Joe Barbieri(ジョー・バルビエリ/ナポリ出身)が、2年ぶりのスタジオ録音オリジナル作品アルバム『折り紙(原題:Origami)』を2017年6月リリース予定。日本の"Origami(折り紙)"をそのままタイトルに据えてくれたのに応じて、日本盤の発売元コアポートが本国に先駆けて2017年5月24日に日本盤を発売してくれることとなった。しかも日本盤限定ボーナス・トラック(9曲目)と、かつて(2012年)日本盤のみに収録されていた楽曲も新ヴァージョン(10曲目)で収録。今回も本国&世界のファンが羨む日本盤となる。

Amazon 購入サイトHMV 購入サイトタワーレコード 購入サイト

『ジョー・バルビエリ/折り紙(Joe Barbieri/Origami)』
CORE PORT RPOP-10023 価格¥2,500 (+税)
解説:磐佐良雄(=当Piccola RADIO-ITALIA主宰YoshioAntonio)

JOE BARBIERI - Origami

先行&限定公開ヴィデオクリップ「コップの中の嵐(Una tempesta in un bicchier d'acqua)」

Joe_Barbieri_2012_05_by_Andrea_Boccalini
[提供:コアポート(Offerta da CORE PORT)]

■ミニマム・ビューティーの到達点。パオロ・フレスをゲストに迎え、洗練された儚さ(=折り紙)をテーマに美しい世界が展開される2年ぶりの最新アルバム。
《日本盤先行発売》《日本盤ボーナス・トラック収録》

■前作『アパートメントの宇宙飛行士』から2年ぶりのジョー・バルビエリの最新オリジナル・アルバムが日本先行でリリース決定!ゴージャスなイタリアン・シネマのような前作と異なり、ミニマムな世界を追求したジョー・バルビエリのエッセンスが凝縮したようなアルバム。日本盤のみボーナス・トラックはファドの名曲「ナザレの婦人(Senhora Da Nazare)」をバルビエリ・ワールドでアレンジした感動のナンバー。

■最新作は、壊れやすいがゆえに、その儚さすら魅力的な日本の"折り紙"にインスパイアーされたアルバム。日本文化好きのジョー・バルビエリらしく、この小さな不安定な芸術品から豊かなイマジネーションを得て、構想2年の末に完成させた期待通りの内容。

■本作ではジョー・バルビエリの十八番ともいえる地中海的旋律、クワイエット・ジャズ、マヌーシュ・ジャズ、ボサ・ノヴァなどの要素を今まで以上に洗練させてサウンドに導入。代名詞ともいえるストリングス・セクションや木管楽器、そしてバンドネオン、ブズーキ、ハーモニカ他で色彩豊かなサウンドを実現。さらにイタリアでエンリコ・ラバやファブリッツオ・ボッソと並ぶ名トランペッター、パオロ・フレスをゲストに迎えて夢見るような音楽世界を完成させている。

  1. ありふれた場所 / Un posto qualunque (Giuseppe Barbieri)
  2. コップの中の嵐 / Una tempesta in un bicchier d'acqua (Giuseppe Barbieri)
  3. 傷あとと一輪の花 / Una cicatrice ed un fior (Giuseppe Barbieri)
  4. 美しい希望 / Belle speranze (Giuseppe Barbieri)
  5. 僕のルネサンス (feat. パオロ・フレス) / Rinascimento (ft. Paolo Fresu) (Giuseppe Barbieri)
  6. シンクロニシティ / Sincronicita` (Giuseppe Barbieri)
  7. 僕の女神さま / Mia divina (Giuseppe Barbieri)
  8. 君は僕を忘れる / Tu mi dimentichi (Giuseppe Barbieri)
  9. ナザレの婦人 / Senhora da Nazare' (Joa~o Nobre)【日本盤ボーナス・トラック】
  10. 君にぴったり 【2017ヴァージョン】 / Pane per i tuoi denti (Giuseppe Barbieri)
  11. 頑固に / Testardamente (Giuseppe Barbieri)
  12. こんにちは、お嬢さん / Buongiorno Signorina (Giuseppe Barbieri)

■2016年9月〜2017年1月ナポリ/コペンハーゲン録音
■プロデュース/アレンジ/作詞作曲(M9のみジョアン・ノブレ) :ジョー・バルビエリ

ジョー・バルビエリ:ヴォーカル、ギター、エレクトリック・ギター(M-1)
アントニオ・フレーザ:ピアノ
セルジョ・ディ・ナターレ:ドラムス
ジァコモ・ペディチーニ :ベース

パオロ・フレス:トランペット (M-5)/オスカル・モンタルバノ:マヌーシュ・ギター (M-2, 8) /パオロ・ルッソ:バンドネオン (M-6) /パオロ・デル・ベッキオ:ブズーキ (M-11) /ササ・ピエデパルンボ:アコーディオン (M-11) /ステファノ・ヨーリォ:チェロ (M-5〜7) /ロベルティーニョ・バストス:パーカッション (M-9, 10) /エミーディオ・アウズィエーロ:パーカッション (M-4〜6, 11) /ジャンフランコ・カンパニョーリ:トランペット (M-4) /トニー・カント:エレクトリック・ギター(M-6) /アンドレア・エスポジート:ヴァイオリン (M-2, 8)  他

※当サイトでのJoe Barbieriの紹介記事
http://piccola-radio-italia.com/tag/Joe Barbieri