第2部

10月は怒涛の来日ラッシュとなり、イタリア音楽ファンには嬉しい悲鳴を上げることになった。来日時インタヴューや公演レヴューは雑誌『ムジカヴィータ・イタリア』第7号に掲載。

Simona Molinari(スィモーナ・モリナリ/シモーナ・モリナーリ/31歳/Napoli生まれL'Aquira育ち)が10月8日・9日、3度目の来日公演を果たす。

来日公演情報
http://piccola-radio-italia.com/archives/52123654.html

p50-4

大御所オルネッラ・ヴァノーニとデュエットした自作曲「Amore a prima vista(意:ひとめぼれ)」。Arena di Veronaで開催されたWind Music Awards 2012の映像で。

今夏にシングルとしてリリースした「Sampa Milano(意:サンパウロはミラノ)」はブラジルの大御所Gilberto Gil(ジルベルト・ジル)とのデュエットで、FIFAワールドカップ・ブラジル大会に寄せて、イタリアとブラジルの親睦をはかった楽曲。

※当サイトでのSimona Molinariの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Simona_Molinari

2012年来日時に収録した日本のファンに贈るヴィデオメッセージ。

2012年来日時のステージから「Tua(意:あなたのもの)」

サンレモ音楽祭2013で共演したPeter Cincotti(ピータ・シンコッティ/米)と日本語で「枯葉」に挑戦する珍しいショット。


10月23日から来日3公演が決まったRenzo Rubino(レンツォ・ルビノ/26歳/Taranto出身)。 自身の初の海外公演が日本と言うので見逃せない。

日本のステージに寄せる熱い想いも語ってくれた。

10/23(木)東京・Fazioliショールーム
10/24(金)大阪・在日イタリア商工会議所主催アペリティーヴォ・デッラ・カーメラ
10/25(土)東京・吉祥寺 Araiぴあっつぁスタジオ

来日公演情報
http://piccola-radio-italia.com/archives/52151589.html

p50-3

実力派の若手カンタウトーレの中の最注目株のひとりで、2013年&2014年のサンレモ音楽祭に23年連続で出場して上位入賞&栄誉ある副賞を獲得するなど、大躍進中。

サンレモ音楽祭2013新人部門3位&名誉あるミア・マルティーニ賞(批評家賞)獲得した出世作「Il postino [Amami uomo](意:郵便配達人 [男よ我を愛せ])」。せつないメロディとテノール歌手とのデュエットが胸を締め付ける名曲。

Renzoは前出のSimona Molinariと同じ事務所&同じマネージャーということもあり、お互いのステージの客演を務めている。サンレモ音楽祭2014にRenzoが出場した際にも第4夜の余興ステージをSimonaとデュエットしている。2013年Musiculturaでは、前出の「Il postino [Amami uomo]」を2人で共演。RenzoのパートをSimonaが歌い、テノール歌手のパートをRenzoが歌っている。

※当サイトでの Renzo Rubinoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Renzo_Rubino


10月15日に来日公演を行うのがLudovico Einaudi(ルドヴィコ・エイナウディ/59歳/Torino出身)。過去の来日公演はピアノ・ソロ公演だったが、今回は日本で初めて7人の楽団編成でコンサートを行う。アルバム『In a time lapse』(2013)をテーマに掲げた公演となる。

p48-3

来日公演情報
http://piccola-radio-italia.com/archives/52141168.html

『In a time lapse』(2013)収録の「Walk」

フランス映画『最強のふたり』(2010)の重要なシーンでLudovicoの楽曲が使用され、同映画の世界的大ヒット(日本でも仏映画の最高収益)となり、2011年、フランスからLudovicoに勲章が贈られることになった。(既にイタリア国内でも受勲)

イタリアの大御所Adriano Celentano(アドリアーノ・チェレンターノ/76歳/Milano出身)が2007年にリリースしたアルバム『Dormi amore, la situazione non e buona(意:愛よ眠れ、状況は良くない)』に収録された「Hai bucato la mia vita(意:君は僕の人生に穴を開けた)」の挿入曲「Prologo di un amore finto(意:偽りの愛のプロローグ)」を作曲して演奏している。

※当サイトでの Adriano Celentanoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Adriano_Celentano

p48-6

※当サイトでの Ludovico Einaudiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ludovico_Einaudi


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2014年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)