ItaliaBookFair20132013年3月30日(土)、『MusicaVita Italia誌創刊記念〜誌面掲載内容を音と映像で紹介します!』と題したイベントをイタリア文化会館(東京)のB2Fホワイエにて行いました。

イタリア文化会館(東京)主催の春季恒例のイタリアブックフェアの中のスペシャルイベントとしての位置付けで、入場無料、全席自由席で行われました。

100席ほど用意された会場でしたが、ほぼ全ての席が埋まり、途中退席者もほとんどおらず、特に第1部は立ち見が出るほどの大盛況の来場者となりました。ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました!

MusicaVitaItalia-IIC2013-2

MusicaVitaItalia-IIC2013

MusicaVitaItalia-IIC2013-3

※イタリア音楽情報誌『MusicaVita Italia』についてはこちら
http://piccola-radio-italia.com/archives/52063370.html

第1部では、本誌〜P2〜3に掲載されたイタリアのアーティストからの創刊おめでとうコメントとそのアーティストたちの代表曲などを紹介しました。(New Trolls、Peppe Servillo、Agnese Manganaro、Amalia Grè、Simona Molinari)

そして本誌P4〜7に掲載されたサンレモ音楽祭2013の上位入賞曲(新人部門4曲、ベテラン部門3曲)を。
※サンレモ2013については、当サイトの記事を参照ください
http://piccola-radio-italia.com/archives/52065335.html

また巻末のコラムから、P80掲載の新井健司氏執筆の『私のイタリア音楽の旅』から、在りし日のAurelio Fierroを映像で。

P69の『ラブ・ロックへの誘い』から、Daniel Sentacruz Ensembleの"Soleado"を。

P82〜83掲載の押場靖志氏執筆の『イタリア映画の備忘録』からPatty Pravoの"Pensiero stupendo"を映画のシーンを添えて紹介。"Peccato(残念ね)"というセリフに重要な意味が有った事、そしてこのPatty Pravoが歌う"Pensiero stupendo"の歌詞も重要なファクターになっていた事について言及されています。

※映画『あしたのパスタはアルデンテ』についてはこちら
http://piccola-radio-italia.com/archives/51930430.html

第1部の最後は、P58〜59掲載のインタビュー記事から、日本で初公演中のミュージカル『ノートルダム・ド・パリ』とその作曲者Riccardo Coccianteについて紹介。
※ミュージカル『ノートルダム・ド・パリ』とその作曲者Riccardo Coccianteについて
http://piccola-radio-italia.com/archives/52067131.html

『ノートルダム・ド・パリ』のメインテーマ曲をイタリア語で歌うRiccardo Coccianteの映像。


第2部は、本誌のメイン特集となったLucio Battistiについて、P20〜38におよぶバイオグラフィに沿って、映像を中心に紹介しました。多くが記事中に登場する場面や番組出演時の映像で紹介できましたので、とても貴重な機会になったかと思います。

もちろん最後は、Minaとの伝説のライヴ映像で締めました。