その3はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/archives/51826814.html


第4部

さて月例FESTAの最終章は、恒例のライブDVD鑑賞編となりました。

5月FESTAでは、Raf(ラフ/51歳/Puglia州Margherita di Savoia出身)の2009年のMetamorfosi TourをシュートしたCD+DVD「SOUNDVIEW」(2009)をピックアップしました。

img104

もちろんそのタイトル通り、2008年秋にリリースした傑作アルバム「Metamorfosi(変身)」を掲げたツアーで、アルバム化されたのは2月27日のMilano公演。

アルバム「Metamorfos」(2008)については、2008年11月FESTAのレポートをご参照ください。
http://piccola-radio-italia.com/archives/51562340.html

※当サイトでのRafの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Raf

img013

さて、基本はライブCD+DVDのアルバムではありますが、しっかりとスタジオ録音の新曲"Per tutto il tempo(あらゆる時にも)"を収録し、シングル化もされました。ここ最近のRafらしいしっとりとした歌い出しではありますが、サビ部分の伸びやかなメロディは往年のRafを彷彿とさせるもの。

そしていよいよライヴ映像の観賞へ。基本は2008年のアルバムを掲げたツアーではありますが、往年の名曲のいくつかはしっかりと披露してくれています。その名曲の中からFESTA用に選びだしたのは"Due"(1993)。

Laura Pausiniにもカバーされた名曲中の名曲で、Dueは数字の2を意味し、2人とか、2時間とか、二つの瞳だとか、いくつもの名刺に数字の2をつけた単語が登場する移ろいやすい恋を歌ったラブソング。

ここでは、当時のPVを貼っておきます。時にRaf34歳。

そしてツアーの看板となったアルバム「Metamorfosi」からシングル第1弾となった"Ossigeno(酸素)"。発表時に既に名曲的な雰囲気を漂わせていた楽曲だけに、イントロが流れただけで、Milanoのライブ会場には歓声が沸き起こっています。

こちらもここでは、PV映像を貼っておきます。

アルバム「Metamorfosi」の前アルバムの名盤「Passeggeri distratti(ぼんやりした乗客たち)」(2006)の第1弾シングルだった"Dimentica(忘れなさい)"。この曲も名曲ですよねぇ〜。

再びツアーの看板アルバム「Metamorfosi」に戻り、シングル第2弾となった"Non è mai un errore(間違いなんかじゃない)"しっとりとした雰囲気の、これまた美しい楽曲です。ここでは、TVライヴの映像を貼っておきます。

5月FESTAの最後の曲は、件のコンサートでもフィナーレの曲になっている"Infinito(無限)"。2001年のヒット曲で、少々ラップ調の歌い回しが印象的でキャッチーな楽曲で、確かにフィナーレ向きと言えるでしょう。
(なお、DVDではさらにアンコールの2曲が収録されています)

ここではPVの映像を貼っておきます。


注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2010年に達する年齢で表記しています。

次回6月FESTAは、6月27日(日)の開催予定です。