11月に24年振りの来日公演が決まったGigliola Cinquetti(ジリオラ・チンクェッティ/70歳/Verona出身)
Gigliola Cinquetti
来日公演情報:http://piccola-radio-italia.com/archives/52254728.html

これまでのFestaと併せて、今回の来日予習編その3で、来日公演チラシに記載されている“主な演奏予定曲”を全曲紹介し終えたこととなる。

「La rosa nera(邦題:ローザ・ネーラ[愛の黒バラ])」(1967)当時19歳。環境破壊を歌った意欲作で、夏のディスク 2位 Venezia音楽祭参加曲。ヒットチャート5位まで登った。当時は貴重だったはずのカラーフィルムで撮影された映像に、オーラの人気が実感できるはず。

「Come una foglia(邦題:落ち葉の恋)」(1968)、当時20歳。イタリアではB面曲だが、日本ではシングルA面で発売されたため、日本のオリコン・チャートの94位に入った。1972年オーラのギター弾き語りで再録音された際、「Tardi(Come una foglia)」と歌いだしの歌詞をタイトルに据えて再リリースされた。

「Rosa nel buio(邦題:薔薇のことづけ)」(1971)は、サンレモ音楽祭1971で9位となった楽曲。ヒットチャート8位、日本でもオリコン32位に入った楽曲。

往年のヒット曲から離れて、現在のところ一番新しいアルバムとなる『20.12(意:12月20日)』(2015)から。2015年の彼女の誕生日12月20日にリリースされたアルバムで、Pascal Basile(パスカル・ブラズィレ)がほとんどの曲を書き下ろしている。
12

アルバムの中から「Brillano le stelle(意:星々が輝く)」を2017年のTV出演時の映像で。オーラ69歳。

※当サイトでのGigliola Cinquettiの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gigliola_Cinquetti


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2017年に達する年齢で表記。

次回の月例FESTAは10月21日(土)開催予定。