第4部

Elisa(エリーザ/38歳/Trieste生まれ)の初の全曲イタリア語詞アルバム『L'anima vola』(2013)に未発表曲3曲とカヴァー曲2曲を追加収録し、同アルバムを掲げたツアーのライヴ映像を収録したDVDを加えたCD+DVD『L'anima vola - Deluxe edition』。

Elisa - L'anima vola -Deluxe Edition

FESTAではもちろん付属DVDのライヴ映像から紹介。同じ映像は基本的にネット上に出回っていないので、ここでは代替映像で紹介する。

「L'anima vola(意:魂は飛んでいく)」

「Pagina bianca(意:白いページ)」

「A modo tuo(意:あなたのやり方で)」は、Ligabue(リガブーエ)がElisaに書き下ろした楽曲。

「Ancora qui(意:再びここに)」は、ElisaとEnnio Morricone(エンニォ・モッリコーネ/日本語表記:エンニオ・モリコーネ)との共作で、映画『ジャンゴ 繋がれざる者(Django unchaind)』(2013/タランティーノ監督)の主題歌に抜擢された楽曲。

「Basta cosi`(意:これで充分)」は、Negramaro(ネグラマーロ)のアルバム『Casa 69』(2010)にElisaが客演した楽曲。

※当サイトでのNegramaroの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Negramaro

「Ti vorrei sollevare(意:私をあなたを安心させたい)」は、Elisaのアルバム『Heart』(2009)にNegramaroのGiuliano Sangiorgi(ジゥリァーノ・サンジォルジ)が客演した楽曲。

「Ecco che(意:なんと)」は、そのGiulianoとElisaとの共作。

「Un bel di` vedremo(意:ある晴れた日を私たちは見る事でしょう)」は、Giacomo Puccini(ジァコモ・プッチーニ/日本語表記:ジャコモ・プッチーニ)作のオペラ『Madama Butterfly(蝶々夫人)』 第2幕のアリア「ある晴れた日に」をElisaがソプラノの声で披露したもの。

「Maledetto labirinto(意:呪われた迷宮)」

※当サイトでのElisaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Elisa


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2015年に達する年齢で表記。

次回のイベントは、6月14日(日)に東京・代官山のライヴハウス「晴れたら空に豆まいて」に於いて『歌って楽しむイタリアン・ポップス』を開催。詳細情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/52178960.html

その次のイベントは、6月27日(土)に東京・表参道のベリタリアに於いて『イタリアンポップス講座』を開催。詳細情報→http://www.bellitalia.jp/wp-content/themes/bellitalia/pdf/culture/pops.pdfml

さらに7月11日(土)に東京・表参道のベリタリアに於いて『みんなで歌おう!イタリアン・ポップス』も開催。詳細情報→http://www.bellitalia.jp/wp-content/themes/bellitalia/pdf/culture/karaoke.pdf

7月の通常FESTAは、7月19日(日)に開催予定。