12月Festaには余興コーナーも設け、その題材として取り上げたのはCristina D'Avena(クリスティーナ・ダヴェナ/53歳)のアルバム『Duets - Tutti cantano Cristina(意:デュエット集 − 皆がクリスティーナを歌う)』(2017)。
Cristina D'Avena - Duets_Tutti cantano Cristina

現在も継続開催されている伝統ある子供歌コンテスト「Zecchino d'Oro(ゼッキーノ・ドーロ/意:金の古銭)出身で、その成長過程でずっとプロとして歌い続け、"歌のおねえさん"の存在となり、数々のアニメの主題歌を歌い、やがて"アニソンの女王"の異名を取るまで登りつめたCristinaだが、サンレモ音楽祭2016最終夜にスーパーゲストとして出演して、大きな喝采を浴びた際、ポップス界のスターたちとの共演のアイデアが生まれてこのアルバムの企画が固まったそうだ。

※当サイトでのCristina D'Avenaの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Cristina_D'Avena

企画がスタートするとすぐに様々なスターたちが参加希望を寄せて来て、中には"ぜひこの曲を一緒に歌わせて欲しい"という具体的な申し出もあったとか。

全16曲のうち、13曲が日本製アニメの主題歌ということで、日本のイタリアPOPS ファンとしては押さえておきたい作品集だ。『ワンピース』『キャプテン翼』『ベルサイユのばら』『キャッツ・アイ』『セーラー・ムーン』『魔法の天使クリィミーマミ』『魔法のスターマジカルエミ』『きまぐれオレンジ☆ロード』『愛してナイト』『アタッカーYOU!』『ママレード・ボーイ』『おちゃめ神物語コロコロポロン』『ななこSOS』といった作品群だ。

参加歌手も豪華で、J-AX(ジェイ・アックス)、Giusy Ferreri(ジゥズィ・フェッレーリ)、Francesca Michielin(フランチェスカ・ミキエリン)、Loredana Berte`(ロレダーナ・ベルテ)、Baby K(ベイビー・ケイ)、Arisa(アリーザ)、Annalisa(アンナリーザ)、Emma(エンマ)、Michele Bravi(ミケーレ・ブラーヴィ)、Elio(エリオ)、La Rua(ラ・ルーア)、Noemi(ノエミ)、Benji & Fede(ベンジー & フェーデ)、Chiara(キァーラ)、Ermal Meta(エルマル・メータ)、Alessio Bernabei(アレッスィオ・ベルナベイ)といった面々だ。

Festaでは、曲を聴いて、曲名とデュエット相手を当てて貰うのを余興とした。ここでは唯一映像が公開されているデュエット曲を貼っておく。Chiaraとのデュエットで「セーラー・ムーン」だ。Cristinaが巣立った現在のZecchino d'Oroにゲスト出演した時の映像だ。

※当サイトでのChiaraの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Chiara


余興の延長コーナーでは、イントロが特徴的なイタリアPOPSの代表曲たちの曲名あてクイズを楽しんだ。昔も今もイントロが印象的なイタリアPOPSの名曲が多いことを再認識することとなった。

次回の月例FESTAは150回を記念し、パーティ形式で1月27日(土)午後開催予定。ここでも曲名当てクイズなどの余興を盛り込もうかと画策中(笑)。