第4部

第107回FESTAのトリはEros Ramazzotti(エロス・ラマッツォッティ/日本語表記:エロス・ラマゾッティ/51歳/Roma生まれ)の『Noi Due(意:僕たち 2/僕たち2人)』(2013/11/19発売)。

Eros Ramazzotti - Noi due

2012年発売の『Noi(意:僕たち)』に収録曲のヴァージョン変え2曲と新曲を追加し、RomaのCinecitta`(チネチッタ)撮影所で行われた野外ライヴを収録したDVD付きのリパック盤。

まずはCDに収録された新曲「Io prima di te(意:君の前に僕)」を。同曲はアルバム先行シングルとしてErosの誕生日10月23日にリリースされた、Erosの50歳記念シングル曲。

そして本アルバムの実質の目玉となるライヴDVDから。Cinecitta`撮影所は、イタリア映画の本拠地として1930年代に創立された映画撮影所で、イタリア最大でヨーロッパでも最大級の撮影所として、大規模な屋外セットやスタジオ、フィルム編集設備などが備えられており、Eros自身もこの撮影所がある町Cinecitta`の出身なのだ。

Cinecitta`撮影所は一般公開されていないこともあり、観客数を限定して行われたコンサートとなり、スタジアム・ライヴが常のエロスが手に取るような距離で楽しめるものとなったようだ。『Noi』からの楽曲が過半数を占めているが、自身の過去のヒット曲も何曲か披露されている。

DVDのオープニングから1曲目の「Sotto lo stesso cielo(意:同じ星の下で)」(2013『Noi』収録曲)。

「Un angelo disteso al sole(意:太陽でくつろぐ天使)」、「Questa nostra stagione(意:僕らのこの季節)」は共に2013『Noi』収録曲。

1993年のヒット曲「Cose della vita(意:人生のことがら)」、サンレモ音楽祭1984新人部門で優勝し、出世作となった「Terra promessa(意:約束の地)」

1985年のヒット曲「Una storia importante(意:ある重要な物語)」、サンレモ音楽祭1986優勝曲「Adesso tu(意:今 君は)」、「Abbracciami(意:僕を抱きしめて)」(2013『Noi』収録曲)

「Dove c'e` musica(音楽のある処)」「Piu` bella cosa(より美しいもの)」はどちらも1996年のヒット曲。

「Infinitamente(意:果てしなく)」(2013『Noi』収録曲)は、もうこの世にいない友人たちに捧げた楽曲。そしてこのライヴの最大の見どころとなる「Io sono te(意:僕は君)」(2013『Noi』収録曲)は、オリジナル通りナレーション役に世紀の銀幕スターGiancarlo Giannini(ジァンカルロ・ジァンニーニ/ジャンカルロ・ジャンニーニ/72歳/Liguria州La Spezia生まれNapoli育ち)が出演する。イタリアの名優として数々の映画に出演してきたが、有名作には『セッソ・マット(Sessomatto)』(1973)、『流されて…』(1974)、『イノセント(L'innocente)』(1975)などがある。米映画にも頻繁に出演しており、有名作には『ハンニバル』(1999)のパッツィ刑事役などで記憶されている方も多いことだろう。映画都市Cinecitta`でのライヴだからこそ実現した出演だと思える。

※当サイトでのEros Ramazzottiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Eros_Ramazzotti

以上、第107回Festaは全4部を"映画"のキーワードで選曲したものとなった。


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2014年に達する年齢で表記。

次回のイベントは、4月26日(土)に東京・表参道のベリタリアに於いて『百花繚乱!イタリア音楽 Part 2』として開催。詳細情報→http://piccola-radio-italia.com/archives/52122897.html

次回の月例FESTAは5月10日(土)に通常のFESTA形態で開催予定。