アペリテイーヴォスタイルのイタリア音楽セミナー【イタリアンポップスセミナー&フェスタ 百花繚乱】

Bell'Italia-2017-02

今回のテーマも“歌から読み取ろう!使えるイタリア語 Canzoni e frasi utili”
歌詞から情景・状況を読み取るレッスンですが、イタリア語に興味さえあれば、参加者のイタリア語力は問いません。

レッスン修了時に、気に入った曲を受講者にアンケートを取りました。
  1. Pooh / Se balla da sola:88点
  2. Modena City Ramblers / Bella Ciao:75点
  3. Lucio Dalla / 4 Marzo 1943:63点
  4. Zucchero / Partigiano reggiano:50点
※Zucchero / Partigiano reggianoの歌詞に引用されているパルチザン伝承歌「Bella ciao」を補足として紹介したところ、そちらの方を気に行った人が多く、票が割れました。

【課題曲】
Pooh(プー)/ "Se balla da sola"(1999/意:彼女が独りで踊るのなら)
1960年代から50年もの間、一度も休止することなくレコーディング&ツアーに精力的に活動して来たイタリアを代表するバンドの、最も脂が乗り切っていた頃の楽曲。4人のメンバーが代わる代わるリードヴォーカルを取っていく彼らならではの魅力を味わいつつ、円熟した大人目線の歌詞を紐解いてみましょう。

Zucchero(ズッケロ)/ "Partigiano reggiano(意:レッジョ・エミリアのパルチザン)"(2016)
最新アルバム『Black cat』の代表曲。来る2017年5月29日の来日公演でも必ず歌われるはずの楽曲なので、一緒に歌って盛り上げることができるよう覚えましょう。(観客が一緒に歌うのがイタリアのコンサートの流儀)。歌詞のところどころに込められた重要なキーワードについても解説します。

Modena City Ramblers(モデナ・シティ・ランブラーズ)/ "Bella Ciao(意:美しい人よ、チャオ)"(1993) 前出のZuccheroの楽曲「Partigiano reggiano」の歌詞にも引用された有名なパルチザン伝承歌。何故この曲がイタリアで愛され、特にEmilia Romagna州出身者歌い継がれて来たのかを解説します。

Lucio Dalla(ルーチョ・ダッラ)/ "4 Marzo 1943"(1971/邦題:みなし児)
2012年の急逝後もイタリア人から愛されてやまない重鎮カンタウトーレが28歳の時、自分の誕生日をタイトルにしたこの楽曲でサンレモ音楽祭に参加。邦題に付けられたような衝撃的な内容の歌詞で、大きな物議をかもしだした問題作であり、彼の代表曲のひとつ。その歌詞の内容を探りながらその真偽を検証しましょう。

お申し込みは直接ベリタリアTel.03-3404-6116まで。
Bell'Italia【詳細】
開催日:2017年2月25日(土)
時間:18:00−20:00
会場:ベリタリア イタリア語・文化教室
所在地:〒107-0062 東京都港区南青山3-16-1
電話:03-3404-6116
最寄駅:地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」A4番出口より徒歩3分
参加費:3,800円※ドリンク&軽食付

東京・南青山でイタリアの香りを醸し出し続けて20余年の『ベリタリア イタリア語・文化教室』の素敵なサロンにて、イタリア女性が腕を振るった軽食&ドリンクを味わいながら楽しめます。

BellItalia2014-09

※第1弾の様子:http://ameblo.jp/bellitalia/entry-11709613994.html
※第2弾の様子:http://ameblo.jp/bellitalia/entry-11786260906.html
※第3弾の様子:http://goo.gl/KBlsLu
※第4弾の様子:http://www.bellavita.co.jp/archives/7313
※第5弾の様子:http://www.bellavita.co.jp/archives/7313
※第6弾の様子:http://piccola-radio-italia.com/archives/52152557.html
※第11弾の様子:https://www.facebook.com/Bellitaliatokyo/posts/894978393918522
※第15弾の様子:https://www.facebook.com/Bellitaliatokyo/posts/1054829357933424

音楽の国イタリアでは、ポップスはクラシックと同等の評価を得る芸術です。しかし日本ではイタリアのポップスがマスメディアから流れる事が少なく、情報も少ないため、残念ながら多くの方がその魅力に触れる機会を逸しています。

こうした日本人に知られざるイタリアン・ポップスの魅力を、音と映像でご紹介いたします。貴重な音源・映像・ネタも満載! イタリアン・ポップス初心者の方も、熱烈なファンの方も、共に楽しめるイヴェントです。ぜひこの機会に体験してみてください。※日本語で解説しますので、受講者のイタリア語力は問いません。

Bell'Italia


大きな地図で見る

イタリア音楽専門情報誌『ムジカヴィータ・イタリア』各号もBell'Italiaの1F受付で優待価格でお求めいただけます。

MusicaVita1-8tw