12/17(日)の第21回Festaは、引き続き「ミュージック・ラウンジ♪バーン」(東京・江東区)にて開催。参加者数19名+主宰Yoshioの20名(男性13名+女性7名)。うち、新顔さん3名の参加となりました。


 

第1部

Io non sono innocente死後もなお、イタリア音楽界に多大な影響を与え続けている孤高のカンタウトーレFabrizio De Andre(1940-1999/58歳没/Genova出身)を父に、往年の人気デュオ・グループ「Wess e Dori Ghezzi」で活躍していたDori Ghezzi(60/Milano近郊出身)を母に、地中海音楽楽器の名手&カンタウトーレのCristiano De Andre(44/Genova出身)を腹違いの兄に持つ、Luvi De Andre(29/Sardegna出身)の待望のデビューアルバム「Io non sono innocente」(2006)。
アルバム1曲目で圧倒な迫力のサウンドが特徴的な "Oggi domani"、2曲目には穏やかなバラードの "Lentamente" を紹介しました。

LuviGrandeデビューアルバムではありますが、生前の父のステージでコーラスを務めるなど、下地をしっかり作っていたからか、新人とは思えない貫禄のある作風に仕上がっています。また彼女の父同様のイタリア音楽界の重鎮 Ivano Fossati(55/Genova出身)の指導のもと、Ivanoの息子であり、パーカッショニストとして知られているClaudio Fossatiが彼女のプロデューサを務めると同時に、多くの曲も書き下ろしている事も、この迫力あるサウンドメイキングに貢献しているのでしょう。

'Luvi'とは幼い頃からの彼女の愛称で、本名はLuisa Vittoria De Andre。父Fabrizioが故郷のGenovaを離れ、Sardegnaに引き篭もって隠遁生活を送っていた当時、Luvi+genitoriDori Ghezziが献身的に彼に寄り添い、2人の間に生まれた子供がLuviです。その後、PFMがFabrizioを共演ステージに引っ張り出して、ライヴ盤も大ヒットとなり活動再開。その後は精力的な活動とともにイタリア音楽界の重鎮になっていくので、Fabrizioにとって激動の時期に出来た愛娘。きっとたっぷりの愛情を受けて育ったと思われます。


FrancoSimone_SognoDellaGalleria第1部2人目は、Franco Simone(57/Puglia州Lecce近郊出身)。
70年代にデビューし次世代を担う新星として注目された彼は、自作自演できるカンタウトーレながら、他人が書いた曲や名曲のカバーにも積極的に取り組むスタイルが特徴的です。彼の声を爽やかな声と感じる人と、風邪をひいたような声と感じる人の間で意見が分かれますが、私は前者で、非常にリラクゼーションを感じられる個性的な声だと思っています。
惜しむらくは南米で人気が爆発し、南米マーケット向けの活動にシフトする事が多かったせいか、イタリア国内の名声をあまり得られなかった事でしょうか。

ともあれ、1982年発表の彼のアルバム「Gente che conosco」にスペイン語の未発表曲3曲を追加して「Sogno della galleria」(2006)として再発売されたのは朗報でしょう。
タイトル曲 "Sogno della galleria" は、当時33歳だったFrancoの若々しい感性に溢れた作品。

続いて近作「dizionario (rosso) dei sentimenti」(2003)のDVDより、美しいバラード "A te(L'amore atteso)"。スタジオでの録音風景の映像ですが、その臨場感が凄くて、"あなたへ(待ち焦がれた恋)"というタイトルの通り、彼の声や表情から、歌詞に込められた哀愁がヒシヒシと伝わってきます。イタリア臭い大袈裟な盛り上がりを見せる美しさではなくて、どこかフランス的な淡々とした美しさでしょうか。ピアノとオーケストレーションに彼の魅惑の声が乗っただけで、その甘美な美しさに磨きがかかるのが素晴らしいところ。


GiuniRusso_Unusual第1部最後は、60年代にカンツォーネ歌手として活動開始したものの、Franco Battiato(61/Sicilia州Catanga近郊出身)と出会い、その類まれな歌唱力とミラクルヴォイス、作詞能力に磨きをかけきたカンタウトリーチェGiuni Russo(1951-2004/53歳没/Sicilia州Palermo出身)。
残念ながら故人となってしまいましたが、2001年のライブ映像を納めたDVD、他のアーティストとのコラボ作品を収録したCDをセットになって「Unusual」(2006)として発売になりました。

