イタリアで一番歌唱力のある女性歌手のひとりGiorgia(ジォルジァ/ジョルジア/47歳/Roma出身)のライヴアルバム『Oronero deluxe edition LIVE』(2018)から。2016年の年間チャート25位、2017年でも23位に入ったロングセラーアルバム『Oronero(黒金)』(2016)のDX盤で、そのアルバム『Oronero』を含む、3枚組(2CD+DVD/CD2とDVDはライヴ盤)。
Giorgia - Oronero deluxe edition LIVE

新曲としてCD&DVDにヴィデオクリップが収録されたのがMarco Mengoni(マルコ・メンゴーニ)とのデュエット曲「Come neve(意:雪のように)」だ。

※当サイトでのMarco Mengoniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marco_Mengoni

ディスクに収録されているのはTorinoでのライヴだが、ネット上にその公式映像はUPされていないので、ここではMilanoでのライヴ映像を貼っておく。

Festaでは、アルバム『Oronero』収録曲から「Vanita`(意:うぬぼれ)」、「Credo(意:信じる)」、「Scelgo ancora te(意:私はまたあなたを選ぶ)」、「Oronero」、「Io fra tanti(意:大勢の中の私)」、Giorgiaのベストヒットから「Tu mi porti su(意:あなたは私を引き上げてくれる)」(2012)、「Quando una stella muore(意:星がひとつ死ぬ時)」(2013)、「Non mi ami(意:あなたは私を愛していない)」(2014)、「Il mio giorno migliore(意:私の最高の日)」(2011)、「Di sole e d'azzurro(意:太陽と空色で)」(サンレモ2001で2位となったZuccheroとMino Vergnaghi共作曲)、「Gocce di memoria(意:想い出のしずく)」(2003/フェルザン・オズベテク映画『向かいの窓(La finestra di fronte)』主題歌)、そしてGiorgiaにとって大切な楽曲「Marzo(意:3月)」(2002)を紹介した。当時恋人関係にあったカンタウトーレ故Alex Baroni(アレックス・バローニ)に捧げた楽曲で、彼の死因となった交通事故が起きた3月をタイトルにしている。

※当サイトでのAlex Baroniの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Alex_Baroni

余談だが、Giorgiaがイタリアで大歌手と認められるようになったのは、ベストアルバム『Gratest Hits』(2002)が空前の大ヒットしてからなのだが、皮肉にもその時期は恋人Alex Baroniを突然の交通事故で失った後のこと。そのベストアルバムの副題が“Le cose non vanno mai come credi(意:物事は信じたようには決して進まない)”であるように、おそらく彼女の人生の中で一番辛かった時期に歌手として大成するという数奇な運命を辿った人物でもある。 Giorgia - Greatest hits

話題はこのライブアルバムに戻り、いくつかの余興的コーナーが収録されているが、そのうちもっとも面白いのが“(20年前の)1997年には何が起こっていたか?”コーナー。メドレーで歌われているのは、Marina Rei(マリーナ・レイ)のイタリア語カヴァー曲「Primavera (意:春)」、Nek(ネック)人気がブレイクした「Laura non c'e` (意:ラウラはいない)」、Policeの「見つめていたい(Every breath you take)」のメロディを使った「I'll Be Missing You」(Puff Daddy & Faith Evans)を歌う。

※当サイトでのMarina Reiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marina_Rei

※当サイトでのNekの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Nek

さらにGiorgiaが披露するのは故Pino Daniele(ピーノ・ダニエレ)の「Che male c'e`(意:何か悪いことがあるの?)」で、当時Pino Danieleとコラボしてアルバム『Mangio troppa cioccolata(意:私はチョコレート食べ過ぎる)』を発表した想い出を語る。そして同アルバムに収録された楽曲の中から「Dimmi dove sei(意:あなたがどこに居るのか言って)」(Pino Daniele書き下ろし)、そして「Un amore da favola(意:伝説の恋)」が歌われる。

※当サイトでのPino Danieleの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Pino_Daniele

※当サイトでのGiorgiaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Giorgia


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2018年に達する年齢で表記。