2010年4月〜6月に渡って日本に長期滞在し、JAPAN TOURを敢行中のROMA出身Rock Band、Zephiro(ゼーフィロ)のライブを、2010年4月22日(木)@渋谷LUSHを見て参りました。

IMG_0071

※当サイトでのZephiroの紹介記事はコチラ
http://piccola-radio-italia.com/tag/Zephiro

当日は生憎の雨のうえ、4月後半だというのに肌寒い一日でしたが、FESTAメンバー4名が集結して、熱くZephiroの応援をして参りました。

会場は19時オープンだというので、18:45に会場にほど近い場所で、FESTAメンバーと待ち合わせ。18:50ほどの時刻になった時、Zephiroのメンバーが傘をさして目の前を通り過ぎていくではありませんか!

なんつうイタリア時間!! 19:00スタートでしょ??

なんて思いながら、大声で呼び止めると、向こうもびっくり。雨の中ではありますが、ともかく再会を祝しました。訊くと、出番は20:20とのこと。

ということで、FESTAメンバーは先に食事を取ってから会場入りすることにしました。

改めてライブ会場のLushに入り、Zephiroのメンバーと改めて挨拶。その日は偶然にも、イタリア文化会館から広報担当者も随行していたので、とてもいい機会になりました。

nextfeatures450

前年の2009年に来日した時からVoとDsがメンバー交代した新生Zephiro。

新DsはAlberto(アルベルト)といって、若手のイケメン君。新VocalはMatteo(マッテオ)ですが、来日スケジュールが合わずに、後日合流ということなので、代理Vocalを務めるのはSergio(セルジォ)。

BassはオリジナルメンバーのGiacomo(ジァコモ)・・・おっと今のステージネームはTris(トリス)でしたっけ。そしてリーダーのギタリストClaudio(クラウディオ)。

Claudioの今回のギターのエキップメントもさらに進化していて、Telecasterのボディに、Korgのエフェクトプロセッサーkaoss pad miniをビルトインして、様々なSEのフィルインをギターを弾きながら組み込むという多芸ぶり!

IMG_0053

BlogPaint

IMG_0042



ギタートリオですから、音楽のメイクアップ役は、必然的にギタリストの双肩にかかってきてしまう宿命。それにしてもこんなやり方があったんですね。非常に勉強になりました。

そして相変わらず元気でノリのいいステージを楽しませてくれました。代表曲"Lontano da un luogo lontano"でライブ会場は一気にピークの盛り上がりへ。

それにしても代理VocalのSrergioは、ステージに上がるとスリーブレスのシャツ姿に変身。その腕には見事なtatuaggioがっ! しかも二の腕の内側にまで何やら文字が書いてある!

IMG_0072

ステージを降りた時によく見せてもらいましたが、父親が作った詩を彫り込んでいるとか。

Zephiroラストソングになった時、筆者の方に向かって、

『Antonioとその友達に捧げるよ!』

とMCして披露してくれたのは、日本語歌詞の"太陽のある場所"。代表曲"Lontano da un luogo lontano"の日本語版で、JAPAN TOURのために特別に用意されたバージョンになります。

イタリアの現役アーティストが2ヶ月もの長期にわたって日本に腰を据えてのライヴツアー。ぜひご都合のい機会に会場に足をお運びください。