Festa2006Nov11/11(土)の第20回Festaは、引き続き「ミュージック・ラウンジ♪バーン」(東京・江東区)にて開催。


参加者数20名(男性9名+女性11名)、うち、新顔さん1名、イタリア人1名の参加となりました。


第1部

世界で最も有名なイタリアPOPスターのひとりで、オペラ界のスーパースターLuciano Pavarotti(71/Modena出身)との交流や、Andrea Bocelli(48/Pisa近郊出身)の発掘者としても知られているZuccheo Sugar Fornaciari(51/Reggio nell'Emilia出身)の渾身の新作「Fly](2006)
本当にアルバム全体として聴ける久々の快作で、イタリアでは初登場以来チャートのNo1にポジションし続けている大ヒット作。

シングルカットされた"Bacco Perbacco"は、いかにもZuccheroらしい、ノリノリのR&B作品。
ミドルテンポのダンサブル曲にぴったりの、エネルギッシュな世界観のビデオクリップも少し紹介しました。
続いて良質のバラード作品"Occhi"。出だしの低音部分と、サビのファルセットヴォイスの対比が気持ちよく、その世界に一度身をゆだねたら、起き上がるのが億劫に感じてしまう魔力ある曲です。
次のアーティストの紹介に移ろうとしたら、数名の参加者から、「もっと聴いていたい!」と言う声も上がりました。


続いて、Luca Carboni(44/Bologna出身)の新作「...Le Band Si Sciolgono」(2006)。
こちらも発売そうそう、チャートの2位に食い込むヒット作品。
通常版とDualDisc版が発売されたとのことで、DualDisc版をオーダーしておいたのですが、届いてみると、CDとDVDの2枚組み。ある意味、その方が好都合です。敬遠され易いDualDisc版と書くのは損なのにねぇ。
DVDには3曲のVideoClipが。3曲ともアニメーションで、明らかに主人公はLuca自身。

さっそくそのヴィデオクリップの中から、シングルカットされた"Malinconia"。
アニメ映像では、主人公のLucaが空を飛んだりと、ナカナカ幻想的です。
曲自体は、お得意の軽めのエレサウンドに乗せて淡々とLucaが歌い始めますが、背後に流れるさりげないストリング隊の音色が美しく、サビ部分の爽やかさが印象に残る曲です。

2曲目として紹介したのは、"Lampo di vita"。こちらもサビの切なそうな歌い上げ部分がヨイ。Simone(32/Como出身)っぽい感じでしょうか。
シンプルなサウンドのようで、バスドラムのビートが複雑なのが、この曲全体を不思議な感じに仕上げていると感じました。


AntonellaRuggiero_LatltitudineDellaLuce第1部の締めは、Antonella Ruggiero(54/Genova出身)の新作「L'abitudine della luce」(2006)。プレゼンターは、Pensiero!のもあさんが務めてくれました。

前作同様、豊かなストリングス隊を従えて、穏やかな空気をアルバム全体に漂わした、いわば名盤ですね。
Antonellaも得意のミラクルヴォイスを誇示するような歌い方ではなく、実にのびのびと落ち着いたヴォーカルを聞かせています。

このアルバムは、ヨーロッパ世界にモダン風景画が誕生した18世紀末から20世紀初頭をテーマにした大きな展覧会のために企画されたアルバムとのことで、アルバムジャケットには、イギリスのモダン派の巨匠John Constableの"雲のスケッチ"(1882)が使われています。

1曲目は"Un lungo tratto di strada" う〜ん、美しい。オルゴールの響きのような鉄琴の響き。
穏やかな豊かに響くストリングスのアレンジ。その上に、実に穏やかなAntonellaのヴォーカル。

2曲目の"Strada nel bianco"は、いくぶんリズミカルな感じ。でも、実に落ち着いた雰囲気。ところどころ、Antonellaのヴォーカルにストリングスが乗っかってきて、気持ちよい。

JuliaAkishino_YourBird2曲続けて聴くと、もうリスナーを晩秋〜初冬に連れて行ってくれます。

最近、FESTAのリピータとなってくださったプロシンガーのJulia Akishinoさんの近作「Your Bird」(2005)のジャケットが、奇しくもこのAntonellaの新作のジャケットと酷似していて、発売年度が1年遅いAntonellaの方が真似したのではないか、という話になりましたw



第2部

 

