その2

オリンピックイヤーとなった2012年。オリンピックの直後に始まるパラリンピックで、サンレモ音楽祭優勝経験を 持つ盲目の歌手Annalisa Minetti(アンナリーザ・ミネッティ/36歳/Rho出身)がRun競技で銅メダルを獲得する 快挙を成し遂げました。

AnnalisaMinetti-MedagliaBronzo2012

※当サイトでのAnnalisa Minettiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Annalisa_Minetti


2012年9月15日に突然発表されたのは、Laura Pausini(ラウラ・パウズィーニ/38歳/Faenza出身)のご懐 妊のニュースでした。お相手はLauraのアーティスティックプロデューサー、Lauraバンドのギタリストであり、コンポーザ ーでもあるMarco Carta(マルコ・カルタ)。Lauraは出産に向けて休業に入る事となりました。

Laura Pausini Incinta 2012

PaoloCarta-LauraPausini

※当サイトでのLaura Pausiniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Laura_Pausini


2012年9月22日には、前出のイタリア北部地震の震災復興のチャリティイベント『Italia Loves Emilia』が Campovoloで開催され、13組のビッグアーティストたちが一堂に会し、15万人超もの観客を動員する一大イベント となりました。

ItaliaLovesEmilia+14Artisti


2012年10月20日には、Mario Biondi(マリォ・ビォンディ/41歳/Catania出身)が、ブルーノート東京でライヴを行いました。

MarioBiondi-BlueNoteTokyo2012


※当サイトでのMario Biondiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Mario_Biondi


そして12月4日・5日に渡って在日イタリア商工会議所が招聘したのがSimona Molinari(スィモーナ・モリナリ/日本表記:シモーナ・モリナーリ/29歳/Napoli生まれl'Aquila育ち)。2011年1月のブルーノート東京でのライヴに引き続き、2度目の来日公演となりました。

Simona Molinari a Tokyo 2012

また、当Piccola RADIO-ITALIAは、Simona Molinariから日本のファンの皆さんへのメッセージを預かりました。

※当サイトでのSimona Molinariの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Simona_Molinari


2012年メモリアルのオオトリは、2012年に太陽カンツォーネ・コンコルソに出場した、Festaの常連出席者でもある美浪真理子さんのライヴ映像を楽しみました。

※当サイトでの第20回 太陽カンツォーネ・コンコルソ本選会レポートはコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/52024919.html


第2部

Natale Specialフェスタの第2部は、レアもの編

Orchestra Volare(オルケストラ・ヴォラーレ)というバンド形式のプロジェクトから発表された楽曲"Un viaggio nella musica italiana(意:イタリア音楽の中の旅)"(2012)

OrchestraVolare

イタリアのファンク=ソウルバンドRidillo(リディッロ)のメンバー、Paolo D'Errico(パオロ・デッリコ/Bass)とClaudio Zanoni(クラウディオ・ザノーニ/Trampet)が参加しているプロジェクトで、タイトル通り『イタリアングラフィティ』の要素が詰め込まれた11分超におよぶVideoclipが制作されています。

※当サイトでのRidilloの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ridillo

イタリアPOPSファンならお馴染みの曲ばかりが取り上げられているのが心憎いですね


そしてRenato Zero(レナート・ゼロ/62歳/Roma出身)の非公式アルバム「Io le canto così(僕はそれら(の曲)をこのように歌う)」(2008)から。

Renato Zero - Io le canto cosi`

同アルバムのタイトル通り、Renato Zeroが意外な曲やアーティストをカヴァーしたものが収められており、例えばEros Ramazzotti(エロス・ラマッツォッティ)メドレー、Loredana Berté(ロレダーナ・ベルテ)メドレー、Riccardo Cocciante(リッカルド・コッチャンテ)メドレー、Gianni Morandi(ジァンニ・モランディ)メドレー、Luigi Tenco(ルイジ・テンコ)メドレーや女性歌手メドレーなどが収められています。これも珍しいところでは、Claudio Villa(クラウディオ・ヴィッラ)とのデュエットなども。

Renato Zero - Io le canto cosi`2

Festaではそのうち、筆者が一番秀逸と感じる女性歌手メドレーその1をご紹介しました。

SEMPRE (Gabriella Ferri), IN ALTO MARE (Loredana Berté), UN SORRISO E POI PERDONAMI (Marcella), UN’EMOZIONE DA POCO (Anna Oxa), IL VOLTO DELLA VITA (Caterina Caselli), SE TELEFONANDO (Mina), FORTISSIMO (Rita Pavone)という豪華なメドレー。特に筆者は3曲目のMarcellaの曲を初めて聴いた時に度肝を抜かれたのを今でも記憶に残っています。なぜならCanzonissima出場曲ではありますが、通常、Marcellaの代表曲にあまり挙げられない楽曲だったから。でもこの曲、ツウ好みの良曲なんです。

このアルバムに収められているのは、2008年にTV放映もされたライヴテイクからが主だそうですが、明らかにこうした企画が、2010年のデビュー60周年記念事業『Sei Zero』に発展したんだな、と感じ取れることができるかと思います。

※当サイトでのRenato Zeroの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Renato_Zero


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2012年に達する年齢で表記しています。

次回FESTAは、1月12日(土)に通常のFESTA形態で開催予定です。