2012年5月27日(日)、〜イタリアの音楽を、知る・聴く・観る!〜『イタリア音楽&イタリアンブランチ』と題した音楽イベントを、日伊文化交流サロン アッティコにて開催いたしました。

日を改めて2回に分けてのイベントで、今回は第1回目となる『1980年代〜現代のイタリアンポップスを知ろう!』がテーマです。

398909_3201606434845_1214195092_n

1960年代に隆盛を誇り、世界のヒット曲の量産地と化したイタリアですが、1970年代に風向きが変わり、1980年代以降の日本ではイタリアPOPSがロクに紹介されなくなってしまいましたので、この日本に紹介されなくなった1980年代から現在までのイタリアPOPSの動向や時代背景を解説しながら、作品を紹介するスタイルとなりました。

イタリア料理や飲み物もAtticoさん側で用意していただき、五感でフルに楽しめるイベントとなり、お陰さまで多数の方にご参加いただき、盛況となりましたことを感謝申し上げます。

わずか1.5時間の時間でしたので、ギュッと凝縮した内容にならざるを得ませんでしたが、10アーティスト/11曲をかけることができました。

テーマである1980年代以降のイタリアPOPSシーンを語る前に、隆盛を極めた1960年代と風向きが変わった1970年代について軽くおさらいしてから、1980年代の紹介を行いました。

1960年代には毎日のようにラジオやTVから流れていったイタリアのポピュラー音楽が、なぜその後の日本では流れなくなったのかを、イタリアや日本の社会の動き、それを取り巻く社会情勢などを言及しつつ、なぜ、その時代にこのアーティストが脚光を浴びたのか、そしてその後も何十年もなおその人気が衰えないアーティストが存在するのはなぜか、などの解説を添えて紹介いたしました。

かけた楽曲は以下の通り。

Vasco Rossi(ヴァスコ・ロッスィ/60歳/Zocca出身)/"Vita spericolata(無鉄砲な人生)"を1983年のサンレモ音楽祭出場時の映像で(当時31歳)。

※当サイトでのVasco Rossiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Vasco_Rossi

Zucchero(ズッケロ/57歳/Reggio Emilia出身)/"Donne(女たち)"を1985年のサンレモ音楽祭出場時の映像で(当時30歳)

最近のZucchero作品からは"Vedo nero(僕は黒を見る)"(2011)は、2011-2012年シーズンのイタリア・セリエAのテーマソングに抜擢されています。

※当サイトでのZuccheroの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Zucchero

Eros Ramazzotti(エロス・ラマッツォッティ/49歳/Roma出身)/"Terra promessa(約束の地)"は、1984年のサンレモ音楽祭の初代・新人部門優勝を勝ち取った時の映像で(当時21歳)。

※当サイトでのEros Ramazzottiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Eros_Ramazzotti

Gianna Nannini(ジァンナ・ナンニーニ/58歳/Siena出身)/"Ti voglio tanto bene(あなたが大好き)"。Attico会場では、白熱のライヴ映像でご紹介しましたが、ここでは公式videoclip映像で。

※当サイトでのGianna Nanniniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Gianna_Nannini

Jovanotti(ジョヴァノッティ/46歳/Roma出身)/"Ragazzo fortunato(幸運な若者)"。Attico会場では、白熱のライヴ映像でご紹介しましたが、ここでは、音源中心の非公式映像で。

※当サイトでのJovanottiの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Jovanotti

Laura Pausini(ラウラ・パウズィーニ/38歳/Faenza出身)/"Tra te e il mare(あなたと海の間に)"は、2009年に発生したイタリア中部地震のチャリティコンサート『Amiche per l'Abruzzo』のライヴ映像から、Elisa(エリーザ)との共演で。

※当サイトでのLaura Pausiniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Laura_Pausini

Ligabue(リガブエ/52歳/Correggio出身)/"Un colpo all'anima(心に一撃)"。Attico会場では、映画化されたCampo Volo 2.011のライヴ映像でご紹介しましたが、ここでは、別のライヴ映像で。

※当サイトでのLigabueの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Ligabue

Biagio Antonacci(ビアージォ・アントナッチ/49歳/Milano出身)/"Sognami(僕を夢にみろ)"。Attico会場では、白熱のライヴ映像でご紹介しましたが、ここでは、TV番組出演時の映像で。

※当サイトでのBiagio Antonacciの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Biagio_Antonacci

Tiziano Ferro(ティツィアーノ・フェッロ/32歳/Latina出身)/"Il regalo più grande (贈り物はもっと大きい)"。Attico会場では、白熱のライヴ映像でご紹介しましたが、ここでは、公式videoclip映像で。

※当サイトでのTiziano Ferroの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Tiziano_Ferro

そして締めくくりには、1960年代から50年間に渡り、必ず年間アルバムチャートの上位に入る作品を送り出し続けている唯一のアーティストとして、Adriano Celentano(アドリアーノ・チェレンターノ/74歳/Milano出身)のドイツはベルリンでのライヴ映像で"Il ragazzo della via gluck(グルック通りの若者)"

この日Atticoさんに立ち寄っていた来日中のイタリア人画家Rosanna Cattaneo(ロザンナ・カッターネオ)さんが、隣の部屋から顔を出して、この楽曲に併せて楽しそうに踊り出していたのも印象的でした(笑)。Adriano Celentanoがイタリアで絶大な人気を誇る存在であるということが裏付けられましたね。

※当サイトでのAdriano Celentanoの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Adriano_Celentano


第2回目の『イタリア音楽&イタリアンブランチ』@Atticoは、2012年6月24日に開催いたします。

イタリアから勲章を授かった歌手・青木純さんをゲストにお迎えして、1970年以前のナポレターナをメインテーマに据えての開催となります。

詳細はこちらまで
http://piccola-radio-italia.com/archives/52004885.html