第2部

Gianna Nannini(ジァンナ・ナンニーニ/ジャンナ・ナンニーニ/61歳/Toscana州Siena出身)がリリースした『HITALIA』(2014)は、イタリアの2014年間チャート6位にランクイン。

Gianna Nannini - HITITALIA

“ヒット”と“イタリア”を掛け合わせた造語のアルバムタイトル通り、名だたるイタリアのヒット曲をカヴァーしており、世界的なヒット曲となった楽曲も多い。彼女自身が多感な時期を共にした1960年代を中心に選曲されている。

シングル化第1弾は「Lontano dagli occhi(邦題:瞳はるかに)」。まずは作者でもあるオリジナル歌手Sergio Endrigo(セルジォ・エンドリゴ/1933-2005/72歳没/現クロアチア国Pola生まれ)を見てみよう。サンレモ音楽祭1969で第2位となった時の映像。

※当サイトでのSergio Endrigoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Sergio_Endrigo

当時のサンレモ音楽祭はダブルキャスト制を取っており、同曲を歌い分けたのはイギリス人歌手Mary Hopkin(メリー・ホプキン/当時19歳)。その前年に18歳で「Those were the days(邦題:悲しき天使)」を歌い、世界的なヒットとなった。

原曲はロシアの流行歌であり、当時のメリー・ホプキンのプロデューサーがPaul McCartney(ポール・マッカートニー)だったということはあまり知られていない。ところどころに導入された印象的なコーラスワークやオーケストレーションなどを聴けば、当時ビートルズでポールが試みていたサウンドの片鱗が感じられると思う。

ではメリー・ホプキン版の「Lontano dagli occhi」を聴いてみよう。上手なイタリア語の発音に驚きだ。

このセンチメンタルな楽曲をGianna Nanniniがカヴァーすると、一段とカッコ良く、勇ましい曲となる。

Gianna Nanniniが第2弾シングルに選定したのは「L'immensita`(意:広大さ/邦題:涙に咲く花)」。サンレモ音楽祭1969で9位。やはり2人の歌手が歌い分けたが、一人目はJohnny Dorelli(ジォンニー・ドレッリ/ジョニー・ドレルリ/78歳/当時30歳/Lombardia州Meda出身)。

※当サイトでのJohnny Dorelliの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Johnny_Dorelli

もう一人のオリジナルの歌い手は同曲の作者でもあるカンタウトーレDon Backy(ドン・バッキー/76歳/当時28歳/Toscana州Santa Croce sull'Arno出身)。

※当サイトでのDon Backyの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Don_Backy

ほぼ同年代のアラサー男が歌った訳だが、大人っぽい落ち着いたDorelli版に比べて、作者のDon Backy版はアヴァンギャルド感に溢れ、スピリチュアルささえ漂う。

実はDon Backyは次の曲に影響されて同曲を書いたと語っている。

イギリスのバンドAnimalsが1964年に放った大ヒット曲「House of the rising sun(朝日のあたる家)」で、三連譜のリズム、印象的なオルガンのリフなどがDon Backy版に取り入れられているのが実感できるだろう。ちなみに、同曲の原曲はアメリカで生まれたもので、娼婦になった女性が人生を振り返る霊歌である。“朝日のあたる家”とは娼館のことのようだ。

Gianna Nannini版のPVの冒頭には、幼いころリヴォルノでDon Backyのコンサートを見た時、歌手になろうと決めたと、Gianna自身が語っている。PVの内容も下積み時代のGiannaの回想録となっている。デビュー当時の写真を見ると、PV同様ロングヘアーの若かりしGiannaが確認できる。

第3弾シングルは「Dio e` morto(意:神は死んだ)」。ヨーロッパ社会の歴史的な危機を表す、ニーチェの著名な言葉であるが、100年近く後の1960年代に盛んに使われるようになった。

オリジナルは作者のFrancesco Guccini(フランチェスコ・グッチーニ/75歳/当時27歳/Emilia-Romagna州Modena出身)で、1967年発表。

※当サイトでのFrancesco Gucciniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Francesco_Guccini

当時Gucciniと行動を共にしていたNomadi(ノーマディ)版も著名だ。Nomadiの初代ヴォーカリストAugusto Daolio(アウグスト・ダオリオ/1947-1992/45歳没/Emilia-Romagna州Novellara出身)の貴重な映像で。

※当サイトでのNomadiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Nomadi

Gianna Nannini版は格調高く&雄々しく仕上げられている。

※当サイトでのGianna Nanniniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gianna_Nannini


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2015年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)