米ビルボード誌初登場3位を記録し全米で大ヒット。
その功績によりイタリアで受勲することとなったAndrea Bocelli(48/Pisa近郊出身)の「Amore」(2006)

アメリカやイタリアに遅れること7ヶ月。ようやくその日本盤「貴方に贈る愛の歌」が発売になりました。

(左:日本盤スリーブ、右:オリジナルジャケット/日本盤スリーブ内はオリジナル同様のジャケット)

しかし待った甲斐があって、日本盤には日本だけのスペシャルトラックが挿入されました。オリジナル盤ではCristina Aguilera(26/アメリカ・ニューヨーク生まれ)とデュエットしているた"ソモス・ノビオス〜愛の夢 Somos novios (it’s impossible)"を、夏川りみ(33/沖縄県・石垣島出身)とデュエットしたバージョンが収録されているのです。

そもそもこの企画、「日本盤を出すのなら、日本の女性歌手とデュエットを収録したい」と、Bocelli側が提案してきたとの事。
数々の日本の女性歌手のアルバムを聞き比べた結果、BocelliとプロデューサーのDavid Fosterが白羽の矢を立てたのが夏川りみさんだったというわけですね。彼女と同じ琉球の血が流れている自分としても、とても誇らしく思います。夏川さんは、おそらく初めてのスペイン語の詩にも関わらず、とても素直に歌っていて、ラテン人歌手のように聴こえます。

イタポのFESTAなので、スペイン語のこの曲ではなくて、イタリア語の曲を紹介する事にし、Gianni Morandi(62/Bologna出身)の代表曲のカヴァー"調子はずれの歌Canzoni stonate"を1曲目に。これは世界のスーパースターStevie Wonder(56/アメリカ・ミシガン州出身)とのデュエット。いわば、イタリアとアメリカの盲目のスーパースター同士の競演、と言う試み。Bocelliは変に声を作らず、地声で素直に歌っているので心地良く聴いていると、Stevieの不可思議なイタリア語のスキャットが入ってきて、ちょっと会場に失笑が沸き起こってしまいました。


FaustoLeali_FlashbackCollection続いてはFlashback Collectionシリーズで3枚組が発売されたFausto Leali(62/Brescia近郊出身)。
前出のBocelliのアルバムでもLealiの"ミ・マンキ Mi manchi"がカヴァーされているので、Bocelliのカヴァーを少し聞いてから、本家のFausto Lealiの"Mi manchi"(1988)をキチンと聴きました。
1960年代にデビュー曲がいきなり大ヒットしたFaustoですが、単なるカンツォーネ歌手やウルラトーレ(シャウト歌手)で終わらず、今でもバリバリの第一線で活躍し続けているのは、こういうヒット曲があるからに他なりません。

そのデビュー曲であり、彼の一番の代表曲でもある"A chi"(1966)。
デビュー当時の映像があったので、それで紹介するつもりでしたが、FLVプレイヤーの調子が悪く断念。CDで紹介しました。


第2部の締めは、The Platinum Collectionシリーズの3枚組が再発売されたPino Daniele(51/Napoli出身)。

第二次世界大戦前、イタリアの大衆歌謡の中心地だったナポリとナポリ語の歌。
戦後のマスメディアの発達に伴って共通語の歌に取って代わり、1960年代になるとサンレモ音楽祭人気と伴って、世界的にも大成功を遂げます。

残念なことに、1970年代の前半のイタリア経済の破綻とともに急速に求心力を失ってしまいますが、そんな頃に、ナポリ出身のPino Danieleはナポリ語で歌うのにこだわり、ナポリの伝統を基盤にしながらも、Jazzやブルーズの感性を吹き込んだスタイルで、一躍スターダムにのし上がりました。
彼が居なかったら、今のナポリ出身の音楽家たちは育たなかったでしょうし、イタリアの大衆音楽自体も、陳腐化していたかもしれない、と言われる大御所です。

PinoDaniele_LiveRTSI_DVD過去のライヴ映像から、"Je so' pazzo" そして "Napule è" どちらもDVD「live@rtsi」(1983)より紹介。

