bene(意:僕らは皆元気だ)」。さらに新人部門ミア・マルティーニ賞(批評家賞)他、セルジォ・バルドッティ賞(最優秀作詞賞)、新人部門エンツォ・ヤンナッチ賞(最優秀パフォーマンス賞)、PMI賞(インディーズ賞)などたくさんの副賞も勝ち取った。サンレモ当日のオーケストラ指揮は名匠Fio Zanotti(フィオ・ザノッティ/PoohやAdriano Celentano等多くのTopアーティストの編曲を手掛ける)。

このサンレモ音楽祭出場曲を含む彼の2ndアルバムが『Secondo me(意:僕にとっては)』だ。
Mirkoeilcane - Secondo me

同アルバムの発売に先駆けてリリースしていたシングルは「Epurestestate」で、そのヴィデオクリップは映画仕立てで、7分超に渡る大作だ。

※当サイトでのMirkoeilcaneの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mirkoeilcane


このMirkoeilcaneを押さえて新人部門優勝を果たしたのがUltimo(ウルティモ/意:最後に来る者/22歳/Roma出身)が自作して歌った「Il ballo delle incertezze(意:ためらいのダンス)」だ。副賞の新人部門ルネツィア賞(文学的歌詞賞)も獲得。

このサンレモ音楽祭新人部門優勝曲を含む彼の2ndアルバムが『Peter Pan(ピータ・パン)』だ。
Ultimo - Peter Pan

同アルバムからのシングル第2弾が「Poesia senza veli(意:ヴェールのない詩)」。

シングル第3弾「Cascare nei tuoi occhi(意:君の瞳の中に落ちる)」は上海ロケのヴィデオクリップが製作された。

※当サイトでのUltimoの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ultimo


同音楽祭の大賞部門で上位3位入賞を果たしたのはAmici出身のAnnalisa(アンナリーザ/33歳/Liguria州Savona出身)の「Il mondo prima di te(意:君の前の世界)」で、バンドCaponord(カポノルド)の中心人物で最近は作曲家&プロデューサーとして大活躍しているDavide Simonetta(ダヴィデ・シモネッタ)らとAnnalisa自身との共作。音楽祭第4夜は、ゲストにX Factor出身で同音楽祭2017第4位となったMichele Bravi(ミケーレ・ブラーヴィ/24歳) を迎えてデュエットを披露した。

同曲を含む彼女の6thアルバムが『Bye bye』。
Annalisa - Bye bye

先行シングル「Direzione la vita(意:人生本部)」。

シングル第3弾はアルバムタイトル曲「Bye bye」

シングル第4弾はラッパーMr.Rainをフィーチャリングした「Un domani(ある明日)」

※当サイトでのAnnalisaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Annalisa


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2018年に達する年齢で表記。