201年11月4日についに奇跡の来日公演を果たしたイタリア最高峰のアーティストClaudio Baglioni(クラウディオ・バリォーニ/59歳/Roma出身)の来日特集記事が、世界の音楽情報誌・ラティーナ1月号(2010年12月20日発売)に掲載されました!

発売前からラティーナ編集部への問い合わせが多かったとのことで、何と3ページ分も掲載されています!

pnye

公演前のインタビューから、ステージの模様、この世界ツアーの目的など、多岐に渡ってClaudioが発したメッセージが、片山伸さんの手に寄って綺麗にまとめられています。

当Piccola RADIO-ITALIAのYoshioAntonioもこのインタビューにも立ち会う事ができました。
実は、当初は通訳の役目を依頼されていたのですが、Baglioni来日全般に付き添った椎名敦子さん(イタリア映画の字幕でもお馴染みですね)が通訳を務めてくれたため、急遽お手伝い役に回りました。

Baglioniは難しい言葉を使って話す傾向があるので、とても優秀なプロの通訳さんにバトンをお渡しできて、むしろ良かったです!

しかしながら後日、BaglioniのマネージャーSaraさんから提供を受けた資料を訳したり、ステージでBaglioniが話していたことをまとめたりして、片山さんの記事ライティングのサポートを務めることができたため、しっかり記事に取材協力として名前をクレジットしていただきました。ありがとうございます!

雑誌ラティーナは、一般の書店では、置いてあるお店が多くなく、取り寄せすると2〜3週間かかることもあるようですので、ナカナカ見つけられない方は、出版社の株式会社ラティーナの通信販売がお勧めです。

rzqku

※当サイトでのClaudio Baglioniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Claudio_Baglioni