当時28歳とは思えない貫禄のPino Danieleが白装束に身を包み、エレキギターを弾きながら歌っています。
バックミュージシャンがまた凄くて、Tony Esposito(perc)、Rino Zurzolo(bass)、Joe Amoruso(key)、Tullio De Piscopo(drs)、Gennaro Petrone(gtr/mandolin)。特にJoe Amorusoのプログレ出身者らしいキーボードワークは、ファンには垂涎モノでしょう。PinoDeGregoriMannoiaRon_InTour_DVD
それぞれのミュージシャンたちは、その後、それぞれの道でイタリアを代表する演奏家や音楽家になっている事から考えても、この組み合わせは見事。当時のPino Danieleが、いかにイタリアの音楽シーンの中で重要な存在であったかを伺わせるに充分でした。

そして最近のライヴ映像から、"Un cielo senza nuvole"(2002)。
Pinoが抱えるサイレントタイプのドイツ製ギターからは、地中海サウンド溢れるナチュラルなナイロン弦サウンドが紡ぎ出されます。相変わらずのハイトーンの美しい声。

Pinoファンの参加者Marilynさんからも絶賛のコメントを頂きました。

第3部

 

Pupo_FlashbackCollectionThe Flashback Collectionシリーズから3枚組がリリースされたPupo(51/Arezzo近郊出身)。
1980年頃ヒット曲を連発して、北欧を含む全ヨーロッパ及び中南米でもスターになったPupo。
最近、大人気テレビ番組のキャスターに大抜擢され、TVの顔にもなりました。

そんなPupoの代表曲から"Firenze Santa Maria Novella"(1980)
Firenzeの町並みが懐かしく浮かんでくるようなメロディライン。そして途中から子供たちのコーラス。僕が初めてFirenzeを訪れた時にも、頭の中で響いていた曲でもあります。

そして大ヒット曲"Su di noi"(1980)。1980年代のイタリアを代表するヒット曲のひとつとも言えますね。穏やかなオーケストラに乗せて歌い始めるものの、サビ部分のリズムはRockしています。

どちらの曲も当時25歳のPupoの声は甘く、可愛らしい感じです。

そして90年代のヒット曲から"Un amore grande"(1998)。これはかなり低い声で歌い始めますが、とても美しいメロディラインと歌詞。そして次第に高い声域になり、コーラスも入り、どんどん盛り上がっていく・・・それもそのはず、この曲はUmberto Tozzi(54/Torino出身)とGiancarlo Bigazzi(66)という、ヒット曲メーカーコンビによる曲でした。

このPupoのコーナーは、Poohlover.netのSiriusさんがプレゼンターを務めてくれました。


PetraMagoniFerruccioSpinetti_MusicaNuda_DVDそして一部の参加者からは11月FESTAの最大の収穫だと絶賛を受けた
"Petra Magoni e Ferruccio Spinetti"のライヴDVD「Musica nuda - live in Paris」(2006)

彗星のようにイタリアのミュージックシーンに現れた女性歌手Petra Magoni(34/Pisa出身)と、Piccola Orchestra Avion Travelのコントラバス奏者Ferruccio Spinettiの2人のみのユニットで、1本のコントラバスをバックに女性が歌うスタイルで楽曲を構成する、とにかく異色中の異色ユニットです。

オリジナル曲はもちろん、英語圏Rockのヒット曲あり、往年の"カンツォーネ"のヒット曲あり、クラシック曲あり・・・しかも不思議なヴォーカリゼーションと不可解なコントラバスのアレンジで成り立たせてしまっています。

そもそもベース1本で歌うなんていう音楽スタイル自体がほとんどないうえ、そのベース自体が自由度の高いエレキベースではなく、取り回しが大変なコントラバスを使うなんて。

ところがこのFerruccio、コントラバスを自由自在に操ります。
普通のJazzベーシストのようなピチカート奏法はもちろんのこと、高音減を駆使してチェロのようなサウンドを出したり、弓で叩いてギターのカッティングみたいなサウンドを出したり。アルペジオしたり、指でコードストロークしてみたり。紹介した映像には出てきませんでしたが、ギターのように横に抱えてみたり、パーカッションのように叩いて音をだしてみたり。

そこにPetraが若き日のAntonella Ruggieroばりの七色のミラクルヴォイスを駆使したヴォーカルを乗せていきます。2人とも、やや奇をてらったパフォーマンスと捉えられる事も多いかと思いますが、その底辺にはしっかりとしたテクニックと感性があってのことだと痛感しました。

