第115回Festaは、16名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて12/13(土)に開催。参加者の内訳は男性4名 女性12名。

今回は、毎年恒例のNatale Festa/クリスマス・パーティとして開催。2014年をイタリア音楽の視点で振り返り、参加者持ち寄りのプレゼント交換会も行われた。

2014-12FESTA


まずは2014年の来日アーティストたち。本年はイタリアから非常にたくさんのアーティストが来日した画期的な年度となった。

ゴールデン・ウィークに開催されたイタリア映画祭2014で上映された『Una piccola impresa meridionale(邦題:南部のささやかな商売)』(2013)の映画監督&俳優としてゲスト来日したRocco Papaleo(ロッコ・パパレオ)。

rocco_papaleo_festival_cinema_tokyo

来日時記事:
http://piccola-radio-italia.com/archives/52127623.html


5月から10月に渡って行われたブルガリ イタリアンジャズ ラウンジ。計5組のアーティストの来日ステージが楽しめた。

第1弾はJoe Barbieri(ジョー・バルビエリ)で、5月1日@ブルガリ、5月2日@イタリア文化会館で公演。

Joe Barbieri

第2弾はMax Ionata & Dado Moroni(マックス・イオナータ & ダード・モローニ)。6月5日@ブルガリ、6月9日@イタリア文化会館で公演。

MaxIonata & DadoMoroni

第3弾はBerardi Jazz Connection Quintet(ベラルディ・ジャズ・コネクション・クインテット)。7月3日@ブルガリで公演。

Berardi Jazz Connection Quintet

第4弾はFabrizio Bosso(ファブリツィオ・ボッソ)。2014年春に結成したばかりのカルテット編成で、9月3日から8日にかけて、ブルガリ、熊本、東京Jazz、イタリア文化会館で公演。なおBossoは5月14日・15日にも、以前より活動していたトリオ編成の新譜を掲げて、Blue Note東京公演を行ったため、同年2回の来日公演を行った事になる。

Fabrizio Bosso

第5弾はSimona Molinari(シモーナ・モリナーリ)。10月7日・8日@ブルガリで公演。

Simona Molinari

来日情報:
http://piccola-radio-italia.com/archives/52123654.html

PFMことPremiata Forneria Marconi(プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ)は、5月30日@東京ドームシティホール、5月31日@渋谷duo music exchangeで来日公演。

PFM

Giovanni Allevi(ジョヴァンニ・アレヴィ)が、6月18日から27日にかけて、東京・静岡・京都・鹿児島・名古屋・大阪を廻るジャパン・ツアーを敢行。

Giovanni Allevi

8月、Alberto Pizzo(アルベルト・ピッツォ)が、愛媛と東京で公演。

Alberto Pizzo

Italian Surf Academy(イタリアン・サーフ・アカデミー)が、9月23日から26日にかけて、東京・金沢・大阪で公演。

ItalianSurfAcademy

Ludovico Einaudi(ルドヴィコ・エイナウディ)が10月15日、東京・日本青年館で公演。

Ludovico Einaudi

Renzo Rubino(レンツォ・ルビーノ)が10月23日〜25日、Fazioli東京、大阪・イタリア商工会議所、吉祥寺・Araiぴあっつで公演。

RenzoRubino

Chiara Civello(キァーラ・チヴェッロ/キアラ・シヴェロ)が、12月5日〜9日にかけて東京で3公演。

ChiaraCivello

Letizia Gambi(レティツィア・ガンビ)が、12月13日イタリア文化会館のクリスマス・パーティのゲストとしてステージを務めた。

Letizia Gambi

来日時インタビュー/公演レビュー記事掲載媒体:
http://musicavitaitalia.com/web/?p=315
http://musicavitaitalia.com/web/?p=442

来日時ヴィデオ・メッセージ掲載媒体:
http://musicavitaitalia.com/web/?p=336
http://musicavitaitalia.com/web/?p=469


そして残念なことに、2014年に生涯をとじた偉大なアーティストたち。

Francesco_Di_Giacomo

Banco(バンコ)ことBanco del Mutuo Soccorso(バンコ・デル・ムトゥオ・ソッコルソ/Sardegna州Siniscola生まれ・Roma育ち/1947-2014/66歳没)のヴォーカリスト、Francesco Di Giacomo(フランチェスコ・ディ・ジャコモ/)が2月21日に交通事故で他界。2ヶ月後の4月に控えていた来日公演も中止となり、既に第1弾チケット争奪戦を終えていた日本のファンは失意に暮れた。

Francesco Di Giacomo追悼Banco特集記事掲載媒体:
http://musicavitaitalia.com/web/?p=256

※当サイトでのBancoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Banco

Mango

Mango(マンゴ)ことPino Mango(ピーノ・マンゴ)、本名Giuseppe Mango(ジュゼッペ・マンゴ/Basilicata州Lagonegro生まれ/1954-2014/60歳没)が12月7日のコンサート終盤で楽曲「Oro」を歌っている途中、“Scusate...(意:みんな、ごめん・・・)”という言葉を残して倒れ、そのまま帰らぬ人へ。心臓麻痺が死因だった。

1999年のコンサートで「Oro」を歌うMango。

亡くなる前日、Roma公演で同曲を歌うMango。

亡くなった当日のコンサートで、同曲を演奏中に倒れるMango。

※当サイトでのMangoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mango


2015年の来日計画が進行中の案件もいくつか存在しているが、どれもまだ正式発表前のため、ここでは言及はしない。しかし2015年もビッグ・アーティストの夢の来日公演が実現することがあり得るということだけはお伝えしておく。【追記】12月22日に正式発表&チケット販売開始→Ligabue(リガブエ)初来日公演

注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2014年に達する年齢で表記。

次回の定例FESTAは、1月10日(土)に開催。