第4部

2012年6月12日にリリースされたアルバム「Hanno ucciso l'uomo ragno 2012(スパイダーマンがヤツらに殺された 2012年版)」は、1992年にリリースされた883(オット・オット・トレ)のデビューアルバムの20周年記念盤。

2人組プロジェクトとしてスタートした883ですが、1995年以降はその中心人物Max Pezzali(マックス・ペッツァーリ/45歳/Pavia出身)のソロプロジェクトとして継続され、2002年ごろから次第にMax Pezzaliのソロ名義に推移していった経緯があります。

※当サイトでの883の紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/883

※当サイトでのMax Pezzaliの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Max_Pezzali

今回の20周年アルバムの名義は『Max Pezzali/883』となっており、1992年のオリジナルアルバムに収められていた8曲をRapアーティストたちをゲストに招いた共演にリメイクし、さらに1曲の新曲を加えた形でリリースされました。アルバムチャートには初登場で1位という大喝采を持って市場に迎えられました。

Max Pezzali-HannoUccisoUomoRagno2012

唯一の新曲"Sempre noi(いつも僕らは)"は、現在のイタリアRAP界を牽引するスターJ-Ax(元Articolo 31/40歳/Milano出身)を共演相手に迎えた楽曲で、そのヴィデオクリップの冒頭には、883結成時のもう一人のオリジナルメンバーだったMauro Repetto(マウロ・レペット/44歳/Genova出身)の後ろ姿がっ!そしてMax PezzaliとゲストのJ-Axは、グループ名883の元となった大型バイクHarley-Davidson Sportster 883ccに乗って登場するという、見事な演出となっております。

歌が始まると、そのMauro Repettoがステージ上で歌い、さらに今回のプロジェクトに関わった沢山の人物が映像の中に登場しています。

※確認できる登場人物:Claudio Cecchetto(クラウディオ・チェッケット/プロデューサー)、Pier Paolo Peroni(ピエール・パオロ・ペローニ/プロデューサー)、Franco Godi(フランコ・ゴーディ/J-Axのプロデューサー)、Cisco(シスコ/カンタウトーレ)、Space One(スペース・ワン/ラッパー)、Ensi(エンスィ/ラッパー:同アルバム内でも共演)、Dj Zak(ディージェイ・ザック/ラッパー)

※当サイトでのClaudio Cecchettoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Claudio_Cecchetto

また歌詞中には1992年当時に流行していた様々なキーワードが入れられています。

36枚いっぱいまで撮り切ることがあまりなかったフィルム式Kodak、憧れのアメリカ、ステアリングをMOMOに変えたワーゲンゴルフ、爆発しているかのようなサブ・ウーファー、反逆精神のカウボーイブーツ、黎明期の携帯電話マイクロTAC、Levis 501、スーパーニンテンドー(スーパーファミコン)、スーパーマリオブラザーズ、56kモデムでのWeb、カセットテープ式ウォークマン、白黒モニターのゲームボーイ、アントニオ猪木のレスリング、たまごっち・・・

後半はほとんどが日本由来のキーワード!ここにもMax Pezzaliの日本好きぶりを改めて感じることができますね。

そして最後は1992年当時の懐かしいヴィデオクリップのリプレイ・・・

同アルバムから第2弾のシングル曲として2012年7月20日にリリースされたのは、"6/1/sfigato(セイ・ウノ・スフィガート/君は不運なヤツだ)"。1992年発表の同曲を2人組のラッパー Two Fingerz(Monza近郊出身)をゲストに迎えての共演にリメイクしています。オリジナルの歌詞通り、カンタウトーレのMarco Masini(マルコ・マズィーニ)と政治家Silvio Berlusconi(スイルヴィオ・ベルルスコーニ)の名を歌詞中に挙げています。1992年当時は、前者はデビュー3年目でまだブレイク前、後者は実業界から政界進出を果たして急速に求心力を高めていた時期となります。

※当サイトでのMarco Masiniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Marco_Masini

2012年版ではさらに、Articolo 31の楽曲"Mister Gilet di pelle(ミスター革製ジレ)"(1994)のキーワードをラップパートに取り入れています。

ではここで、アルバムタイトル曲"Hanno ucciso l'uomo ragno(スパイダーマンがヤツらに殺された)"のオリジナル版を883時代の映像で。もちろん同曲は1992年に発表された楽曲ですが、6年後の1998年に映画『Jolly Blu(ジョリー・ブルー)』制作時にヴィデオクリップが制作されています。

Saturnino(サトゥルニーノ/スタジオ&ライヴミュージシャンとして著名)がMax Pezzaliを売り込むタレントスカウト役を務め、その売り込み先の社長役はJovanotti(ジォヴァノッティ)が演じる豪華な組み合わせ。