アルバム「Musica Nuda」(2004)でこのユニットは活動開始し、イタリアでヒット。
その年のLuigi Tenco賞の3位に位置付けられました。

翌2005年にフランス、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、スイスで発売され、ヒット。特にフランスの公共ラジオから一流のお墨付きを獲得しました。

Petra&Ferruccio_MusicaNuda22006年3月には2枚組の意欲アルバム「Musica Nuda 2」(2006)を発売。イタリアを含むヨーロッパで大ヒットを記録しました。

この2作のアルバムのライヴ映像が今回紹介するDVD。

Petra&Ferruccio_QuamDilectaそして12月にはNewアルバム「Quam Dilecta」(2006)が発売になるという、すっかり売れっ子ユニットになってしまいました。

まずは彼らのオリジナル曲"Io sono metà"。これはヴィデオクリップで。
フランスのダンケルクの寒々とした浜辺で、サングラスとマフラーで身を固めた2人が、淡々と演奏します。ちょうどアルバム「Musica Nuda 2」のジャケ写と同じ風景ですね。フランス映画のワンシーンのような、暗い寂しげな雰囲気の歌。背後に波の音や遊んでいる子供たちの声が入っています。そのあまりの暗さゆえFestaではどうかな、と躊躇したものですが、紹介してみると、数名の人々から大絶賛。

続いてパリでのライヴ映像から、Gigliola Cinquetti(59/Verona出身)のデビュー曲"Non ho l'età"(1964)のカヴァー。不思議なアレンジのベースから、Petraが歌いだします。

♪ Non ho letà non ho l'età.....

やや歌い崩す部分があるものの、普通のカヴァー作品として楽しんでいると、サビの終わりの時、それは起こりました。

♪ Lascia che io viva
♪ un amore romantico-o-o-o
♪ nell'attesa che venga quel giorno

♪ ma ora NO〜!!!(大絶叫)

これにはもう、会場中が大爆笑。
しかしその素っ頓狂な大絶叫も、ギターの音色のような声音を使って、ベテランギタリストのように、うまく処理をして音楽に溶け込ませてしまうテクニック。ある意味、人間楽器Demetrio Stratos(1945-1979享年34歳/エジプト生まれ/ギリシャ系)の女性版ですよ、これは。

そして、Lucio Battisti(1943-1998享年55歳/Lazio州Rieti県Poggio Bustone出身)の名作"Prendila così"(1978)のカヴァー。
この疾走感溢れる軽快な曲をFerruccioが大きなダブルベースを駆使した演奏をし、Petraは奇をてらうことなく熱唱。

参加者に大きな衝撃を与えたこの異色コンビですが、
前出のPupoが1998年に自身のアルバム「Tornerò」でPetraをデュエット相手に抜擢していました。
ちなみにこの時のPetraは、普通の女性ヴォーカリスト的な歌い方しかしていません。




第4部

 

IvanoFossati_HoSognatoUnaStrada若きカンタウトーレたちが憧れる重鎮カンタウトーレのひとり、Ivano Fossati(55/Genova出身)の3枚組「Ho sognato una strada」(2006)から。
こちらはFlashbackシリーズやPlatinum Collectionのようなシリーズものではなく、Fossati自身の公式3枚組、といった面持ちのもの。

地味目ながらも大いなる深い世界観を描いた"La costruzione di un amore"(1981)と"Il bacio sulla bocca"(2003)、80年代のヒット曲"Panama"(1981)をライヴ映像で、Pensiero!のもあさんから紹介してい貰いました。

11月FESTAで紹介された曲の中で、第一部のAntonella RuggieroとこのIvano Fossatiの曲が、芸術的で美しく、参加者を一気に晩秋のイタリアの野辺に連れて行ってくれました。


VeronicaPirisDomanidonna50代のおじさんカンタウトーレが続くので、ここでブレイク。
若い女性歌手大好きの常連ぷんと君が、日本のCDショップでジャケット買いをしたというVeronica Piris(20/Umbria州Terni出身)のデビューアルバム「Domani Donna」(2006)から、"Bello e Brutto"を紹介してくれました。

20歳にしては、大人びたイメージのルックスと声、そして歌唱力。
その中に垣間見える年相応の可憐な声がやや胸キュン、といったところですかね。
Anna Tatangelo(19/Lazio州Sora出身)とはまた異なる魅力を持つ若手女性シンガーの誕生です。
その異なる魅力は、Veronicaがアルゼンチンとイタリアのハーフであるところからも生まれているのかもしれません。
またVeronicaは幼い頃から曲を書いてきたカンタウトリーチェでもあります。

