第112回Festaは、18名の参加者が集まり、東京・亀戸の某所にて10/4(土)に開催。参加者の内訳は男性8名 女性10名、うち初参加者1名。

まさに『隠れ家』となるプライヴェートなバンケットルームを貸し切り、極上の音楽と夜景を楽しむ、至福のひと時となった。


第1部

サンレモ音楽祭2014新人部門に出場して第2位となった「Babilonia」を歌ったカンタウトーレ、Diodato(ディオダート/33歳/Aosta生まれTaranto育ち)。

圧倒的な審査員票を集め、最有力優勝候補だったが、一般投票で覆されたため、2位に甘んじた。このため、真の優勝曲とささやかれることとなった。ロマンティックでスケールの大きな楽曲だ。

同曲を含むアルバムが『E forse sono pazzo(意:そしておそらく僕は狂ってる)』(2014)。

Diodato - E forse sono pazzo

同アルバムに収録されたもう一つの注目曲は「Amore che vieni, amore che vai(意:やって来る愛、過ぎゆく愛)」。Fabrizio De Andre'(ファブリツィオ・デ・アンドレ/1940-1999/58歳没)が1966年に発表した楽曲のカヴァーで、ダニエレ・ルケッティ監督映画『ハッピー・イヤーズ(Anni felici)』(2013)のサントラに採用され、2014年のファブリツィオ・デ・アンドレ賞を受賞した。

映画は子供の回想で始まる。1974年の両親グイドとセレーナ。グイドは前衛芸術家で、ブルジョワの家庭を牢獄のように感じてる。でもセレーナはグイドを愛している。2人の息子は不安定な家族のいいこと悪いことを数え上げて、結局合計は幸せじゃないかと感じている。でもグイドの芸術生活にスランプが訪れるが、セレーナはフランスでヴァカンス。2人は破局。グイドはますます苦しむ。でも突然、グイドの芸術は成功し、幸せの予感を感じ始めるが・・・・

ディオダートが歌う「Amore che vieni, amore che vai(意:やって来る愛、過ぎゆく愛)」は、まさにこの夫婦関係を歌っているようで、観客の心を捉えるのだ。

オリジナルのFabrizio De Andre'ヴァージョンも紹介しておこう。

※当サイトでのDiodatoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Diodato

※当サイトでの Fabrizio De Andre'の紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Fabrizio_De_Andre'


サンレモ音楽祭2014大賞部門出場曲「Sing in the Rain」を歌ったのはRon(ロン/61歳/Dorno出身)。1996年大会の優勝経験を持つベテラン・カンタウトーレだ。FESTA会場ではサンレモ出場時の映像で紹介したが、現在サンレモ2014の映像はネット上から削除されてしまっているので、ここでは静止画動画で。

同曲を含むアルバムが『Un abbraccio unico(意:ただひとつの抱擁)』(2014)で、サンレモに持ち込んだもう1曲「Un abbraccio unico」も収録。アルバム・タイトル曲でもあるし、サンレモに持ち込んだ2曲のうち、Ron自身の本命はこっちの曲だったのだろう。人気TV番組Domenica In出演時の映像で。

Ron - Un abbraccio unico

サンレモ2014第4夜目は余興の日となり、イタリアを代表する楽曲を出場アーティストたちがカヴァーを歌ったが、Ronが選んだのは師匠Lucio Dalla(ルーチォ・ダッラ/1943-2012/68歳没)の「Cara(意:いとしの女性)」だった。イタリア国内で最後のステージとなったサンレモ音楽祭のステージで披露することに大きな意味があり、観客も偉大なカンタウトーレをしのんだ。

※当サイトでのLucio Dallaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Lucio_Dalla

サンレモ出場後にリリースしたシングル曲が「America」

※当サイトでのRonの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ron


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2014年に達する年齢で表記。

Continua alla prossima puntata.(続く)