第4部

第3部に引き続き、2012年3月1日に急逝した偉大なカンタウトーレLucio Dallaの一周忌コンサートで、Lucio Dalla生誕70年を記念して2013年3月4日に行われたライヴイベント"4 Marzo(意:3月4日)"を紹介。

4-marzo_tutti

かつてLucio Dallaのバックバンドとして活躍し、後に独立してソロデビューを果たしたバンドStadio(スターディオ)が、"L'ultima Luna(意:最後の月)"を熱演。

※当サイトでのStadioの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Stadio

Lucio Dallaが急逝の僅か2週間前に出演していたサンレモ音楽祭2012で共演を果たしたPierdavide Carone(ピエールダヴィデ・カローネ/25歳/Roma出身)は、"Se io fossi un angelo(意:もし僕が天使だったら)"を披露。

※当サイトでのPierdavide Caroneの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Pierdavide_Carone

超ベテラン女性歌手Ornella Vanoni(オルネッラ・ヴァノーニ/79歳/Milano出身)とX Factorから躍り出たばかりの新人女性歌手Chiara(キァーラ/27歳/Padova出身)ことChiara Galiazzo(キァーラ・ガリアッツォ)がデュエットで楽しませてくれたのは"Chissa se lo sai(意:君は知っているか判らないが・・・)"。Ornellaは『大したことのない曲にしか過ぎないけれど、とても情熱的な歌で、私は歌う度に泣いてしまうわ』と語っています。

この美しいラヴソングの歌詞は、名詞に性があるイタリア語ゆえはっきりと感じ取れるのは、明らかに男性に対するラヴソング。こうして女性歌手が歌うとしっくりくるのですが、オリジナルもこの歌詞のままLucio Dallaが歌っており、男から男へ愛を語る歌と解釈でき、Lucio Dallaが同性愛者であることを間接的にカミングアウトした楽曲として捉えられます。(カトリック社会では同性愛が禁じられていることもあり、Lucio Dallaは終生まで正式なカミングアウトはしませんでした)

※当サイトでのOrnella Vanoniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ornella_Vanoni

※当サイトでのChiaraの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Chiara

このコンサートの2週間前に開催されたサンレモ音楽祭2013の新人部門に出場した3人の歌手、Il Cile(イル・チーレ/32歳/Toscana州Arezzo出身)、Antonio Maggio(アントニオ・マッジォ/27歳/Puglia州San Pietro Vernotico出身)、Paolo Simoni(パオロ・スィモーニ/28歳/Emilia Romagna州Comacchio出身)が共演して披露したのは、"Com'e profondo il mare(意:海は何と深いのだろう)"。

舞台下手から、Il Cile(マフラーの男性)、Antonio Maggio(中央)、Paolo Simoni(メガネの男性)。

※当サイトでのIl Cileの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Il_Cile

※当サイトでのAntonio Maggioの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Antonio_Maggio

※当サイトでのPaolo Simoniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Paolo_Simoni

そして大団円はこのライヴの舞台となったPiazza Maggioreを歌って大ヒットしたLucio Dallaの数ある代表曲のひとつ"Piazza Grande(意:大広場)"。


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2013年に達する年齢で表記しています。

次回FESTAは:

  • 3月30日(土)には、イタリア文化会館で開催中の『イタリア・ブックフェア2013〜日本語で読むイタリア』に於いて、スペシャルイベント『MusicaVita Italia誌創刊記念〜誌面掲載内容を音と映像で紹介します!』を開催いたします。
  • 4月13日(土)には、いつもの会場で通常のFESTAを開催予定です。