Lavezzi&VeronicaVeronicaは2003年にイタリアを代表するギタリスト&コンポーザーのMario Lavezzi(59/Milano出身)に見いだされ、このアルバムは彼のプロデュース。

60年代からCamaleonti、Flora Fauna e Cemento、Il Voloなど、イタリア音楽史に残るバンドでギタリストとして活動。その後ソロのカンタウトーレとして現在までアルバムをリリースし続けています。

この期間並行して他のシンガーに曲を書いたり、アレンジをしたり、バックバンドをしたりと、まさにイタリアPOPSの屋台骨を支えてきたような人物です。

MarioLavezzi_PassionalitaMario Lavezziの近作のデュエットアルバム「Passionalità」(2004)では、アルバムタイトル曲をソロデビュー前のVeronicaがデュエットで参加しています。
というか、Veronicaとのデュエットをリリースするために、Marioはこのデュエットアルバムを作り上げた、と言うのが実態と言うことらしいので、この大物音楽家がいかに力を入れて育てようとしているのが、よく判りました。

FrancoBattiato_PlatinumSpecialBox

 

 

11月FESTAのオオトリは3枚組The Platinum Collection2(2006)がリリースされたFranco Battiato(61/Catagna近郊出身)。

The Platinum Collection(2004)の続編という位置付けで計6枚。その発売を記念して、1と2をSpecialBoxに収めた限定版もリリースされました。


このThe Platinum Collectionで#2まで発売されるには、相応のキャリアと1作目のSalesが伴わなければならないので、Mina(66/Lombardia州Varese近郊出身)、Nomadiなどごく一部のアーティストに限られます。

クラシック音楽、実験音楽、プログレ、映画音楽、エレポップ、シャンソンなどなど、多くの作風を持つカメレオン音楽家のBattiatoですが、1965年から活動を続けるその膨大な作品群をコンプリートして所有するという、ニコラさんから映像で紹介してもらいました。FrancoBattiato_LaCura

DVD「La cura」(2000)より"Povera Patria"

 

FrancoBattiato_ConcertoDiBaghdad_DVDDVD「Concerto di Baghdad」(1993)より"Mesopotamia"

豊かなオーケストラをバックに、鬼才Battiato節全開です。
後者は公演地を意識してか、珍しい髭もじゃのイデタチ。
彼はシチリア州出身者ですから、アラブの血が少し混じっているのかもしれません。

FrancoBattiato_UnSoffioAlCuoreDiNaturaElettrica

 

 

DVD「Un soffio al cuore di natura elettrica」(2005)より、ノリのよいエレポップ"Voglio vederti danzare"。アクティブにステージアクションを取るBattiatoに、参加していたイタリア人参加者もビックリしていました。

 

 


 

二次会

DopoLaFesta2006NovMashBlack Cat's Questこと、FESTA常連の大学生mashくんの初ライヴが行われました。

Vinicio Capossela、Petra&Ferruccioなど、エキセントリックな音楽に心を奪われる彼のオリジナル曲は、意外なことにとてもPOPで、むしろPupoなどに近い感じ。

彼自身がDTMで作ったカラオケは、アレンジに凝っていて、とても良かったと思いました。

耳が肥えたイタポファンの前で、ソロでやるのはナカナカ勇気がいるのですが、
mashくんはとても肝が据わっていると感心しました。

11月FESTAが充実して終了できたせいか、mashくんのライヴが良かったせいか、
僕も珍しく「飲みモード」となり、10名ほどのメンバーと楽しく二次会を過ごしました。

三次会はニコラさんのお誘いで、180円ラーメンの「びっくりラーメン」へ。
tontoさん、mashくん、Yoshioの4名で、以前と同じ「ラーメン&餃子&生ビール」
これで700円未満。この値段で充分美味しいというのは、ありがたいですね。


 

Burn_neon12月FESTAも引き続き「ミュージック・ラウンジ♪バーン」にて、12/17(日)15時〜19時の開催予定です。今回参加できなかった方は、ぜひご参加を!

注)記事中の歌手の年齢は、記載時点での誕生日の到来を考慮はせず、2006年に達する年齢で表記しています。