CDとDVDの収録曲がかなり異なるのですが、FESTAなのでDVDを選択。Giuniのマジックヴォイスを聴ける "La zingara"、穏やかな作風の "La sua figura" と楽しんでもらいました。

この2曲で終了する予定だったのですが、DVDのメニュー画面から "Sakura" という曲があるのを発見した参加者から声が挙がったので、せっかくなのでリクエストにお応えしました。おそらく演奏者にも観客にも日本人が居なかったと思えるステージですが、Giuniは立派な日本語の発音で日本の唱歌「さくら」を歌い上げていました。あっぱれです。



第2部

 

イタリアの国民的スターClaudio Baglioni(55/Roma出身)が、少年時代に影響を受けた60年代のイタリア流行歌の名曲のカバーアルバム「Quelli Degli Altri Tutti Qui」(2006)。

12月1日に急遽発売されたDVDがギリギリ届いたので、映像で紹介しました。このDVD、古き佳き60年代を彷彿とさせるべく、最新映像なのにわざわざモノクロ仕様となっていて、これまた60年代のサンレモ音楽祭を彷彿させる豪華なオーケストラを従え、渋い銀髪になったBaglioniが、いにしえのカンツォーネ歌手のようにスタンドマイクに向かって切々と歌い上げます。Baglioni_Quellideglialtrituttiqui_DVD

とはいえ、古臭い60年代風のサウンドではなく、現代の第一級のエンターテイナーの作品に仕上がっていて、カバー作品でありながら、オリジナル作品とは別モノのClaudio自信の世界となっているところが、さすがです。

まずはGianni Morandi(62/Bologna近郊出身)のヒット曲 "Se non avessi piu te"(1965)

軽快なリズムに乗せて歌う "Vengo anch'io no tu no"(1967)は、外科医の顔を持つ異色のカンタウトーレEnzo Jannacci(71/Milano生まれ)の作品。

2007年に再来日が決まったNew Trolls(Genova発祥)の初期のヒット作 "Una miniera"(1969)

60歳を超えてもなおトップスターとして君臨し、「女王」の異名を取るMina(66/Lombardia州Varese近郊出身)が歌った "Se telefonando"(1966)

60年代に埋もれていたMaurizio dei New Dada(61/Milano出身)のヒット曲を現代に蘇らせたCinque minuti e poi(1968)。

第2部は、POP! ITALIANOのKazumaさんがプレゼンターを務めてくれました。



第3部

 

勲章も授与し、すっかりイタリアの顔となったLaura Pausini(32/Emilia-Romagna州Faenza近郊出身)の新作アルバムは、ここ30年ぐらいのイタリアPOPSのカバー集「Io Canto」(2006)。

まずはアルバムタイトル曲 "Io canto"(1979)。歌に対する強い意思を主張する歌詞とその力強いサウンドが、Lauraの歌手としてのメッセージが盛り込まれているように感じます。オリジナルのRiccardo Coccianteのファンは、それ以前の時期や1990年代の曲を彼の代表曲に上げる事が多いのですが、Lauraが敢えてこの曲を取り上げるということから、このアルバムは彼女の成長の過程で親しんできた曲を選んだと想像できます。Lauraが5歳の時に生まれたヒット曲になります。

Cocciante_video続いてオリジナルのRiccardo Cocciante(60/ベトナム・サイゴン(現・ホー・チミン)生まれRoma育ち)の "Io canto"(1979)。「Adrenalina per una Istantanea Tour 98」(1998)の映像から紹介しました。非常に小柄な男ですが、実にエネルギッシュなステージで、当時52歳とは思えない若々しさに溢れています。

2曲目は "Scrivimi"(1990)。穏やかなミドルテンポの曲で、アコースティックなサウンドと瑞々しいメロディ、そしてグッと込み上げるモノを感じる歌詞。この曲が生まれた頃はLauraが16歳だった事から推測すると、"私に手紙を書いて"というタイトルの通り、手紙を書くのが大好きな少女だったのでしょうね。

buonocore_SabatoそしてオリジナルのNino Buonocore(48/Napoli出身)の"Scrivimi"(1990)をご紹介。Lauraは基本的にオリジナルのサウンドを踏襲していますが、オリジナルにはLauraとはまた違った「哀愁の中にカラッとした味わい」があります。