実はこの3者の関係は長期に渡って密接で、883のデビューに一役買ったのがJovanottiであり(デビュー前の883がJovanottiのTV番組に出場)、SaturninoはJovanottiのベーシストを長らく務めているのです。

※当サイトでのJovanottiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Jovanotti


さて8月FESTAの締めくくりとして、今夏、イタリアの芸能誌『TV Sorrisi e Canzoni』で行われていた『Canzone dell'Estate 2012(2012年夏の歌)』コンテストの最終結果を。

5週に渡って、各ジャンル5曲の中で競い合って2曲を選出し、最終的に計10曲の中からグランプリを争うルールで行われました。

第1週:新世代イタリア人アーティスト

Tiziano Ferro – Per dirti ciao! (38%)
Emma – Cercavo Amore (35%)
Alessandra Amoroso – Ciao (18%)
Modà feat. Jarabedepalo – Come un pittore (7%)
I Moderni – L’estate si Balla (2%)

第2週:外国人歌手

Jennifer Lopez ft. Pitbull - Dance Again (37%)
Carly Rae Jepsen - Call Me Maybe (30%)
John Legend ft. Ludacris - Tonight (Best You Ever Had) (14%)
Nicki Minaj - Starships (10%)
Kylie Minogue - Timebomb (9%)

第3週:ベテランのイタリア人アーティスト

Laura Pausini – Le cose che non mi aspetto (69%)
Max Pezzali feat. J Ax – Sempre noi (12%)
Giorgia – Tu mi porti su (10%)
Biagio Antonacci – Non vivo più senza te (7%)
Cesare Cremonini – Il comico (Sai che risate) (2%)

第4週:外国のバンド

Maroon 5 ft. Wiz Khalifa – Payphone (36%)
Simple Plan ft. Sean Paul – Summer Paradise (20%)
Train – Drive by (18%)
Scissor Sisters – Only the horses (17%)
Linkin Park – Burn it down (9%)

第5週:スマッシュヒット曲

Gusttavo Lima - Balada (48%)
Oceana - Endless Summer (23%)
Dj Antoine - Ma cherie (15%)
Serebro - Mama Lover (14%)
Flo Rida - Whistle - (0%)

全5枠のうちイタリア勢は2枠ですので、40%のシェアにしか過ぎませんでしたが、最終結果のベスト3をイタリアの楽曲で占めることができ、イタリアの面目を保つことが出来ました。

第3位:Emma(エンマ/28歳/Firenze出身)の"Cercavo amore(私は愛を探していた)"。アルバム「Sarò Libera(私は自由になるでしょう)」(2011/2012)に収められていた楽曲です。全投票中15%のシェアを取り、3位に位置付けました。

※当サイトでのEmmaの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Emma

第2位:Tiziano Ferro(ティツィァーノ・フェッロ/32歳/Latina出身)の"Per dirti ciao!(君にチャオ!と言うために)"。アルバム「L'amore è una cosa semplice(愛はシンプルな事)」(2011)に収められていた楽曲です。全投票中24%のシェアを取り、2位に位置付けました。

所属レーベルがEMIですので、例によってメジャーな動画サイトにおいてはほとんどの場合、日本は公開不可能地域とされてしまっています。ここでは現時点で閲覧可能なvimeoサイトの動画を引用しておきます。

※当サイトでのTiziano Ferroの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Tiziano_Ferro

なお、第2位&第3位を第1週の『新世代イタリア人アーティスト』の中から選ばれているのも、特筆しておくことでしょう。

そしていよいよグランプリ。つまり名実共に『La Canzone dell'Estate 2012(2012年夏の歌)』に選ばれたのは、Laura Pausini(ラウラ・パウズィーニ/38歳/Faenza出身)の"Le cose che non mi aspetto(私が予期していない事柄)"。アルバム「Inedito(未発表曲=新曲)」(2011)に収められていた楽曲です。全投票中44%という圧倒的な票数を集めての堂々の首位を獲得しました。

※当サイトでのLaura Pausiniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Laura_Pausini

以下が最終投票結果となります。

Laura Pausini – Le cose che non mi aspetto (44%)
Tiziano Ferro – Per dirti ciao! (24%)
Emma – Cercavo Amore (15%)
Gusttavo Lima - Balada (7%)
Max Pezzali feat. J Ax – Sempre noi (4%)
Simple Plan ft. Sean Paul – Summer Paradise (4%)
Carly Rae Jepsen - Call Me Maybe (3%)
Oceana - Endless Summer (3%)
Maroon 5 ft. Wiz Khalifa – Payphone (2%)
Jennifer Lopez ft. Pitbull - Dance Again (-6%)

※TV Sorrisi e Canzoni誌の記事ページ
http://www.sorrisi.com/2012/07/30/scegliete-la-vostra-canzone-dell%E2%80%99estate-2012-lultimo-turno-il-gran-finale/


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2012年に達する年齢で表記しています。

次回9月FESTAは、9月22日(土)の開催予定です。