(前号はこちら)
3日目の土曜日は近くのUrbinoの町まで遠出をしました。

campoMegane

丘陵地帯の緩やかな峠超えの道をたどって行くのですが、天気も良かったし暖かかったので、ルノー・メガーヌ・カブリオ電動ガラスルーフを思いっきりオープンにして走りました。子供たちにも「わ〜、チキチキバンバンみたいだ〜!」と大興奮。とても良い小1時間ほどのドライブコースになりました。

Urbino

また町全体が世界遺産に指定されているUrbinoの町に漂うルネッサンスの香りを思いっきり味わってきました。Rafaelloの生家もあります。この町にタムロしている若者たちも、大都会の若者たちとは異なり、とても純粋な目をした穏やかな顔つきでとても好感が持てました。

夜はキッチンで何か作ろうかということになり、町の食料品店で、パスタやチーズ、生ハム、パンチェッタ、パン、飲み物、お菓子類を購入。とても感じの良い働き者の若女将で、生ハムやパンチェッタの種類の違いや、相性のいいチーズの種類やレシピを教えてもらいました。物価高のイタリアとはいえ、こうした庶民の必需を賄う食料品店は、非常にリーズナブルでした。早速、キッチンでミネストローネやパスタを作ったところ、パンチェッタや生ハム、チーズが滅茶苦茶うまい!その基本的な味だけで料理を堪能できました。

Continua alla prossima puntata.(続く)