その3はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/51853391.html


第4部

7月FESTAに引き続き、2010年11月4日の奇跡の来日公演を充分楽しむために、Claudio Baglioni(クラウディオ・バリォーニ/59歳/Roma出身)の予習コーナーを設けることにいたしました。

bagl_sito

※当サイトでのClaudio Baglioniの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Claudio_Baglioni

8月FESTAは2000年のツアー「Acustico(アクースティコ)」の映像を選択。これまたビデオカセットで発売されたまま廃番となり、その後DVD化を含めて再発売されていない貴重な映像作品です。

Acustico Sogno di Una Notte di Note

世界的なアンプラグドブームだったこともあり、この「Acustico」はずばりアコースティックライブで、何よりイタリア国内にある国宝級の遺跡を会場にして行われた驚愕のライブというのが特筆すべき点です。

このAcusticoツアーの成功の後、POPS系のアーティストがこうした歴史ある遺跡でコンサートを行えるようになったのもBaglioniの偉大さとして語り継がれる点かと思います。

40歳台中ごろまでは、30歳代前半にしか見えない若々しさを保っていたBaglioniも、2000年前後の50歳を目前にした当時辺りから、急速にルックスがが年齢に追いついて来て、すっかり白髪が目立つ、いぶし銀の魅力を漂わせるようになりました。

ここでは当時のツアーの様子を体験していただくために、"Cuore di aliante(グライダーの心)"の映像を貼っておきます。

7月FESTAの会場では"Noi no(僕らは 違う)"をに続いて"Tamburi lontani(遠くの太鼓)"を楽しんでいただきました。

そして日本のファンの一部で語り継がれている『Baglioniが語る日本人像』のコーナーへ。

それは"Fotografie(写真)"という楽曲に導くために、写真を題材にした語りの途中で脱線して、Baglioniが延々と日本人の事を語っているのです。

『日本人は何でも写真を撮るんだ・・・』

というフレーズから始まって、Baglioniが接触した日本人のエピソードを語り出すのです。

当時から10年前の出来事と語るので、ちょうどアルバム「Oltre」の時、アメリカや日本にもプロモーション活動を積極的に行っていた時の体験のようです。日本人の音楽業界人を3名ほど、Baglioniは自宅に招いたそうです。

その3人は、Baglioni宅の家具や絵画の写真など、何でも写真に撮りためて行く・・・・そのうち、一人の日本人はお手洗いに行き、お辞儀をしたかと思うと、便器の写真まで撮っちゃてたんだぜ!

と(笑)

そしてこの後、本来の趣旨である、来日コンサート前の予習コーナーへ突入。

何分、この「Acustico」のライブには2つのメドレーが収録されているのですが、そのひとつは、"Canzoniere del tempo(時の歌謡パレード)"と題されており、

"Questo piccolo grande amore(このはかなく大きな愛)"(1972)、
"Amore bello(美しい愛)"(1973)
"E tu(そして君)"(1974)
"Sabato pomeriggio(土曜の午後)"(1975)
"Solo(独り)"(1977)
"E tu come stai(君は元気かい)"(1978)
"Strada facendo(道行きながら)"(1981)
"La vita è adesso(人生は今)"(1985)

と、70年代から80年代にかけてリリースする度に大ヒットとした珠玉のシングル作品をずらっと並べてメドレーで歌い継いでくれるのです。これほど予習向きのメドレーは市販された作品の中には収録されてはいないかと思います。

そしてこの後のFESTAの残り時間を利用して、実際に来日ステージを想定して、Baglioniの歌に合わせて歌ってみる練習をしてみました。

まずは"Questo piccolo grande amore(このはかなく大きな愛)"(1972)。

"Mille giorni di te e di me(君と僕の千夜)"(1990)のタイトルを出すと、会場から『そりゃー難しいよぉ!』との声が上がったので、"Sabato pomeriggio(土曜の午後)"(1975)を歌ってみました。ちょうどFESTA当日も『Sabato pomeriggio』でしたからね。


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2010年に達する年齢で表記しています。

次回8月FESTAは、9月25日(土)の開催予定です。