優勝
"Chiamami ancora amore(もういちど僕を愛する人と呼んでくれ)" /
Roberto Vecchioni (ロベルト・ヴェッキォーニ/68歳/Monza近郊出身)
vecchionivinto

2位
"Arriverà(やって来るよ)" /
Modà con Emma Marrone (モダ−/Milanoで結成)(エンマ・マッローネ/27歳/Firenze出身)
moda01emma01



3位
Amanda è libera(アマンダは自由) /
Al Bano (アル・バーノ/68歳/Brindisi近郊出身)
albano01


[Giovani/新人部門]

優勝
Follia d'amore(愛の狂気) /
Raphael Gualazzi (ラファエル・グァラッツィ/30歳/Urbino出身)
raphael

2位
Fuoco e cenere(炎と灰) / Micaela (ミカエラ/18歳/Reggio Calabria近郊出身)
micaela02gra

3位
Come pioggia(雨のように) / Roberto Amadè (ロベルト・アマデ/19歳/Piemonte州Vercelli出身)
robertoamade01

4位
Lontano da tutto(全てから遠く) / Serena Abrami (セレ−ナ・アブラミ/26歳/Marche州Macerata近郊出身)
serenaabrami02


[Premio miglior canzone per i 150º dell'Unità d'Italia/イタリア統一150周年・最優秀曲]

"Va pensiero(想いよ、行け/邦題:行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って)" / Al Bano (アル・バーノ/68歳/Brindisi近郊出身)


[Premio Golden Share della Sala Stampa Radio e Tv/ゴールデンシェア賞(ラジオ・TV報道局賞)]

"Chiamami ancora amore(もういちど僕を愛する人と呼んでくれ)" / Roberto Vecchioni (ロベルト・ヴェッキォーニ/68歳/Monza近郊出身)


[Premio Mia Martini della Critica Categoria Giovani/新人部門ミア・マルティーニ賞(批評家賞)]

Follia d'amore(愛の狂気) / Raphael Gualazzi (ラファエル・グァラッツィ/30歳/Urbino出身)


[Premio della Sala Stampa Radio e Tv Categoria Giovani/新人部門ラジオ・TV報道局賞]

Follia d'amore(愛の狂気) / Raphael Gualazzi (ラファエル・グァラッツィ/30歳/Urbino出身)


[Premio città di Sanremo/サンレモ市賞]

Gianni Morandi (ジァンニ・モランディ/67歳/Bologna近郊出身) ※今回は司会者として出演
sanremo2011prima

[Premio regione Liguria/リグーリア州賞]

Raphael Gualazzi (ラファエル・グァラッツィ/30歳/Urbino出身)


[総評]

scenografia2011

昨2010年は当時19歳だったValerio Scanu(ヴァレリオ・スカーヌ)が優勝した反動か、2011年は68歳を迎える大ベテラン・カンタウトーレのRoberto Vecchioniが優勝しました。

また昨2010年は、予選落ちした後に敗者復活戦で返り咲いた組が、結局総合優勝と2位に輝くという、勝ち抜き戦の意味が無い本末転倒の結果を招いた反省から、Televoto(一般投票)のウエイトを低くするなどの調整が取られたそうです。

昨2010年は、結果発表の際、オーケストラのメンバーたちが不満を露わにし、楽譜を丸めてステージに投げ込むという暴挙に出る珍事が起こりましたが、今回の2011年は、優勝に輝いたRoberto Vecchioniのステージにはたくさんの花が投げ込まれるという微笑ましいシーンが拝めました。

また2011年は1861年にイタリア統一してからちょうど150年目に当たる年ということで、イタリア統一150周年記念の歌のコンテストが会期3日目に開催され、その中でも賞を競い合うという企画が盛り込まれ、Al BanoがVerdiの有名なオペラ「Nabucco」からの歌曲で賞を勝ち取りました。

2011terza

また、批評家賞などの副賞も、優勝者のRoberto Vecchioniと新人部門優勝のRaphael Gualazziに独占されるという状況で、特に新人部門のRaphael Gualazziは、権威あるMia Martini賞を始め、優勝も副賞も独占し、今年2011年から14年ぶりにイタリアが復帰するEurofestival(ユーロフェスティヴァル)の出場者にも選ばれるという大躍進を魅せました。

150周年記念イベントや国民的大スターのGianni Morandiが司会を務めたことなどが功を奏し、平均視聴率46.70%という高数字を叩き出しました。3日目の150周年記念行事の日は最高の50.90%の視聴率を獲得しています。
finale