別れた恋人に捧げる大いなる愛の歌。オリジナルのNino版は、男性から女性へ語りかける口調になっていますが、Laura版は女性から男性に語りかける内容にところどころ単語の語尾を変えています。言葉に性別があるイタリア語だからこそ出せる味わいで、英語曲ではこのニュアンスは出し難い。

「あなたが凹んでいる時には、私に手紙を書いて。私の事を忘れないで。何て言ったらいいか、言葉が思い浮かばなくても心配しないで。私には判るから。短い挨拶だけでも充分。私の事を少しだけでも思い出してくれただけで私は幸せ。」

この「凹んでいる時」という部分が後半では「もしあなたが恋をしたと感じたら」に変わるので、もうこの主人公の心の中には恋人に対して未練がましい気持ちがほとんどなく、大きな愛に育っている事を感じさせます。

3曲目は"Non me lo so spiegare"(2003)。オリジナルのTiziano Ferro(26/Lazio州Latina出身)とデュエットしています。このアルバムには他にもデュエット曲が収録されていますが、唯一のイタリア人とのデュエットということと、2人とも現代イタリアの「顔」で、TOPスターであることから選ばれました。Ferro

第3部も、POP! ITALIANOのKazumaさんがプレゼンターを務めてくれました。

最後のTiziano Ferroに興味がある!という声を上げたAmanissimoさんに、Tiziano Ferroの最新アルバム「Nessuno e solo」(2006)を主宰Yoshioよりプレゼント。



第4部  

 

Noi con voiイタリアが誇る国民的スターバンドPoohが2006年、40周年を記念するイタリア国内ツアーを精力的に行い、その内容をDVDにまとめ、過去のライブ音源のベストテイクをCDに収めたCD+DVDの仕様で発売された「Noi con voi」(2006)。10月FESTAでバンドアンサンブルの魅力溢れる曲を紹介したばかりなので、今回のFESTAは趣向を変え、個々のメンバーがソロリードヴォーカルを務める曲をピックアップし、映像で。

"Tutto alle tre"(1971)は、ドラムスのStefano D'Orazio(59/Roma出身)がヴォーカル。ビートバンド時代の香りとオーケストラの響きが混じりあったリズム感のある曲ですが、パーカッションを叩きながらも見事に歌っています。昔からあまり変わらぬ若々しいルックスも魅力のStefanoです。

"Stare senza di te"(1992)は、ベースのRed Canzian(55/Veneto州Treviso出身)のヴォーカル。基本的にバラード曲ではありますが、歌い出し部分にラップ気味に歌詞を詰め込んでいるのが特徴的で、その分、サビのメロディの良さがグッと引き立っています。かつて王子様のようなルックスで女性の心を鷲づかみにして来たRedに「あなた無しで居るなんて・・・・イヤだ・・・・できないよ・・・」と歌われたら、女性には堪りませんよね。この曲辺りから、Poohの中でRedがソロヴォーカルを務める事が多くなって来るので、PoohにとってもRedにとってもターニングポイントとなった曲。

"Cosa dici di me"(1983)は、キーボードのRoby Facchinetti(62/Lombardia州Bergamo出身)のヴォーカル。ピアノを弾きながら、特徴的な金属質の声で歌い上げるバラード。最年長で、バンドの在籍年数も最長、作曲数も多く、メンバーの中で一番判別しやすい声質だったこともあり、まさにPoohの顔。

"In diretta nel vento"(1977)は、ギターのDodi Battaglia(55/Bologna出身)のヴォーカル。Poohがライヴバンドに飛躍的に成長する切欠となった1977年に誕生した隠れた名曲です。Dodiは、その甘い声質のヴォーカルが魅力的で、ライヴでスタジオの音を再現できるギターの名手でもあり、ギターソロアルバムをリリースもしています。実はピアノも上手で、Robyに次ぐ作曲数を誇ります。

以上は、Poohlover.netのSiriusさんがプレゼンターを務めてくれました。

このPoohのアルバムを買ってみたい! という人が3名ほど居たので、じゃんけんでE_le_stelle_stanno_a_cantare勝ったニコラさんに、今回のFESTAで紹介した「Noi con voi」(2006)の未開封新品を主宰Yoshioよりプレゼント。

第5部のNatale(クリスマス)特集から1曲前倒しし、再びPoohのベーシストRed Canzianのソロ作品の"Rosso Natale"。1986の企画モノアルバム「...e le stelle stanno a cantare」(1986)にのみ収録されているRedの幻の曲です。35歳当時のRedの声が高らかに響いています。



