第3部

歌うラッパーNesli(ネスリー/36歳/Marche州Senigallia出身)のライヴアルバム『Andra` tutto bene - Live Edition(意:全て上手く行くだろう)』(2015)から。本アルバムは2014年にリリースされたアルバム『Andra` tutto bene』をも収録した2CD+DVD(さらにミニポスター封入)なので、後から購入する場合は本作のみで充分だ。

Nesli - Andra tutto beneLive edition

Nesliは著名なラッパーFabri Fibra(ファブリ・フィブラ)の4歳下の弟であるが、兄とは違いメロディアスな楽曲を歌うので、"ラッパー"というよりも実質は"カンタウトーレ"と解釈してよいと思う。事実、Emma(エンマ)やTiziano Ferro(ティツィアーノ・フェッロ)にも楽曲を提供している。

Festaではもちろん、付属DVDに収録されたライヴ映像をたっぷり楽しんでもらったが、ここでは主に公式ヴィデオクリップを貼っておく。

オープニングはイカしたギターサウンド曲「Dimmi che vuoi che sia(意:どうなりたいのか教えてくれ)」は、プロデューサーとしても活躍するロック系ミュージシャンBrando(ブランドー/51歳/Sicilia州Catania出身)のギターをフィーチャーしている。BrandoはModa`(モダー)のダイアモンドディスクに認定されたアルバム『Viva i romantici』やEmma(エンマ)のプラティナディスクに認定されたアルバム『Schiena』などを手掛けた、ヒット請負人の風格が漂う逸材だ。

第3弾シングルとなった「Allora ridi(意:その時君は笑う)」。

「Il mondo e` come(意:世界はこのように)」は、観客が一緒に歌って応援するイタリアらしいライヴの盛り上がりを見せる。

そしてサンレモ音楽祭2015出場曲「Buona fortuna amore(意:幸運あれ、愛しい人)」。

シングル第4弾「Quello che non si vede(意:見えないそれ)」

サンレモ2015のカヴァー大会でNesliが歌ったのはLuca Carboni(ルーカ・カルボーニ/54歳/Bologna出身)の「Mare mare(意:海々)」(1992)。自身のオリジナル盤にもスタジオ録音版を収録しただけでなく、その後のライヴでも好んで歌っている事が判る。ここではLuca Carboniのオリジナルを。

※当サイトでのLuca Carboniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Luca_Carboni

シングル第1弾のアルバムタイトル曲「Andra` tutto bene」。

2013年のヒット曲「Un bacio a te(意:君にキスをひとつ)」。もちろん観客は大盛り上がりを見せる。


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2016年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)