その3はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/51930184.html


第4部

5月FESTA最終の第4部も『イタリア映画祭2011』上映作品ネタで、2011年夏に一般公開も決定した『Mine Vaganti(浮遊機雷→地に足のつかない人々/邦題:あしたのパスタはアルデンテ)』(2010)。David di Donatello賞2010の作品賞+他複数賞を獲得したヒット作です。

Teaser_Top

日本版予告編

イタリア版Trailer

映画トレーラーの冒頭から流れるノリの良い楽曲は、Nina Zilli(ニーナ・ズィッリ/28歳/33歳説も?/Piacenza出身)の2009年の出世作"50mila(チンクァンタミラ/5万)"で、Nina自身がペンを取ったオリジナル曲。

映画用に制作された"50mila(Ver."Mine Vaganti")"のvideoclipも公開されました。

2009年のオリジナルヴァージョンは、『The King』の異名を取るイタリアファンク界のスター、Giuliano Palma(ジゥリアーノ・パルマ/元Casino Royale/46歳/Milano出身)とデュエットしています。

Nina Zilliは、この"50mila"をヒットさせた翌2010年のサンレモ音楽祭の新人部門に出場し、ファイナリストに残ったうえ、栄誉あるMia Martini賞(批評家賞)を受賞したことで、その名声をイタリア全土に響かせる事となりました。

サンレモ2010出場曲を含むアルバム「Sempre lontano(いつも遠く)」(2010)は、プラチナディスクを勝ち取るセールスを収める大ヒットアルバムになり、同年5月にはWind Music Awardsで新人賞を獲得しています。

2010年11月には、このアルバム「Sempre lontano」に、DVDを追加した「Sempre lontano - special edition」を発売しており、DVDには2010年6月23日にMilanoのBlue Noteで行ったライヴ映像を中心に、発表されたvideoclip6作が収録されています。(前出の"50mila"のオリジナル&映画版も含む)

img333

デビューアルバム収録曲12曲に対して、MilanoのBlue Noteで収録されたライヴ映像は、全21曲が収録されており、当然アルバム未収録のパフォーマンスも多々ありますので、オリジナルアルバムを持っていても追加購入して損のないスペシャル版であることは間違いありません。

PDVD_006

5月FESTAのラストは、このNina Zilliの白熱のライヴを楽しむことにしました。

PDVD_007

1曲目は2ndシングル曲となった"L'inferno(地獄)"。この楽曲と前出の"50mila"の2曲は、TVゲームソフト『Pro Evolution Soccer 2011(日本タイトル名:ワールドサッカー ウイニングイレブン 2011)』(コナミ)にもBGMとして採用されています。

ワールドサッカー ウイニングイレブン 2011 ワールドサッカー ウイニングイレブン 2011 ワールドサッカー ウイニングイレブン 2011 ワールドサッカー ウイニングイレブン 2011 ウイニングイレブンプレーメーカー 2011

PDVD_012

ここでは、videoclipの映像を貼っておきます。

そしてサンレモ音楽祭2010の新人部門でMia Martini賞を勝ち取った楽曲"L'uomo che amava le donne(女たちを愛した男)"。

PDVD_011

ここでは、Wind Music Awards2010で新人賞を勝ち取った時の映像を貼っておきます。

Nina Zilliはレトロタッチの演出を好むので、どの曲もオールディーズのカバー?という気がしますが、基本的には彼女のペンになるオリジナル曲が中心のレパートリーです。

Nina Zilliはサンレモ音楽祭2011にもLa Crus(ラ・クルス/1993年結成)が歌った"Io confesso(僕は告白する)"に客演として登場しています。

La Crusは、2008年以降活動停止していましたが、サンレモ音楽祭2011出場の為に活動再開したバンドで、Vocalを務めるリーダーのMauro Ermanno Giovanardi(マウロ・エルマンノ・ジォヴァナルディ/49歳/Monza出身)は、La Crus結成以前の1980年頃より、ソロやプロデューサーとしても活躍しています。

そして出世作"50mila"。ここでは人気TV番組『Domenica in(ドメニカ・イン)』に出場した時の映像を貼っておきます。

そして、2009年の3枚目のシングル曲"L'amore verrà(恋がやって来る)"は、アメリカのSupremes(スプリームズ/シュープリームス)が1966年に大ヒットさせたオールディーズ"You Can't Hurry Love(邦題:恋はあせらず)"のイタリア語カヴァー。

PDVD_009

ここでは、TV番組『Telethon(テレトン)』出演時の映像を貼っておきます。

Blue Note Milanoでこれだけ素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたNina Zilli。同じBlue Note繋がりで、ぜひBlue Note Tokyoにも来て貰いたいと思っています。

Blue Note東京さんへ招聘リクエストしましょう!
ジャズ ブルーノート東京

PDVD_008

※当サイトでのNina Zilliの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Nina_Zilli


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2011年に達する年齢で表記しています。

次回6月FESTAは、6月11日(土)の開催予定です。