その2はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/51937637.html



第3部

第3部では、サンレモ音楽祭2011に出演したアーティストを2組を紹介。

まずは新人部門に出場したBtwins(ビートゥインズ)。2011年にやっと20歳になる双子の兄弟によるギターデュオで、Marche州Ascoli Piceno出身。

兄がEraldo Di Stefano(エラルド・ディ・ステーファノ)、弟がGiuseppe Di Stefano(ジゥゼッペ・ディ・ステーファノ)という名で、特に弟の名は、かつて世界中にその名声を轟かした名テノールと同姓同名なのが面白いところ。

サンレモ音楽祭出場曲"Mi rubi l'amore(君は僕から愛を奪う)"は、元O.R.O.のメンバーで、今やイタリアを代表するセッションベーシストとなったCesare Chiodo(チェーザレ・キォード)と、積極的に他のアーティストに楽曲を提供し続けているカンタウトーレSaverio Grandi(サヴェリオ・グランディ)との共作。

公式videoclipで。

そしてサンレモ音楽祭2011出場時の映像で。

デビューアルバム「BTWINS」(2011)には、このサンレモ出場曲のvideoclipも収められており、全7曲の楽曲のうち、3曲がBtwins兄弟自身の作の楽曲。
img072

また全7曲の楽曲は、日本のiTunesストアでもダウンロード購入が可能です。

上記アルバムに収録された第2弾シングルとなった楽曲が"Brilli(君は光り輝く)"。英語版"You shine"もアルバムに収録されています。カンタウトーレSaverio Grandiが中心になって書いた楽曲。

そのBtwinsこと、EraldoとGiuseppeのDi Stefano兄弟から日本の皆さんへのメッセージが届いたので紹介いたしました。

A tutti i fans giapponesi un abbraccio speciale qui dall‘Italia
sperando di poter organizzare tra qualche tempo un Tour in Japan per stare un po’ insieme. 
BTWINS

(訳)日本のファンの皆さんへイタリアから特別な抱擁を贈ります。
日本でツアーができて、ひと時を共にできればと願っています!
ビートゥインズ

 



サンレモ音楽祭2011のビッグ部門に出場し、7位となったのが、Nathalie(ナタリー/32歳/Roma生まれ)

Nathalieの両親は、奇遇にも二人ともアフリカ生まれのヨーロッパ人だったそうで、父はチュニジア生まれのイタリア人、母はコンゴ生まれのベルギー人とのこと。

Romaで生まれたNathalieこと、Natalia Beatrice Giannitrapani(ナタリア・ベアトリーチェ・ジァンニトラーパニ)は、やがて音楽に傾倒し、歌と作曲の勉強を始め、イタリア語はもちろん、英語やフランス語でも歌を書くようになりました。

20代前半の頃には、Max Gazzè(マックス・ガッヅェ)やLa Crus(ラ・クルス)、Andrea Mirò(アンドレア・ミロー)らの先輩カンタウトーレ達に接触し、修行を重ねたようです。

2003年(24歳)の時、ニューメタルやゴシックメタルスタイルのバンドDamage Done(ダメージ・ダン)を結成しますが、並行してソロ活動も行い、様々なコンテストに出場しては、賞を獲得していき、2006年には初めてのvideoclipが制作されるチャンスを得ました。

2009年には憧れのスターCristina Donà(クリスティーナ・ドナ)のコンサートの前座を務める栄誉を得ます。

そして2010年(31歳)、人気TVタレントオーディション番組X Factorの第4シリーズに参加し、見事優勝を獲得し、遂にNathalieにスポットライトが注がれる最大のチャンスを獲得しました。

そのX Factor優勝者枠でサンレモ音楽祭2011に参加した楽曲が自作の"Vivo sospesa(私は宙ぶらりんで生きている)"。プロデュース&指揮は、PFMの準メンバーとして長らく活動を続けながら数多くの女性歌手を育てているLucio Fabri(ルーチォ・ファブリ)。 サンレモ音楽祭出演時の映像で。

サンレモ音楽祭出場曲を含む待望のフルアルバム「Vivo Sospesa」は、全11曲がNathalie自身のペンとなる力作。
img018

そして最近のサンレモ音楽祭恒例のゲストを招いての共演ステージでは、カンタウトリーチェのL'Aura(ラウラ)とピアノを2台向かい合わせてのステージを楽しませてくれました。

そのL'Auraが2010年にリリースしたアルバムが「Sei come me(あなたは私のよう)」。このアルバムからはアーティスト名をフルネームでL'Aura Abela(ラウラ・アベラ/27歳/Brescia出身)とクレジットするようになりました。
img279

シングル曲となった"Come spieghi(あなたはなんて説明するの?)"は、タレントオーディションの人気TV番組Amici di Maria De Filippiにゲスト出演時のもので。

ここで再びNathalieの紹介に戻り、彼女がX Factorでブレイクした時の楽曲"In punta di piedi(つま先)"を、X Factor出演時の映像で。

この楽曲"In punta di piedi(つま先)"は当時、瞬く間にゴールドディスクを獲得しました。同時に発売された5曲入りのアルバム「In punta di piedi」には、タイトル曲の他にカバー曲4曲が収められ、面白いのは、Mia Matrtiniが歌ったBruno Lauzi作の名曲"Piccolo Uomo(ただの男)"、Rita Pavoneが歌った"Fortissimo"、Pacificoの"Tu che sei parte di me"といったところが収録されているところ。
img347

ここでNathalieから日本の皆さんへのメッセージが届いたので紹介いたしました。(最後の1行は筆者に宛てたものですが、日本人全員に寄せたメッセージでもある内容なので紹介しておきます)

Sono onorata di avere un pubblico che apprezza la mia musica in una nazione bella
e con una grande cultura millenaria come il Giappone,
sono io stessa fan di tanti aspetti del vostro Paese!

Mi piacerebbe molto venire a suonare lì, un giorno.

Un abbraccio, Nathalie

PS
sappi che molti italiani sono vicini al Giappone in questo momento non facile.

何千年もの悠久の文化を持つ日本のような美しい国で、
私の音楽を評価して聴いてくれる人々がいるのを、私は名誉に思うわ。
私の方こそ、あなた方の国のいろいろな面のファンなのよ!

いつか日本に演奏しに行きたいわ。

抱擁を。 ナタリー

PS この困難な時、日本のそばには、多くのイタリア人が寄り添っているわ。


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2011年に達する年齢で表記しています。

Continua alla prossima puntata.(続く)