第3部

Paola Turci(パオラ・トゥルチ/52歳/Roma出身)のデビュー30周年記念盤『Io sono(意:私は)』(2015)は新曲3曲を含む過去のヒット曲の新録音集。プロデュースはオルタナバンドMinistri(ミニストリ)のギタリスト&作詞家のFederico Dragogna(フェデリコ・ドラゴーニャ)が務め、アルバムチャート9位まで登った。

Paola Turci - Io sono

先行シングルはアルバムタイトル曲「Io sono」で、Paola自身とBaustelle(バウステッレ)のリーダーFrancesco Bianconi(フランチェスコ・ビアンコーニ)、そして作詞家Kaballa`(カバッラ)との共作。

シングル第2弾の新曲「Questa non e` una canzone(意:これは歌ではない)」。

過去のヒット曲の再録音盤の中からもFESTAでは「Attraversami il cuore」(2009)、「Bambini」(1989)、「Ti amero` lo stesso」(1989)の3曲を紹介。

「Attraversami il cuore(意:私の心を横切って)」(2009)。ここでは原曲のヴィデオクリップを貼っておく。

「Bambini(意:子供たち)」(1989)は同年のサンレモ音楽祭出場曲にして彼女の出世作。ちなみに当時リアルタイムに来日も果たしている。政情不安定だった頃のアルゼンチンの少年兵の悲哀を歌った硬派な楽曲。

「Ti amero` lo stesso(同じようにあなたを愛する)」(1989)。ここではPuglia州Polignano a Mareでのギター弾き語りの映像を貼っておく。

※当サイトでのPaola Turciの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Paola_Turci


初めて全曲イタリア語歌詞のアルバム『L'anima vola』(2013)をリリースしたElisa(エリーザ/39歳/Trieste出身)だったが、次作『On』(2016)は再び英語詞メインとなった。本人曰く、"過去に戻った訳ではなく、未来への回帰"とのこと。

Elisa - On

先行シングル「No hero」ももちろん英語曲。

イタリア語詞は2曲のみで、そのうち「Sorrido gia`(意:私はもう微笑んでいる)」は、Elisaが単独で書き下ろした曲だが、Emma(エンマ)とNegramaro(ネグラマーロ)のヴォーカリストGiuliano Sangiorgi(ジゥリァーノ・サンジォルジ)との共演。

※当サイトでのElisaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Elisa

※当サイトでのEmmaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Emma

※当サイトでのNegramaroの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Negramaro


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2016年に達する年齢で表記。