『ムジカヴィータ・イタリア』第7号の29ページに掲載の通り、このたび、同誌とUSEN(ユーセン)のコラボ・プログラム放送が決定しました。

USEN

USEN といえば、お店やレストランなどでBGM として流されているのを耳にした人も多いと思いますが、近年は家庭用としても力を入れています。USEN は500 チャンネルを超える莫大なチャンネル数を持ち、ジャンルごとに細分化・特化されています。

イタリア音楽関連では「D-35 イタリアン・ポップス」、「H-36カンツォーネ」、「D-46 イタリアン空間向けクラシック」、「B-60 オペラ/声楽曲」などがあり、そのうち「D-35イタリアン・ポップス」と「H-36 カンツォーネ」の2 チャンネルに関しては今後ムジカヴィータ・イタリアとの協力関係を深めていく予定です。

ご興味のある方はぜひUSEN のホームページにてプログラムの詳細、申し込み方法などをご覧いただければと思います。

【コラボ・プログラム放送予定】
D-35 イタリアン・ポップス スケジュール:12 月より毎週土曜・日曜 夜22 時より深夜0 時までの2 時間番組。番組サイト http://music.usen.com/channel/d35/

内容:毎月1 組ずつムジカヴィータ・イタリアで特集したアーティストを取りあげ、本誌内で紹介した曲を中心とした選曲で放送します。USEN を聴きながらムジカヴィータ・イタリアを読むことで、特集したアーティストをより深く理解できるようになります。

[第1弾:2014 年12 月放送アンドレア・ボチェッリ]
・君と旅立とう(Con te partiro)
・メロドラマ(Melodramma)
・祈り 〜プレイヤー〜(The prayer)with セリーヌ・ディオン
・大いなる世界(Canto della terra)
・あなたを思い続けて(Ma dove sei)with デイヴィッド・ギャレット
・夕べの静かな海(Il mare calmo della sera)
・優しさに慣れたなら(L'abitudine)with エレナ・エルウィッグ
・夢の香り(Sogno)
・心の中の彼女(Nel cuore lei)with エロス・ラマゾッティ
・静寂の声(La voce del silenzio)
・信じればこそ(Ama credi e vai)with ジャンナ・ナンニーニ
・思いやり(Se la gente usasse il cuore)
・彼女のために生きる(Vivo per lei) with ジョルジア
・逢いびき(L'appuntamento/Sentado a' beira do caminho)
・アネマ・エ・コーレ(Anema e core)
・イタリア(Italia) with クリス・ボッティ
・調子はずれの歌(Canzoni stonate)with スティーヴィー・ワンダー
・すべては予想されたこと(Era gia tutto previsto)
・誰も本当の愛を知らない(Dell'amore non si sa)with ヘイリー
・君に(A te) with ケニー・G
・生きる(Dare to live) with ラウラ・パウジーニ
・明日(Domani)
・聖なるマリアよ(Sancta Maria:Mascagni)
・アイ・ビリーヴ(I believe) with キャサリン・ジェンキンス
・フニクリ・フニクラ(Funiculi funicula)
・帰れ、ソレントへ(Torna a Surriento)
・オ・ソレ・ミオ(O' sole mio)
・誰も寝てはならぬ(Nessun dorma)
・タイム・トゥ・セイ・グッバイ(Time to say goodbye) with サラ・ブライトマン

詳細情報:http://music.usen.com/usencms/search_songlist1.php?npband=D&npch=35