第5部  

 

最終の第5部は、Natale(クリスマス)特集。イタリアPOPSの中から、Nataleにちなんだ曲をピックアップしてみました。

CavalliRaffaella Cavalli(28/Rimini出身)の"Un Natale che non finira"(1996)。当時18歳のRafaellaの瑞々しいヴォーカルと子供たちのコーラスが微笑ましい、心温まる雰囲気の曲。「私たちの心の中には、決して大人にならない子供がいる」というメッセージソングになっています。

Ivana Spagna(50/Veneto州Verona近郊出身)が詩を書き下ろし、Fio Zanottiのプロデュース。90年代前半に彗星のごとくシーンに登場したLaura Pausiniにどこか似ていたため、あまり売れずにシーンから遠ざかってしまったのですが、Lauraが大きく成長した今となっては、今のRaffaellaのヴォーカルを聴いてみたいな、と思ってしまいますね。

Francesco De Gregori(55/Roma出身)の"Natale"(1978)。70年代のDe Gregoriらしい、牧歌的でほのぼのとした曲調で、暖かな部屋で過ごすクリスマスのイメージ。名曲"Generale"のB面としてシングルカットされた曲でもあります。

Max Pezzali(39/Lombardia州Pavia出身)が883という名義で活躍していた頃のアルバム「Grazie mille(ありがとう)」(1999)から、"Le luci di Natale(クリスマス・ライト)"(1999)を選択。ドラマティックなメロディに乗せて淡々と歌うMaxのヴォーカルが魅力的。イタリアで日本ブームが定着しつつある頃の影響で、イタリア盤なのに日本盤風に邦題が付けられ、CDケースに被せる帯まで付けて「日本盤風」のジャケット仕様となっています。Max Pezzaliはメロディ作りのセンスが抜群ですね。
 
NataleInVaticanoCDばかりの紹介が続いたので、DVD「Natale in Vaticano IT'S CHRISTMAS」(2001)に切り替え。クリスマスにバチカン公国の法王の御前で行われるコンサートの模様を収録したDVDです。

Poohの "Puoi sentirmi ancora"(2000)。2005年12月FESTAでも好評を博したPoohのバチカンライヴの続編ともいえる内容です。Poohの4人がブラックタイに正装して並び、代わる代わるリードヴォーカルを取っていきます。ところどころにバツグンなコーラスを聞かせます。彼らのバックには壮大な人数のオーケストラと声楽隊。なんて贅沢なステージなんでしょう。

やや時間が余ったので、クリスマスらしい曲を追加。同じDVDからAlex Baroni(1966-2002/36歳没/Milano出身)による賛美歌 "Tu scendi dalle stelle"。スキンヘッドの厳つい風貌ながら、ベルカントではない美声を響かせています。その翌年彼は不慮の交通事故で他界してしまいますので、思わず目頭が熱くなりました。

最後に英語曲ではありますが、John Lenonnの "Happy Christmas (War is over)" を出演者全員で歌う映像。イタリアからはPoohAl BanoAmedeo MinghiAlex BaroniNekGigi D'AlessioTosca。世界のスターは、Dionne Warwick、Brian Adams、Manhattan Transfer、Tom Jones、Randy Crawfordなど。これだけの豪華メンバーをバックにソロを取るのは・・・・イタリア代表・我らがPoohの面々。4人のPoohが代わる代わるリードヴォーカルを取っています。

世界で最も有名なクリスマス・コンサートという異名をとるコンサートの映像で、2006年のFESTAを終了となりました。


 

蘭丸二次会

12月後半に差し掛かった日曜日の夜ということもあり、今回はニコラさん、エコさん、Yoshioの3人のみで二次会を行いました。
ひとしきり飲み、食べ、談笑に花が咲きました。

三次会はニコラさんと主宰Yoshioの2名で、西大島名物「蘭丸」の塩そばを食べに行きました。前回は売り切れで食べられなかったこともあり、その独特の旨味にニコラさんが舌鼓を打っていましたw


 

Burn_neon2007年1月FESTAも引き続き「ミュージック・ラウンジ♪バーン」にて、1/14(日)15時〜19時の開催予定です。今回参加できなかった方は、ぜひご参加を!

注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2006年に達する年齢で表記しています。