2016年に初来日公演を行ったL'Aura(ラウラ/34歳/Lombardia州Brescia出身)の2017年発表アルバム『Il contrario dell'amore(意:愛の反対)』。エグゼクティヴ・プロデューサーはL'Aura自身が務め、全曲の編曲とプロデュースは来日時にも同行していたSimone Bertolotti(シモーネ・ベルトロッティ)が担当している。
L'Aura - Il contrario dell'amore

アメリカで学生生活を過ごした経験を持つL'Auraはデビュー当時から優れた英語曲が多いことでも知られるカンタウトリーチェで、今回のアルバムでは全13曲を自身が単独あるいは他者との共作で書き、うちイタリア語曲が6曲、英語曲が7曲(内1曲はイタリア語曲の英語ヴァージョン)となった。

Festaではシングル第2弾となったイタリア語曲「La meccanica del cuore(意:心の力学)」を紹介。フランスのバンドDionysosのヴォーカリストMathias Malzieuが2007年に書いた同名の小説にインスピレーションを得て同曲を書いたとL'Auraは語っている。曰く"壊れやすさへの賛歌"で、60年代風のレトロサウンドで表現したと。なお、アルバムには同曲の英語ヴァージョン「Apologize(意:詫びる)」も収録されている(カナダ女性Julia Miriam Jonesとの共作)。

※当サイトでのL'Auraの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/L'Aura


デビューEP『Perdo le parole(意:僕は言葉を失う)』(2017)が2017年の年間アルバムチャート2位にランクインし、現在のイタリアで台風の目の存在となっている新人カンタウトーレRiki(リキ/26歳/Milano近郊Segrate出身)。
Riki - Perdo le parole

本名はRiccardo Marcuzzo(リッカルド・マルクッツォ)で、同年のAmiciの歌手部門で優勝(総合2位/1位はダンサー)してシーンに躍り出た(Amici出演時はRiccardo名義/Elisaチーム)。番組出演中にFrancesco Facchinetti(フランチェスコ・ファッキネッティ/歌手&ラッパー・TV司会者/元PoohのRoby Facchinettiの息子)が彼の才能に惚れ込んでマネージャーを務める事になったという来歴を持つ。

シングル第1弾はアルバムタイトル曲「Perdo le parole」、シングル第2弾は「Polaroid

シングル第3弾「Balla con me(意:僕と踊れ)」

そして僅か4ヶ月後にリリースされたフルアルバム『Mania(マニア)』(2017)も2017年の年間アルバムチャート11位にランクインした。
Riki - Mania

シングル第1弾「Se parlassero di noi(意:もし僕らのことを言われたなら)」。

シングル第2弾「Aspettero` lo stesso(意:僕は同じものを待っているだろう)」

シングル第3弾「Tremo(意:僕は震える)」

※当サイトでのRikiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Riki


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2018年に達する年齢で表記。